2012年02月17日

初めての山菜料理

佐藤さんから届いたお米の中に素晴らしいプレゼントが入っていた。

真室川の山で採った 「わらび」 と 「ぜんまい」
春に採ったものを塩漬けにして蔵で保存していたものだそうです。
雪深い地方の一番のご馳走が、山菜だそうで・・
今回、ご先祖様の100回忌の法要のご馳走として、蔵から出したそうです。
それを、アタシにお裾分けして下さった。

思いがけない、あまりにも嬉し過ぎる出来事だった


ワラビ




















ゼンマイ






















地元真室川の山菜、それぞれの調理法をメールで教えて頂きました☆

しかし・・・・・
アタシ、どちらがワラビなのかゼンマイなのか・・見分けがつかないんです
ネットの画像検索で見ても、わからない

さぁて・・どうしよう〜〜〜 ・・と考え込んでいた矢先、
再び佐藤さんからメールが来て、ブログに山菜料理を上げて下さるとの事

こんな貴重な体験、生まれて初めての事なので・・
佐藤さんのブログを見ながら慎重に調理を始めました。




「ワラビの一本漬け」


まず、先っぽと根元を切り落とすそうです。


切りそろえ






















切り落としたワラビは、「わらびご飯」 にする予定☆

ワラビご飯用























沸騰したたっぷりのお湯で4分くらい茹でるそうです。


4分茹でる






















きっちり湯切りしたワラビを、熱々のうちに・・
酒・醤油・出汁・味醂に漬け込む。(麺つゆでもOKとの事)
ワラビから水分が出るので、半分くらいかぶる出汁が良いとの事。


麺つゆに・・






















生姜の千切りと鷹の爪とシソの実を散らして・・・・

「ワラビの一本漬け」 の完成♪


ワラビの一本漬け


























「ゼンマイ炒りつけ」


出汁を使わずに、酒・味醂・醤油だけで炒りつけるという。
なるほどなぁ・・と思った。
山菜の風味を生かすには余計な事はしない・・って事なんですね。

まず、適当に切る・・長いのや短いのがあってこそ美味しいのだそう☆
鍋に、油と鷹の爪を入れ火にかけ・・



油に鷹の爪






















ゼンマイを入れ、油が回ったところで酒・味醂・醤油でイッキに炒りつける。
最初から最後まで強火との事。
最後に、胡麻油を回しかけた。



ここまで炒りつける






















出来たー


完成★

























晩酌


仕事先で頂いた 「どぶろく」 を開けました☆


ドブロク


久しぶりのどぶろくは美味しい


















山菜を肴にどぶろく飲んでますよ。
今夜は、オヤジ晩酌全開モード。

ワラビもゼンマイも、あぁ、これがホンシコの山菜料理だと、浸み渡ります。
てらいのない郷土料理は、山の香りいっぱいで・・
もう、ほっぺが落っこちそう〜〜〜
幸せになりました。


ワラビ&ゼンマイ























やっぱりアタシは関東以北舌なのだわ・・と、つくづく思います。
西の甘めで上品な味より、鋭角の切れがある北の味が心に響きます。



お昼に作った 「ワラビ炊き込み飯」 も最高に美味しく出来た
ワラビの香りと味を生かすために、酒・醤油・塩のみで炊きました。
お米はもちろん佐藤さんのコシヒカリを固めに炊き上げ、
ワラビは後から熱々のご飯に混ぜ込んだ。

ふわぁ〜っと山菜の香りが立ち昇りましたよ


ワラビ炊き込み飯























山形の佐藤さん、本当に・・どうもありがとうございました☆

at 22:13│Comments(10)キッチンラボ ノーム 

この記事へのコメント

1. Posted by KAZU   2012年02月17日 22:39
4 こんばんは、、、
佐藤さん・・・・
ご先祖様が100回忌なんて
由緒正しい、お家柄なんですね。。
うちはまだ1周忌です。。(笑)

ところで、山菜、いいですねぇ〜
あ〜、山菜そばを食べたい!!
今度作ってみて下さいね。。
ぜんまいの炒め物・・・・
鷹の爪を炒めているところを
見ると・・・・
ごっくんしちゃいます。。(笑)

いっただっきま〜す!!


2. Posted by ノーム   2012年02月18日 09:17
KAZUさん
由緒正しい・・そうね、
でも、大家族の中で台所を切り盛りするお嫁さんが、(佐藤さんの奥様)
「亡くなってからもお世話出来る喜び」とね・・サラリと言って・・とんでもない雪の中を、蔵と母屋を行き来して、法事の支度をしている様を、アタシはこの世で最高の暮らしと思って見ています。
なんか・・うまく言えないけど・・氏神様に見守られる中で、日々の暮らしに喜び感謝して生きているって素晴らしいなぁ。
3.11以後、特に、そういう事を意識するようになったわ。

山菜蕎麦、いいわねぇ
そうだわ!今夜のオヤジ晩酌の〆にするかな
3. Posted by えごのき   2012年02月18日 10:58
こんにちは

先っぽと根もとを炊き込みご飯にするなんて! 知らなかったわァ・・・。
今まで、捨てていましたヨ・・・。
今度やってみます。

ゼンマイも美味しそうに出来てますね。
私は、身欠きニシン、こんにゃく、油揚げ、ニンジンなど、その時あるものを細長く切って入れます。
貴重なゼンマイをなるべく使わずに、量を増やす工夫です(笑)。

お皿もかわいいですね。

御飯のお鉢?もワラビ炊き込みにぴったりです!

4. Posted by 山形・佐藤   2012年02月18日 16:21

あー、言い忘れてましたわ。
”わらびの一本漬け”は切らずに一本まんま食すのが、ここいらの食べ方です。
野性的にムシャムシャとね。
ぜひ、お試しを。

それにしても、大変良く出来ました!
出来栄えを見る限り、ここいらの”ぜんまい炒り”と同じです。
よおく、初めてで、出来ました事!
5. Posted by 風の宝瓶宮   2012年02月18日 23:19
山菜料理かぁ〜(≧≦)
そういう伝統的なものを、季節ごとにさくさくとものしていく人たち(佐藤さんの奥様や、ノムたんの梅干しなども)が憧れなんよね…。

だって、理にかなってるし(野菜の少ない季節に食べるとか、保存して乳酸菌などを高めるとか)、何より美味しいもんね☆

かっこいいわ〜

…とため息をつきつつ、チリ産サーモンのさくを切って、燗のアテにするわたしであった

今日は本当になんにもしなかったなぁ(*_*)
6. Posted by スー   2012年02月20日 09:52
最近更新がないですが、風邪がぶりかえしたのではありませんか?

雪の金沢から帰ってきました。寒かった〜!今回はキッチンのあるところに泊まり、出刃持参、毎日料理する予定でしたが、最初に泊まったゲストハウスのオヤジさんが神経質なのでお茶すら自由にいれられませんでした。最後の3日は家ごと借りたので、三食全て自炊しました。季節のものを頂くっていいですね。

わたしもゼンマイとわらび、よくわからないです。山菜摘みもしたことないし......
7. Posted by ノーム   2012年02月20日 12:41
えごのきさま
お返事がすっかり遅くなってごめんなさい。

先っぽと根元の炊き込み飯、とっても美味しかったですよ☆
もち米の「山菜おこわ」にしたかったんですけど・・もち米がなかったんです。

ゼンマイは、佐藤さん地域の方も、いろいろ入れる人もいるらしいんですけど、
佐藤さんからは、ゼンマイだけと教えて頂いたの♪
なるほど・・貴重なゼンマイだから・・なんですね!

山菜の小皿は友人のわんからのプレゼントなんです。
江戸後期のものだそうよ。
とっても使いやすくて出番が多いです。

ご飯の鉢は、友人の手びねりです☆
素焼きなので、ご飯がべちゃぁ〜っとならないんです♪

8. Posted by ノーム   2012年02月20日 12:50
佐藤さま
お返事が大変遅くなりました。
すみません。

ワラビの一本漬けをムシャムシャと・・ですか
早速、今夜の晩酌から!!
しかし、贅沢ですよね〜〜
シソの実を入れる理由がよ〜くわかりましたわ!
ものすごく立体的なお味になるんですね・・・

佐藤さんに褒めて頂くと・・テレちゃいますよ〜(爆)
ワラビもゼンマイも、こんなに美味しいものだったんですねぇ・・
なるほどこれは大ご馳走ですね。
本当にどうもありがとうございました。

そちらはまだまだ雪の中なんですね。
吹雪の中の運転、気をつけて下さいね・・・
「止まると追突されるかもしれないから、視界のない中を感をたよりに進むしかない」・・だなんて・・
アタシ、ぶったまげました
9. Posted by ノーム   2012年02月20日 13:06
風の宝瓶宮さま
風、お返事遅くなっちゃってごめんよ

どんぐりハウスに移ったら、きっと風もこういう事するわよ♪
西と東と食文化の交流するのも、いまからとっても楽しみなんです☆
梅干しは、実はとてもアバウトな保存食なんだと、5回目にして自分のものになったのよ。
それに、副産物の梅酢は、紅ショウガ漬けやシバ漬けになくてはならないし、お寿司にも最高だしね。
赤シソを干して擦って保存すれば、「ゆかり」が出来るし。
昔の人の知恵よねぇ・・

山菜は、恥ずかしながら見分けがつかなくて焦ったけど(爆)
言葉で表現出来ないくらい美味なのよ〜
山で採って来るだけでも、ものすごく大変な作業だから、時間と手間がかかる貴重なご馳走よね・・

サーモンをアテにお燗酒って事は、カゼの具合は悪化してないようね☆
体調悪い時は刺身系は受け付けないもんね。
でも、油断しないでね。
ぶり返しは辛いからね!
今夜はアタシも仕事上りが遅いから、一緒に晩酌できるとよいナ☆
10. Posted by ノーム   2012年02月20日 13:13
スーさん
お返事遅くなってごめんねー
風邪はすっかり治りました。
でも、ここのところ家にいなかったり、ちょっと外仕事の量が増えたりしたもんだからブログ書く時間がなかったのよ・・・
いかんいかん。
ブログは唯一の楽しみだからさぁ☆

金沢では自炊ですか
それはスーさんらしい旅でしたね♪
朝市で買い出しかな?
家ごと借りただなんて・・なんとマニアックな旅(爆)
でも、寒かったでしょ・・・
土地の季節の食材で台所でコトコトなんて、素敵過ぎです。
スーさんが山菜を知らないんて・・ちょっと安心したわ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔