2013年05月14日

楽しんで生きるということ

「引越しはすんだんかい?
 首を長くして待ってるのに、ちっとも現れんから痺れ切らして電話したわ」


・・・と・・母方の親戚からお叱りを受けた。

毎年、庭の葡萄を摘んで、葡萄酒を密造してる伯父は入院中。
絵を描くことが趣味で、出来上がった新酒の瓶に、葡萄の絵を貼り付けて、
毎年送ってくれたっけ・・

まずは病院にお見舞いに行き、
その後、伯父の家に寄った。

長いこと伯父の介護をしていた伯母の今の暮らしは、
月水金と病院へ通い、日がな一日、伯父の傍にいる他は、
広大な敷地に建つシックな家に、たった一人で住んでいる。


門を入り玄関のブザーを押すまでに・・とてつもなく歩く・・(笑)



玄関までのアプローチ






















じいちゃんの三回忌に伯父が建てたカラスのモニュメント・・健在だった(爆)


表庭





















やっとたどり着いた玄関・・懐かしいな・・
質素でシックで・・大好き。

ブザーを押しても静まり返ってる・・

あぁ、裏の草むしりしてるんだわ・・と裏のブドウ畑に行ってみた。



玄関


























案の定・・伯母はブドウ畑にいた・・

長いことご無沙汰していたので、アタシだと気が付くのに時間がかかったようだ(笑)

葡萄畑の草を踏みながら、ゆったりとこちらに向かって歩いてくる伯母は、
水牛のようで可愛かった。

「お茶でも飲みましょ」

・・と・・日焼けした顔をほころばせた。



勝手口の通路脇にある、ちっちゃな小屋がすごく素敵だった♪
20年以上前に伯父と二人で手作りしたそうだ。

大谷石を積み上げ、トタン屋根は大工さんに頼んだらしい。

収穫したジャガイモや玉葱などの貯蔵庫になってる。


大谷石の小屋

























「お勝手からで悪いけどササ入って入って」 と、伯母の動作がとたんに機敏になる。


勝手口























勝手口から入り、台所に通された。


台所は土間形式の板張りで、床から大谷石を何段か積み上げ、壁は漆喰。
天井板がなく、太い梁がむき出しの吹き抜けで開放感がある。

床から立ち上げた長方形の木の台があり、畳敷きになっていて8帖ほどある。
ちょいと腰かけるに、ちょうど良い高さ。

脇には食卓と椅子が置かれて一体になっている。

流し台は、壁際に一列に据えられてあり、シンプルで和む。


「昨日、里から新茶が届いたんだわ」・・と、
大振りの茶碗になみなみと注がれた八女茶が美味しかった。

いろいろ大変でしょう?寂しくないですか?と聞くと・・

「寝たいときに眠れるしね、楽なもんだよ。
 それにね、案外いいもん食べてるんだよ」
・・と破顔する。

「今朝もね、パンがあったから・・シチュー作って食べたんだよ、
 その辺の菜っ葉摘んで、冷凍してあるトウモロコシ入れて、
 美味しく出来たよ。あんた、食べるかい?」

なるほど・・流し台の上には、菜の花みたいな菜っ葉や、蕗が笊に乗せてある。
これはきっと晩御飯のおかずにするのだろう。


手土産を何にしようかと悩んだが、
近所の和菓子屋でドラ焼きを買った事が悔やまれる。

あぁ・・パンでも焼いてくればよかったなぁ・・・
それとも・・呑んべえ寿司も喜んでくれたかもしれない・・




買い物はどうしてるの?スーパーまでは遠いでしょ・・と聞いたら・・伯母は笑って言った。

「そこにコンビニ出来たでしょ、あれは便利だわ、お金も下ろせるし、
 何でも珍しいものが売ってるねぇ」 と、目をきらきらさせて笑う。

コンビニまでは歩いていくの?と聞くと・・

「1・5キロくらいだからわけないよ。
 足が前よりはちょっと遅くなったけど、田んぼの畦の花を眺めながら歩くと楽しいよ」



せっかく来たんだから、何かやる事ないかと聞いても、何んでも出来るから大丈夫だと笑う。


さっき、ご仏壇にお線香を上げた時に、枯れかけた椿の花が気になっていたので、
「椿の花、新しいのを切って来ようか?」と言ってみた。

伯母は案外素直に喜んだ。

何でも雄大なものが好きな性質らしく、仏壇の花瓶も浜田庄司のデカイ壷だった(爆)

アタシが水を取り替えるから待ってて・・と言うのを制止して、
上半身が隠れてしまうような花瓶を持って・・スタスタと縁側を進み、
ガラス戸を開け、枯れた花を庭に投げ水を捨てた。
「いつもこうしてるんだよ」 と、振り向きざま、ニッと笑う。

真っ赤な椿の花を投げ入れした壷を眺めて・・伯母が言う。

「綺麗だねぇ、よかった、気になってたんだよ、ありがとねぇ」






「今日は嬉しかったよ、またおいでね」

齢80になる伯母の笑顔はとても素敵だった。

伯母























帰り道・・
伯母がいつも通るコンビニまでの道を、車をゆっくり走らせる。

田植えが始まっていた。

田んぼ
























心が洗われるような一日だった。

at 13:04│Comments(24)徒然 

この記事へのコメント

1. Posted by 三面相   2013年05月14日 21:23
良い笑顔ですねえ。
お元気が一番ですね。
良い時間を過ごされているようです。
それにしても広い大邸宅ですね。
掃除が大変じゃあないでしょうかねえ。
特に家の周辺がですね。
2. Posted by 風の宝瓶宮   2013年05月14日 21:57
うんうん。

伯母さま、無人島に住んで著作していたトーベ・ヤンソンみたいだなぁ

ドームハウス暮らしにもちょいと似ているし

いい、いいです!!


しかし「あんなショボいメニューなのに、なぜ電撃的においしいの……」(意訳)には、笑って笑って、椅子から転げ落ちそうになったぞ
3. Posted by KAZU   2013年05月14日 22:22
4 こんばんは、、、
伯父様、伯母様のおうち・・・・
すごいお屋敷ですね。。
何かノームのこと、、、、
最初はただの呑んべいだと思って
いたら、、、、
実は演奏関係のお仕事で、、、、
伯父様、伯母様のお屋敷から
察するに由緒正しいお家柄って
感じがしてきました。。。。
何か、いつも私がバカなコメを
こちらのブログに書かせて頂いて
いますが・・・・・・
急に敷居が高くなってしまった
ような感じがします。。(笑)

ホントにノームさんの人物像が
不快謎に包まれて行きました。。(笑)
4. Posted by ノーム   2013年05月15日 07:49
三面相さん
おはようございます
昨日は夏日でしたが今日は一転して小寒い朝です。
身体がついていけません・・

掃除は・・ちょっと見には綺麗に片付いてましたが・・
お茶托が埃っぽかったです(爆)
そういうことも含めて、良い暮らしぶりと思いましたわ(笑)
愚痴を言わないことって、出来そうで出来ないと思うんですけれど、
伯母は、潔いというか何というか・・すごいなぁって思います。

お隣のご主人の職業は、ゴルフ場の芝刈り職人?(伯母がそう言ってました)らしいです。
この春、定年退職したので、伯母の家の芝を一手に引き受けて下さってるんですって。
風流な方で、趣味が高じて、庭にカマド小屋を建てちゃったらしいですよ。
カマド小屋=石釜工房です。
机やソファ、本棚など持ち込んで、ランプも凝ってて素敵なんですって。
その秘密基地で、友人を招いて夜な夜な飲み会してるらしいです。
そういう時は伯母にも、焼きたてのピザを差し入れして下さるんですって(笑)
5. Posted by ノーム   2013年05月15日 08:07
風ちん
え?誰ですって・・?
知らないヨ・・
風ちんは文学才女だわねぇ・・すごいや☆
さすが、灯台守志望!

愚痴(苦労話)は、人を負の極に追いやるでしょ・・もちろん自分にも帰るし。
そういうのって、癌細胞の食糧になるわけだから・・良いことないよね(笑)
伯母は、そういった小理屈じゃなくて・・天性の陽極を持ってるんだなぁって感心したわ。
こういう人に、機会あるごとに接してると、自分も磨かれるかもしれないなぁ・・なんて・・
帰り道の車の中で考えた。

アハハッ!!「しょぼいメニュー・・」
たしか、しっぽが言った台詞ね?
風ちんだから笑えるのよー椅子から転げ落ちるほどネ(爆)

今日はパンでも焼こうかなぁ♪
シチューも食べたくなったし(笑)
6. Posted by ノーム   2013年05月15日 08:30
KAZUさん
相変わらずのすっ飛びコメントに笑ったわー(爆)
都会の人には想像できないかもしれないけど・・
伯母の家地方は、どこのお宅もこんな感じよ。
なにしろ、田んぼの中ですから(笑)

昔はね、何でも物々交換だったんですって。
米を持っていって油に換えて貰ったり、
ヤギを曳いていって豚に換えたり・・
伯母との世間話しの中で、アタシ、仰天したのよ・・
「ヤギ飼ってたの覚えてるかい?正月につぶす予定だったんだけどお腹がおっきいのよ、
 取りやめにして子供生ませたよ、翌年はつぶして食べたけどね、子供もね」

聞いてて足が震えたヨ
何が由緒正しきお家柄なもんですか

"不快謎" ・・・・変換ミスであってほしいデス
7. Posted by ミッキー   2013年05月15日 11:42
5 最高の伯母さん
歩くのを分けないと言う
強い人は笑顔が素晴らしい
作り物では無いから
子供と一緒
俺も努力しないとね
涙が出てきた
8. Posted by KAZU   2013年05月15日 12:39
こんにちは、、、
変換ミスです。。(爆笑)
「深い謎」の誤りでした。。
失礼致しました。。(笑)
9. Posted by 詩郎   2013年05月15日 13:00
”ノーム様”

大変ご無沙汰致しております!

記事の内容とは無関係なので恐縮ですが
実は「諸般の事情」で当国支店を閉鎖する事になりました。
ってかもう閉めました!!!
来月上旬に帰国する予定です。

これまでご後援頂きました事に深謝致します。

落ち着きましたらまたブログをのぞきに来ます。


次はプロヴァンスかなァ・・・
10. Posted by ノーム   2013年05月15日 19:16
ミッキーさん
なるほど・・
子供の笑顔は作り物じゃない・・
強い人は笑顔が素晴らしい・・
ほんとにそうですね。

ミッキーさんの食卓、見ました♪
新玉葱、もう出来たんですね!
絹さや&新玉葱のサラダ、絹さや&コンニャクの炒め物・・
すごく美味しそうでした☆
器・・使って下さってるのね、どうもありがとう。
11. Posted by ノーム   2013年05月15日 19:19
KAZUさん
あぁよかったわ(ホッ)
12. Posted by ノーム   2013年05月15日 19:29
詩郎様
そうですか・・
培っていらした地元のご友人方は寂しいでしょうね・・
今頃はお別れ会の毎日なのかしら。
お酒、飲み過ぎないようにして下さいね・・(笑)
アイレンと別れるのは辛いわね。

プロヴァンスって・・ほんと?!
詩郎様らしいかも☆
まさに、酒と薔薇の日々ですね♪

近況報告お待ちしています。
13. Posted by スー   2013年05月16日 00:18
ご無沙汰です。

伯母様の生活、笑顔、理想です。カラスも素敵!それにしてもどうやってこの広大なお庭の手入れをされているのでしょう。玄関前の砂利、すごく雑草が生えるんですよ。でも、キレイ。感心してしまいました。

跡取り候補にしてください!あ、でもワタシは人間が柔だから、庭も畑も伯母様みたいに管理できないですワ。

追伸:今日から寿司学校に行き始めました。別に寿司屋に就職するつもりはありませんが、なにか学ぶものもあるかと。一日中立ちっ放しはシンドイです。柔だなあ〜
14. Posted by ミッキー   2013年05月16日 05:45
5 おはようございます

スーさんの笑顔
素晴らしい
雑念が無いのでしょう
俺は酒飲んだ時良い顔してる
15. Posted by 詩郎   2013年05月17日 13:57
私事にコメント頂きまして誠に恐縮です。

ご推察どおり連日の馬鹿騒ぎです!
昨日は「陳サン」宅でホームパーティー
奥さんの手料理を振舞われました。
(でも蝦蛄は苦手?!)

確かに一抹の寂寥感を感じます。
思い返せば足掛け6年近く
言葉は分らず、生活習慣も違い、習俗・風習も理解不能
そんな私を助けてくれたのが彼らでした!
彼らの助力が無ければ半年も生き延びられなかったでしょう。
(実際、半年目に死に掛けてます!<爆)

「王サン」が言ってくれました・・・
”オマエは必ずまた帰ってこい、イヤ戻ってくるべきだ!
オマエの<居場所>は空けておく
たとえ同じ場所が無理でも代替地はある
保証人にもなってやる、だから・・・”

震える足を踏みしめ、私はただただ頭を下げる事しか出来ませんでした。
商売より、酒より、○○。〜チャンより
彼らこそが当地における私にとっての
最大・最高にして掛替えの無い財産です!!!


プロヴァンスは冗談です。
実は帰国・帰省直後に両親が南仏旅行に出発してしまいます!<爆
<教皇のバビロン捕囚>で有名なアヴィニオンとか色々と・・・
でも父が痛風なので代わりに私が行く事になるかも?!
ワイン美味いだろうなァ
「シャトー・ヌフ・ドュ・パープ」とか
「カオールの黒ワイン」飲みてェ〜!

ちなみにアイレン(愛人)は当地で夫婦間の呼称です。
恋人は『情人=チンレン』です。

長文ご無礼、いづれまた・・・。
16. Posted by ノーム   2013年05月17日 19:23
スーさん
遅くなりました・・ごめんなさい。

スーさんは着目点が違いますね(笑)
さすが、お里の草むしりの達人です。
そう言われてみて・・写真を見直しちゃったわ。
なるほどねぇ・・玄関前の砂利に・・草が生えてませんね。
伯母が抜いてるのかしらねぇ・・
そんなにきっちりした性格じゃないんですけれど(爆)
庭木は、庭師さんに頼んでいるみたいです。
裏の葡萄畑は、伯母が手入れしてるって言ってました。
除草剤は絶対使わないから、密造してる葡萄酒は、それはそれは美味しいのよ♪

跡取り候補なんて言ったら大変だわ・・スーさん、捕まっちゃうわよ(爆)
娘が二人いるんですけど、長女は結婚して東京。
次女は歯科医(独身)で、ウチの街の病院勤務、市内のマンション住まいです。
どこの家も、なかなか思うようにいきませんね(笑)

寿司学校ですって
いったいどこまで好奇心旺盛な御方なんでしょ(笑)
今度お会いした時は、寿司パーティ期待しちゃおうかな☆
17. Posted by ノーム   2013年05月17日 19:29
ミッキーさん
お返事が遅くなりすみません。

そう!笑顔が天下一のスーさんのこと、アタシもそう思いました。

ミッキーさんがお酒飲んだ時の顔?
・・たしかに、満面、はち切れんばかりの爽やかな笑顔です☆
(飲み過ぎなければネ)
18. Posted by ノーム   2013年05月17日 19:49
詩郎様
王さん、よく覚えています。
王さんのお顔って、学者のような・・そう、哲学者のようでした。

手料理で宴会は、詩郎様を大切な友人と思ってらしたのね。
蝦蛄って何かしら?・・マムシ?いや違うわね・・ムカデ?
気になるので調べたらシャコですね(汗)
ハイ、もちろん苦手デス。

アイレンはご夫婦なの・・
チンレンにはびっくりです。
アタシね、昔・・中国人の男性に、「チンチャン」って呼ばれていたんです。
shinや倉、eri、など仕事仲間共通の知人だったものですから・・
それ以来、皆、アタシのこと"ちん"とか、名前の後に"○○ちん"って呼ぶんです・・今でもよ。
ちなみに、その中国人の男性は気功師でした。

ご両親様の南仏の旅・・素敵です。
ご安航をお祈りいたします。
19. Posted by 詩郎   2013年05月17日 22:33
『王サン』
確かに哲学者然とした風貌とたたずまいで沈着冷静。
でも科学者の様な怜悧な側面も併せ持ちます。
かつては公務員だったとか・・・
そして画家としても活動している様。

「シャコ」
私は当地でこれまで魚介類は一切口にした事がありません!
理由はお察し下さいませ・・・。

「アイレン」
”私の愛しい人”と言う意味で
知人に奥さんを紹介される時に発せられます。
「チンレン」は愛人・恋人の意味でまァ、フランス語の”ラ・マン”みたいなものかな・・・
【チンチャン】は分りません。


南仏旅行は約17日間らしいです。
この年代の人々は余裕がありますネ?!
コート・ダジュール(黄金海岸)、マルセイユ、エクス・ド・プロヴァンスなどを周遊するらしい。
あまり海外旅行に興味の無い私ですが
これは行ってみたいと思う反面、
実家で独りノンビリしたいとも思っています。

”ノーム様”は行ってみたい国・場所ってありますか?


『陳サン』が
”一路順風”と言っていました。
【ボン・ボヤージュ】って事。
20. Posted by ノーム   2013年05月19日 08:02
詩郎様
おはようございます
お返事が遅くなり、失礼致しました。

17日間の南仏の旅ですか・・
そうなんですよね、おっしゃるように、この年代の人はすべてにおいて"ゆとり"がありますね。
もののない時代に育ったはずなのに・・
ウチの両親にも、いつも驚かされていました。

アタシは、もし旅行に行けるとしたら、行ってみたい国は断然、インドです。
次がアフリカ。
その次が北欧です、フィンランドかノルウェー。
もちろん、貧乏旅行をします。
21. Posted by 詩郎   2013年05月19日 11:29
あ〜、連日の宴会です! 昨日は北京ダック!!!

そうですねェ〜、世界中色々行ってみたい所は沢山ありますが、
私の生涯の 【夢】は ” 地 中 海 周 遊 ” です。

そして一ヶ所だけ挙げろと言われれば

《 マ ル タ 島 》 !

私は贅沢旅行をしたいです!!!
22. Posted by ノーム   2013年05月19日 18:33
詩郎様
北京ダッグですか・・いいわぁ〜☆

お互い、好きなタイプの旅行ができるといいですね☆
23. Posted by 風の宝瓶宮   2013年05月22日 20:19
インドで一番驚いたのは、街にすごい数の身障者がいること(しかも、想像を絶するパーツの欠けっぷり)。
しかしチャイは美味しく、歴史もすごい。
ただ、インド人の我の強さもピカイチだと感じた(例えばネパール人と比べて)。
中国並みか??

フィンランド、ノルウェーは面白いよ(^o^)
二国、かなり違うけどね〜♪
(ノルウェーは、アル中患者が世界一多いとか?陰鬱だからかしら?)

ノムたんのブログ海外編、期待してます☆
24. Posted by ノーム   2013年05月23日 07:41
風ちん
インドでは、どんな安モンの茶葉でも、どうして美味しいんだろうね・・・
若い時に行ったんだけど・・ホテルの前に行列するライ病の人々の数に驚いた。

ホテルのテラスで朝食を食べていたら、箒のようなデカイうちわ持ったボーイが、カラスが突っつくのを追い払っていたの。
その時は大名旅行だったから、この次、一人で来る時は違った旅行にしようと決意したのよ。

北欧は行ったことがないけど、仕事仲間がいるのよ。
いつも静かな人。
話を聞いて行って見たくなったわ。
あんまり年取らないうちに行こうと思ってます☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔