2014年01月17日

気持ちも新たに

「表札出来上がったって!今、電話あったのよ!」
電話の向こうのうさぎさんの声は弾んでいた。


今か今かと・・ドキドキしながら待っていたアタシ・・
車が停まった気配で玄関に走り、ドアを開ける。

うさぎさんと、大きな板を大事そうに抱えた画家の彼女は、
ちょうど車から降りたところだった。


流木で作ってくれた表札に、思わず歓声を上げた。
なんて可愛い☆

流木の表札


すごく手がこんでいた・・
文字は、庭の木の小枝を組んで作ったそう。
土台の流木を彫って埋め込んであるという。

あの庭の斜面を散策しながら、木の小枝を選ぶ姿が目に浮かんだ。
寒かったろうなぁ・・・


新たなスタート



流木の穴からは、リスが顔を出している。
紙粘土で作ったリス。
目は、木の実をガラスコーティングしたそう・・

松ぼっくりは、北海道の蝦夷松ですって。


リス



譜面台に固定して、玄関ドア脇に設置した。


玄関





思えば・・この家に引越しをしてから不思議なことがあった。

15年前に、前の家を建てたお祝いに頂いた幸福の木に蕾を発見したのは去年の暮れだった。
こんな事は一度もなかったので、とても不思議だったが・・
きっと、この子はこの家が気に入ったんだろうと思って嬉しかった。


幸福の木に蕾が・・・


日を追うごとに、蕾は成長して・・こんなになった。
これは花なの?
まるで、アタシを応援してくれているような・・


幸福の木






オヤジ晩酌

「おでん」

火鉢でお燗したお酒で気持ちよく酔ったぁ☆


おでん





終の棲家で・・
小さい子供達や、人生を楽しむ時期に入った人達と、
共に音楽を楽しんで学んでいきたいと思う。


変なオヤジ晩酌料理ブログに来て下さってる、数少ない大切なブロ友に・・
ご報告したくなった吉日。

at 11:35│Comments(16) 

この記事へのコメント

1. Posted by KAZU   2014年01月17日 12:32
4 こんばんは〜
かわいい看板ですね。。。
ノームさん、もしかして
先生もやってるのですか??
憧れますぅ。。。(笑)
生徒たちからは・・・・・
呑んべい先生とでも呼ばれるの
でしょうか??(笑)

寒いときはおでんがいいですね。。
いっただっきま〜す!!
2. Posted by 三面相   2014年01月17日 14:52
この表札は凄いですね。
あまりにも立派なものに驚きました。
譜面台に付けたんですかそこも素晴しいです。
幸福の木も祝福してくれているようです。
おでんも良いですが・・・
もう少し張り込んでお祝いしましょう、アハハ
3. Posted by えごのき   2014年01月17日 22:30
まあ素敵!
ノームさんのイメージにぴったり。
こんな表札の教室があったら、ついつい入っていってしまいそう!
宮沢賢治の童話にありそうですね。ドアを開けると不思議な世界が広がっています♪

4. Posted by ノーム   2014年01月18日 08:35
KAZUさん
おはようございます

前の家で数人の生徒がいたんだけど、その人たちがここにも通って来てくれてるの。
大人ばかりなので、今度は小さな子供も教えてみたいと思ったのよ。
子供の想像力は無限だから、刺激になるし、逆に教えてもらえるかな・・って♪

呑んべえは、ここ森の家だけデス。
ブログで本音を書けて、本当のオヤジ晩酌を書けるのがストレス解消なのよ☆
5. Posted by ノーム   2014年01月18日 08:56
三面相さん
おはようございます

褒めて頂いてとても嬉しい☆
表札が出来上がってくるまで、アタシもどんな風になるのか全く知らなかったので、
びっくりしました。
手作業というのは本当に素晴らしいですよね・・
流木の自然の穴からリスが顔を出しているセンスに、う〜ん素敵!と思いました。
美術の人の表現力に、とても刺激を受けました。
松ぼっくりにもこだわりがあって、どうしても北海道の蝦夷松じゃないとダメらしいです。
松ぼっくりの、この小ささが必要だったと言っていました。

最初は、壁に掛けるつもりだったのですが・・
記念写真を撮るのに、一時的に譜面台に置いたんです。
そうしたら、ピタリと収まったので、そうだわ!これがベストポジションかもしれないと(笑)

あははっ!!そうよね、もうちょっと張り込めばよかったわ(爆)
今日は魚屋でも覗きに行って来ま〜す☆
6. Posted by ノーム   2014年01月18日 09:05
えごのきさま
えっ!そう思う?!
アタシのイメージにピタリですか!
嬉しいわー☆
教室の名前をいろいろと考えていたのですが・・
ノームとかネ(笑)
でも、ノームという名前を知らない人って、案外多いんです。
それに・・ネットで検索すると、もしかしたらこのブログにたどり着くかもしれないと・・
本音を書けなくなって、雑っちい料理もダラダラ載せられなくなったらそれこそ本末転倒だと思ったの。
誰かの目を意識して書くブログなんて、考えただけでもつまらないもの。

宮沢賢治の世界・・素敵ぃ〜〜♪
現実にもそうなるとよいな☆
毎日を大切に、楽しく、頑張ります♪
7. Posted by 森の人   2014年01月18日 09:30
看板可愛いですね。 で音楽教室とは
驚きました。

ふるさとのお家で素敵な仲間と巡り会い
美味しいものちょっことこさえてお酒共に
頂く充実の日々の暮らしに さらに生徒さんに音楽を伝える  もう 完璧ですね。

まだまだ愉快な展開を見せてくれそうな
ノーム劇場 期待してますよーー (^_^)v

8. Posted by ノーム   2014年01月19日 08:29
森の熊さん
おはよー

熊さんもそうだと思うけれど・・
故郷に帰って益々"一人では生きられない"を実感してるわ。
越したばかりに、自治会の"落ち葉掃き掃除"に小さなカルチャーショックを受け、
ゴミ掃除当番や、お祭り、など・・人と関わる中で見つけるちっちゃな幸せが新鮮だった。
だから何だってことじゃないんだけれど、
音楽を通して人に関わる生活も、大切にしていきたいと思うようになったのよ。
日々の練習を積み重ねる中で新たに発見するテクニックも、柔軟な子供たちに伝えたいとも思うようになってきた。
年取ったってことかもしれん(爆)

素敵な友達ができた事もすごく嬉しいわ☆
熊さん、激励どうもありがとう
9. Posted by 風の宝瓶宮   2014年01月19日 20:27
新しい出発おめでとう

前に、母性というものが欠落している、といった主旨のことを言っていたでしょう。
だから何となく、子どもが嫌いなのかなと思っていたので、びっくりしました。

わたしはノムたんは母性は多々あると思っているし(わたしの私見では、料理が好きで手間をいとわない人は必ず母性が豊か)、森で大人にも子どもにも音楽を教えるというのは素晴らしいと思うわ

関係ないけど、蓮根の穴は8つだね〜
風地方特産の蓮根は、穴が9つあるのよ
味も違うのかしら(笑)
10. Posted by 鍋   2014年01月19日 23:55
なんだかんだ料理教室も始めてると思いますよ(´▽`)アハハ


11. Posted by ノーム   2014年01月20日 10:46
風ちん
どうもありがとう

母性はね・・ホントは有り余るくらいあるんだと思う(爆)
実は、其れ故に・・深い痛手を受けること多し(過去の恋愛沙汰で)
なので、母性というニュアンスに、ビミョウな拒否反応起こすんだ(汗)

子供の想像力に、いつも感心したり刺激されたりします。
愛おしいよね☆
定年退職して、家に埃をかぶったピアノがあって、
ふと・・音楽を奏でてみたいという人もいるのよね。
そういう人の役に立てたら幸せだなって思う。

風地方のハスは、とても有名ですよね!
ホント・・味が違うのかもしれないね☆
12. Posted by ノーム   2014年01月20日 10:57
鍋さん
わぉ☆
食事会(お酒付き)なら楽しいけどネ!
だけど、アタシの作る料理は恐ろしくスローフードだから誰もついて来れないヨ(爆)
今ね、久しぶりに、ストーブの上で "牛蒡煮" 作ってるんだ♪
ぶつ切りにした牛蒡を、酒と醤油だけで、釧路昆布を落し蓋代わりにして、ひたすら煮るのよ。
秋田の郷土料理なのよ。
囲炉裏端で鍋の番をしながらの・・どぉ?いいでしょ!
13. Posted by スー   2014年01月23日 17:23
森の音楽教室の看板!

今年は素敵な一年になりそうですね。故郷に帰って新しいお友だちに恵まれ、音楽教室で増々ご縁が広がる。いいですね。ノームさん、弟子はとらないのだと思っていました。音楽教室の生徒さんはお弟子さんとは違うんですね。楽しそう〜

森の料理教室も併せて開講して下さい。
14. Posted by ノーム   2014年01月23日 20:53
スーさん
そうなのよ・・ひとりで練習する孤独感が好きだった。
でも、ここに引越ししてから、ものすごく早起きになったので・・
お日様が出てから沈むまでの時間って、こんなにあったんだ・・と(笑)
仕事部屋の三角窓の前に、大きな梅ノ木があるんだけど、アタシが練習始めるとね・・
雀や、様々な鳥が来て、いっせいにさえずるのよー☆
もうびっくりよ・・

そんな時を経て・・だんだんと、人と一緒に勉強する時間も悪くないかもって思うようになったのよ。
実際、今、何人かの生徒さんが来てるのだけれど、とても楽しいわ♪
あのカウンターでお茶を淹れたりしてレッスンを休憩する時間も、喜んでくれてるような気がする。

鍋さんと同じこと言わないでクダサイ(爆)
"森の音楽教室" が "森の居酒屋" まで発展したらどうするのよ〜
15. Posted by スー   2014年01月24日 11:21
音楽教室はすでに鳥さんたちと始まっていたのですね。

風水的に、前の家の密閉された音楽室から解き放たれたエネルギーが、吉を呼び込んでいるのだと思います。音楽家にとっての音楽室は、その人のあり方を左右する大きな存在ですからね。

叔父さまの家から嫁いできた子は、部品交換して調律すみましたか?
16. Posted by ノーム   2014年01月25日 09:12
スーさん
風水か・・・
スーさんにそう言われると、そんな気がして来ました♪
確かにね・・・練習室に居ると気持ちがいいのよね。
あの三角窓は、天井もガラスでしょ・・空が見えて雲が見えて木があって、わくわくするのよ。
練習だけじゃなくて、お茶を飲みながら本を読んだり、レコードやCD聴いたり、
一日の大半を過ごす部屋が、朝から夕方までずっと太陽と共にあるというのもいいのかもね。
あの三角窓の一辺がドアになってて、外に出られるのよ。
小さなガーデンテーブル&椅子を置いてあるの。
梅ノ木の周りに、ビオラを植えたわ♪

叔父のアップライトピアノは、倉の工房に上げて、修理することになってるの。
倉が見積もりしてくれてるんだけど、まだ、結果が出ないのよ。
弦とハンマーを交換するだけじゃ済まないらしいです。
倉も今、全国ツアーで忙しい時期だし・・
アルゲリッチに同行してるらしいわよ。
ま、気長に待つわ☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔