2014年07月11日

今年のらっきょう漬け

らっきょうを漬けるようになってから、毎年、直前まで迷うのは、
塩漬けか甘酢漬けか・・

アタシ、本当は塩漬けらっきょうが好きなんだけど、
問題が一つある・・

らっきょうは、常温保存でなければならない事。

今年も迷いに迷って(笑)
結局、甘酢漬けにしました。

堀江ひろ子さんのレシピで漬けた去年のらっきょうは、
1年経った今も、カリッカリの歯ごたえなので、
今年もソレで行くことに・・・


レシピ保存版

らっきょうは5キロ買い、洗って髭根など処理した後の重さは4キロになった。

酢(今年は千鳥酢)  6カップ

水            6カップ

塩(今年はヨネマース) 大匙12

砂糖(喜界島の島ザラメ) 堀江先生レシピは6カップなのだが、アタシは3カップにした

赤唐辛子        5本




ちなみに、堀江先生のレシピ

・らっきょう 1kg

【甘酢】 ・酢 カップ1+1/2
・水 カップ1+1/2
・砂糖 カップ1+1/2
・粗塩 大さじ3
・赤とうがらし (種を抜く) 1〜2本






甕は、前の晩に熱湯を注ぎ一晩置く。
当日の朝、水をあけて乾かし、35度の焼酎で消毒。

洗って髭根と頭を処理したらっきょうは、ザルに上げて水切りした後、
甕に入れていく。


らっきょう漬け1



漬け汁を沸騰させる。


甘酢を沸騰させる



沸騰した漬け汁を、らっきょう甕に注ぐ。


らっきょう漬け2





らっきょうが浮き上がらないように、ラップを乗せ・・

このまま、完全に冷めるまで置く(冷めるまで一晩かかった)

蓋をして常温保存。

これで、1年分のらっきょうが出来た☆


らっきょう漬け3








甘酢にしようと決断した理由の大半を占めるのは、

去年の甘酢の残りの利用法を発見したからだ。

西の料理番に教えてもらった 「胡瓜やセロリの漬物」は、
まだ胡瓜が採れないので待機中。

ふと、思い立って作った料理が、びっくりの美味しさだった!!

鳥手羽元を、らっきょう甘酢そのまんまで、ガガーっと煮たこちら・・

※ 最後に、香り付け程度の醤油を回してます。


手羽元を煮た



鳥手羽元を取り出した鍋に、まだ煮汁が少しだけ残っていたので、

茄子と玉葱を入れて、更に煮て・・汁気はすっかり煮飛ばした。

なんとまぁ・・
美味し過ぎよー☆

らっきょうのニオイも、味もしないのよ・・・

芳醇なコクがある。


茄子&玉葱も煮てみた♪




こういう瞬間・・細胞が開いて、幸せ感でいっぱいになる。

鳥胸肉でも、豚肉でも美味しいと思う。

そんなわけで・・

今年も甘酢漬けにしました。



at 10:10│Comments(10)台所 

この記事へのコメント

1. Posted by 三面相   2014年07月11日 10:56
ラッキョウも漬けましたか
これもたくさん凄いですねえ。
当方もラッキョウは畑に勝手に
生えてはいるのですが…
これを掘って洗っていると・・・
薄皮がいくらでも取れて・・・
面倒なことはもうできません、アハハ
手羽先も茄子と玉ねぎもいいねえ。
これでしばらく飲めそうです。
2. Posted by 和美   2014年07月11日 18:37
ノームさん こんばんわ♪
 
らっきょうついに届きましたね。
5キロですか…すごい。下処理だけでもかなりかかりますね。
食べるのが楽しみですね。

鶏肉照り照りで美味しそう!
エキスの出た甘酢が利いているんですね。

昔よく行っていた小さな居酒屋のご夫婦が、らっきょうつけた後の
甘酢ににんにくの皮だけを漬けていたのを思い出しました。
若い時は、変なことする人だな〜と思っていましたが、
今では何でも皮の方が栄養があるのが、常識になってきましたから、理にかなっていたんですね。

また何かピピっと閃いたらブログにのせてくださいね♪
3. Posted by KAZU   2014年07月12日 08:27
4 おはようございます。。。

らっきょう、たくさんできましたね。。
少し分けて頂きたいですね。。(笑)

唐揚げも美味しそう。。。


いっただっきま〜す!!
4. Posted by ノーム   2014年07月12日 08:59
三面相さん
おはようございます
大晴れです。洗濯機二回目回してます♪

畑に勝手に生えてるらっきょう・・なんて素晴らしい☆
面倒なことしなくてもいいですから(爆)そのまんま箱に詰めて送ってくんり!

鳥手羽&茄子&玉葱は、酢豚のような感じなのよ。
そうなの、これでしばらく飲んでますヨ。
冷蔵庫で冷たくなったのも美味なんですよ。
5. Posted by ノーム   2014年07月12日 09:08
和美さん
九州のらっきょうなので、雨と低温で収穫が出来なかったらしいです。
下処理はなかなか大変でした。
梅は、香りがなんとも素敵でしょ・・
台所で癒されながら楽しく仕事出来るのですが・・
らっきょうはキツイです(笑)
手もベトベトになっちゃうし・・・
でも、1年間楽しめると思って頑張りました。
森の家地方には、有名な”たまり漬け”があって、そのらっきょうはとても美味しいのですが・・
飽きるんです。
やはり、手作りに勝るものはないですね。

そうそう、書き忘れてました(汗)
鳥手羽元は、最後に香り付け程度の醤油を回してます。
直しておかなくちゃ・・

らっきょうの甘酢にニンニクの皮ですか?
そのまま食べるのかしら?
何かの調味料にするのではないのかしらね・・
例えば、カレーとか・・
6. Posted by ノーム   2014年07月12日 09:10
KAZUさん
らっきょう好きなの?(笑)

>唐揚げも美味しそう。。。
↑↑熱中症一歩手前かもしれないわよ。
水分補給してくんり
7. Posted by 和美   2014年07月12日 19:16
ノームさん こんばんわ♪

うーん わかります。
梅はお遊び程度に梅酒作りますが、あの香り 幸せになりますね。
初めてのらっきょうは…たった250グラムちょっとなのに結構時間掛かりました。
こういう作業はじっくり楽しみながらしなくちゃだめですね〜。
夕ご飯作りながら合間合間でするとなんだか雑になっちゃいます。

らっきょう漬けの後に、にんにくの皮ですが、
にんにくの皮を食べるのだそうです(笑)。
そのご夫婦は70才近くだったと思いますが、新潟出身の方でした。
小さな、決してきれいなお店ではないのですが、政治家の方が遅い時間に
お忍びで来ると言ってました。
蕗味噌、ぜんまい、ワラビ、など東京の居酒屋ではお目にかかれない、郷土の味を求めて
新潟県人が集まるお店でした。
味噌や米など、やっぱり違うんですよね。"このお米すごく美味しい"というと"新潟の親戚に送ってもらってる
お米だけは、お金かけてる"とおっしゃってました。やはり新潟です。

それにしてもにんにくの皮を食べるなんて…と思いますが、いつか私もやってしまいそうです。

最近ノームさんの晩酌の図が減ってしまいましたね。朝に準備されているからしょうがないですね。
あの晩酌の図、私の”今日も呑むぞー”って気持ちに火をつけてくれるのですが♪
ぜひたまには冷え冷えグラス入りの晩酌の図 お願いいたします。
8. Posted by 鍋   2014年07月13日 01:30
なるほど。。トドメは煮る。


今度は俺もそこまでやってみよう。











9. Posted by ノーム   2014年07月13日 09:09
和美さん
ニンニクの皮のこと、教えて下さってありがとうございます。
なるほど・・もしかしたら、想像する以上に美味なのかもしれませんね。
皮の繊維質も、柔らかくなるのかも・・
食は、楽しいですね♪

郷土の味はなおさら、生きる原点ですから、大切にしないと・・・
京都に長く居た時も、最初は、あの、はんなりとした味の虜になりましたが、
卵丼も、湯豆腐も、お蕎麦も、関東の醤油色の味が食べたくてたまらなくなりましたもの(笑)
柴漬けも美味しいのですが、醤油たまり漬けの方が好きだし・・
”すぐき”より、糠壷様の中で酸っぱくなった蕪の方が美味しいと思うわ。

オヤジ晩酌の絵を楽しみにして下さっていたなんて意外です(爆)
嬉しいわぁ♪
早起きになったので、夜は眠くなっちゃうんです・・
パソコンを開くのはだいたい早朝なの。
でも、たまには、つまんない肴で安焼酎の絵もアタシらしくていいかも。
自分史として、たまにはアップします☆
10. Posted by ノーム   2014年07月13日 09:18
鍋さん
ガガーっと煮るだけなので簡単だし・・
ホントに美味しいヨ!

例のマルボウの彼なんだけどね、
足が震えて歯がガチガチだったんだって。
そんな中でも任務を遂行して・・
こん棒で滅多打ちにされたらしいヨ。
じゃぁなんで生きてるのかって思うでしょ?
隊列は15秒毎に入れ替わるんだって。
最前列だった彼は、仲間(介護班)に引きずられ、最後尾に・・
凄い世界よねぇ(汗)
彼に興味があれば・・鍋さんがもし、メッチャ暇な時に覗いてみてくんり。
2009・7・11の日記に友人の人となりがあるよん(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔