2014年11月28日

バクの棲家

この日・・バクから

「アップル・アップサイドダウンケーキを焼いたので、味見に来ませんか?」

・・とのメールがあった。


アタシは、この難しげなネーミングのケーキにとっても興味が沸いた。

それに、バクの家の中には上がったことがなかったので、

一も二もなく、鼻歌まじりで車のエンジンをかけた。

バクの家は、ウチからは徒歩圏内なのだが、この日は冷たい雨が降っていた。





アタシの大切な、数少ない友人の一人であるバクは、

この家で、犬のハーちゃんと二人きりで・・

夢を食べながら暮らしている。



友人の家1


ハートちゃん♪





想像はしていたが、バクの趣味に魂を奪われたといっても過言ではない。

このメインの照明は、バクの食べる”夢”の一つなんだろうな・・


友人の家2



珪藻土の壁に映える間接照明からは、とても不思議な空気の輪っかが放たれていた。


友人の家3





出窓のカーテンには、アタシの憧れである、クリスタルのオーナメントが・・・


窓のオーナメント1




窓のオーナメント2




「お茶は何がいいかしら」

キッチンからのバクの声に我に返る。

淹れてくれたのは、ローズヒップ&ハイビスカスのハーブティだった。


友人の家4




このケーキ・・何といったっけ・・・

アップル・アップサイドダウンケーキ♪

素晴らしく美味しかった☆

濃厚で、ずっしりしたケーキだった。


友人の家5




時を忘れ・・アタシはバクの棲家に居続けた。


友人の家6








「ノームの家って、千と千尋の神隠しに出てくる”湯婆婆の部屋”そっくりだから好き」

・・と・・バクが言った言葉が忘れられなくて、

家に帰ってから動画を見てしまった。

なるほど・・そうかもしれない(爆)





オヤジ晩酌


「ブリの塩焼き」 で安焼酎を飲む



薪ストーブに、ブリ大根の鍋をかけていたバク・・

アタシも、急にブリが食べたくなり、帰りがけにスーパーに寄ってブリのアラを買ったのだった。


ブリの塩焼き








森の家の周りに・・・・ウサギとバクの棲家がある・・


なんて幸せな人生だろうと、ことさら思う冬の日だった。

at 13:18│Comments(16)友人 

この記事へのコメント

1. Posted by 和美   2014年11月28日 14:38
ノームさん こんばんわ♪
なんと素敵なお家でしょう!
素敵なお家には、ことごとくプラスチックがないんですね。
暖炉がただの飾りじゃない感じが、いいですね。

ノームさんのお家もそうですが、暖かく生活感があるのに、すっきりしている。
きっと自分の好きなものがわかっているから、部屋の印象がとっちらかないんでしょうね。
私は掃除や、片付けが苦手でして…
とりあえずで、物を買わないように心がけます。
2. Posted by ノーム   2014年11月29日 07:49
和美さん
おはようございます
今日はどんよりと曇っていますが暖かい朝です。

森の家地方は寒さが厳しいので、薪ストーブがあるお宅は多いんです。
皆さん、クッキング・オーブン料理・洗濯物や雪で濡れた靴の乾燥などなど、活躍してますよ。
アタシも憧れますが、石油ストーブで満足してます(笑)

バクの家はアタシんちとは違いますよ〜
すべてがセンス良く統一されてて・・
ウチが雑多ごちゃごちゃで、バクはイギリスアンティークなの。

プラスティックは、なかなか素敵なのもありますよ♪
昭和レトロの赤系のものなんか、とってもオシャレだし☆

ものを買わない・・そうなんですよね(汗)
アタシも今後の課題です。

和美さん、お引越しして、新たな暮らしなんですから、和美さんらしいお部屋にしてください♪
今、楽しくてしようがないでしょ♪
3. Posted by 三面相   2014年11月29日 09:16
この家のこのストーヴもいいですねえ。
いい雰囲気気持ちがよさそうです。
ここでこの難しい名前のケーキですか
甘党?なので食べたいです、アハハ
ブリの塩焼きの季節ですねえ、
今日はこちらもブリにしますかね。
4. Posted by KAZU   2014年11月29日 22:25
4 こんばんは〜
おしゃれなお家ですね。。
暖炉があるお家って
憧れますよね。。

それにワンちゃんもいるのは
いいですね。。
私も密かに退職金で狙って
いるんですよ。。(笑)

5. Posted by ノーム   2014年11月30日 08:03
三面相さん
こちらは冬本番の寒さはまだまだですが、薪ストーブの炎は心を優しくしてくれますね。

三面相さんがお好きな林檎です。
たっぷり入っていて、キャラメル?だったかしら?それが焦げたなんとも香ばしいケーキなのよ♪

ブリの塩焼きには、やはり日本酒よねぇ(笑)
今日こそ買ってこなくちゃ・・・
今日は朝から眩しいくらいのお日様です♪
6. Posted by ノーム   2014年11月30日 08:07
KAZUさん
おはようございます

KAZUさん、退職金でまず買うのは掛け軸じゃなかったの?(笑)

狙ってるのは、犬?暖炉?どっち?
7. Posted by KAZU   2014年11月30日 22:12
狙ってるのはワンちゃんですよ。。
ワンちゃんは私が退職しないと
誰も世話をしませんから。。。(笑)

暖炉は欲しいのですが・・・・・
煙で近所迷惑になりそうですからね。。(笑)
8. Posted by スー   2014年11月30日 23:44
お久しぶりです。帰って来ました。なんとなくコンピューターから遠ざかってしまい、ご無沙汰してしまいました。

>「ノームの家って、千と千尋の神隠しに出てくる”湯婆婆の部屋”そっくりだから好き」

いきなり思いっきり笑いました。お邪魔したことがある人だけの特権です。なかなか面白いお友達ですね。

9. Posted by ノーム   2014年12月01日 07:16
KAZUさん
犬と暮らすKAZUさん・・・
なんだか想像できないけど・・とっても素敵!
ドックフードだけじゃなく、手作りご飯も作ってネ♪
散歩に行ったり庭で遊んだり、たまには車に乗せてドライブ♪
う〜んなるほど・・人生設計が巧みですね・・KAZUさんらしい(笑)
10. Posted by ノーム   2014年12月01日 07:26
スーさん
あ、嬉しいわ☆
おかえり♪
手と肋骨はいかがですか?
無事に東京の病院で処置はすんだのかしら・・・・・
コンピューターから遠ざかる・・ということは、
きっと充実した毎日にエナジーが回転してるってことかな・・

湯婆婆の部屋という響きも気に入ったのよ(笑)
そういえば、以前、カーテンを縫ってブログにアップした時に、
「占い師の部屋みたいだわ」・・と言ったスーさんも、
なかなかいない友人ですよ。
11. Posted by スー   2014年12月01日 11:38
>きっと充実した毎日にエナジーが回転してる

ちがう、ちがう。

母のコンピューターは、長年のオリのようなものが溜まったのか反応が遅いし、テーブルの周りはグチャグチャで座っていられないからです。Wi-Fiならいいのですが、そんなことを提案して、また年寄りに精神的負担(理解不能なテクノロジーに対する)をかけたくありません。

最後の週は京都。紅葉狩りの真最中ですごい人でした。こんな時に出かけるもんじゃないと思いました。

バクさんって、インテリア関係の方?かなりこだわった内装、ステキです。ワン公もハンサム。
12. Posted by ノーム   2014年12月02日 08:06
スーさん
あは(笑)そうだったのですか!
そんな小言を心につぶやきながら親孝行してたのね♪スーさんらしいわ
京都にも行かれたのですか。
鍋さんに会わなかった?

金沢といい、スーさんは古都の雅に惹かれるのねぇ・・
前世は、お公家さんのお姫様だったかもね。

バクはインテリア関係ではありませんが、美意識は凄いです。
そのこだわりは、ハンパないのよ。
トイレットのドアノブがカットガラスだったし・・
バスマットは、たぶん手作りで・・ワッフル生地を重ねて回りはリネンで縫ってある。
デッキに出る所のマットも、コーヒー豆の入ってる麻袋を縫って作ったものらしかったわ。
たぶん・・フェイスタオルやバスタオルも手作りと思う。
アタシのように、何々酒店などというタオルは使ってないわね(笑)

はーちゃんは女の仔です♪
13. Posted by スー   2014年12月02日 09:29
>スーさんは古都の雅に惹かれるのねぇ・・

ちがう、ちがう。仕事です。

>何々酒店などというタオル

咄嗟に,「タオル持ち帰っちゃダメじゃん」とつぶやいてしまいました。酒店の中国語訳は「ホテル」ですから。頭はすでに中国人だ〜。

お公家さん?ちがう。私の前世はロシアと戦争に関係があるようです。ロシア民謡と戦争で民間人が苦しむ古い映像を見ると、涙がこらえられなくなります。特に、荒野で落命するような歌は、唱いながら大泣きです。凄く不思議ですが、若いときからずっとです。たぶん大切な人と戦火のなかで別れ、一人荒野で土に還ったのかも。その後、平和ボケの日本にうまれかわったのよ。あ〜、忙しい!

14. Posted by ノーム   2014年12月03日 06:45
スーさん
あら、お仕事でしたか・・お疲れ様♪

商店からもらうタオルは、薄いでしょ・・それが使いやすくて(笑)
あ、そうそう!台所のカーテンね、昨日取り替えました。
直線縫いで作ったのよ♪
もう、占い師の部屋じゃなくなったわよ。
バクには遠く及ばないけれど、後でアップするわ☆

ふう〜ん・・ロシアの荒野でねぇ・・
昔ね、ロシア人のヴィオラ奏者と何度か舞台に立ったことがあるんだけど・・
彼、ウチから2分くらいのところにあった倉のアパートに2週間くらい滞在してたのよ。
アパートで彼が奏でるロシア民謡に、倉が大泣きしてたのを思い出したわ。
いったい何なのよとアタシが言ったら、何故だかわからないけれど涙が止まらないって嗚咽してたわ。
戦火の中で別れた大切な人って・・もしかしたら倉だったかもネ・・
だからスーさん、あんなに倉に優しいのかも・・
15. Posted by スー   2014年12月03日 10:02
そうだったんだ!倉、My Love
冗談抜きで.....本当にそうかもしれない。

16. Posted by ノーム   2014年12月04日 07:25
スーさん
スーさん、あなたの愛しい人は、今では日本で3本の指に入るコンサートチューナーに成長しましたよ。
アルゲリッチは、来日する度に倉を指名するのよ。

三島由紀夫の”豊饒の海”・・そのものね・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔