2015年03月08日

里芋の煮っころがし

里芋を、ねっとりと煮含めるコツを身につけたので、とても嬉しい。


今までは、一度、蒸したり茹でたりしてから、つるりんと皮を剥き、煮物にしていたが、

どうも、里芋本来の旨みが逃げてしまうような気がしていた。


その秘密は、皮むきにあった。

たわしで、ざっと洗った里芋の皮を、包丁の背でこそげ取っていく。

ちょっと時間がかかるが、そのうち段々とコツがつかめるようになると思う。

水にさらしたりしないで、ヌメリを残すことが、美味しい煮っころがしになるようだ。

手もかゆくならないよ♪


里芋の皮を剥ぐ










今までは、里芋が柔らかくなったところで、味を入れていく方法だったが、

これは、いきなり味の付いた出汁で煮ていく。

そして、火加減が重要だった。

落し蓋をして、中火の強火で、ががーっと煮る。


里芋を煮た




煮汁を飛ばして完成なんだけど、最後に醤油を回すと味がしまるような気がする。


里芋、ここまで煮る





里芋の煮っころがし


里芋の煮っころがし





ねっとりとしていて、噛まなくてもいいくらい柔らかく、

味がしっかりと滲みた里芋は本当に美味しい。

at 09:32│Comments(6)キッチンラボ ノーム 

この記事へのコメント

1. Posted by 鍋   2015年03月09日 08:25
今、高知。雨〜

俺も生から皮むいてたよ〜。驚いたのが里芋でも手が痒くなるの?知らなかった〜。なんで俺は痒くならないのかな?花粉症にはなるのに〜。
2. Posted by スー   2015年03月10日 00:57
アハハ,対照的だわさ!私は味より見た目だから、8面体になるように皮剥きしてます。最近は料理屋顔まけです。ただ、ケチだから、先に外の皮をこそいでから8面体にし、切り落としはお焼きなんかにして食べます。

あ、それから里芋を植木鉢に植えて観葉植物にもしています。何と言っても、元々南国の植物ですから。

私も里芋では痒くならないですが.....
3. Posted by ノーム   2015年03月10日 06:49
鍋さん
高知?
ふきのとう採りに行ったの?(笑)
昨夜はこちらもどしゃぶりで、怖いくらいだったよ。
今はお日様が出て、清々しい朝です♪

里芋は、痒くならない時と痒い時があるわ。
でも、里芋だけの煮っころがしは、この方法で皮をむいてごらんなさいよ。
だまされたと思って。
食感、味、ともに最高峰だと思います。
4. Posted by ノーム   2015年03月10日 06:55
スーさん
確かにねぇ・・・お料理屋さんの里芋は、そんなふうに煮つけてあるわね。
上に葛餡がとろぉりかかってたりして・・

最近ね、アタシも小鉢に形良く盛り付けた肴で日本酒を堪能したいなとは思うようになったわ。
向田邦子さんみたいに・・

里芋の葉っぱが、こんもり茂るさまは素敵よね。
去年はそうして楽しんだけど・・つるが延び過ぎて管理に行き詰りました(汗)
5. Posted by スー   2015年03月13日 00:48
へ?里芋って蔓ないですよ。日本産も植えてますけれど見たことないです。蔓が伸びるのはサツマイモではないですか?植えたことないですけど。それとも、地植えでないから蔓ができないとか。

6. Posted by ノーム   2015年03月13日 07:30
スーさん
そうでした・・・あれはサツマイモだったわ・・勘違い

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔