2015年04月13日

骨董市へ

”ふるもの”大好きなアタシだけれど・・敢えて、骨董市には足を運びたくない理由があった。

物とは ”偶然に出会う”・・やはりこれが、自然で素敵だから。

そして何より、以前住んでいた街に、とても仲良しになった骨董商がいたから。




大都会の大きな箱物(ビルの中)で、ふるものを探すなんて・・どうも気持ち悪いのだ。

うっそうとした森の中の神社の境内で、幟がたなびいて・・そんな環境がいい。



今回、骨董市に行こうと思ったのは、目的があったからだ。

今は何処にも売っていないような渋い火消し壺と、真鍮の丸トレイを探したかった。




朝から大晴れ。

7時半に家を出て、大前神社に8時に着いた。

早朝にもかかわらず、ものすごい人出だったのに驚いたわ・・

夫婦連れや、女性のグループが目立つ。

女性は皆さん、判で押したように、同じ格好をしているのが面白い。

黒いスパッツに、チョーど派手なブラウス・・か・・藍染の凝ったジャケット&スカート姿。

東北道のパーキングに止まった観光バスからいっせいに降り立つ、
あの景色そのものだった。





神社の鳥居をくぐると、大木の精気と鳥の鳴き声に包まれ、とても気持ちがいい。



目的の火消し壺は、何と!すぐに見つかった。

ものすごくおっきい・・・おっき過ぎる・・見たこともないおっきい鋳物の壺・・

値段もびっくり・・1500円だった。

即、買ったが・・これを車に運ぶのが大変だった(汗)

黒いゴミ袋に入れてくれたが、そんなものはすぐに伸び破れ・・

しかたなく抱え込んで、途中、何度も休みながら駐車場まで運んだ。

すれ違う人々が皆、笑っている。







家に来たふるもの


火消し壺  1500円也 (200円値引いてくれた)


火消し壺


火消し壺の銘










「銅のヘラ」 1000円也

ジャムスプーンとか、海苔の佃煮やナメタケの瓶に突っ込んで使おうと思う。


銅のヘラ










「マッチホルダー」 2500円也(500円値引きしてくれた)

仏壇のロウソクを点けるのに使おう。


マッチホルダー










「銅の蒸し器」 9000円也 (500円値引いてくれた)

一目惚れだった・・蒸し板も銅で、錫引きが施されている。

箱書きには ”饅頭蒸し”とある。茶道具らしいが、ガシガシ使おう。シューマイなどに。


銅の蒸し器









「三色のスチール棚」 1000円也

青・黄・オレンジ色で、可動式。

これは、取り付けが難しいので・・追記でアップします(笑)



・・・・追記・・・・


台所の隅にあるパソコンデスクの上に設置。

このスチール棚の色目がとても好き。

アタシの憩いの場である古い台所にピッタリでした☆

嬉しいなぁ♪


スチール棚を取り付けた














お昼ご飯


「ドライカレー&ビシソワーズ&らっきょう」


ドライカレー&ビシソワーズ&らっきょう




今日は、両肩・二の腕・太腿が痛い・・・

火消し壺を運んだ後遺症だろう・・

at 12:13│Comments(10)日本の手仕事 | 骨董市

この記事へのコメント

1. Posted by こんばんは   2015年04月13日 23:19
これは、重かったでしょう!
立派な火消し壺。
すぐ見つかって、しかも1500円ということにびっくりです。
私はこの頃はモノを減らすことにしていますが、ノームさんのお買い物を見ると、ウズウズしてきます(笑)
2. Posted by えごのき   2015年04月13日 23:42
ごめんなさい。
名前欄に「題名」書いてしまったのは私です。

買ったのではなく売った話です。
上京の折、散歩していたら小さな古道具屋さんがあって「古いもの買取します」とあったので、次に上京する時小皿10枚持って行ってみたんです。
店主は若者でした。
1500円でいいかというので、OKしましたが
私のつもりでは500円くらいのものでした。
で、また次に上京する時15枚くらいもっていきました・笑(重いので持てるだけ)。
何しろ、モノを減らそうと思っていますから!
そのときは、いくらだったかしら2500円くらいだったかな。
こんなに高く買い取っていたら、つぶれるんじゃないかと若者のために心配しているのですが、また持って行こう!
3. Posted by ノーム   2015年04月14日 06:59
えごのきさま
重いなんてもんじゃなかったです(笑)
だって・・家に着いて、車から下ろせなかったんですもの・・
火事場のばか力って、きっとこういう事を言うのだわ・・
お茶を飲んで、新たに気合を入れ直して、運びました。

昨夜から使っていますが、寝る前に、熾きた炭を納めるのに便利です♪
大きいので、危なくないし・・
買ってよかったです☆

物は減らせません(汗)
・・あることを心に決してからは、”好きなものに囲まれて暮らす”ことの罪悪感から逃れ得ました。

それは、土地建物を譲る人(親戚の子)に、
「潰す前に、信頼できる骨董屋を呼んで、処分したら、きっとお小遣い程度にはなるからね」と言ってあります。
4. Posted by ノーム   2015年04月14日 07:09
えごのきさま
小さな古道具屋・・いいですねぇ♪
小皿・・きっといいものだったと思います!

最近、揃いの皿には興味がなくなったので、えごのきさんの気持ちが分かるような気がします。
お客様の時は、その方に合わせてお皿をチョイスする楽しみを覚えました。

それにしても、古道具屋に持っていく・・えごのきさんらしくて・・微笑ましいわ
5. Posted by えごのき   2015年04月14日 07:45
気合を入れ直して・・・、笑ってしまいました(*^-^*)
小皿はいわゆる印判で、そんなにいいものではないですが、まあ、そんなものも扱っているお店でした。
若者との会話が楽しかったので、そのきっかけに、ね!
次は少しいいものを持って行ってあげようと思っています。もうたいして好きではなくなったモノもたくさんありますから(笑)。

誰が片づけることになってもいいように、生活全般をすっきりさせておきたいと思っているのですが、そう考え始めてからもう何年も経ちました。ちっとも進みません。
6. Posted by ノーム   2015年04月14日 08:32
えごのきさま
印判・・使いやすいですよね。
アタシもたくさん持ってますけれど、厚みと手触りが好きで・・
常時、使うのは4枚くらい出しておいて、後は食器棚の奥深く眠っています。

あぁそうですね・・”片付ける”ということになると、できるだけ簡素にしなくてはと思ってしまいますね。
アタシの場合は、”潰す(家を解体して更地に)”と考えていますから、
解体業者が入る前に、骨董屋を呼んだらいいと言ってあります。

いずれにしても、後に、迷惑をかけない方法を考えることが多くなりました。
今、写真は残さないことを実行しています。
ウチの二階の納戸に、膨大な写真(祖父母をはじめ、一族の)があって・・
ずいぶん捨てましたが、こればかりは、なかなかはかどりません。
そういう観点から、パソコンの中に留め置くのはいいですね。
チップひとつ捨てればいいだけですから。
ブログも、やっててよかったと思っています。
でも・・寂しいわ・・気が滅入ります
7. Posted by えごのき   2015年04月14日 14:48
(今日はノームさんとお話している気分です)

最近は「つぶす」にしても分別しながらでしょう?
ワタシ、いろいろぐちゃぐちゃになっているので・・・。ちょっとは整理整頓しておかないと、と思うのです。
同じ種類が同じところにまとまっているなら全然大丈夫!

写真は、旅行のアルバムを作るのが、旅そのものより好きなくらいなので、増える一方(笑)、そのうちにまとめて焼却場に持っていかなくては。今のところ、繰り返し眺めて楽しんでいます。

何回もコメントごめんなさいね。

ノームさんの棚、載せてあるものもノームさんらしい感じがして素敵です。



8. Posted by ノーム   2015年04月15日 08:16
えごのきさま
アタシも・・グチャグチャです(笑)
でも実は、家ごと丸々解体の経験があるんです。
この家の他に、街中に小さな古い家がありました。
大地震が来たら、間違いなく壊れるし、ご近所にもご迷惑がかかると思い、
何も分からないまま、解体業者に依頼しました。

解体業者は、「必要なものを○○日までに運び出して下さい」と言いましたので、
大好きなふるものをいくつか、運びました。

後は、家をクロス?で覆って潰すだけで・・何の分別もなかったです。
跡地は、駐車場にして貸しています。

今住んでいる家は、終の棲家と定めましたので、潰すには惜しいものがあります。
なので・・解体業者に依頼する前に、骨董屋に来てもらって、価値のあるものを売ってしまえばいいのではないかと思います。

一番いいのは、骨董大好き人がそのまま住んでくれたら最高なんですけれど・・ありえないもの(笑)

せっかくの人生、好きなものに囲まれて暮らしたいので、
住み心地よく、料理したくてたまらないような台所と、せっせと好きなものを買い込んでます(笑)
9. Posted by れしぴこ   2015年04月15日 15:22
5 こんにちは!

素敵な骨董市でしたねー。銅の匙いいなー使いやすそうです。

蒸し器も茶道具だったんですね、次の日曜日に骨董市があるのですが茶道具コーナーもチェックしなくてはと思いました。

※実は昨年、茶道具コーナーのところにあった、とても小さな(柄杓はいらなそうなくらい)炉釜を見かけたんです。その後見当たらなくて後悔しきり・・・・今度見つけたら絶対に買おうと思っています。

棚もいいですねェ、見ているだけで萌えました。

しかし確かに消壺はとっても重そう!お疲れ様でした^^
10. Posted by ノーム   2015年04月16日 05:37
れしぴこさま
銅の匙ですが・・
昨日ね、ウイスキーの水割りが飲みたくなり、マドラーにしてみたんです。
ハッとしたわ・・・マドラーがずっと冷たいままなんです。
昔のカルピスに付いてきたプラスティックのマドラーしか持っていなかったから、
いつか、ちゃんとしたマドラーを買おうと(数年間も)思い続けていたので嬉しかったです☆

茶道具も、いろいろと面白いものがありますよね!
小さな小さな炉釜・・・あると素敵ですね・・・
お気持ち、分かります(笑)
アタシも同じような経験あります。
3年前のこと・・街をぶらぶら歩いてたら、神社の(二荒山)骨董市に遭遇しました。
そこで、ちっちゃいコンロを見つけ、欲しかったんですが、5千円だったので、ちょっと考えようと、その場は帰りました。
それ以来、二度と見ることはなかったの・・すごくがっかりでたまらなかったです。

しかし、先日、解体屋で”三河黒七輪”に出会いました。

縁なのだと思います。

次の日曜日の骨董市って・・ござれ市でしたよね!
写真のアップを楽しみにしています!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔