2015年05月16日

突如・・銀の顔

貴金属の手入れ用の粉を水に溶かし、その中に銀のネックレスを浸した。

すっかり綺麗になり、その水溶液を捨てるのがもったいないので、

数年前に、友人の骨董商”わん”の店で買った、黄銅(そう思っていた)木の葉のトレイを浸し、一晩置いた。



するとどうだろう・・

ビックリ仰天・・・・・・銀だったのね・・

鈍い光が、かえって眩しく感じる。

アールヌーボーのような佇まい・・


木の葉の銀器

木の葉の裏面




裏面のカタツムリが可愛くて、すごく気に入ったものだった。

二匹のカタツムリと小枝の突起で支え、テーブルに乗せるとピタッと密着して、がたつかない。

実用品としても、優れものだ。

美味しいクッキーでも乗せようか♪

そんなことを考えていたら・・なんと、ホントに届いた!



「バクの手作りクッキー」


バクのクッキー








わん、これを銀だと知っていたのだろうか・・


わんの店の品は、どこよりも質が良くて、安かったなぁ







オヤジ晩酌


今夜は、鰹で冷酒


鰹で一杯


やけに美味しく感じる・・

at 21:10│Comments(4)友人 

この記事へのコメント

1. Posted by スー   2015年05月17日 10:22
一瞬写真を見て、ノーム家ではカツオと冷や奴を一緒に食べるのかと思ってしまいました。

ご心配ありがとう。ネパールの家族は無事でした。最近丈夫な家に引越ししていたので。100年近く経つ元の家に残っていたら全員アウトだったと思います。カトマンズの人口の多くが周辺の村々からの流入なので、皆自分の故郷の建て直しに帰ってしまい、町は静かだそうです。家族曰く、平常な生活に戻りつつあるそうです。病院に務める友人も「通常より少し忙しいくらい」と言っていました。報道と随分違いますね。

元々インフラが弱く、水や電気の供給は自前で対処している人達なので、自力更生、壊れたら自分で直せばいい、の精神なのでしょう。期待値が低いというか....
2. Posted by ノーム   2015年05月18日 07:37
スーさん
冷奴・・?あ、氷のことね(笑)
だらだら飲みながらなので、お刺身が冷たいままでいるようにの策です。

ネパールのご家族のご無事、本当によかったです・・
しかし、壊れたら自分で直せばいいという生活観念が力強いです。
見習わなくてはと思うわ。
水と食料は、家さえ燃えなければ2ヶ月くらいは問題なく生きていけるようにしてありますが、
壊れた家を修復する精神力も大切なこと・・と、スーさんのコメントを読んで思いました。

普段から、”何でも買う”ことを見直さないと。
庭のトマトの支柱も、ホームセンターで買わないで、
庭木の伐採した枝を束ねて取っておくということも、大切な知恵だわね。
3. Posted by 三面相   2015年05月18日 09:51
銀の顔?アハハ
またまた凄いのが増えましたねえ。
冷奴とカツオの話が面白い!
これはかなり笑いました。
今はかなり高価な鰹かと・・・
刺身以外でもいろいろ食べられますよ。
4. Posted by ノーム   2015年05月19日 06:15
三面相さん
木の葉のトレイは、黒っぽい黄色だったんです。
葉脈とカタツムリに惹かれました。
でも、銀の鈍い光って、神秘的で引き込まれます・・

鰹は、期待してなかっただけに、すごく美味しかったです。
一度は土佐で食べたいと思っています♪
その時はヨロシクお願いします☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔