2015年06月20日

庭の小梅に思う

庭の小梅は、年々、粒が大きくなってくるように思う。

不思議でならない。
何故なのだろう・・

農薬や肥料を遣らないからだと思う。
土地になじんで、自ら生きやすく、丈夫に育っているのだろう。

肥料を遣ると、虫がつく。
だから、薬を散布して毛虫退治をする。
そうすると、毛虫は更に進化して丈夫になる。
・・そう、きっとこれの繰り返しなんだろう・・



ウチの小梅の木には、一匹の毛虫もいなかった。
雀が食べてくれてるせいもあると思う。

この梅の木は、仕事部屋の三角出窓の真ん前にある。
練習していると、木に、雀がいっぱい止まって囀る。
何をしゃべっているのか・・本当にうるさいくらいなのだ。


梅ジュース用に、ずいぶん採ったはずだが、
まだまだ沢山の実が残っていて、完熟していた。

何と言う種類の小梅なのだろうか・・・
親に聞いておけばよかった・・

小梅の木



梅雨の晴れ間を見て、梅干用に収穫した。


小梅の収穫

小梅の収穫2



収穫が終わったのは夕方で・・太陽は沈みかけていた。

丁寧に洗い、2時間ほど水に浸けてアク抜き。
その後、ザルに上げて一晩放置した。




翌早朝から梅仕事に取り掛かる。
小梅なので、生り口を取るのに延々6時間も掛かった。

17%の塩で漬け込む。

小梅22・3キロ・・・・・・・漬け込み完了。


小梅漬け


梅の実は、不作の年もある。
以前は、不作の年に買って漬けた事もあるが、梅干の味が全然違う。

買った梅は、傷もなく、惚れ惚れするくらい美しいのだが、
梅干になると、すごく頼りない梅干になる。

皮が、ペランと剥けて、実との境目がはっきりしてる。
アタシは、それがとても苦手なのだ。

自然に育った梅は、肌にはソバカスがあり、アバタもあり、
お世辞にも美しいとは言い難いが・・
梅干になると、果実は、筋肉質で、買った梅のようにトロトロしない。
一番の魅力は、皮と実の境がないということ。

不作の年に慌てないように、
「収穫できた梅は、ありがたく漬けてしまおう」というのが最近の心情。
梅干は、何年でも持つし、幸い、貯蔵しておく部屋もある。





オヤジ晩酌


疲れきって・・・よっぽど、コンビニで何か買って来ようと思ったが・・
車のエンジンをかけるのも面倒になる。

冷蔵庫を覗くと、胡瓜1本とトマト少々ある。
石室には、ジャガイモと人参がある。
お風呂に入る前に、料理の下ごしらえをしてしまおうと、奮い立つ。


風呂上りの麦酒を飲みながらチャッチャと仕上げた料理・・

「昔懐かしポテトサラダ」


ポテトサラダ




「アマトリチャーナ」


アマトリチャーナ



やっぱり、家で作ってよかった・・



そして、翌朝・・

一晩で水が上がった梅樽に、思わず歓声を上げた。

梅酢が上がった

at 10:29│Comments(8)梅仕事 

この記事へのコメント

1. Posted by golfun   2015年06月21日 17:03
今日は
梅干しの作り方も所違えば方法も違いますね。
九州の山奥に育って庭には大きな豊後梅、小さな信濃梅がありました。
祖母と母が毎年梅干を漬けていました。
紫蘇の葉をもんで塩と混ぜて漬けていたのを思い出しました。
日の丸弁当が懐かしい!
オヤジは赤ワインの晩酌ですね。

2. Posted by 鍋   2015年06月21日 20:45
アマトリチャーナ久しぶりに見たな。

相変わらず美味しそうね。


梅はまだ準備出来て無くって。。

せっかく紫蘇の準備もしたのに(o_ _)ノ彡☆

3. Posted by ノーム   2015年06月22日 06:50
Golfunさん
おはようございます♪
郷土の伝統というのは、素晴らしいですね・・
赤紫蘇は、最初の段階で梅と一緒に漬け込むのですか。
なるほど・・理に適っていますね。

ウチの方は、赤紫蘇を塩で揉んで入れるのは、これからなんです。
畑に、赤紫蘇が大きくなるのは梅雨明けの頃です。
多分、九州は赤紫蘇を収穫する時期と、梅が熟する時期が同じ頃なのかもしれませんね。

いずれにしても、庭に梅の木があれば、梅干を作ってみたくなります(笑)
アタシの亡母は、家事全般(特に料理)が苦手で、梅干は買ってくるものだと放言してました(笑)
母が亡くなって後、片付けをしていたら、台所の戸棚の奥から、変な梅干瓶が出てきたんです。
蓋を開けると、アルコール臭がキツくて梅の匂いはしません。
ははぁん・・と思いました。
母は、梅干作りに失敗(途中でカビが生えて)、アルコールで消毒した。
そして、奥に突っ込んだのだと・・(笑)

アタシが、庭の梅で梅干を作ろうと思うきっかけは、母の供養なんです。
親孝行したい時に親はなし・・ですね・・ほんと
4. Posted by ノーム   2015年06月22日 06:57
鍋さん
アマトリチャーナは簡単で美味しいよね♪
美味しそうと言ってくれてありがとう☆

仕事のやりくり、これが難関ですよね・・
わかるわかる・・
梅を干す段階でも、お天気とのにらめっこですもん。
先は長いわ・・
紫蘇の準備って?塩揉みして、冷蔵庫に入れてあるのかしら?
あ、そうね!その方法があったわね!
5. Posted by スー   2015年06月25日 02:12
戻ってきました。京都の帰りに半日東京の実家に寄りますと、庭の正面にオレンジ色の梅の実らしき物が10個以上転がっていました。「どうしてこんなもん落ちているのかしらね、鳥が運んだのかしら〜」と言う母でしたが、よく見ると上に梅の木がありました。(当然!)鉢植えが何年もして実を付けるようになったのです。

というわけで、残りの梅ももぎ取ってシンガポールに持って参りました。来年、また拾えることができるか分からないので、大切にしなくっちゃ。ほぼ皆完熟していたので、おやつ用の甘い梅干しにすることにしました。
6. Posted by ノーム   2015年06月28日 10:30
スーさん
お帰りなさい

せっかくコメントを頂きながら、お返事が遅くなって大変失礼を致しました。
お里の梅の木・・・凄いですね!
上を見上げたって・・鉢植えの梅の木が、そんなに大きくなったのですか!
そして、実を生らせたなんて・・聞いているだけでも感動です。
お母様の言葉にも、笑ってしまいました。

もいだ梅の実は、どのくらいあったのかしら・・
星国の台所で、完熟梅の甘〜い桃のような香りに微笑んでいるスーさんのお顔が浮かびます。
良かったですね!!
”おやつ用の甘い梅干”って、どうやって作るのかしら?
興味あります。
できたら、梅のその後をお知らせ下さい♪

アタシは、ちょっと傷んでいる梅を、”煮梅ジャム”にしてみました。
杏のような香りです。
お砂糖を控えめにしたら、アイスクリームに合うので嬉しくなりました。
7. Posted by スー   2015年06月28日 14:35
梅は全部で700グラムでした。塩と蜂蜜を半々で全体の重さの15%程度になるように調合しましたが、根拠は全くありません。15%という数字は、どこかで塩が15%以下だとカビが生えるというようなことを読んだからです。

澄んだ梅の汁がほぼ梅の頭まで上がってきました。このまま放置するつもりです。1年くらいしたら食べてご報告いたします。
8. Posted by ノーム   2015年06月29日 06:29
スーさん
けっこう採れましたね。
なるほど蜂蜜が素敵だわ♪
果汁も、いろいろ利用出来ますね!
ご報告、どうもありがとうございました。
お味のお話しも楽しみにしているわ☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔