2009年06月

2009年06月30日

朝顔よしず

棲家晴れた日の日差しが強くなった・・
長年使っていたヨシズがボロボロになって、今年は買い替えなくては・・と思っていたら、shinが素敵な提案をしてくれた♪
「朝顔で日除けはどお?ブルーの朝顔なんていいんじゃない?」



それで、デッキのメンテナンスが始まった・・というわけ(笑)
今までは、エメラルドグリーンに白を混ぜた色目のデッキだったけど、明るい空色にした。
台所から、ブルーの朝顔の天然ヨシズを眺めて・・う〜ん・・素敵・・

ブルーの朝顔・・そうよね・・ピンクじゃだめなのよ・・
こういう瞬間に、ふと思う・・
shinって、やっぱりおかしなヤツだわ・・バランス感覚がまるでなってないなぁ・・
今度、かっこいいスニーカー&靴下プレゼントしてやるかな・・


プランターに種を蒔いて・・ひと月半・・

こんなになりました♪

朝顔1

 

 

 

 

 

 

 

 

 








ツルの誘引は麻紐で組んでくれた♪

朝顔2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜・・台所から見ると、こ〜んな感じ・・

夜の朝顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 一昨日漬けた「エゴマ葉の醤油漬け」・・
美味〜〜♪

これは、千切り生姜&ゴマ&一味唐辛子&醤油の和風バージョンよ♪

エゴマ醤油漬け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄米ご飯に良く合うのよ・・

ご飯が止まらない〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どぉ?食べたくならない?(笑)

 

 

 



at 10:50|PermalinkComments(10)TrackBack(0)徒然 

2009年06月28日

台所に籠る

棲家朝のうちは曇っていたが、とうとう雨が降り出した・・
庭のレモンの木に、ちっちゃい実がたくさんついている♪
今日は、台所に籠るのよ〜♪
珈琲を飲んだり、音楽を聴きながら保存食作りをした。
バッハの無伴奏チェロ組曲・・雨音と合うのねぇ・・



レモン

 

 

 

 

 

 

 

 

 





和歌山みなべ町の梅が来た・・
今年は、里の梅が不作で、少ししか採れなかったので、追加で漬ける事に・・
無農薬・無肥料の梅なのに綺麗だわ〜
木で完熟してるので、台所中、甘〜い桃の香り・・

洗った梅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アタシの好きなチェリストは、昔はマイスキーだった・・
でもね、この人、歳を重ねるごとに、だんだん変になっていく・・
第一、衣裳が気に食わないわ・・天使の羽みたいのを背中につけて出てきたりするのよ(笑)
おっさんが、そんな衣装で、気難しい顔してチェロ弾いてるのが、なんだかこっちが気恥ずかしいわ・・
演奏も、なんだかイヤラシイのよね・・最近・・
これは、衣裳はフツウなんだけどサ・・演奏が気色悪い・・





・・で、やっぱりこの人・・いいなぁ・・
カザルス・・
昔の録音で、音は悪いけど、ドキドキする・・
すべてが祈りの演奏・・神々しい・・
やっぱさぁ、どんな世界でも同じだと思うけど、最後は人間の魅力がすべてなのよね〜そんな気がする・・

 


もう一つの台所仕事
エゴマ葉の醤油漬け・・

今日、午前中に届いたんですよ〜

エゴマ&エゴマの葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アタシは、エゴマの葉のキムチが大好物なんだけど、市販ので美味しいと思うのは、なかなかないのよ・・
そこで、自家製にしようと思ったんだけど、気になるのは農薬・・
エゴマの葉には、虫がつきやすくて、大量の農薬をかけるんだって・・

やっと見つけました・・無農薬・無肥料のエゴマ♪

100枚あるので、半分は和風、もう半分はキムチに漬けましたよ。

エゴマの葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和風レシピ

‐潴タレを作る

生姜を細く千切りにして、醤油・唐辛子・ゴマをあわせる。

∪って、水気を拭いたエゴマの葉に、このタレをミルフィーユしていく。

醤油漬け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キムチレシピ

この日のために、買いました〜3年物の「ピー県豆板醤」
韓国キムチは、コチュジャンやヤンニョンジャンなんだけど・・
アタシ流で、豆板醤で漬けます〜

ピー県豆板醤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‐潴タレを作る

醤油・砂糖(隠し味程度)・豆板醤・一味唐辛子・ゴマ・ニンニクのすりおろし

同じく、タレをミルフィーユしていく。


さてさて、どちらが、好みの味になるのか・・楽しみぃ♪



at 19:45|PermalinkComments(10)TrackBack(0)台所 

2009年06月26日

デッキのメンテナンス

棲家朝から、お日様が照りつけて、気温もぐんぐん上がった。
今日は休日♪
デッキのペンキ塗りをshinがしてくれることになっている。
ありがたや〜ありがたや♪


「ナスの揚げ浸し」を作っておこうと思い、薬味採りに庭に出る・・
ミョウガたけ・シソの葉を採った。

ミョウガたけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アタシ流「ナスの揚げ浸し」のレシピ

_愡劼蓮半分に切り、切り口に塩をパラパラとふって5分。
灰色の水が浮き上がるから、キッチンペーパーで拭き取る(あく抜き・・このひと手間が茄子の味を良くするのよ♪)
あく抜きしてる間に、薬味を刻み(ミョウガたけ・シソの葉・生姜)麺つゆを入れた器に入れておく。
げ愡劼稜悗鳳し包丁を入れて、素揚げする。揚げたそばから、麺つゆの器に入れていく。

茄子完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しそうに出来ました〜♪

茄子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

shinが、お昼ご飯は庭で食べたいと言い出した・・
理由は分かってる・・
仕上がり具合を眺めながら食べたいのよね〜ほんとに、このオトコ、パラノイアなんですよぉ
まったくぅ・・いやんなっちゃうなぁ〜〜

弁当を作った。
shinにひったりの弁当箱があった(笑)

のらくろ


















マクロビ弁当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案の定、1口食べてはツツツゥ〜と歩き、塗りむらを、刷毛で手直し・・

shin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗り始め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、アタシは中でいただきましたわよ・・
ビールをグビッといきたいところを我慢我慢。

きゅうりサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝豆豆腐

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

塗り終わり



















さぁ、夜は、わんぱんち〜が合流して、カレーライスパーティーですから・・仕込みを始めなくてはね♪
それでは、又、後ほどね〜

続きを読む

at 16:11|PermalinkComments(16)TrackBack(0)友人 

2009年06月23日

米蔵へ

棲家急な坂道を上っているバスの速度がだんだん落ちて、ついに停まった・・
運転席の隣にある電話機から、英語でなぐり書きされたFAX用紙が飛び出してきた・・
「サイドブレーキを踏め!!」
バスは、加速しながら、坂道をバックしはじめた・・
このパニックの運転手のアホ面・・だれだっけ・・?昔の恋人の誰か・・?


覗き込んでるクララと目が合った・・
まったく、なんだってこんな夢をみたんだろう・・

髪が、汗をかいた首にはりついている・・
窓を開けると、お日様が出て、ものすごく暑い〜
慌てて起きて、洗濯機を回し、その間に掃除機をかける。
たまった洗濯物をデッキに干して、シャワーをして珈琲を飲む。
(そうだわ♪今日は米を取りに行こう・・洗濯物が乾く頃には帰って来れる)

お握りを作って、珈琲をポットに入れ、CDを2・3枚持って家を出た。

車で小1時間の所に、アタシの米蔵がある(笑)
1年分の米を、冷蔵庫に保存しておいてくれる米屋。

米屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向かって左の建物が、冷蔵庫棟。
奥が酒造棟・・ここの「どぶろく」は旨いのよ〜
右が、事務所。
一番奥の四角い建物が、ここで働く米作り人の宿舎。
若い男女、5人くらいが、ここの住人なの。

農業用水を使わずに、井戸を掘って、地下水で米を作っている。
無農薬・無肥料で、アイガモを放しての米作り・・

 

米屋には、ペットのヤギとウサギがいる。

米屋の森

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米屋のウサギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米屋のヤギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな試みで、有機野菜の畑が出来ていた。
「どうぞ、お好きな野菜をお採り下さい」と、カゴとハサミを渡される・・

野菜1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米屋の広大な敷地には、森もある。
様々なイベントが、四季を通して開催され、その都度、案内状が来るが、アタシはなかなか来られない・・
ついこの間は、どぶろく祭りだった・・
そして、絶対に来たいのが、「秋蕎麦祭り」・・

新米がとれると、お握りとイモ煮がふるまわれる。
そういえば、去年、このベンチでお握りを頂いたんだったわ・・

今日は、この森のテーブルに、持参したお握り籠を出して食べ、ポットの珈琲を飲む・・あぁ森林浴〜

米屋の林

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いつもは、玄米を送ってもらうのだけど、たまには、米を取りに来がてらのリフレッシュもいいなぁ・・

 


今夜の肴

「採りたて野菜の天麩羅」

天ぷら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリリと冷えた冷酒を飲んでいるうちに、パンチのきいた「麻婆豆腐」が食べたくなった・・
えっ!またかよ・・なんて言わないでぇ〜
暑かった日は、食べたくなるんです・・
今夜は、花椒を最後に入れてみた・・ビリビリと・・効くわぁ〜
自分で作って、褒めあげるなんてバカみたいだけど・・ほんとに美味しく出来た♪

麻婆豆腐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糠漬けキュウリもイケテマス〜

糠漬け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは・・おやすみなさい〜



at 23:01|PermalinkComments(12)TrackBack(0)徒然 

2009年06月21日

手巻き寿司

棲家カーテンの向こうに、雨の気配を感じながらベットの中でまどろむ・・
喉が乾いて、お茶が飲みたいけど起き上がれない・・
目をつぶったまま、寝室の湯沸かしポットのスイッチを入れ、ティーバックの紅茶を飲んで、又眠った・・



気圧のせいか・・クララも起きない・・

ネムネムクララ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと目が覚めたのは、10時だった。
やはり、雨が降っている・・
傘をさして庭に出ると、「ほたるぶくろ」が咲いていた・・

ほたるぶくろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜は宴会・・
youko・わんぱんち〜・shin・倉・・夜中まで飲んだ・・
別に、とりたてて話があるわけじゃないんだけど、人が家に来てくれるってだけでホットな気持ちになる・・
もし、アタシが誘われたら、出かけていくだろうか・・?
きっと面倒で、行かないなぁ・・


肴は「手巻き寿司」

こんな簡単な宴会はない(笑)
酢飯を作るだけなんだから・・

手巻き寿司

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巻き方で性格でるね・・(笑)
shinの巻き方を視野に入れて冷酒飲んでたら、胸やけおこしそうになった。
海苔に酢飯を乗せ、カイワレ・ウニ・海老・えんがわ・・・
お次は、シソの葉・大トロ・ウニ・ホタテ・・
お次は、キュウリ・タコ・エビ・イカ・つぶ貝・・(爆笑)
一見、シンプルな好男子なんだけどねぇ〜
内面はわかんないわねぇ・・

倉は、相変わらず、手も握ったことない(自分で言ってる)不倫相手のメールを気にしながら巻いて行く・・オイオイ、携帯が魚臭くなるよ〜

youkoは黙々と巻きながらも、絶妙なタイミングで会話を盛り上げている・・

わんぱんち〜は意外にも非常に綺麗な巻き方、食し方・・
オトコが、嫌みじゃなく、美しい箸使いが出来るのは珍しいナ・・




わんぱんち〜の京土産

「てんぷら」
これは、すごく美味しかった・・ビールを飲みながら♪

てんぷら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「漬物」
イマイチの味・・・
わんぱんち〜が「お茶漬けで最高って○○が言ってたから買ってみた」って言ってたけど・・有名な役者?さんらしいけど・・アタシんチ、テレビないしさぁ・・誰だかわからないわぁ(笑)

漬けもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「和三盆糖の落雁」
仏さんに〜って言ってた・・内心、驚いた・・
こんなオシャレな高級菓子を買うようには、どうしても見えないんだよね・・
早速、仏壇にお供えさせてもらいました♪父が大好きだった落雁・・正直、ほろりときましたよ・・

和三盆落雁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



at 19:06|PermalinkComments(10)TrackBack(0)友人 

2009年06月19日

レトロな椅子

棲家里から持って来たもの・・
椅子と箒。
今日は、掃除機を使わずに、箒で掃除をした。
箒は、ホコリを舞いあげるって聞いてたけど、そんなことないじゃないの・・
実に、使い勝手がいいわ・・


母の実家は、栃木県の鹿沼・・
今はどうかわからないけど・・昔は、鹿沼と言えば箒だった・・

母の妹が、奈良県の樫原神宮前に住んでいた・・
今市の、もう一人の妹と、奈良に行く時の事がフラッシュバックされる・・

「変な、お菓子持ってくより、土産は鹿沼箒ですよ」・・と、譲らぬ母に、根負けした父は、そっぽを向いて苦虫を噛み潰したような顔・・(笑)
結局、新幹線に、その鹿沼箒を持って乗り込んだ・・懐かしい思い出・・

しまつの良い母は、新しい箒(実はものすごく古いけど)を使わずに、掃除用具入れの戸袋の中にしまっていた・・
日常使っていたと思われる箒は、先が擦り切れて短くなっていた・・

家に持ち帰って、あらためて見ると、柄も、とっても美しく、箒の元の編み込みも凝っている・・
これは、大切に使わなければ・・

箒

 

 

 

 



















レトロな椅子を、パソコンデスク用にしてみた。
デスクも、大昔に、祖父が買ってくれたものを使っていたが、この椅子がとっても似合うじゃない♪

レトロな椅子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、里の梅を漬け込んだ。
8キロ・・
小さな樽は、先に漬けた小梅。
大きな樽が、今日、漬けた梅・・
梅漬け完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後は、赤シソを入れて、土用干の日を待つだけ・・



追記

鹿沼箒が、あまりにも素敵だから・・・・・・


小さい箒

小さい箒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きい箒
鹿沼箒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きい箒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

 



at 23:18|PermalinkComments(8)TrackBack(0)里の山畑 

2009年06月18日

久しぶりの洋食

棲家洋食を作りたくなった・・
野菜中心の和食が多いからね(笑)
それに・・ちょっと理由もあるのよ・・
久しぶりにスーパーに買い物に行った。




今夜の肴

「ハンバーグ」

所詮、家庭料理の域を脱しない洋食・・(笑)
メインのハンバーグより、付け合わせに手をかけましょ♪

「子ジャガのタイム煮」

レシピ

〇劵献礇を良く洗い、水切りする。

子じゃがいも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲侫薀ぅ僖鵑縫リーブオイルを入れて、子ジャガを入れ、すぐに塩(ここで、しっかりと塩味を入れる)をして炒める。
タイムを入れて、酒を振り、蓋をして蒸し焼きにする。
タイム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイムを入れて〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せ劵献礇にフォークを刺して、OKだったら、蓋を取り、香り付け程度の醤油を入れて炒りつける・・このくらいまで。

最後の炒りつけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成〜♪シンプルだけど、美味しいのよ〜タイムとの相性はとってもGood♪

完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「クリームマカロニ」

これね、簡単で、すごく美味しいんですよ〜

レシピ

.泪ロニを茹でる
鍋に、ニンニクのすりおろし・生クリーム・粉チーズ・バター・マデラ酒(ブランディかウイスキーでもOK)・カトルエピス(手作りスパイス)耳かき1杯程・・をすべて入れ、火にかける。
J騰したら火を止めて、マカロニを入れて完成。
だ垢衂佞韻了に、オーブンで軽く焼いて、ほんのり焦げ目を付けるとオシャレ♪

*カトルエピス・・4つのスパイスをブレンドしたもの。これ作っておくと便利よ〜
レシピ

白コショウ25g・ナツメグ10g・ジンジャー8g・クローブ2g・・すべてパウダーを使用。
分量は、だいたいの目安・・よくかきまぜて、小瓶に入れて密封しておく。
3ヶ月くらいから、ぐっと味が深くなるから不思議なの・・
熟成させると風味が良くなるので、湿気を避けて保存する。
オムレツやシチューやグラタンに少量入れるだけで、フレンチになるわ♪




そして、ハンバーグ・・

レシピ

アタシは、玉ねぎは炒めないで、直接、肉に混ぜ込むのよ・・
その他には、生クリーム少々入れた生パン粉をつなぎにする。
特別にする事は・・ナツメグのホールを、ブレンダーでおろす・・くらいかなぁ(笑)

焼けたハンバーグを、皿に取り出して、フライパンの肉汁の中に、ソース・醤油・ケチャップ・生刻みトマトを入れて煮詰める。
同時に、別のフライパンで、キノコを何種類か、酒炒りする(今日は、シメジ・椎茸・舞茸・えのき)

キノコの酒炒りレシピ(これ、とっても重要なの・・)
キノコの旨みだけが凝縮されて、なおかつ、エグミが出ないの。
キノコ温蕎麦などにも、こうして酒炒りすると、断然、味が違うの。
.ノコは洗わずに、小房に分けておく。
▲侫薀ぅ僖鵑鬟ンカンに熱して、いきなり、キノコを入れる。
すぐに塩をして、酒を入れて、蓋をする。
ぅノコの水分が飛んで、艶が出たら出来上がり。

酒炒りしたキノコを加えて、少し煮込んで完成♪

ハンバーグ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はね・・ブログ友のKAZUさんが、今週末から長期の旅に出るの・・
PC開けないところらしい・・ちょっと寂しいナ・・
アタシの変なブログに、いつも遊びに来てくれて、律儀にコメントをくれるのよね〜(笑)
本当は、KAZUさん、アタシの作る肴は好みじゃないのよね〜多分・・

そんなKAZUさんが、元気で旅から帰って、又、遊びに来てくれるように〜って願いを込めて・・作ったの(笑)

料理って、誰か、喜んで食べてくれる人がいるから・・作るのよね・・
KAZUさんが喜んでくれるのを期待して作ったんだけど、写真だけだもんね・・
実際に食べるのは・・アタシ・・
これじゃぁ、つまんないから・・わんぱんち〜に「お持ち帰り用」を作りました(笑)
さっき、無事に、喜んで、ハンバーグ弁当・・持って帰りました〜♪
今頃、ビール飲みながら食べてるわね・・(笑)

KAZUさん、御無事の航海をお祈りしてます。
元気で帰って、又、遊びに来てね〜



at 23:08|PermalinkComments(8)TrackBack(0)友人 

2009年06月17日

山椒の実の佃煮

棲家新4号国道は空いていた・・
しばらく来ないうちに、所々3車線になっている。
平日だったのにもかかわらず、渋滞もなく、懐かしい家に到着した。





季節ごとに、従兄から電話がかかってくる。
「梅の花見に来んかい」から始まり、「フキノトウが出てるよ・・」「桜が見事だぞ」「今年の梅は大きいぞ」「栗拾いにはいつ来るんだ」・・

今回は、墓参りを兼ねて、梅もぎりに来た・・
敷地に隣接している、小さな林(西山と呼んでいる)を散策した・・昼間なのに薄暗い・・

里山

 

 

 

 

 

 

 

 

 











 

山椒の木を発見した。
(こんな所に、山椒の木あったかなぁ・・それも、実が、たくさんついている)

里山の山椒の木

 

 

 

 

 

 

 

 

 










 

夕方になる前に、山椒の実を収穫した。

山椒の実

 

 

 

 

 

 

 













こんなに採れた・・

籠いっぱいの山椒の実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










{山椒の実の佃煮レシピ}

 ー造鮗瓦ら外し、良く水洗いする。
◆,海亮造鯒湯に入れて10分程茹でる。
 これを冷水に取り、時々、水替えをしながらアク抜きをする。
  1時間位・・浸け過ぎると、独特のピリピリ感がなくなるから注意。
ぁ/紊らあげて、水気を切ったら鍋に入れ、山椒の実が、ひたひたに浸かるく
   らいの醤油を入れ加熱。沸騰して10分程で、この醤油を別の容器に移す
  (この醤油が貴重なの)
ァ‘蕕法∈討咫⊃靴靴ぞ潴と酒を1:1の割合で入れ、煮詰めていく。この時、完
  全に煮詰めると、実が固くなるので、1/4位のところで火を止め、粗熱がとれ
  たら完成。
Αー造鮠分けにして、袋に詰めて、冷蔵庫保存すれば、1年以上保管できる。
А‐潴(きイ能侏茲燭發痢砲鷲咾貌れて、冷蔵庫保存する。
  これは、昆布の佃煮を炊く時に使ったり、冷奴にかけても美味。


完成した「山椒の実の佃煮」と「山椒醤油」

山椒の佃煮完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 













これで、いつでも、「ちりめん山椒」がサッと作れるわ♪
小さな瓶の「山椒醤油」は、最初の10分間でとれた醤油・・
おもに、かけ醤油として使う。
大きな瓶の方は、昆布の佃煮を炊く時用。
ここまで3時間かかりました・・

 



at 19:08|PermalinkComments(10)TrackBack(0)山椒 

2009年06月14日

豆乳鍋

棲家夕方、空が真っ暗になり、雷がとどろく・・怖い・・
停電するかもしれないなぁ・・
ウチは、燭台はたくさんあるから心配ないけど・・
この瞬間・・ふと思った・・
ピューターのアンティーク燭台、買っておけばよかったな・・
5本立ての、あんな素敵な燭台・・めったに出ないだろう・・


燭台1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燭台2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


風呂から出て、例の如くビールを・・と思ったら・・ガ〜ン・・冷蔵庫にビールがない!
うっかりしてたわ・・
しかたなく・・ジンをペリエで割って・・一気飲み〜
これはこれで、なかなかウマい♪
頂き物の、生のブルーベリーをつまみながら・・美味しいです♪

風呂上がりのジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーベリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



お腹が空いた・・
冷蔵庫には買い置きの挽肉と餃子の皮と・・豆腐と・・豆乳・・

今夜の肴

「豆乳鍋」

レシピ

“堝に、玉ねぎのみじん切りと生姜のみじん切りを合わせ、塩を一つまみで、よくこねる。
餃子の皮で包む。
 今回は、Z包み。
 餃子の皮に、餡を乗せたら、半分にたたむ・・それから、1/3の所を折り、残りをZになるようにたたむ。
水餃子を包む

 

 

 

 

 

 

 

 

 



J騰したお湯で茹でる。
づ敍蕕貌ζを入れて火にかけ、ガラスープの素を入れる。
ナ騰したら、豆腐と水餃子を入れて、塩で味を微調整。
山椒の葉を大量に入れて出来上がり。

豆乳鍋1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豆乳鍋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れた体と精神に、とってもオツな料理となりました・・

それでは・・皆さん・・良い夜を〜おやすみなさいzzz・・



at 23:39|PermalinkComments(6)TrackBack(0)料理 

2009年06月12日

塩らっきょう

棲家かっこう鳥の鳴き声で飛び起きた。
今日は、休日にした。
だけど、大仕事がある・・
午前中に来るはずの宅急便を待ちながら掃除をする。




「らっきょう」が届いた・・6キロ。

らっきょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年は、自然農法で40年間、らっきょう作り一筋の人から買いました・・
写真を見ると、雑草だらけの畑でらっきょうを作っている・・どれが、らっきょうなのか・・わからない・・(笑)

そんな貴重な「らっきょう」を漬けるのだから、気合いが入る。
塩は、土佐の天日干しを使う事にする。

酢は、3キロ漬ける事が出来るホウロウの漬物器が2つなので、2種類用意した。

酢

 

 













さぁ、どちらの酢が美味しい「塩らっきょう」になるのか・・




{塩らっきょう漬けのレシピ}

\い桶2つ用意して、何度も水を替えながら、らっきょうをゴロゴロして良く泥を落とす。
≪にあけて、良く水を切る。
焼酎で消毒したホウロウの容器に、らっきょうを入れる(頭も根も切らずに)
い蕕辰ょうがかぶる位の水を入れる。
イ修凌紊1/3量捨て、同じ1/3量の酢を入れる。(3キロのらっきょうで、水3600cc・酢1800cc)
Δ蕕辰ょうの重さの10%の塩を入れる。
落とし蓋をして、軽い重石(らっきょうが浮かない程度の)をして、蓋をする。



洗っているところ・・
らっきょう洗い

 

 

 

 

 

 

 

 




笊で水切り・・これで半分の3キロ。

洗ったらっきょう



















ホウロウの容器に入れて、分量の水・酢・塩を入れたところ。

酢+塩+水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落とし蓋をして、小さな重石を乗せ、蓋をして保存。

完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この漬け方は、「あら漬け」とも言い、塩がきついのと、酢が入っているので、このまま常温で1年くらいは大丈夫。
頭も根もそのままで、切り口がないため、塩がきついわりには、塩分の吸収が少なく、塩抜きも簡単に出来る。
頭と根を切り落として、水に浸けて塩抜きするが、1年経っても、カリカリの歯ごたえで、実に美味しい。
らっきょうが食べたくなるこの時期、塩抜きしたらっきょうをタッパーに入れて冷蔵庫に入れておくと、いつでもすぐに食べられて便利。

アタシが、今、食べているのは、去年漬けた「塩らっきょう」なのよ・・

塩らっきょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリカリとした歯ごたえで、あっさりしていて、とっても美味しい・・
好みもあるだろうけど、アタシは、甘酢のらっきょうより、塩らっきょうが好き・・


らっきょう漬けが終了して・・
休日の台所は、もう薄暗くなってきた・・
蕗が、そろそろ終わりかな・・
蕗をたくさん入れて「きんぴら」を大量に作った・・

きんぴら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、友人達の所に、自転車で届けに行きます〜



at 19:46|PermalinkComments(12)TrackBack(0)徒然