2010年06月

2010年06月30日

ちょい掃除のつもりが・・

今日も涼しかった・・
風呂上がり・・いつものようにカウンターで麦酒を飲みながらね・・
今夜の肴を考えていたんですよ・・
ふと・・目線に入ったのは、ガス台脇の調味料入れ・・
ガラスの扉前面に付着している油汚れがもの凄い事に
中が丸見えなのが気になって、擦りガラス風なクロスを貼っていたのが悪かったわ

明日にすればいいものを・・
クロスを剥がしてゴミ箱へ・・
ガラスを磨きましたわ・・麦酒飲みながら

仕事上りが遅かったのに・・こんなバカな事・・してましたん・・
デモ・・綺麗になって気持ちいいわー

一番上の棚のは、手作りラー油です
二段目はスパイス挽き・・スパイス棚に出しておくとホコリかぶっちゃうからね・・


調味料BOX





























空腹にアルコールって、引火剤みたいなもんだわね

スパイス棚の一角にある、唐辛子BOXがグチャグチャしてたから整頓しました・・
この辺りから、焼酎に切り替えましたわ・・

唐辛子チェスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

視野の隅っこにね・・冷蔵庫の端の小さなカードがチラつきます・・
 ピザーラの電話番号のマグネットカードですよ

あぁ・・アタシは・・懲りてないのよねぇ・・後悔するだけじゃない!・・

不味くて高い宅配ピザ・・の呪文歌を繰り返し唱えながら・・

コレ、作りましたわ・・

「ジャガイモ焼き」

檸檬の塩漬けを刻んで、ジャガイモと一緒にオリーブオイルで炒めただけなんですけど・・
最後に、とっておきのオリーブオイルを垂らして・・黒胡椒をガリガリしました

ジャガイモ焼き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ミッキー野菜屋のジャガイモが最高なのか・・
ジャガイモ&檸檬の塩漬けのコンビがピタリとハマったのか・・

とにかく美味しいー

宅配ピザ、頼まなくてよかったわ


こんな時間になっちゃって・・酒量も増して・・これで済めばいいんですけどねぇ・・
この後、素麺なら、まだしも・・ラーメンとか食べたくならない事を祈るばかり・・



at 23:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0)台所 

2010年06月29日

ノーム亭のラザニア

今日は、昨日と打って変って・・
拍子抜けするほど涼しいです。

こうなると料理意欲は最高潮

ミッキー野菜屋の茄子とミニトマトを料理しますか

茄子とミニトマト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



茄子は、油揚げと一緒に、サッと煮るのが好きなんですけどねぇ・・

昨夜は、あまりの暑さと湿度にうんざりして、今年初めてクーラーを入れました・・
部屋の中が快適だと、お腹が空いちゃって・・
「ポテマカサラダ」だけじゃ物足りないよね・・
マカロニモードのアタシ・・
いつもの「マカロニナポリタン」を作って、ワインを開けたのよ・・

案の定・・残った
 

残り物のマカロニ
























そこで、「ラザニア」を作る事にしたわ

アッ・・お客様の時は、一から作るのよー
でも、普段は・・だいたいこんなもんです(笑)



まず、玉ねぎをカットしてボウルに入れ、小麦粉を良くまぶします。
玉ねぎ1個に対して小麦粉大さじ1くらいかぁ・・テキトーでごめんなさい

玉ねぎに粉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを、バターで炒めます。
小麦粉が焦げないように注意しながら弱火ですよ!

この時、飴色になるくらいまで炒めるとブラウンソース用になるのよ。
でも、今回は、この辺でOKです。



バターで炒める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来なら、ここに牛乳を入れるんだけど・・ないのよ

頂きものの、こんなのがあるからね・・使いましょう
レトルトのスープです・・お湯の中にドボンで即食べられるヤツ(笑) 

ポタージュスープのレトルト

 

 

 

 

 

 

 

 

 





このレトルトを玉ねぎ鍋にあけて・・ 
コンソメスープの素を1個入れて・・
マデラ酒(切らしてるのでウイスキー)を入れて・・煮込みます。

 

鍋の中



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沸騰したら、残り物の「マカロニナポリタン」を投入・・火を止めます。 

 

マカロニを入れた鍋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フライパンで茄子を焼いて・・軽めに焼きます。オリーブオイルを使い、軽い塩です。

ミッキー野菜屋の茄子は、アッという間に柔らかくなって・・すごいわ



オーブン皿に、鍋のシチューを敷いて、茄子を乗せ、ミニトマトも乗せて・・
シチューを被せます。


 茄子&トマト























見た目は悪いけど(笑)こんな感じになるのよ・・



ミルフィーユ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、チーズを乗せて、オーブンで焼いたのが・・コレ

好みだけど・・アタシは、パルミジャーノ7 ゴルゴンゾーラ3の割合で使います。
特に、茄子にはゴルゴンゾーラが良く合いますよ。

 出来た〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


中はね・・こんな感じにトロ〜リです
美味しそうでしょ 

美味しそうー♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茄子のラザニアは、牛ひき肉を使うのだけど、なくても美味しく出来るわよー 

ポイントは、玉ねぎを小麦粉をまぶして炒める事です。
シチューがゆるいと、焼き上がった時にサラサラで・・それぞれの具がバラケます。
チーズとも分離しちゃうよー(笑)

シチューに洋酒を入れて煮込む事・・マデラ酒が最高なんですよねぇ・・

今夜もワイン・・と行きたいとこなんだけど・・ないのよねぇ・・
ウイスキー飲んでますわ・・

それじゃぁ・・又・・



at 22:02|PermalinkComments(8)TrackBack(0)料理 

2010年06月28日

ほろ酔いクッキング

今日も蒸し暑くて不快指数100%ですねぇ・・

庭の紫陽花を短く切って、ガラスの花器に挿してみました・・
沈香を焚いて・・
少しは涼しげに感じますか?


紫陽花を挿す






























夜になって一段と湿度が高く、料理意欲はゼロ
あるもので、何か作りましょうね・・

思いついた料理は、男の料理の部類ですけど、簡単で美味しいから・・レシピです

☆ ジャガイモを水から茹でます(普通サイズなら1/4、小さ目なら1/2にカット)

ジャガイモの大きさにこだわる理由は、
マカロニが茹で上がる時、同時にジャガイモも柔らかくなって欲しいからですよ・・


ジャガイモ






















☆ 沸騰したら、マカロニを入れて、袋の表示通りに茹でます。


マカロニon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ ジャガイモも、ちょうどいい具合になってますよ♪これをザルにあけて湯切りします。

☆ ボウルに湯切りしたマカロニ&ジャガイモを入れて、
   ディル酢とバジル(乾燥)を入れます。
  

バジル&ディル酢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ ここで、檸檬の塩漬け(皮のみ)を細かくカットして混ぜ込みます。

檸檬・・見える?
庭の、まだ青い檸檬で漬けたから・・色が同化しちゃってるわ
爽やかないい香りと塩気がアクセントになって、味がグ〜ンとアップします


檸檬の塩漬けなんてないよーって?
だったら、塩を少々プラスしようね♪

このまま、冷まします・・マカロニに味が入るからね
アタシは、ここでお風呂タイムですわ(笑)



バジルon


























☆ 冷めたところで、マヨネーズで和えます・・胡椒も使ってね♪

マヨネーズで・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハムも胡瓜もオリーブも・・何〜にもないからね・・
赤玉ねぎをトッピングしました。
これがイケましたわ 
赤玉ねぎは、カットして、軽く塩をして、5〜10分放置してから使います。

玉ねぎon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ポテトサラダとマカロニサラダがドッキングした「ポテマカサラダ」
これだけで、お酒のアテには充分ですよ


この粗雑な料理を作りながら思ったんですけどね・・
アタシが冷蔵庫に常備している「檸檬の塩漬け」、これは大変な食材ですよ
どうしても「柚子の塩漬け」の方が使い道が多かったんですけど・・
夏が来て、初めてその威力を知りましたわ・・
サラダに、浅漬けに、マリネに、カレーに、ハヤシライスに・・無限ですねぇ・・

季節の保存調味料を手作りしておく事こそ、晩酌タイムを豊かにするわね・・

あぁ・・又、悪い病気がムクムクと頭をもたげましたよ

アタシ、ガラス張りの冷蔵庫が欲しいんですよー

なにしろ、手作りの保存食だけで、冷蔵庫の中はいっぱいなの
梅醤油・ポン酢・紅ショウガ・ピクルス・檸檬の塩漬け・柚子の塩漬け・・

これらの大切な保存食を、可愛い瓶に入れて・・
ガラス張りの冷蔵庫に入っていたら・・どんなにか台所が素敵になるでしょう

ネットオークションで見てみましたよ・・
高過ぎるーー
無理・・・・・


解体屋で売ってるアレはダメよ・・
「キリンビール」トカ「サッポロビール」トカ書いてあるヤツ・・




暑いとロクな事考えないわ

それじゃぁ・・又・・ 



at 22:13|PermalinkComments(6)TrackBack(0)料理 

2010年06月27日

梅雨期の食卓

蒸しますねぇ・・
風もなく・・窓辺に吊るした風鈴も所在なげにしてますわ・・

先日配達されたミッキー野菜屋の「シソの葉とエゴマ葉」を漬け込んでおきました。
これが、多分、食べ頃ですよ。


シソ&エゴマ葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「和風キムチ」

レシピ

☆ 葉を洗ってキッチンペーパーで包み、水気を切っておく。

☆ 極細千切りの生姜&醤油&すりゴマ&一味唐辛子粉&数滴の胡麻油でタレを作る。

☆ 葉→タレ→葉→タレ・・と、ミルフィーユにしていく。 

☆ 冷蔵庫で2日位寝かせます。


コレ、美味しいんですよー
去年は、豆板醤&ニンニク&醤油&すりゴマでも作ったけど、
シソの葉やエゴマ葉の、せっかくの香りが、ニンニクでかき消されるのよね・・
この、生姜を使った和風キムチの方が美味ですよ

コツは、
葉っぱから水分が出ますから、タレの醤油は少なめがいいです。
すりゴマが醤油を吸っちゃう位の量がいいわよ。

玄米ご飯に合うのよねぇ
タレが付いてる方を下にして、海苔のようにご飯を包んで食べます。

ご飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ふと思ったんですけど・・
醤油を、海醤油(うみ醤油)にしたら、どうなんだろ・・いいかもね
次回、やってみます

おかずは・・
「冷奴と梅大根」

冷奴に梅醤油(うめ醤油)・・これが美味しいんですよー

去年仕込んだ梅醤油(うめ醤油)が、残りわずか・・ 
だから今年は3リットル仕込みましたよ

つくづく思うのですけど、日本の、食に対する知恵って素晴らしいわねぇ・・
この梅醤油(うめ醤油)は、ちょうど今頃食するのが一番美味しいのよね。
梅雨期で、自然に体が求めているんだわね・・

だけど、青梅で仕込む梅醤油(うめ醤油)は、今の季節には間に合わないのよねぇ・・
だから、去年の梅醤油(うめ醤油)なんです・・
1年経つとコクが極みに達して、素晴らしい味に変化するんです。

梅醤油

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば・・昆布や干し椎茸、干し貝柱を入れて仕込んだそそっかしいフレンドの梅醤油・・
どうなったかなぁ・・
カビが生えてないといいけど 

売ってる梅干しで、「カツオ梅」トカあるけれど・・
きっとグロテスクな味なんだろうなぁ・・
やっぱり梅醤油は、キリリとしたシンプルな味が、素材を引き立てるよね。

それじゃぁ・・又・・



at 14:53|PermalinkComments(12)TrackBack(0)旬を食べる 

2010年06月26日

夏のお昼ご飯

曇り空で時々雨がちらついています・・
蒸し暑い一日です・・

庭の檸檬が・・ほら・・こんなに可愛い実をつけていますよ

檸檬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日ね、素敵なレシピを発見したので書き留めておく事にしました

冷やし中華は、皆さん、お好きですか?
実は、アタシは冷やし中華は、好んで食べるほど好きじゃなかったんですよ。
甘酸っぱいスープにからんだすりゴマが貼り付いた中華麺が何故美味しいのか・・
首を傾げたくなるしね・・

具も、薄焼き卵を作ったり、胡瓜やトマトを刻んだり、ハムも刻むでしょ?
この段階でヤル気をなくすのよねぇ・・

道具も、たくさん使うしね・・
麺を茹でる鍋・卵焼き器・ハムや薄焼き卵を刻むまな板・トマトや胡瓜を刻むまな板、
後片付けが面相じゃないですか

だったら、冷麺の方が好き・・
それより、素麺か蕎麦が好きです。

ところが、こんな諸条件が揃っちゃったのよ・・
☆ 冷蔵庫に、ハムが残ってて、そろそろヤバイかなぁ・・って・・
☆ ミッキー野菜屋の卵を籠に入れる時に、ヒビが入ってしまった・・
☆ 糠床に入れ忘れていた胡瓜があった・・
☆ トマトソースを作ろうと思ってたけど、なし崩しに食べて残り1個のトマト

で・・スーパーで、冷やし中華3玉入りの袋を買ってきましたよ。
特にレシピなんてないよねー

付いているスープに梅酢を大さじ1/2位、混ぜるんですよ・・
梅酢は、赤梅酢でもいいけど、色が出ちゃうでしょ・・
だから、白梅酢がいいと思うわ。

アタシは、たまたま、赤シソを入れる前の白梅酢が上がったばかりなので使いました。

スープが濃くなるのが心配だったんだけど、
胡瓜やトマトなど、具沢山にしたから問題なかったわよ。

今までの、冷やし中華に対する固定概念がくつがえされる瞬間でした
美味しいです
梅酢の香りや味はしません・・全体の味が締まるの・・


冷やし中華






















又食べたい・・

「しまだや」の冷やし中華を買いましたが、他のメーカーのでおススメはありますか?

冷やし中華初心者のアタシに・・
教えて下さい



at 14:33|PermalinkComments(8)TrackBack(0)旬を食べる 

2010年06月25日

世の中で一番苦手な食べ物

晴れですよー
庭のパイナップルセージが咲きました・・

パイナップルセージ

 




























朝、梅樽を見たら、白梅酢が上がっていました
ここまでが肝心なので、ホッとしたわ・・
写真は、梅仕事part2の記事に追記しましたので、興味があれば覗いてね♪


白梅酢が上がると、お祝いをするのが例年のならわしです。
今回、里の梅を採ってくれたshinを慰労しなくてはね。

・・という事で・・買い物に行きましたよ。

魚が得意なスーパーに行き、いろいろ見てたらね・・目に入っちゃったんですよ
shinの大好物・・
でも、アタシは臭いを嗅ぐのも見るのも嫌なんですよね
恐怖の幼児体験があってね・・それ以来ダメなんです・・

両親も祖母も大好きな「柳川」・・アタシは食べられません・・
柳川が食卓に上る度に、母がアタシを叱りつけるんです・・
「これ、食べないと丈夫にならないのよ!額から流れる汗も、目に入らなくなるんだから・・
食べなさい!」

台所の隅のバケツの中でウジャウジャしてるドジョウを横目で見てましたからね・・
そのドジョウを鍋に放り込み、口元に微笑みすら浮かべ容赦なく蓋をする母・・
凄まじいドジョウの断末魔が耳について・・
食べられるわけないじゃないですか・・


ある日の朝ご飯の事です・・
ちゃぶ台に並んだおかずには、昨日の残りの柳川が乗ってました・・
でも、アタシの前には、目玉焼きが置いてあったんです・・
歓声を上げて食べ始めたのよ・・あっ、お祈りしてからね・・

「箸取らば・・あめつちみよのおんめぐみ・・・・」後は忘れたけど(笑)
こんな言葉を唱えて食事が始まる習慣でしたわ・・
別に、宗教家の家じゃないんだけど(笑)
何事にも、姑に逆らわなかった母が、子供の教育と称して、実家のしきたりを押し通したのよ
今思えば、母の姑に対する、巧妙な反抗だったのね(笑)
食事の前のお祈りが済むまで、祖母は端座して目をつぶってたわ(爆)

話がそれちゃったけど・・
アタシは、美味しい物を後から食べる癖があって、目玉焼きには手を付けず、
まず、おみおつけを口に入れたのよ・・
・・異物を感じましたわヌルッとしたものが口の中に溢れましたん
おみおつけに入れれば否応なしに食べるだろうと思った母の浅知恵でしたよ・・
今だったら、幼児虐待ですよ

泣きわめきましたわ・・ただひたすら・・

後で、祖母の部屋に呼ばれたんです・・
「かわいそうに・・なにもここまでしなくてもねぇ・・お母さんもキツイとこあるからねぇ」
・・と・・カステラを切ってくれたわ(笑)



こういう事情で、アタシは、ドジョウの親分も大嫌いなんですよー



お祝い膳

「うな重」

うな重





















ウナギは嫌いだけど、うな重用の器は持ってるのよー(爆)
5組あるのよ・・
これを出したのは何年振りかナァ・・

もちろん、shinは歓声を上げましたよ。
オトコって、まったく不用心な生き物よねぇ・・
shinの心理を推し量るに・・
(ノームちゃんはなんて優しくて可愛いんだろう・・自分が嫌いなウナギでも、僕のために作ってくれるんだから・・梅もぎり頑張った甲斐があったわい!)

ふん・・とんでもないわよー!
ここに遊びに来てくれる男性諸君も聞いて下さいねぇ・・
母親が示してくれるような無償の愛なんてないのよー
ましてや、それを妻や恋人や女友達に求めたら・・がっかりするだけよー
アタシがウナギを出してあげたのは、母の供養を兼ねてなのよ(笑)

母が旅立って翌年の事・・
里の台所の戸棚から、出来そこないの梅干しが出て来たのよね・・
きっと、母が挑戦して失敗した梅干しだと思った・・
そういえば、入院中の母が、
「立派な梅の木があるのにもったいないねぇ・・
だれか、お友達で漬ける人いたら差し上げてね・・」・・と言っていた・・
まさか母には、アタシが梅干しを漬ける姿は想像できなかったんでしょうね・・
その頃は、料理もろくに出来なかったものね・・
アタシが、奮起して、梅干しを漬けるようになったのは、そういう訳なんですよ(笑)

だから、梅仕事に貢献してくれた人を慰労する事も、大切な行事の一つなのよねぇ・・
shinとは幼なじみで、母の一番のお気に入りだったからね、いい供養になるわ
そうとも知らず、注目するクララの目を避けて、幸せそうな顔で食べてました。
小皿に取り分けて仏壇に供えたのは感心でしたけど・・
最後に忘れずに下げて食べてました


「トンカツと鯵フライ」

いつもの肉屋で揚げてもらいました・・

とんかつ&鯵フライ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「早煮昆布・じゃがいも・コンニャク・薩摩揚げの煮物」

煮物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




「大根の青梅漬け」

大根の青梅漬け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



親孝行したい時に親はなし・・
迷惑ばかりかけて、心配のかけ通しだったから・・
もう少し早く梅干しを作って、母の驚きの笑顔が見たかったナ・・


ぐだぐたした話、聞いてくれてありがとう
それじゃぁ・・皆さまも良い週末をお過ごし下さいね



at 21:31|PermalinkComments(12)TrackBack(0)料理 

2010年06月24日

郷土食

1年に一度・・この時期だけの漬けものがあるんですよ・・
里では、どこの家でも作ります。
「大根の青梅漬け」

大根を厚く切って、青梅を割り、アク抜きした赤シソと共に、塩で漬けます。

分量は、大根1本・青梅10個・赤シソ・塩一握り

この「塩一握り」っていうのが面白いでしょ?
何グラムくらいなの?って聞いても、いつもこう言ってた祖母がなつかしいです。

これに重石(水を入れたヤカン位の重さ)をして一晩置くと、水が上がるから・・
タッパーに開け替えて冷蔵庫に入れます。


まず、これは、大根と割った青梅に塩をしたところです・・
ミッキー野菜屋が持って来てくれた赤シソが足りないかもって思い、
去年の梅干し漬けの副産物の赤シソを入れてみました・・どう出るかなぁ・・

大根の青梅漬け






















朝になって、水が上がってました
う〜ん・・色がイマイチかなぁ・・
本当は、この段階で塩で揉んでアク抜きした赤シソを入れるんですよ。


水が上がった♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、ミッキー野菜屋の赤シソを塩で揉んで・・絞って・・投入しましたよ。
とたんに、綺麗なピンク色に変わったわ

一夜漬け用の容器に移し替えて、冷蔵庫に入れます。

出来た♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



これ・・何だと思います?
ミッキー野菜屋が作った「竹塩」です。
孟宗竹に・・(今の時期の竹じゃないとダメらしい)
久米島の塩を詰めて・・
畑に穴を掘り、お釜の中にこの竹塩を入れて・・
藁を被せて・・
何時間も焼くそうなんですよ・・
火の番をしているミッキー野菜屋は・・灼熱地獄だそうですわ

そして出来上がったのが・・この物体・・竹塩です



竹塩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この焼け焦げた竹を剥いて・・おろし金でガリガリして使うそうです・・

味見をしてみました・・

何ですかーーーーーーこの塩はーーーウマイーー 
未体験の味です・・甘くて・・ほのかな竹の香りが鼻に抜ける・・
とにかく、言葉で言い尽くせないほどの・・塩ですわ

この竹塩を使って、焼き鳥なんか最高ですねぇ・・
ステーキにもいいわね〜
天麩羅に一塩・・
唐揚げにガリガリしたら・・
採りたて胡瓜やトマトにもね・・
お握り・・塩結びにしたら・・泣くでしょう・・

こんな事を考えてるだけで幸せな時が流れます・・

又・・出会いがあったわ・・

「とようけのおおかみ」
(食べ物の神様です・・女神です・・伊勢神宮の外宮に祭られています)

と・・ミッキー野菜屋に感謝・・

続きを読む

at 11:43|PermalinkComments(12)TrackBack(0)旬を食べる 

2010年06月22日

梅仕事part2・・漬け込み〜赤シソ入れ

森の家に帰ってきました・・
庭のユリが・・こんな事になってましたわ

ユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、大仕事があるんですよ・・
梅干しを作るための第一段階・・梅を塩漬けにするんです。

朝、宅配便屋に起こされましたわ

里の梅が、どのくらい生ってるかわかりませんから・・
毎年、保険のつもりで、完熟梅を注文するのね・・
今年は、自然農法の梅を10キロ頼んでおきました。
それが、よりによって・・今朝届いたんですよ・・

自然農法の完熟梅





















どうしよ・・

こっちが里の梅です・・このザルに4つあるんです・・

里の梅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、青いですよねぇ・・
所々、黄色になってる梅は、完熟梅と一緒に漬けましょうね・・

さぁて・・気合いを入れないとね。
でも、梅を漬ける時は、穏やかな心で、の〜んびり仕事をしなくてはいけないのよ・・
ここが肝心なんです。
セカセカ漬けると、不味い梅干しになっちゃうのよ・・これホントよ。

ブログを書きながら、のんびりと漬けましょうねぇ



まず、漬ける梅の全量を量ります。
16.5キロでした・・
17%の塩で漬けるから、塩は2.8キロです・・

そして・・梅の半量を洗いましたよ・・

洗った梅半量






















生り口を竹串で取りながら、布巾で拭いて、とりあえず、樽に入れていきます・・
ここが肝心・・水分が残っているとカビの元ですからね・・

終わったよー

半分終わった・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





そして・・又・・半量の梅を洗いました・・ふぅ〜

あと半分の梅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣きたくなってきた
「穏やかな心で、の〜んびり仕事をしなくてはいけないのよ・・」
(フンそんな事誰が言った!気どってんじゃないよーバカ!)
「セカセカ漬けると、不味い梅干しになっちゃうのよ・・これホントよ」
(良く言うよーかっこつけるにも程があるわ!)

第一、どうしてこんな量の梅を漬けなきゃなんないのよ
それもこれも、アタシが漬けた梅干しを首を長〜くして待ってる親戚の従兄や叔母がいる・・
まぁね、叔母はしかたないとしても、親戚に変なヤツが1名だけいるのよ・・
去年の事・・
梅干しを持って行ったらね、「おう!サンキュー、これご褒美」
・・と・・麦酒を1ケース持たされた・・
包装を開くと・・内ノシが
な、なんと・・お中元・・

これがさぁ・・人から頂いたお中元で・・しかも、一昨年のヤツだった

それに・・「ご褒美」とは・・なんだーーー

よりによって、こんな事思い出してムカついてるアタシ・・泣きたくなってきた

あぁ・・だれか・・偉い!と褒めて〜〜(涙)


ついに、一番大変な作業が終わった・・

終わったー





















さぁ!もうひと踏ん張りですよー


梅を少しずつボウルに入れて、霧吹きで焼酎を吹き付けます・・

焼酎を吹き付けて・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樽に入れて、塩を振ります・・
今回使った塩は土佐の天日干し手もみ塩♪

土佐の塩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



最後に、全体の半分の塩を乗せます・・

半量の塩を振って・・





















35キロの重石を乗せました
もう、この樽・・動かないよー

完成ー
まだ、西日のあるうちに終わったわ・・5時間かかった・・

ついに完成♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ・・だれかぁ・・焼き鳥屋でもいいから・・連れてって・・

続きを読む

at 16:31|PermalinkComments(16)TrackBack(0)梅仕事 

2010年06月20日

台所の整備(続)

ガス台と勝手口の間の狭い壁を利用して、蓋置き場が出来上がりました
おりーぶさんの一言がね・・shinを奮起させることになったわよー(爆)
メッチャ使い勝手がいいのよね・・これにはまいったわ(笑)

菜ばしなどのキッチンツールを入れておく、この物体・・何だと思う?
今日は日曜日でしょ・・山を下りて、街中の骨董市にぶらっと出かけてみました。
・・というのも、なんだか疲れて・・今晩も泊まっていく事にしたんですよ(笑)

神社の境内で見つけた、この物体・・ピンときましたわ・・
店の人が言うには、状差しだって・・
素材は、竹です・・編みこんであります。
囲炉裏のある部屋で使われていたものらしい・・
囲炉裏で燻されていますからね!虫が棲んでないでしょ!
シャワーできれいに洗って天日干しして・・取り付けました
思ったとおり・・入れやすく、取り出しやすくて・・深さもちょうど良いのよねぇ・・
何よりも嬉しいのは、洗って、シャッっと振り、水気を飛ばして突っ込んでも速乾ですよ


鍋蓋置き場&ツール置き場2































そして、時間があると何かしたくなるよねー
珈琲ミルを、柱に取り付けましたよ


コーヒーミル取り付け






























そして・・和室・・アタシの寝室なんですけどね(笑)
暖簾を作っちゃいました〜
森の家のテーブルランナーだったのを半分に切って、縫いましたわ
どぉ?いい感じでしょ!
麻だから、張り感もあって・・
長さがチョイ違うのはご愛嬌(笑)

暖簾





























そよぐ風が気持ちよくて・・お昼寝する前にパチリ・・
庭の、ねむの木が透けて見えて気持ちよかったわー
畳に寝そべるって・・こんな気持ちの良いもんだとはねぇ・・日本人なんだわねぇ・・

ねむの木


























晩酌

今夜は、冷蔵庫の残り物で・・

「ハムと赤玉葱とパセリのマリネ」

レシピ

☆ 赤玉葱をスライスして、塩を振り、軽く混ぜて、5分〜10分位放置。

☆ これに、オリーブオイルを少々入れ、ハムとパセリを入れ、よく混ぜます。

☆ これに、胡椒をガリガリして、酢を入れて、冷蔵庫でちょっと寝かせると美味しくなるよー
アタシは、ここでお風呂入るんですけどね(笑)

コツは、塩の使い方かな・・
塩は、最初に玉葱に振った時だけです。
マリネ液を作って、ハムや野菜を入れちゃダメ・・
そして、この順番を間違わないように・・
調味料は塩・オリーブオイル・胡椒・酢だけですよー

玉ねぎマリネ






















山の家の台所・・だんだん使い心地が良くなってきましたよ・・
ぐちゃぁ〜としてくるのも時間の問題ですけどね(笑)
台所を見ただけで、美味しい料理が作れそうな・・が理想よね♪

ワイン開けちゃいましたわ

それじゃぁ・・又・・続きを読む

at 21:13|PermalinkComments(10)TrackBack(0)もう一軒の森の家 

里山の恵み

里に行って来ました。
山の家からは、40分くらいなので嬉しいわ

伸び放題になっている梅ノ木・・
敷地内に4本あります。


梅ノ木





















まだ、熟してないんですけど、今度、いつ来られるかわからないので収穫する事にしました。

けっこう生ってますよ〜
下の方の手が届く梅の実だけ収穫しました・・

最初はこんなもんだった・・






















1本の梅ノ木で、ダンボール1箱採れました・・
上の方には、まだまだ生ってますけど・・漬けるのは限界があるので、
後は、従兄にあげましょうね・・
15キロくらい収穫しました。

収穫























さぁ・・山椒の実も収穫しましょう・・
この木から奥に入った所に山椒の木があるはず・・

木





























去年より大きくなってますよ・・


山椒の木






















実をたくさん付けてます


山椒の実






















今日中に、佃煮にしないといけないから、欲張らず、適当なところで切り上げました。


山の家に帰って、早速、山椒の実の仕込みです。


山椒の実収穫























本当は、軸を取って、実だけにするんですけど・・まぁ・・いいかな・・

1時間くらい、水に浸けてから、10分湯がきます・・

茹でます・・






















これを冷水に取って、時々水を替えながら、1時間ほど、あく抜きします。
そして、ザルに取り、水を切っておきます。

そして、アタシは、醤油1 酒1の割合で、煮ていきます。


山椒鍋






















分量の1/4位のところで火を止めて冷まします。
あんまり煮過ぎると、実が硬くなるのよ・・

山椒鍋2






















やっと出来たー
穴あきお玉で実をすくって、小分けにしてジプロックに入れて冷蔵庫に保存します・・写真を撮り損ねましたわ

そして、コレ!山椒醤油ですよ
ジョウゴがないので、実も入っちゃってますけどね・・
この醤油で、昆布を煮ると美味なんですよー

山椒醤油






















こんなことをしていたら、あっという間に時間が経っちゃって・・
今日は、これから森の家に帰る予定なんですけどね・・
なんだか眠くなっちゃったわ

それじゃぁ・・又・・


at 15:17|PermalinkComments(8)TrackBack(0)もう一軒の森の家