2010年07月

2010年07月31日

山の空気に癒されて

山の家に来ています。

今回は、仕事部屋にクーラーを入れる事が目的・・
昨日、近所の電気屋さんと打ち合わせをしました。
クーラーは、容量の大きいものが欲しいと言うアタシに、
電気屋のおじさんは、達磨のような目を剝いてまくし立てます
「12畳用で十分だんべー  今のクーラーは良く出来てっからよー  
そんでもデカイのがいいのケ

森の家の台所に設置してあるクーラーは、大きな容量です。
台所は30畳位の広さがありますが、
クーラーの設定温度は30度で、除湿モードで、ひんやりとするんですよ・・
しかし・・仕事部屋に付けたクーラーは失敗だったんです・・
冷えないわけじゃないんだけど・・設定温度を低くすると寒すぎで、高くすると暑い・・
マメに温度調節をしなければいけないので・・快適ではないのよ・・
防音室で窓がなく、ドアを閉めれば暗室なので・・電気屋が油断したんでしょ・・
小さな容量のクーラーを付けたので・・大失敗

そんな経験から、山の家のクーラーは、容量の大きいのを買いたいんですよね・・
結局、電気代も安く済むし、
小さい容量のをフル稼働するより効率いいしね・・
ましてや、仕事部屋は窓を開けられないんです・・

それなのに・・この電気屋は、「そんなデカイのいらねーよ」・・と・・
なんなの〜この達磨お客の要望を、ハイ、そうですかと聞けばいいじゃないのよ(ムカッ

結局、昨日は物別れ・・
「よーく考えて出直して来て下さい」・・とアタシが言ったら・・
「一晩、よーく寝て、頭冷やしてよぉ、考えてみてくんり」・・と達磨が言った・・


お昼ご飯

「カレーライス」

お母さんが作るような素朴なカレーライスが無性に食べたくなりましたわ・・

カレーライス

























アタシね、森の家に置いてくるのが心配だったから・・持って来たんです・・

糠壷・・(爆)

糠壺





























「つけもの」

美味しく漬かりましたー

つけもの






















これがないと・・ホントに持って来た甲斐がありましたわ

日光連山に近いせいでしょうか・・
涼しいんですよね・・
水も冷たいし・・
一日中・・台所は網戸で過ごせます・・
台所の畳の部屋に寝ているアタシ・・
夜中、寒くて目が覚めました・・

でもね、買い物で、山を下りると・・暑いっ
コンクリートと冷房の室外機からの熱風なんでしょうねぇ・・

お隣の家は、大きな樹木がいっぱいなの・・
ウチの台所の窓前面・・スクリーンに映し出される景色は・・深い森の中のようです
天高く林立する針葉樹の大木の下には、萩やオミナエシが咲き乱れています

涼しいのは、お隣のおかげかもしれないわね・・
憧れのお宅ですわ

疲れた体を引きずって山の家に来ましたが・・
癒されています。

at 12:32|PermalinkComments(4)もう一軒の森の家 

2010年07月28日

朝茶に想う

アタシが山茶にこだわるのは訳があります。

一般的に、美味しいと言われてる煎茶は、
アミノ酸の旨味にこだわる傾向が強いような気がしてならないんですよ・・
アタシは、さっぱりした日本茶が好きなので、どうも体に合わないんです。

だから、焙じ茶や番茶に走りがちになるのですけど、
食後は美味しいと思っても、朝一番に飲むお茶には・・向かないんですよねぇ・・

山茶は、キリリとした味わいの中に、自然の甘みがあって、野性的な香り・・
まさに、アタシ好みのお茶なんですよ。
でも、美味しい山茶は、なかなかありません・・
ハズレが多いです。
最近、やっと、美味しい山茶に当たりました。
ただ・・ゴクゴクと飲める値段じゃないんですよね・・

日常、ゴクゴク飲めるお茶を、折に触れて探し続けていました。

アタシは、お茶好きの人のブログを、秘かに愛読していますが、
その人が「うまいなぁ」ってつぶやいてたお茶が気になってたんですよ・・

その人は台湾茶も好きで、台湾茶を取り寄せているお店が、高知にあるんですけどね・・
その高知の台湾茶屋の店主から頂いた日本茶が美味しいらしい。

ピン!ときましたわ
だってそうでしょ?
日本茶屋の店主が選べば・・それは手前味噌・・でしょ(笑)
台湾茶屋の店主が選ぶ日本茶・・美味しいに決まってるじゃないですか



とうとう調べましたよ。
ネット販売はしてないし、ホームページもないので、電話帳で調べて、電話をかけました。

高知のお茶屋さんです。
ご年配のゆったりしたご婦人が出て、送って下さると言ってくれましたが・・
ファックスで住所を送りますからと言ったら、電話しかない・・との事・・
住所をお伝えするのが大変でしたわ・・

無事に到着するかしら・・と、心配でしたが・・今朝、届きました

八十八夜ほうじ秘境

 

 

























土佐の、山奥の山茶で、農薬はもちろんの事、肥料など使われようはずもない、
全くの天然山茶を、軽く焙じた煎茶です。

茶葉を見ると緑色で・・焙じてある様には思えないんですけどね・・ 
良い香りがします。 

茶葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

微かな甘い香りがします・・そして、こっくりとした味・・
微かな甘さが、とても豊かだということに気が付いたのは、三煎目くらい・・
これは衝撃的でしたわ・・
山茶は、2煎目は、味も香りもすっぽ抜けるからです。

お茶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100g 900円・・ 信じられない値段です・・
偉そうな山茶が多い中、
普通に美味しく飲めて、当たり前に売られている山茶・・
四国は、隠れたお茶の産地というのは知っていましたが、
これほどの山茶が、街中のお茶屋で普通に売られているとは・・
奥深い土地ですねぇ・・

こういうのを出会いって言うんでしょうねぇ・・
高知のお茶屋さんに、お礼の絵葉書を出しました

明日からは当分の間、山の家です。
お茶が間に合ってよかった・・
一日の始まりの美味しい朝茶は、活力ですから・・



at 22:57|PermalinkComments(4)お茶の時間 

2010年07月27日

この時期食べたいご飯

今朝は涼しいかな・・って思ってたら、とんでもない暑さになりました・・
今朝も、ミョウガが採れました。

朝採りミョウガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、これはねぇ・・今日のお昼ご飯は決まりですね 


以前、山形に行った時の話し・・

アタシは、プライベートでのんびりと旅をする事がないんですよ・・
貧乏だったんです・・まぁ・・今もそれほど変わりませんけどねぇ・・
なんとか生活できるようになってから・・唯の1回だけ、温泉に行った事があります。
福島の土湯温泉に2泊しました。
あの時の感激と楽しさは忘れられませんわ・・

そんなアタシが、仕事仲間に誘われて・・山形の秘湯に行きました。
ロングランが無事終了して、その打ち上げを、人里離れた温泉でするという誘惑に負けて、
のこのこ、ついて行ったんですよー

車1台が、やっと通れるような砂利道を、どんどん登って・・
やっと到着した宿は、江戸時代にタイムスリップしたような佇まいでね・・
まるで夢をみているようでした・・

露天風呂は、長い長い、木の階段を幾重にも曲がりながら降りて行った所にありました。
川の縁に、粗末な囲いをしただけのお風呂で・・混浴でしたわ・・
底の石は、苔でぬるぬるしてました・・
川のせせらぎ・・鳥の声・・流れる雲をぼんやりと眺めながら・・至福の時でしたわ。



宴会も、ものすごく楽しかったです。
渓流に面した、ちょっと傾きかけた小さな部屋で、岩魚や山菜に舌鼓を打ち、
空になったお銚子がゴロゴロ転がっていましたっけ・・


翌早朝、アタシは一人で、露天風呂を満喫しての帰り道・・
軋む廊下を、うろうろしてるうちに、台所に迷い込んでしまいました。
後で分かったんですけど、そこは、自炊棟でした。
朝食の支度をしているご婦人に挨拶して、迷って入って来てしまったお詫びを言いましたら・・

「あぁそうげぇー」と、日焼けした顔をほころばせてくれました。

見ると、茄子や胡瓜を細かく刻んでいるところでした・・
「漬け物ですか?」と尋ねたアタシに、そのご婦人が教えてくれたのは、
山形の郷土料理「ダス」の作り方でした。
勧められるまま、ご馳走になった「ダス」・・
本当に美味しかったんです



お昼ご飯

「ダス」

あのね、最近、知ったのですが・・「ダシ」って言うそうですよ(笑)
でもね、アタシは「ダス」って言ってます
デパ地下でも売っているそうで、友人に頂いた事があるんですけどね・・
アレは「ダス」じゃないですよ・・味醂や鰹出汁なんか入れちゃダメなんですよねぇ・・

レシピ

 茄子・胡瓜・ミョウガ・シソの葉を細かく刻みます。

刻んだ野菜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 丼に入れたら、醤油をたっぷりと入れて、冷蔵庫で10分程度休ませます。

ダス

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 ご飯の上に、てんこ盛りにかけて・・ガツガツとかっ込みます

お昼ご飯

 

 

 

 
















美味しいですよー
これからの時期は、アタシは毎日、これですわ

デパ地下で売ってるのは「ダシ」
本物は「ダス」ですからねー



at 12:49|PermalinkComments(10)旬を食べる 

2010年07月26日

素朴で豪華な晩酌

朝の内は涼しかったんですよ・・
お昼過ぎからキマシター酷い暑さでした
夕方、雷と雨で・・涼しくなるかな・・って思ってたら・・蒸し暑いです


今夜もね・・仕事上りが遅くなっちゃって・・
今、風呂上がりの麦酒をイッキしながら・・こんな事してますわ

茄子を焼く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、ミッキー野菜屋の配達日でしたから・・
採り立て茄子を焼いてます。



話は戻るけど・・
一日って、アッという間に過ぎて行くわねぇ・・
朝茶を飲んで・・掃除・洗濯・・
美味しい物を食べたいと思うからには、いろいろとヤル事があるのよね・・
糠壺の手入れから始まって・・
午後の時間は、晩酌のための肴の準備・・これは煮物トカですけど・・
寝る前には忘れずに冷茶の用意・・玄米の浸水・・

でも、こういう所作が幸せの第一歩なのよね・・






晩酌

「ジャガイモと昆布の煮物」

ミッキー野菜屋の掘り立てジャガイモをね・・間髪入れずに煮ころがしました。
  

煮物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「茶豆と冷酒」

配達された茶豆をね・・これも、出来るだけ早く茹でて・・
ホントに香りが生きてますわ

茶豆と冷酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「焼き茄子」

しみじみ・・ウマイ・・と思いました。

焼き茄子 






















「冷やしトマト」

ミッキー野菜屋手作りの、竹塩を擦って・・
これはね・・世界中で、これを味わっている人・・きっと・・いないですねぇ・・
言葉に出来ないウマさ・・

冷やしトマト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒も、だいぶ、回って来ましたよ・・
明日もいい一日でありますように〜
それじゃぁ・・又・・ 



at 23:18|PermalinkComments(10)台所 

2010年07月25日

しみじみとした夜だった

「ガラスの巨塔」という小説を読み終わった・・
凄く面白かった・・

作家は、今井彰という人。
「プロジェクトX」のプロデューサーだった人物だ。
・・だった・・と言うのは、
彼はNHKを辞めたから・・
一時は、テレビ界の最高のプロデューサーと、もてはやされた人物であったそうな。
芸術祭賞をはじめ、数々の賞を受賞して、「プロジェクトX」のプロデューサーとなり、
NHKの会長に深く信頼されるようになった・・

ところが、その会長が失脚して・・
今まで彼を賞賛し、神と崇めていた人間達が、一転するんですねぇ・・
皆、こぞって彼の足を引っ張る。
これまでの絶賛が、非難に変わり、大きな渦になっていく・・

世の中、ほとんどがこういう構図ですね・・
嫉妬には、つける薬はありませんねぇ・・

結局、彼は追い詰められてNHKを辞めたんですね。
この小説は、多分、実話なんでしょうね・・


小説を読み終わった直後だし・・
平凡な慎ましい台所で飲んでるとね・・
しみじみ、感謝の気持ちが湧きあがるんですよ・・



今朝の庭・・

ミョウガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミョウガちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晩酌

「しば漬け」で冷酒

晩酌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茄子・胡瓜・ミョウガ・・
少量の塩で下漬けして、水が上がったら、絞って捨て、
新たに、梅干し漬けの副産物の「赤シソと梅酢」で、今朝、漬け込みました。
少量の味醂を入れるのがアタシ流です。
簡易漬物器のネジをきつくすると、茄子も胡瓜もカリッと漬かりますよ。
浅漬けですが、美味しいです

とようけのおおかみ様に(食べ物の神様です)感謝しながら、
アタシなりの幸せな夜をゆっくりと味わってます・・

外は、雷と恵みの雨・・



at 22:52|PermalinkComments(10)旬を食べる 

2010年07月24日

もう一つの居間

以外と思うかもしれませんけど・・
車はアタシの趣味なんですよ(笑)

運転大好き
ライセンスも持ってます・・筑波サーキットで取得しました。

電車は苦手なんです・・切符が上手く買えません・・
・・っていうか、路線が複雑で買い方が分からない
グズグズしてると、後ろの人が・・「チッ!」って言ったりするんです
だからね、どうしても電車を使わなくてはいけない時は、駅員さんに頼んで買ってもらいます。

・・で、乗りますよね・・緊張で心臓がドキドキするんです・・
各駅停車で終点までならOKですが・・
準急から急行に乗り換えなんて・・無理だし、
渋谷に行くのに倍の時間がかかります。
車の方が早いです。

万が一、山手線に乗っちゃったら、いつでも降りられるように、
入口のポールにしがみついてますわ・・奥に押しやられないようにね。
だから、東京は嫌いです



以前、北海道に行かなくてはならない事になって・・
時間に余裕があればフェリーで行きたかったんですけど、そうもいかなくて・・

羽田まで電車で行くのが怖くてね・・
どうしたと思います?
福島空港まで車で行って、飛行機に乗りました。
羽田は、首都高が時間読めないでしょ・・
その点、東北道は、突っ走れるし、景色もいい。
それにね、羽田は駐車料金が高いけど、福島空港はタダなんです(笑)




やっと愛車が帰って来ましたわ。
年に1度、ポリマー加工をします。

後部座席を倒すと、フラットになるんです・・小さな一部屋
いつも、この状態で・・後部にはジュータンを敷いてます。
ですから、運転席と助手席の、実質、2人乗りなんですよ。(笑)
クララも楽しく、後部の居間に乗り込みますし(笑)
自転車も、楽〜に入るしね・・
箪笥くらいなら乗せられるんですよー

山の家に持って行った家具も、これでチョコチョコ運んでます

ピカピカになって帰って来て・・嬉しいナ

帰って来た愛車


























晩酌

「茄子と胡瓜の焼きそば」

焼きそば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




そうそう、今日で、全部の梅干しが完成しました
「梅仕事part2・・天日干し」に追記しました。

梅干しが完成したとたん・・
雷が鳴りだして、雨が降って来ました・・
天地の神々に感謝。

今夜はゆっくりと飲みますか・・

続きを読む

at 21:55|PermalinkComments(2)徒然 

2010年07月23日

刺激を求めて・・

暑いー
どうにもならんわ・・
だけど、アタシは元気です

体がカレーを求めてました
でもねぇ・・さすがに長時間、火を使うのはためらわれますね・・

けど・・ヤル気を起こさせたのはコイツです

インディアンカレー粉





















料理上手な人達のブログでね・・カレーと言えば必ず登場してくるんですよ・・コイツ・・
アタシは、ずっと気になって・・気になって・・
楽天でも、ネット販売してたんですけど・・何かのついでに買えばいいけど、
コイツだけ取り寄せるわけにはいかないでしょ?
送料の方が高くつくもん

インディアンカレー粉っていう、おかしな名前なんですけどね(笑)
この会社、ホームページもないんですよー
でも、住所を見て驚きましたわ
なんと、ウチから車で20分位の所にあるんですよー

電話してみました・・
やはり、直接販売はしてないとの事・・
「カルディにおいてあります」と教えてくれました。
近くのレイクタウンや駅ビルに入ってるんですよねぇ・・

買い物がてらに買ってこようと思いながら・・近場のスーパーを脱せずにいたんですよ。

ところが、shinのぶらり旅のお土産がコイツだったんです。
伊勢志摩の土産が・・なぜ・・コイツなの!?




お昼ご飯

「イエローカレー」

前回と同じような作り方ですが、
違う所は、
☆ 玉ねぎを、スライスではなく、粗ミジン切りにした。 
☆ ニンニクはパウダーではなく、生を使った。
☆ トマトは入れなかった。
☆ 鶏肉は骨付きではなくモモ肉を使った。
☆ S&Bカレー粉ではなく、コイツを使った。

そして、決定打は・・(これはね、後から分かったんですけどね♪)
☆ ココナッツミルクを奮発した・・マクロビ屋で買いました。

ココナッツミルク


























いよいよクッキングー

 生姜&ニンニクを細かく刻み、ミッキー玉ねぎは粗ミジン切りにしました。

材料

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バターで鷹の爪を炒め、ニンニク・生姜を入れて香りが出たら、
   クミンシード・玉ねぎを入れ、よーく炒めます(10分程度)

 カレー粉を加えて、更によーく炒めます。
   前回は、5分位でしたが、今回は15分、炒めました。 

焦げないように〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  10分経過後・・カレー粉がね、ペースト状になるのねぇ・・驚き・・
    カレー粉は、10分以上炒めないとダメって事ですねぇ・・
    このあたりで、俄然、ヤル気が出て来ましたよ

ペースト状になって来た♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「檸檬の塩漬けの塩 」で揉んで、一晩寝かせた鶏モモ肉を、
   玉ねぎペーストを寄せて、皮目の方から焼き付けます。

 皮目の方から・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  この位でいいんじゃないかな・・

こんな感じでOK♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 ココナッツミルクの缶づめを開けてびっくり 
   サラッサラなんです・・前回のはね、上の方は固まってたのよ〜
   

サラッサラ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、アタシは確信しました
これは、相当イイ線行くと思うな・・ってネ


  ココナッツミルクを1缶入れて、塩を投入。
   水は足しませんでした。

水は入れずに・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1時間ほど、弱火で煮込みました・・
   色が白っぽく変わって、サラサラだったカレーが、もったりとして来ました。


完成♪




























ばんざーい・・したいような・・お味ですよ
一口食べると・・マイルドで・・ 後から来ましたー
火を噴く辛さです

イエローカレー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つけもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論・・

☆ 「S&Bカレー粉」 VS  「インディアンカレー粉」・・・・同じようですねぇ・・変わりません。

☆ ココナッツミルクは、俄然、味に違いが出ます。いいものを使いたいわね。

☆ やはり、檸檬の塩漬けは欠かせませんね。

☆ ココナッツミルクのカレーには、トマトは余計だ・・って思いました。

☆ カレー粉は15分は炒める事・・ですね 


さぁ・・梅をひっくり返しに行きますか
それじゃぁ・・又  



at 14:55|PermalinkComments(8)料理 

2010年07月22日

ふらふら晩酌

今日の暑さは凄まじかったですねー
梅仕事の最終版、残り7キロの里山の梅を、天日干ししました・・
もうね、ベランダで梅をひっくり返すのが出来ませんでしたわ・・
二階の部屋をキンキンに冷やしておいて、一ザル毎に中に入れ、ひっくり返しましたよ。
「梅仕事part2・・天日干し」に追記してあります


こんな酷暑の中でさえ、食欲が衰えないアタシ・・なんか・・可愛くないわよねぇ
一度でいいから・・「暑いから何も食べたくないわ〜スイカなら食べられるわ」
・・なんて・・か弱く言ってみたい・・

今夜も、ホントならトンカツ肴にグイ〜っといきたいところなんですけど・・
干した梅が心配で、肉屋に行けなかった

夕方、梅を取り込んでから行こうと思ってたんだけど・・
今日は、愛車にポリマーをかけるので、夕方、車屋が引き取りに来ちゃって・・
車がないんですよね

結局、スーパーが閉店するぎりぎりの時間に、別の愛車で・・アッ自転車の事よー
かけ込みました・・夜風も熱風でしたわ


晩酌

「イカげそのワタ焼き」

するめイカって、今が旬なの?
惚れ惚れするようなするめイカに遭遇
捌いたら、ワタが綺麗なベビーピンクだったもんで・・

あのね!山椒の実を炊いた時の醤油が効いてますわ
最後に回しかけて炒り付けました・・

山椒醤油が良い仕事してくれた♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

激ウマ

ゲソわた焼き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



「握り鮨」

こういう時に、酢飯が冷凍してあると便利なんですよねー
胴の部位は切り込みを入れて・・なんだけどね・・
酔っ払いの包丁さばきはピサの斜塔風(爆)

鮨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅酢寿司飯とイカが絶妙なコンビネーションですわ
ミッキー胡瓜も最高です

なんだかんだ言っても・・良い夜だわぁ〜
明日もがんばるぞー

それじゃぁ・・おやすみなさいzzz・・・



at 23:54|PermalinkComments(6)台所 

2010年07月21日

祝い膳は後の楽しみに・・

暑っいですねー
梅を干し始めて今日で3日目・・
いよいよ完成間近
アタシは、暑さにもめげずに、炎天下に梅をひっくり返す作業をしています

この暑さは続きそうなので、残りの梅7キロも、明日から続けて干してしまおうと思ってます


早朝は気持ちいいですよねー
台所の窓を開け放つとね、かっこう鳥の声に癒されますわ・・
高原でもないのに、かっこう鳥が鳴いているのはね、
すぐ傍のお寺の森に棲みついているからなんですよ。


明け方





















しばし、かっこう鳥の声に耳を傾けながら冷茶を飲んでいたんですよ・・

突然、もの凄い怒声が耳をつんざきました
いえいえ・・瞬間は、怒声とは分からなかったの・・獣の唸り声かと思って恐怖を感じたわ

すぐに、(あぁ・・まただわ・・)と合点がいきました・・

近所のご夫婦が(ももや倉じゃないですよ(笑)・・喧嘩をしてるんですよ
奥さんは、普段、にこにこしてて、とっても感じの良い優しい人なんですけどね・・
窓を開けておくとね、よく、この奥さんの声が聞こえるんです。
「あなたぁ〜ちょっと見てぇ〜来て下さいよぉ〜お花が綺麗に咲いてるのよ〜」

ところが・・ひとたび、キレるととんでもない事になっちゃうんですよね・・
今日はね、何をわめいてるのか聞きとれないんですけど、
まるで、メガホン持って怒鳴っているようでしたわ・・
だけど最後の一声だけははっきり聞こえました

「逃ぅんげるのカッゥ

文字にするとこんな感じだけど・・表現出来ないなぁ・・
オーバーな濁音っていうか・・ドイツ語の語尾の発音みたいな・・
とにかくね、迫力あるんですよー

もちろんね、喧嘩の最中は、旦那さんの声も聞こえてるんですけど・・
奥さんの声の方が通るのよね・・だって、この奥さん、声楽家なんですもん(笑)

逃げるのカッって言われてもねぇ・・
旦那さん、会社に逃げる時間ですものねぇ・・(爆)


人間って・・面白くて素敵ですねー
実はアタシ、この奥さんの怒声を・・秘かに楽しみにしてるんですよー

間違いのないように・・世間様に恥ずかしくないように・・良い人と思われたい・・
・・・と体裁を繕っているのがアホくさく思えるんですよねー

自分らしく、シンプルに生きて行きたいナって思うのよね・・




お昼ご飯

「ネギ塩炒飯」

この間作った「ネギ塩タレ」を冷凍しておいたので、これを使いました。

パラパラ炒飯って、難しくないんですよ♪
中華鍋と強い火力なんて必要ナシなんですから♪

それじゃぁ・・玄米ご飯ですが・・レシピです♪


 ボウルに卵を割り、といてからご飯を入れて、よーくかき混ぜます。
   ネギ塩タレを入れ、残り物のハムも入れました(笑)

混ぜて・・ 





















 テフロン加工のフライパンにオイルを入れて、炒めます。
   アタシは、オイルの代わりに、冷凍のラードを使いました(ハネるから注意)
   弱火ですよ!じっくり炒めていくうちにパラパラの炒飯になるんですよ。

パラパラ炒飯





















 ここで味見をして・・ネギ塩タレを使っていますからね・・
   少しの塩と、胡椒をガリガリしました。
   そして、火を止めてから、ハマってる「生胡瓜」を混ぜます。

火を止めてから胡瓜を・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅ショウガをトッピングして・・
普通の白米なら、もっと美味しそうに見えるでしょうけどね・・

炒飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごーく美味しいです
目下、ネギ塩タレにハマってますわ


「つけもの」

糠壺が絶好調なんですよー
ホントに美味しく漬かります・・
けど・・
茄子が色良く、漬からないのよね〜
ミョウバンは入れたくないしね・・

そしたら、画期的な事が起こりました

茄子の色を見て下さい・・
色が鮮やかな茄子は、ミッキー野菜屋の配達直後に漬け込んだ茄子です。
茶色の茄子は、冷蔵庫保存していた茄子・・
もちろん、同時に漬け込みました。

冷蔵庫に入れてしまった茄子は、茶色になっちゃうんですねー
常温に置いた採り立ての茄子を漬けると、色鮮やかに漬かるというわけです
初めての体験ですわ・・

糠漬け
























アッ・・完成した梅干しは、「梅仕事part2・・続編」に追記しますから、夜になると思うけど・・
見てやって下さいねー



at 13:50|PermalinkComments(12)料理 

2010年07月20日

もしかして・・大発見かも♪

昨日、天日に干した梅酢を取り込んで、保存するために瓶詰めにする作業をしてた時・・

ビビッ!・・と閃いたんです・・

「そうだわ梅酢を使った寿司飯はきっと美味しいかも・・いや、美味しいに違いないわ


があこさんに教えて頂いた寿司酢の割合が最高で、
今や、これ以外の酢飯はありえないんですよね・・

何を隠そう・・それまでのアタシは、「すしのこ」一辺倒だったんですよ。
そりゃぁね、何度も、寿司酢作りにトライしましたよ・・
料理本やネットで見て、その通りに作っても、イマイチなんですよねぇ・・
酢飯に締まりがないんですよ
それにね、寿司飯が、べちゃ〜っとなっちゃって・・
ですからね、結局、「すしのこ」が一番!って思ってました。

があこさんの寿司酢の割合で、最初に作った時・・その寿司酢を見て愕然としたんですよ
けっこうな量の寿司酢なんです・・びっくりしましたわ・・
炊きあがったご飯に混ぜると、ご飯が、しゃぶしゃぶ状態になって
でも、15分程で、ご飯に吸い込まれて・・ご飯が、立つんです・・キラキラとね

アタシの定番「呑んべえ寿司」・・覚えてますか?
干し椎茸と干ぴょうと油揚げの貧しい、お寿司なんですけど、
この寿司酢で作るようになってからは、友人達が、まだかまだかと待ちわびるようになった(笑)


前置きが長くなりましたが・・
があこさんの寿司酢の比率をにらめっこしていて・・気が付きました
塩の比率が、12%なんですよね・・
・・と言う事は・・ウチの梅漬けは17%ですから・・
5%をなんとか工夫すればOKと言う事ですよね
味醂を5cc増やして、梅酢を5cc減らしました


そして・・夜中に作りましたよ・・


きび砂糖・味醂・梅酢・・よくかき混ぜておきます。

合わせ酢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな昆布を乗せて、ご飯を炊いています・・ 

炊いてます♪





















そして・・炊きあがったご飯に、合わせ酢を回しかけ、団扇で煽ぎ・・しばらく休ませます。

合わせました・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいですよーー いつまでも食べ続けていたいほど・・

具は何にしよう・・と・・考えてなかったけど(笑)
昨日のタコが残ってましたから・・

寿司





















もうねっ倒れましたわ〜〜〜〜
美味し過ぎなんですよー
なんて表現したらいいのか・・わからない・・
どしたらいい



at 00:04|PermalinkComments(8)料理