2010年08月

2010年08月30日

復活の晩酌

眠り病にかかったみたいでしたわ・・
横になると寝落ちる
台所にカウチ(寝場所ですけど)があるとなんだかねぇ・・極楽です
喉が渇いても、お腹が空いても、数歩で流し台&冷蔵庫ですもん・・
ましてPCもあるから・・退屈しませんわ・・

思えば、この快適さは、台所の和室を寝室にした山の家から始まりましたねぇ・・

昨日は、だらだらと寝たり食べたりの一日でした・・
流石にお酒は飲みたくなかった・・

久しぶりに作った「呑んべえ寿司」が、なんとも美味しかったですよ

呑んべえ寿司

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胡瓜と紅ショウガを刻んで乗せましたけど・・
体調のせいかしら・・凄〜く美味しく感じましたわ。
紅ショウガは、ミッキー野菜屋の新生姜を漬けましたが・・漬けて良かった
紅ショウガって、日常、あまり使わないけど、急に欲しくなりませんか?
1年は紅ショウガには困らないわ。

呑んべえ寿司に・・























夕方になって・・麦酒が飲みたくなったから・・回復ですね
でも、流石に買い物に行く元気はないので、冷蔵庫にあるもので肴を作りました・・

茹でてから時間が経ち過ぎたブヨブヨの素麺を発見
・・コレ、再生法はないよね
しかし・・食べ物を捨ててはいけない・・と、育ったアタシ・・

「素麺焼き」

レシピ

 ボウルに、小麦粉大匙1と水と塩を入れ、よくかき混ぜる。

 ブヨブヨ素麺を投入・・かき混ぜる。

 コンビニで買ったカニカマを刻んで入れ、呑んべえ寿司のご飯を炊く時に使った昆布を
   刻んで入れ、素干し海老を入れ、ゴーヤも入れちゃいました

 胡麻油で両面がカリッとなるまで焼きます。

鰹節をふりかけて、醤油をかけて・・コレ、思った以上に美味しく出来たのよー

素麺焼き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
こんな肴で・・今は焼酎をいっちゃってます(笑)

皆さま・・ご心配をおかけしました・・
明日から4日ほど山の家に行きます。



at 20:45|PermalinkComments(14)台所 

2010年08月29日

雲に乗ったノーム

体調不良は何の前触れもなく突然来た・・
しいて言えば、昨夜、仕事上りのいつもの爽快な気分はなく、
冷たい汗で前髪が貼りついてた事くらい・・

(だるいなぁ・・)と感じながらも、お風呂に入り、髪を洗おうとした瞬間・・
急に気分が悪くなって・・バスローブに包まりながら・・カウチに倒れ込んだわ・・

アタシ、晩酌をしなかったのは何年ぶりだろう・・
しばらく横になっても吐き気は収まらず、そのままウトウトしてました・・
クララにレトルトのご飯を与えて、眠ってしまいました・・

喉の渇きで目が覚めたのは午前2時・・
蜂蜜を溶かした冷たい水が飲みたくなって・・マヌカハニーで作りました。
あっ、マヌカハニーは、薬のないウチの常備薬なんですよ。
体に浸み込んでいくっていうの?美味しかったわー

朝・・治ってました・・

思えば・・これをコンビニで買った時点で、体調不良だったのかもね
晩酌の肴を作る気が萎えそうだったから、夕方、近くのコンビニで買ったのよ・・
こんなん見ただけで重症になりそうでしょ?
ふふふ・・今、撮りましたけど、大丈夫!気分悪くならないです(笑)

001




















もちろん食べてないですよー(爆)


風邪だったのかなぁ・・
アタシ、風邪をひく前にね、どうしようもないモンを無性に食べたくなるのよね・・
脳がイカレルと病気になるんですよ・・又、証明されたわ

そして、今日のお昼・・完全復活とはいかないけど、なんだかお腹が空いてきました
久しぶりに「呑んべえ寿司」が食べたくなって・・
干し椎茸を戻してます・・気の長い話でしょ・・(笑)

それじゃぁ・・又・・


続きを読む

at 12:56|PermalinkComments(16)徒然 

2010年08月27日

フル回転の家電

暑いですねー
お昼を過ぎた頃から・・クーラーなしではいられませんね・・
でも、午前中は、この扇風機が気持ちいいんですよ〜

扇風機




















夏の初めに買いました・・例の解体屋でネ

どぉ?可愛いいでしょ!
アタシ、扇風機を買ったのは初めてなんです・・
・・っていうか・・扇風機をバカにしてたんですよね・・こんなに快適とは知りませんでした・・

コレ・・珍しくありませんか?
綺麗なブルーの台座に一目惚れですわ(笑)
「もっと最新式のいいヤツがあるよ」・・と、社長さんに呆れられましたわ・・
従業員のおじさん(自転車を直してくれた人)が綺麗に掃除して車に乗せてくれました
そうそう・・お値段500円・・ナショナル


晩酌

「麦酒とホットサンド」

無性に、パンとチーズが食べたくなったのよね・・
パン焼き器に種を仕込んでスイッチをピッ・・
雷で停電しない事を祈ります・・なにせ古いパン焼き器ですもん

焼き上がりまで3時間半=仕事に集中
・・の図式が出来上がるでしょ・・この時間が以外と効率いいのよねぇ(笑)

もう一つの家電・・ホットサンドメーカー

ホットサンドメーカー






















ピザ用チーズとゴルゴンゾーラを半々にして・・
玉ねぎとチーズのホットサンドです。

ホットサンド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麦酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




「叩き胡瓜のピリ辛サラダ」

胡瓜を叩いて、塩をして・・しばらく放置・・
胡瓜から出た水分は捨てて、唐辛子の輪切り&胡麻油ちょこっとで和えます。

サラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


食べたい時に食べる自由な生活・・たまらんわ〜幸せ



at 23:12|PermalinkComments(8)台所 

2010年08月26日

レアな紅ショウガ漬け

新生姜の時期には、ストックが無くなった赤梅酢・・
今年の梅干しが終わり、副産物の赤梅酢がある時には、根生姜になっていました・・
やむなく、根生姜で漬けたのですが・・

先日の20日に、ミッキー野菜屋の新生姜が手に入りました
届いたその日に塩をまぶして・・翌日、天日に1日干して・・赤梅酢で下漬けをしました。

これは、赤梅酢と赤シソで下漬けをして6日間経過した生姜ですが、
このままだと保存性に欠けるんです。

でも、あまりにも密度の細かい、柔らかな生姜なので、
半分を保存用に・・
残り半分は、すぐに食べてしまうように、ここままジプロックに残しました。

下漬け完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生姜を一つずつ箸でつまんで、ホワイトリカーで消毒をした瓶に、、きつく詰めていきます・・ 

瓶に詰めて・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに、赤梅酢を注ぎ、生姜が浮いて来ないように、赤シソで蓋をしてから瓶のキャップをして・・
冷蔵庫深く・・眠ってもらいます 

赤シソで蓋をして・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この作業をしていて閃いたんですけどね・・
下漬けの紅ショウガの汁・・コレ、今までは捨ててましたけど・・
もったいなさ過ぎるよね・・
何かに活用出来ないか・・って考えてたんですよ・・

「手ごね寿司」ってご存知ですか?
倉の実家に遊びに行った時に・・三重県の津です。
母上が作って下さった「手ごね寿司」が美味しかったんですよ・・
たしか、鰹の刺身を酢飯に混ぜて、
生姜・ミョウガ・シソの葉を千切りにして散らしたお寿司でした・・

生姜のエキスが入っている、この赤梅酢で、いつもの「桜寿司飯」を作り・・
鰹と和えたら美味しいんじゃないの
鯛でもいいよね

うふふ・・近じか、作ってみますわ




お昼ご飯

「とんかつ」

今、笑ったでしょ・・
なぜか、梅仕事の後は、この肉屋のとんかつになるパターンだわ

とんかつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 とんかつを揚げてもらってる間・・
商店街 はお祭りでした・・
お腹空いてると買っちゃうんですよねー

「焼きそば」

焼きそば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も酷暑です・・
食が落ちて・・ヨヨ・・と貧血でも起こしてみたいわ・・
・・が・・食欲落ちないんですよね
ちょっと恥ずかしい・・ 
 



at 15:24|PermalinkComments(6)梅仕事 

2010年08月25日

命名「桜寿司」

久から悲愴なメールが届きました・・
「生きてるの逢いたい・・飲みたい・・食べたい・・」

こう言ってもらえるうちが華よねぇ・・
久しぶりの・・森の家での宴会です

メニューはもう決まってますよ
梅酢の手巻き寿司

魚を買いにスーパーに行きました。
ちょうど、千葉県沖の「きはだマグロの生」が、本日のイベントでしたー
見るからに美味しそうなマグロの柵がパック詰めになって魚台に並んでいました・・
ケド・・不思議ですよねぇ・・
皆さん、いろいろな種類が切ってある刺身パックを籠に入れてるのよ
アタシは、柵を2パック、籠に入れて・・
それから、するめイカ・ホタテ・タラコをゲツト。

話は逸れるけど・・
宇都宮のスーパーには、めちゃくちゃ不満があります・・
魚が不味い・・高い・・
手巻き寿司パーティーの時にね、お盆だから奢っちゃおうかなって思い、
インドマグロの柵を買ったのよね・・それも、中トロと赤身の2柵・・
2600円もしたんですけど・・お盆で気が大きくなってましたから

減らないんですよ・・みんな、遠慮してるのかしら?・・って思ってました・・
食べてみたら・・過激に不味い
いつもの魚屋にすれば良かったのに・・って・・気分が落ち込みましたわ・・

そういえば、肉も不味いんですよー
罰あたりだけど、クララも残したんです・・
冷シャブにして・・がっかり・・の巻きでした
お隣の奥様に頂いた肉は、とろけるほど美味しかったけど・・柿安でした・・

山を下りて、デパ地下に行くような身分じゃないものねぇ・・アタシ

その点、森の家の近くのスーパーは優れてますよ。
この差はなんなんでしょう・・同じ海なし県なのに・・



久しぶりに会う、久と貴・・そして松。
もちろん、この酢飯で驚かせたい・・
先に到着した松に、
シャッターチャンスを逃さないようにと・・冷えた麦酒を賄賂にカメラを預けました(笑)

梅飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


直前まで、蓋をして・・ネ

手巻きの具です・・が・・せっかく捌いたするめイカを忘れましたん
今朝、冷蔵庫で発見するまで忘れ去ってた(泣)
きはだマグロは、おかわりに何度も切りました・・美味しかったわ〜
2柵で1000円くらいですよ・・

具

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ピンクの寿司飯に・・
「きゃぁ〜〜」の歓声が上がります。

BlogPaint















「何綺麗〜びっくりだけど・・このご飯は何?」・・と、久が驚いてますわ・・

BlogPaint
















アボカドだけを巻いても美味しい酢飯に、感激してくれました・・
みんなで、「桜寿司」・・と命名しましたわ

残った桜寿司は、おいなりさんにして、お土産にしました。
笹の葉に包んだ おいなりさん・・写真を撮り損ねましたが綺麗でしたよ・・

梅干しの副産物・・赤梅酢・・
こうして、桜寿司に・・紅ショウガに・・しば漬けに・・こんなに活躍してくれるとはねぇ・・
去年までは考えもしなかったわ・・
自然栽培の赤シソを買って、ホントによかった・・



at 13:07|PermalinkComments(2)友人 

2010年08月23日

お盆の送り火も近づいた頃・・

お盆の15日・・起き抜けの珈琲を飲んでいたら電話がありました・・
shinのお姉さんからです。
「突然なんだけど、今日、行ってもいい?」

「お寿司を買って行くから何も用意しないでね」・・と言う・・
寿司はアタシの得意分野ですからねぇ・・それに、梅寿司を食べさせたいしね・・
すぐにパパッと出来るから買って来ないでよと強く言ったのに・・
「もう、頼んじゃったのよ〜ゆっくり話をしたいから・・ネ!」

東京から新幹線に乗ると言う・・
(新幹線の中・・寿司桶を抱えて来るんかいな・・まったくもう・・相変わらずなんだから・・)

1時間半後・・ピンポンが鳴りましたわ速い

shiho&まっと





















いい夫婦なんですよねぇ・・
shinのお姉さん(通称しっぽ)とは、昔から、なぜか気が合うアタシですけど・・
この旦那様・・実にいい男なんですよー(秘かに・・アタシの中では西郷隆盛です)

これが・・新幹線で一緒に来たお鮨?
いえいえ・・お気に入りの鮨屋が休みで、宇都宮の駅ビルで買ったんですって・・
全くぅ〜やだなぁ〜そんなこったろうと思ったわ・・もったいないわぁ・・
アタシが作った方が美味しいのにねぇ・・
開発したばかりの、梅酢のピンク酢飯で・・手巻き寿司を食べてもらいたかったのに(グスン)
握りを4人前買って来てくれました

お鮨





















電話を切った後、急いで冷シャブを作っておきました・・牛&豚肉です。
胡麻タレで・・
敷きつめたミッキー野菜屋の胡瓜と紫玉ねぎに感激してましたわ
野菜がどんどんなくなって・・補充しました(笑)

冷シャブ





















酒豪揃いですからね・・
麦酒で乾杯・・冷酒に切り替えて・・お昼から気分は最高潮
お盆は、こうじゃなくてはね

旦那様(通称まっと君)は相変わらずの甘党・・
東京駅の大丸で、いつも横目で見てた高級カステラをお土産に買ったそうです(笑)

カステラ





















コレを肴に・・冷酒をグビ〜ッといってました(笑)

カステラを切る





















結局、4人で飲んだ量は・・
麦酒3本・日本酒一升五合・・

飲んでしゃべって・・ふと気が付くとshinの姿が消えてた・・
姉夫婦の好物のミョウガを、灼熱地獄の庭で・・蚊の襲撃の中・・収穫してました
こんなに採れてよかったわー
「甘酢漬けにするわ」・・と、しっぽは大喜び

ミョウガ






















山の家のすぐ前の通りに、とっても美味しい和菓子屋があるんですよ・・
地味な和菓子屋ですけど・・ホントに美味しいのよ
ここのお赤飯も侮れないのよねぇ・・美味しいんです・・

ふじ浪

 

 

 

 

 

 

 


まっと君のために、おはぎ・水羊羹・すあまetc.そして、お赤飯を買いました。
カステラ取り上げちゃったからね・・ミョウガと共にお土産です。

まっと君は、長い事海外勤務でした・・
この春、めでたく日本に帰国・・
永住地を探していることろでした・・

帰国祝いを・・森の家に招待した時の写真です・・ちょうど桜が満開の時でしたわ


安藤夫妻





















もう、おわかりですよね(笑)
森の家の住人になる人です・・



at 22:23|PermalinkComments(2)もう一軒の森の家 

2010年08月22日

送り火

里から帰って・・
今度は、shinの両親の眠る霊園に行きました。
山の家からは、車で5分位の所です・・

霊園に向かう道にも癒されますわ・・

霊園への道路





















花を供え、お線香を焚いて・・次はお彼岸ね・・と・・手を合わせました。

夕方の山の中の霊園なのに・・暑いですよ〜
汗がこめかみから流れ落ちます・・

霊園の、ど真ん中に噴水があるんですよ・・畔の大谷石のベンチで涼を取りました。
麦酒でも飲みたいロケーションでしょ?(笑)

噴水





























帰り路・・ふと、いつも気になりながらも通り過ぎていた場所に寄ってみたくなりました・・

霊園の下方にある、長岡百穴です。
これは、7世紀頃の古墳なんですよ・・

長岡百穴2




















長岡百穴






















家に帰ると、豆腐屋のラッパが聞こえました。
慌てて外に出ると、車はすでに通り過ぎちゃって・・追いかけましたわ
ウチから3軒先のお宅が、豆腐屋を呼びとめてくれてました・・

豆腐屋の車





















ここの豆腐は美味しいんですよー


豆腐






















この日の晩酌

「冷奴」
写真が消えましたわ

「ゴーヤチャンプル」

この豆腐を使うのはもったいないですからね・・
余りものの野菜・キクラゲ・卵でチャチャッと作りました。
胡麻油でなく、ラー油で炒めて・・塩だけの味です。
いつも思うけれど、ゴーヤは不思議な野菜です・・
肉を入れなくても美味しいし・・
南国の野菜なのに・・中華味を意識せずとも、塩だけでイケルのよね・・

ゴーヤチャンプル
























今日も暑かったですね・・
残暑お見舞い申し上げます

at 22:16|PermalinkComments(8)もう一軒の森の家 

2010年08月21日

味噌屋

山の家から車で5分の所にある味噌屋です。
おじいさんが一人で切り盛りしています・・

以前に、偶然見つけて、期待もせずに1パック買った味噌が・・
今では、他のどんな味噌よりアタシの口に合う味噌になってしまいました。

特別な事はしてないよ・・って、おじいさんは言います・・

味噌屋6
























この杉樽で大豆を煮ていくんですよ・・

味噌屋4
























なんと、五右衛門風呂の釜の上に杉樽を乗せて、大豆を蒸していくそうです。

味噌屋3
























味噌屋の中に、石の土蔵があります・・

味噌屋

























この土蔵は、室です・・
麹をムシロにに並べて、この室の中で熟成させるそうなの・・

味噌屋2

























1パック1キロの味噌が600円・・
これだけ美味しい味噌なのにね・・
とっても助かりますわ・・
3パック詰めてもらいました。

味噌屋5
























デジカメを持っていなかったので、携帯のカメラで撮らせてもらいました。
画像が悪いのが残念・・

なんとも言えない良い香りがするのよ・・

味噌






















最近思うのだけど・・
食にこだわると値段が比例していくでしょ?
それは、変な自己満足の世界かもしれないな・・
本当の美味しい物をスルーしてるかもしれないな・・

at 20:32|PermalinkComments(12)もう一軒の森の家 

2010年08月20日

中華な森の家

森の家に帰って来ました・・

昨日の帰り路・・
ちょうどミッキー野菜屋の配達日でしたので、家に到着前に、ミッキーさんチに寄って、野菜を受け取りました。
・・で・・急きょ、突然の暑気払いの宴・・に・・

何の用意もしてない台所で、いきなりの乾杯
それでも、ミッキー野菜屋は喜んでグビ〜っといってましたよ(笑)


「四川麻婆豆腐」

何のおもてなし料理の準備が出来ない時はね、スパイスを酷使した料理にします。
パンチが効いた麻婆豆腐が出来上がりました

四川麻婆豆腐





















漬け物を肴に、すでに相当量の泡盛を飲んでるミッキーさん・・
茹で上がったタコみたいですわ(爆)
四川麻婆豆腐が大変お気に召したようですよ(笑)

茹でミッキー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山の家で書いた日記がUP出来ないまま帰って来てしまいました・・
なにしろ、夕方からの豪雨の中のオレンジやピンクの雷に・・
アタシ・・震えまくっていました
夏の思い出ですからねぇ・・後ほど、だんだんにUPしようと思います

それじゃぁ・・又・・



at 13:35|PermalinkComments(7)台所 

2010年08月17日

神の降臨

今日は、山の家から里に行って来ました。
到着すると・・荒れ果てた里の畑に神様が・・

神様





















祖母と母が、野菜を作っていた畑ですが、今や荒れ放題でした・・

里は、祖母の隠居所でしたが、家屋敷が800坪あります・・
西山には、栗の木や梅の木が何本もあって、山椒の実を摘んだり・・
四季折々の山の恵みを与えてくれます。

(ここまで書いたら・・突然の雷と豪雨
栃木県北部の雷は半端じゃありませんからね・・
目の前をピンク色の稲妻が横に走るんですよ
達磨からもキツク言い渡されていました・・
「雷が鳴り出したら、すぐに抜いとごれ帰るときはコンセントを必ず抜いとごれ
・・・・というわけで・・昨夜はロウソクの灯りで晩酌・・そのまま寝てしまいました・・)


アタシは一人っ子なので、両親が天国に旅立ってからは、ここを従兄に譲る事にして、
時々墓参りに来るくらいでした・・
里の敷地の隅には、先祖代々のお墓があるんです。
祖母は、墓守をしながら、のんびりと畑を楽しんでいました。

母が先に旅立ち、父が入院した時、アタシは父に提案して、
父と従兄の養子縁組が整いました。
戸籍上は、アタシの兄になったわけなんです・・

従兄は、叔父の三男で、転勤が多い仕事柄、ずっと借家住まいでしたから喜んで受け入れてくれました。

ところが・・この従兄・・
俗に言う 「かたずけられない男」 なんですよー
気が付かなかったんです・・大雑把な感じに、逆に好感を持ってました・・
そして、大雑把な割りに細かい(こちらの方言では・・こせっこい)人でした。

静かに着々とカビ菌が侵食するように・・里の家屋敷は荒れていきました・・

彼は、上の子供が小学生、下の子が幼稚園の頃、奥さんと離婚しました。
なぜか、子供達は彼の所に残り、それぞれ独立して、今は、彼一人です。

書面上の相続がまだだったので、アタシは彼に聞きました。
「もしかして、この広い屋敷を一人で守っていくのが辛いんじゃないの?」・・ってね。
そうしたら彼からは意外な言葉が返ってきました・・
「家だけ残して、後は売るか、市に寄付しようと思ってるんだ・・子供達は田舎は嫌だと」

「売る」と「寄付」の言葉のギャップが、アタシの心に暗い影を落としました・・
アタシの仕事が忙しくて、なかなか相続の手続きが出来なかったのは先祖のお導きだったかも・・今は、そんな風に思えます・・

そんないきさつがあって、家が建ってる敷地は彼が相続して、
畑と西山はアタシが相続する事になりました。

山の家からも、遠くない距離ですし・・
西山と畑は、専門の業者に頼んで、もとの綺麗な山と畑にしようと思っていた矢先・・
畑を使いたいとの嬉しい申し入れが・・なんと・・ミッキーさんからありました。

ミッキーさんの住んでる所からは60キロの距離ですし、無理だと思っていました・・
ただ、畑には水道が引いてあり、それは地下水なんです・・
その事が、農薬や化学肥料が流れてる用水路を使わず、雨水を貯めて畑に使うミッキー野菜屋のおめがねに適ったんだと思います。

昔、旱魃で、どこの家の井戸も涸れた時に、里の井戸だけは涸れなかったくらい・・
深い自慢の井戸水なんです。
もちろん、今も、家中の水道の蛇口をひねれば、ポンプで汲み上げている井戸水が出ます。
夏は氷水のように冷たくて、冬は温かで、飲むと、本当に美味しい水なんですよ

昨日は、ミッキーさんを従兄に紹介するために里で待ち合わせをしました。

待ち合わせの時間より10分遅れて到着したアタシの目に、
すでに畑を耕しているミッキーさんの姿が飛び込みました・・
それが、一番上の写真です。

家の中で高校野球を観戦している従兄をよそに、
黙々と嬉々として働くミッキーさん・・
カメラを構えると・・炎天下の畑は熱気でゆらゆらしています・・

胸に熱いものがこみ上げてきて・・
ミッキーさんの姿が、だんだん霞んできましたわ・・

ミッキー神様2




















ミッキー神様




















shinも神様の僕よろしく参加しています・・
ミッキー神様とshin僕





















お盆の送り火の日・・に・・
まさか・・こんな光景を見るなんて・・

アタシの心の中に、祖母や父母、ご先祖様のにこにこ顔が浮かんでいました・・

at 15:21|PermalinkComments(6)里の山畑