2010年10月

2010年10月31日

発芽した・・玄米

先日、やっと大成功した玄米炊飯ですが、四日間の玄米の浸水は冷蔵庫でした。

常温ならどうなるかと・・またまた探究心がムクムクと湧いてきて・・
タッパーに、洗った玄米と水を入れ、カウンターに置いておきました。

翌日、タッパーの蓋が盛り上がってるんですよー
蓋を開けると・・泡が出ていました。
慌てましたわ
密閉するとダメなのね・・

そこで、玄米が呼吸できるように、陶器の壺に移しました。

これは、趣味が高じて、陶芸の工房を庭先に建ててしまった友人が、
「梅壺にしたらどぉ?」って、作ってくれた壺です。

壺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大きさといい、寸胴な形といい、ちょうどいいんですよね・・
水は、途中、一回替えましたが、泡は出なかったです。 

玄米の浸水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四日目になり、ザルに玄米をあけたら・・
見て下さい
ちっちゃな芽が出てるの・・わかりますか?

発芽したんです・・

発芽?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、発芽玄米というのを買った事があるんですよ。
その頃は、普通の白米に雑穀を混ぜて食べていましたから・・
発芽玄米を混ぜて炊いてみました。 

炊き上がったご飯は、もそもそして、変な違和感があり、不味かった記憶があるので、
アタシの中では、発芽玄米は不味いもんだというのがインプットされています・・


炊き上がりました・・
ここのところ、梅干しの種が不足してるんで(笑)小梅の梅干しを入れて炊きました。

炊き上がり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


木櫃に移した時の、しゃもじの感覚は、同じです。
サラリとしていながらも、質感のある玄米ご飯です 

木櫃に・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お昼ご飯

「ダス」

今日は、茄子・オクラ・納豆・チリメン・紅ショウガ・シソの実

美味しい〜〜 

玄米ご飯は、おそらく、今までの中で一番でしょう

ダス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ジャガイモとホウレンソウの味噌汁 」

ホウレンソウ&ジャガイモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、常温浸水がいいのね・・
陶器の壺が一役買いましたね

「二日じゃダメ、三日でもいいかもしれないけど、やっぱり四日なんですよ・・」

・・・又、佐藤さんの言葉をかみしめています・・



at 14:16|PermalinkComments(8)主食 

2010年10月30日

甘いものが食べたい

アタシは、甘いものには特段、興味が湧きません・・
youkoの手作りケーキは別ですが
頂きもののチョコやお菓子は、友人に渡すか、隣のチビ達の教育訓練に使います(爆)

アタシの苦手な筆頭が「あんこ」なんですよー
嫌いな順番は、おしるこ→あべかわ餅→ゆべし→おはぎ→そして筆頭はモナカ
羊羹は、冷酒のアテにならOKですわ。

台所のカウンターに、瓶に入れた小豆が置いてあるんですけどね・・
なんだか無性に甘い小豆が食べたくなったんです。

疲れてるんかなぁ・・

だけど、小豆を甘く煮るには時間かかりそう〜
料理なら、何時間でも鍋に張り付いていられるんですけど、
お菓子のクッキングには、その気力は全く無しです。

こんな方法があるんですねー
炊飯器を使うんです。

 洗った小豆を、炊飯器に入れて、即、炊飯スイッチを押します。
   小豆を前もって水に浸けておく必要はないそうですよ

小豆 1カップ
水   3カップ

里から持って来た、もう一つの小さな炊飯器です・・(これは玄米キーが付いてません)

小豆&水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スイッチが切れて保温モードになったら、蓋を開けてみて、まだ水分が残ってるようなら、もう一度、炊飯スイッチを押します。

二回目に、スイッチが切れて・・この状態です。
すっかり水分が引けて、茹で小豆が出来てました 
味見をしてみたら・・
ホントに柔らか〜く煮えてますわ
小豆の旨味とコクが、とっても美味しいです。
このまま、ご飯に混ぜ込んでもいいんじゃないかって思ったわ
ゴマ塩振りかけただけで、おかずはいらないなぁ・・

茹で小豆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど・・ここで考えたわ・・
この状態で・・砂糖は溶けるの 

ジャリジャリした砂糖が絡まった小豆はねぇ・・いただけないわよね・・

・・で・・この茹で小豆は冷凍致しました

懲りないアタシ・・
 次は、2度押しせずに、1度目の水分が残ってる状態でスイッチを切りました。

水分を残した小豆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍋に移して、砂糖と塩少々入れて弱火にかけました(これが失敗でした

そして、吉野葛を投入しました(これも失敗

吉野葛を入れて・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かき混ぜていると・・すぐにトロミがついてきました。 

トロミがつくまで火入れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・が・・・所々、葛がダマになってますわ 

エッ これってマズイよね・・

葛がダマになってる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、しかたがないから・・このまま、バットにあけて・・
冷めてから冷蔵庫に入れて冷やしました・・ 

結局、味見してるうちに・・食べる気が失せた・・
午後にお茶を飲むのは、呑んべえのスケジュールにはありませんもの・・

今夜は台風ですから・・早めの晩酌といたしましょう

 晩酌

「レンコンと胡瓜のスパイシーサラダ」

鷹の爪&ニンニク&塩&鰹粉をオリーブオイルに投入して火入れします。

スパイシーオイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胡瓜と、サッと茹でたレンコンに、熱々のオイルを和えて、醤油を少々・・

レンコンは、古代蓮根といって、生でも食べられるんですよ。
千葉県の有坂さんという人が作っています。

レンコン&胡瓜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





デザートワインならず冷酒です・・

美味しい〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


イイ感じに固まってます・・
葛のダマは気になりませんが・・小豆が少々・・硬いかなぁ 

やっぱり・・冷酒で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あぁ〜そうだわ・・豆は、砂糖を入れて煮ると硬くなるんだっけ
茹で小豆の段階では、柔らかかったのにね

イイ線行ってると思ったのに・・食感がイメージと違いますわ

そうだわ1回目の、少し水分が残った茹で小豆の段階で砂糖&塩を入れて放置する・・
これなら、小豆は硬くならないよね・・

それじゃぁ・・葛粉で固めるには、どうすればいいのかなぁ??


どなたか・・教えて下さい・・



at 22:21|PermalinkComments(12)台所 

2010年10月29日

真夜中の料理

おでん肴に焼酎飲んで・・相当酔いが回って来た頃・・
ミッキー野菜屋の配達の中にあった落花生がね・・気になるんですよー
生ですから・・早くなんとかしなくちゃいけないよね

殻ごと塩茹でにしようかと思いましたが・・時間が掛かり過ぎるよね・・
お腹は満たされているから・・落花生ご飯は、イマイチ結びつかないし・・

・・というわけで・・
「落花生味噌」を作る事にしました。

アタシ実は、落花生味噌は苦手なんですよね・・
甘くて・・肴にも、おかずにもなりえないですよー
(スーパーで売ってる「味噌ピー」しか食べた事ないですけど)

それなのに・・どうして作ってみたくなったのか・・わかりません(爆)

落花生農家の人が、家で作って食べている「落花生味噌」を作ってみようと思ったの。

なんで、こんな時間に・・こんなアホな事思いつくかナァ・・
我ながら呆れますわ
時計は、真夜中の12時を回っちゃってますけど・・
いつものように、ネットサーフィンで、コレ!というレシピを探しました。
落花生農家のおばあちゃんが作る「落花生味噌」を、娘さんが日記に書いてました

殻を剥き終わる頃には、けっこう疲れてきましたよ

殻を剥く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空炒りします ・・
弱火で、カリッとなるまで・・

空炒り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがね・・果てしなく時間かかりましたわ
ようやく香ばしい匂いがしてきた頃は午前1時半ですよー

香ばしい匂いが・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つ食べてみると・・カリカリです
ここからなんですよー 
火から下ろして、完全に冷めるまで待つんです
もう、こうなったら腰を据えて呑むしかないよね・・


このくらいまで・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

油を入れて・・少量です。
(アタシは菜種油を使いました )
更に、炒めていきます
5分位・・

菜種油を回しかけた・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ完成に近づきました・・
味噌と砂糖を入れて、手早く混ぜます。
分量は、落花生の1/3量位の味噌と、味噌の1/3位の砂糖ですって・・
この辺は、適当でいいんですね・・好みの加減です。

すぐにねっとりしてきますから、焦がさないように気をつけて・・
味噌が焼けたら出来上がり〜 

味噌&砂糖を入れて・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


出来たー

出来たー♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがねぇ・・美味しいのなんのって
ちょっとだけ・・と・・つまみながら・・再び焼酎をやっちゃってます

ぜひ、生落花生が手に入ったら、作ってみて下さいナ
売ってる「味噌ピー」を想像したらダメよー
全く別モンです

肴に良し、玄米ご飯のおかずに良し・・でゴザイマス


午前2時半・・
一人、台所でほくそ笑んでます・・

クララは爆睡してるわ・・

爆睡クララ

 

 



at 08:54|PermalinkComments(8)キッチンラボ ノーム 

2010年10月28日

おでん と スープ

日の落ちるのが早くなって・・だんだん寒くなって来ると・・
アタシは、晩酌に何を食べようかと・・朝から考えちゃうんですよね

理想は・・
日が沈んだら、お風呂にゆっくり入り・・麦酒をひっかけたいんですけどね・・
そうもいかないから、午後の時間をやりくりして、晩酌の準備を整えておくんですよ。

食の好みの変化って、ありますよね?
もちろん、大嫌いだったドジョウが大好きになるなんて事はなく・・
今まで、ごく普通に作って・・満足して食べていたものが、気に入らなくなるって事です・・

今日の日記は、三日間の晩酌を、その時の気分で書きためておいたものです。


今朝、突然に思ったんです。
おでん でキュ〜っと一杯・・いいわよねー
おでん 突っつきながら呑んで・・〆はスープを飲みたいなぁ・・
最近ね、スープを飲みたくなるんですよー

そこで考えました

ガス台の風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前の大きな鍋は・・昆布・煮干し・柚子の塩漬け・大根です。
水から炊いていきます。

大根鍋1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左の鍋は・・(見えないけど)コンニャク・竹輪・薩摩揚げを麺つゆで煮ています。

おでん鍋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大根鍋の、煮干し&昆布を引き上げて・・
左の鍋に昆布を移し・・落とし蓋にして・・おでんを煮詰めていきました・・


昆布の落とし蓋





















ちょっと、呑んべえの台所風景でしょ


二つの鍋





















大根鍋に酒を入れて・・鶏ミンチ&ネギ&片栗粉で丸めた鶏団子を投入。

大根鍋

 

 

 

 

 














 一日目の「おでん」晩酌

すっきりとした・・普通のおでん・・牛スジを入れない関東炊きです。
これはこれで美味です。
〆の「大根スープ」も美味しかったよー

おでん 

 




















翌日、大根鍋に火を入れます。

昨夜の残りの・・おでん鍋に・・
大根&鶏団子を入れて、大根鍋のスープを足して、塩少々入れ・・煮込みます。

 二日目の「おでん」晩酌  

今夜は寒いですねぇ〜
今年初の、石油ストーブを焚きましたよ・・
ストーブに乗っけた おでん鍋に疲れも吹っ飛びますわ

 おでん小鍋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



大根鍋は、どうなってるかというとね・・
麺つゆを少量足して、コトコト煮た大根が、柔らか〜くなってます
もう、箸では引き上げられませんよ・・
柚子の塩漬けも、かなりバラけてきました・・

大根鍋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



今日は朝から雨が降っていました・・
寒いです・・
朝起きてカーテンを開けると・・昨日干した洗濯物がずぶ濡れでした
込むのを忘れてた

 三日目の「おでん」晩酌

これは美味しいですよ
鶏ダシが、しっかり浸み込んでるトロトロ大根が・・柚子の香に包まれてます・・
柚子の塩漬けの塩が、全体の味を引きしめています。
老舗おでん屋にもない大根だと思いますわ

大根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大根だけじゃ寂しいからね・・

「天麩羅」
からし菜を天麩羅にしたのは初めてだけど・・美味しいわよー


天麩羅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・ということで・・
アタシの三日間の晩酌・・「発展するおでん」でした(笑)

寒くなって来ましたね・・
お風邪など召しませんように・・お気を付け下さいね〜 

 



at 22:20|PermalinkComments(6)料理 

2010年10月27日

四日間浸水の玄米

冷蔵庫に入れて・・四日間浸水させた玄米です。
いよいよ、炊きます・・

泡も出てなくて、綺麗な水でしたから・・このままお釜にあけて炊きました。

四日浸水の玄米

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炊飯器がシューシューし始めて・・
今まで、嗅いだ事がない・・とってもいい匂いが・・台所中に立ち込めました・・
香ばしくて、甘い・・
糠の香りなのかしら・・?
玄米って、こんないい匂いがするの 

この段階で、アタシは確信しました

今日は、時計を見ていましたよ・・
驚いたわー
炊き上がるのに2時間もかかるのね

見て下さいナ
お釜の蓋を開けたところです・・

蟹穴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木櫃に移した時に、力が抜けましたわ 
パラパラ感はなく、もっちり感もなく、何と表現したらいいのか・・
しっとりとしていながらも、ざっくりしてる・・玄米が炊き上がりました

これは初めての感覚です
嬉しいわー

木櫃に移して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッキー野菜が、めずらしく午前中に届きました 
なんでしょうねぇ・・このタイミングは・・
まるで、玄米炊飯の成功を見越しているかのような・・(笑)
午前中に届くと、アタシの台所事情には、大助かりです
夜型のスケジュールで仕事を組んでいますから・・この時間が嬉しい。
ゆっくりと、野菜の下ごしらえが出来ました。

からし菜です。

からし菜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、小松菜。 

小松菜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



お昼ご飯

「とんかつ」

ふふっ・・炊飯器から漂う匂いに、大成功を確信した時、いつもの肉屋に電話しました・・
お祝いです

とんかつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの玄米は何だったんだろう・・ってくらい・・
美味し過ぎー
 

トンカツで・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯が止まりませんよー

昆布で・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「からし菜の味噌汁」
ミッキー野菜屋のからし菜は、香りがタダモンじゃないんです・・
味噌汁を口にした瞬間・・思わず、「あぁ〜」っと溜息が・・

からし菜の味噌汁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「小松菜のナムル」 

サッと湯がいた小松菜を水に放ち、ギューっと絞って・・
胡麻油&塩&ちりめん

おりーぶさんに教わったのよ
美味しいです・・いくらでも食べちゃうわ(笑)

小松菜ナムル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「からし菜の即席漬け」

サッと湯がいて、醤油で漬けました。
簡易漬物器が便利です。

からし菜の醤油漬け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐藤さんの奥様が言っていた言葉・・
「二日じゃだめ、三日でもいいんですけど、やっぱり四日なんですよ・・」

なるほど・・そうなんですね・・
心から納得しましたわ・・  

ピカピカの白米より・・玄米が美味しいと・・心底、思います。



at 19:05|PermalinkComments(8)主食 

2010年10月26日

二日(48時間)浸水の玄米ご飯

48時間(二日)浸水した玄米です。
冷蔵庫には入れず、お釜の中で浸水させてました・・
ちょっと、泡が出てますねぇ・・

24時間浸水の玄米

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一旦、ザルにあけてすすぎました。

ザルにあけて・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、炊き上がった玄米です。
凄い綺麗な蟹穴が出来てます 
こんな鮮明な蟹穴は初めてです・・

ワォ!蟹穴♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木櫃に移しました・・
う〜ん・・ちょっとパラパラしてるような気がします・・
でも、固さはちょうどいい感じですね

佐藤さんが言っていた言葉が、またまた、頭をよぎります・・
「二日じゃダメ、三日でも良いかもしれないけど、やっぱり四日なんですよー」

う〜ん・・やはり、四日・・(96時間)なのか・・


木櫃にあけて・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お昼ご飯の おかず

「大根葉のおかず」

材料は、サッと湯がいた大根葉・生姜・揚げ玉・かつおぶし

全部合わせて、醤油をかけてかき混ぜます。 

材料が揃った・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをね、ご飯に乗っけて食べるんですよ 
美味しいですよー

大根葉のおかず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「目玉焼き」

目玉焼き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「昆布の佃煮」

昆布の佃煮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧力鍋で炊くより、はるかに美味しい玄米ですけど・・
文句なし!とは言えないなぁ・・

12時間浸水して、小豆を入れて炊いた玄米ご飯よりも、落ちるなぁ・・
なぜだろう・・?

理由は見当つきます。
この玄米は、佐藤さんのお米じゃなくて、いつもの米屋の「あいがも米」なんですよね。
研究中に、山形の米を使うのがためらわれた
あいがも米は、まだ残ってるしね・・使ってしまわなければ・・

次は、いよいよ冷蔵庫で浸水させてる玄米を炊きますよ。
このお米は、佐藤さんのお米です
明日で四日目・・96時間の浸水ですわ
どう出るか・・
それじゃぁ・・又・・ 



at 15:45|PermalinkComments(4)主食 

2010年10月25日

柑橘の塩漬けに思う事

今日は、台所で閃きましたよ

冷凍してある「ダシガラ昆布」を佃煮にしようと・・昨夜戻しておきました。
昆布の佃煮は、梅干しを1個入れて、海醤油だけで炊きますが、
ふと・・柚子の塩漬けを入れたらどうかなって思ったんです。

当たりですよー
美味しく炊けました

ごちゃごちゃ見えるのは、
海醤油のホタテの貝柱がバラけたのと・・
干し椎茸の軸と、鷹の爪の破片・・
そして、柚子の塩漬けの破片ですよ(笑)

昆布の佃煮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅干しを柚子の塩漬けに替えただけなんですけどね・・

梅干しと同じ効果がありましたわ・・
昆布を柔らかくする事と、海醤油のダシを深く吸収する事です。
それにね・・1年も前の柚子の塩漬けなのに、香りが飛んでないんですねぇ・・
柚子のイイ香りに包まれた昆布が美味です

この昆布の佃煮は、明日になった方が更に美味しくなるんです。
お昼の、玄米ご飯と昆布の佃煮・・待ち遠しいなぁ


晩酌

「茄子の天麩羅」

ミッキー野菜屋の茄子が、メッチャ美味しいです

茄子の天麩羅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




「人参サラダ」

人参&玉ねぎ&ツナ缶&刻んだ檸檬の塩漬け・・
これを混ぜて・・

人参サラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ポン酢をかけただけなんですけどね・・

人参のサラダ





















檸檬の塩漬けを加えることで、味に深みが出ます
ツナと相性が抜群ですわ

檸檬の塩漬けも、残りわずかです・・

残り少ない檸檬の塩漬け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柑橘果実の塩漬けは凄いですね〜
生でトッピングしたり、果汁を絞ったりするよりも、
幅広く料理に活用できるんですから・・
料理に深みが出るのは、塩漬けにして初めて生みだされる・・なにか・・
酵素のようなものなんじゃないかしらね・・
ホントに不思議です・・

今回は、サラダに混ぜ込みましたけど、
ビーフシシューのような煮込み料理に使うと、味が激変するんですよ。
翌日は、それが顕著に出ます

今夜は、冷酒を呑んでます
それじゃぁ・・又・・



at 23:26|PermalinkComments(6)キッチンラボ ノーム 

2010年10月24日

15年前の炊飯器

自分なりに極めたと思っていた、圧力鍋での玄米炊飯に疑問が生じて、
いかに美味しい玄米ご飯を炊くか・・を、研究中なんですが・・
やはり、ネックは圧力鍋でしたよ・・

里の台所にありました・・古い炊飯器。

アタシは、レトロな電気釜は持っていますが、炊飯器は持ってないんです・・
白米を炊く時は、羽釜を使っていますから・・
羽釜は、最高のご飯が炊けるんです。
ですから、時間がかかって、電気代もかかる炊飯器なんて不必要と思ってたんです。

山形の米農家の奥様が言っていた
「安い炊飯器で玄米キーが付いてるのが一番美味しく炊ける」
・・・の一言が、ず〜っと頭から離れず・・ホームセンターを徘徊したりしてました(笑)

ふと、思いついたんです
15年前の炊飯器が、里の台所にあるかもしれない・・と・・

なぜ、はっきりと覚えているかというと・・
親の脛かじりだったアタシが、なんとか食べられるようになってきて、
小さいながらも家を買った時でしたから・・

母が、手作りの刺繍の仏画を、新築祝いにプレゼントしてくれたお返しに、
母に炊飯器を買って、プレゼントしたんです。

当時、母は、電気屋の言うなりに、目の飛び出るような高価な炊飯器を買ったんですけど、
ご飯が不味くて・・と、電話の度に、クドクドこぼしていたんですよ・・
だから、アタシが、安い炊飯器を贈りました(爆)
その事を思い出したんです

里の台所に・・埃をかぶって・・置いてありましたよー
問題は、「玄米キー」が付いてるかどうかでしたけど・・付いてましたー

森の家は、狭いですからねぇ・・パン焼き器の置き場も、やっとこさ確保したばかり・・
炊飯器の置き場は、ここしかありませんでした

炊飯器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段ですわ・・
素敵なカバーを製作しなくちゃね・・

そして、いよいよ・・玄米炊飯です

冷蔵庫には、4日間浸水したい玄米が入っているんですけど・・まだ2日目
でも、炊いてみたい衝動にかられ・・
12時間浸水した玄米を炊いてみる事にしました。
もちろん、冷蔵庫内の浸水玄米はそのままで・・
新たに、玄米を洗って、12時間浸水させました。
(この浸水時間は、いつも圧力鍋で炊く時と同じです)

そうこうしてるうちに、北海道から届いた荷物の中の「あずき」を入れてみようか・・と思い立ちました。

あずき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり節約しないと食べていけないアタシの台所ですが・・
やはり、自然栽培の食物は宝石のような輝きがありますよ

 玄米は、12時間浸水しました。
 あずきは、6時間の浸水です
   (洗ったあずきを、浸水してある玄米のお釜の中に直接入れました)

普通、あずきは、茹でこぼしをしますが、このあずきなら、アクは出ないと思います。

 いよいよ、玄米キーを押しました・・

時間は気にしてませんでしたけど・・かなり長い時間かかったような気がします・・
1時間以上かも・・

炊けたー

あずき玄米飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼ご飯

「あずき玄米ご飯のお握り」

塩を、いつもよりキツメにして握り・・黒ゴマをまぶしました。

お握り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで食してきた「お赤飯」が霞むくらい・・
めっちゃくちゃ美味ですわ
ホント
これは・・感動のご飯です

う〜〜ん・・
玄米は、やはり、炊飯器で炊くべきですね〜
圧力鍋とは比較にならないくらい・・美味しいですよ・・
もっちりしないんです。
重たくないんですよ・・
玄米は、白米より絶対に美味しいですね

4日間浸水の玄米を炊くまでには、まだ間があるから・・
次は24時間浸水の玄米を炊いてみようと思います。

台所は楽しいです〜 



at 14:46|PermalinkComments(24)主食 

2010年10月22日

豚汁の必需品

森の家に帰りました。

今夜は寒いですねぇ・・
おでんでも作ろうかと思いましたが、買い物に行くのが億劫でしたから・・
台所にある野菜で、豚汁を作る事にしたわ

鍋ものに、なくてはならないモノがあるんですよー
「柚子の塩漬け」です

去年、あんなに沢山漬けたのに・・どんどん使って・・
夏場は使わなかったからね・・このくらい残ってます♪

1年前の「柚子の塩漬け」です
使い勝手の良い、小ぶりの一歳柚子を半分に切って塩漬けにしてあります。
大事に使わないとネ・・新柚子をゲットするまで、まだ時間がありますからね・・

残り少なくなった柚子の塩漬け






















これが、最高にイイ仕事をするんですよ〜

ガスにかけた豚汁鍋ですけど、手前に見える丸ぁるい黄色のヤツが「柚子の塩漬け」です。
1個使ってます♪
種を取るのを忘れないようにしないといけませんよ。

鍋

 

 

 

















帰りにゲットしてきた日光のキノコを入れましたけど、
汁モンに入れるキノコは、面倒でも、酒炒りすると旨味が凝縮されるんですよ。
天日で小一時間干してもいいけど・・今日はお天気悪かったしね・・
大量のキノコが、こんなにカサが減ったわ・・

キノコの酒炒り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


野菜が柔らかく煮えたら、ダシパックに詰めた煮干しを取って・・
豚バラ肉を入れて・・
最近ハマってる豚バラ肉なのよ♪冷凍です。

豚バラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


肉が煮えたら味噌を入れて・・

ここでね、鰹節を削って・・ダシパックに詰めて鍋に入れて、しばらく放置しておきます。
追い鰹です(笑)
鰹節は、90度で良い出汁がでるからね・・

だから、このあたりで・・アタシはお風呂に入るんですよー

風呂上がりの麦酒を飲みながら・・今夜もイイ気分だわー

ネギを入れて・・

出来たぁ 

豚汁

 

 

 

 

 

 

 

 

 




豚汁の具を突っつきながら焼酎を呑んで・・
〆は豚汁スープですよ(笑)
変な晩酌してるでしょ
最近ね、お昼ご飯をガッツリ食べるでしょ・・晩酌の肴はこれ位がお酒が美味しいのよね・・
〆には、汁モンが欲しくなるんですよね・・季節のせいかなぁ・・

鍋いっぱい作ったから、明日以降は、豆腐を入れたりしながら2、3日は持ちますわ
ズボラなノーム流クッキングですー(爆)

まだまだ〆には到達しませんけど・・
皆さんも良い夜をね〜 



at 22:34|PermalinkComments(10)料理 

2010年10月21日

仕事部屋の工事

山の家は冷たい雨が降っています・・

今回、ここに来た目的は、仕事部屋の改装のために、大工さんと打ち合わせです。
それがサァ・・アタシってやっぱり何かに守られてるんかな・・
山の家に住むために、様々な業種の人とお会いしてきたけれど、
皆、素朴な、いい人達なんですよねぇ・・
ホンワカしてるんですよー
デキル!って感じじゃないのよ(笑)
総理大臣が出ない県民性っていうの?
でも好きだわー

光回線の工事の人、電気屋の達磨・・
そして、今度の大工さんも大当たりでした

アタシは、親戚や友人にお願いするのを、敢えて避けました。
何故かと言うとね、知り合いの紹介だと、業者も依頼者もお互い、
目に見えない何かに縛られるでしょ。
だから、地元の大工さんをインターネットで探しました。
電話では何度かお話したけれど、お会いするのは、今回が初めてでした。

約束の時間ちょうどにピンポンが鳴りました。
ドアを開けた瞬間・・びっくらこいたわ
(エッうそでしょ)
若い男性と年配の男性が二人立っていましたけど、
若い方の人がキムタクそっくりなんですよぉ
初対面の挨拶をかわして目が合った瞬間・・ものすご〜くピュアな目線でしたわ・・
(こういう目線に遭遇したのは久しぶりだわー)

現場に案内して、アタシの希望を話しているとね・・
年配の男性の姿が見えないんですよ・・まだ、玄関にいるようなので行ってみると・・
アタシの靴(スニーカー)を持って、逆さまにして振ってるんですよ
耳に挟んでいた鉛筆を、どうやらアタシの靴の中に落っことしたらしいのよ(爆)
そういえば・・この年配の男性・・寅さんに似ているナ

長時間の打ち合わせの後、お見送りのために外に出たアタシに・・
帽子を取って挨拶した寅さん、又、耳に挟んだ鉛筆を落っことしましたわ(爆)

キムタクは内装担当、寅さんは大工さん・・
これから、本格的に工事が始まります。
追々、工事記録を日記に書いていこうと思いますわ


お昼ご飯

「ダス」
これに凝っちゃってますわ(笑)

この納豆がね、美味しいんですよー

納豆




















納豆2




















お昼ご飯





















庭の菜っ葉で・・
「おひたし」

おひたし





















それじゃぁ・・又・・

at 12:59|PermalinkComments(8)もう一軒の森の家