2011年11月

2011年11月09日

突き進む台所

炊き込みご飯にハマってからというもの・・
毎夜思いつくまま、いろいろな食材を組み合わせて炊き込んだご飯を肴に晩酌の日々

友人方は呆れかえると思いますが、記録として残しておく事にしたわ。

先日は、おでん晩酌のはずだった・・
午前中に、保温鍋に仕込んだジャガイモが、いい具合に煮えてた♪
風呂上がりの麦酒を飲みながら、ありあわせの具材を入れてササッと煮込んだ。

「おでん」


おでん






















これで、おとなしく冷酒を飲んでいればいいものを・・
またしても・・炊き込みご飯が食べたくてたまらなくなった。
もう・・病気ですわ(爆)
とは言うものの・・包丁は使いたくなかった・・

そこで閃いたのはトマト缶
(そうだわ!トマトリゾットにしよ♪)

研いだ米に、水は入れず、トマト缶をそのまま投入した。


トマト炊飯器





















チキンスープの素と塩だけで炊いた。
これが・・絶品の出来上がりだったわ・・ホント

おでん と トマト炊き込みご飯って、合いますよ


炊けた♪

























そして・・翌日の晩酌

「おでんスープの炊き込みご飯」

椎茸&エノキを、フライパンで空炒りして、乗っけて炊いた。
鍋さんに教えてもらった「おでんスープの再利用」・・感謝です
とっても美味しい炊き込みご飯になったわ
おでん鍋も空になったし・・気持ちいいです。


炊き込みご飯






















ご飯が炊ける間に、シューマイを作りました。
豚ひき肉に塩胡椒と砂糖少々を入れ、粘りが出るまで手でコネて、
またまた・・ある材料だけで(椎茸の軸・玉葱)を微塵切りにして混ぜ・・
小麦粉と片栗粉を合わせた粉をまぶして、ミニフライパンで蒸し焼きにしました。
餃子を焼く要領ですよ。


シューマイ





















シューマイの皮がなくてもOKですよ♪
プルプルして美味しいわよ

偶然、上手くいったけれど・・
お肉と具の割合は1:1が良いように思う。
つなぎは片栗粉。
ふわっとしててジューシーです。

もうちょっとかなぁ・・と思っていたら、羽根が出来てしまったわ


羽シューマイ






















こんな、ヘンテコリンな晩酌ですが、アタシはとっても幸せなんです
夜中の台所晩酌に、大袈裟ですが・・生きる喜びを感じてますよ。


唯一の悩みは、炊き込みご飯が余るでしょ・・
その都度、冷凍にするんですけど・・
もう、冷凍庫はいっぱいで入らなくなってしまったわ
それなのに、次々と新しいレシピの炊き込みご飯が思い浮かんじゃって
どしたらいい?

仕事上がりが真夜中になってしまう日々が続いてますが・・
こんな晩酌をエンドレスで繰り返す毎日です。



at 15:06|PermalinkComments(10)キッチンラボ ノーム 

2011年11月07日

ハマってます・・炊き込みご飯

炊き込みご飯にハマったきっかけは、しごく単純な動機です。

美容室で、料理本をパラパラめくっていた・・
「炊き込みご飯には黄金比率がある」 という。

だいたい、料理本に書いてあるレシピ通りに作って上手く行った試しがないのだけど、
黄金比率・・が気になる・・

 塩味の場合  米2合に対して・・塩(小さじ1)・酒(大匙2)
 醤油味の場合  米2合に対して・・醤油(大匙1)・酒(大匙1)・塩(小さじ1/2)

台所に備蓄してある乾燥ホタテ貝柱が頭をかすめ・・
(そうだわ!ホタテを酒に浸しておかなくちゃ!絶対美味しいはず☆)
・・と・・心は台所へと飛んだ・・

念入りにブローしてくれてる美容師さんに、「もういいわ・・帰りたい」・・と言った。
美容師さんは、後ろの髪を背中で一直線に切り揃える工程が残ってるからと譲りませんでした・・

アタシ 「後ろなんて自分で見えないんだからいいのよ、帰りたい

美容師 「あのぉ・・なにか・・又・・地震デスカ?」

過去、めまいがしてるから地震かもと言った翌日に震度5クラスが来たのが二回続いたので、この人、アタシを怖がってるのよ・・
この美容室は繁華街の中にある築35年のビルの二階なんです。
3.11の時は、鉄筋がゴォ〜ンガク〜ンと鳴って、奥さんは腰を抜かしたそうですよ・・
その後行った時には、ビルの階段部分が崩れていたわ

話は逸れましたが・・せかして、帰路に着き・・
即、乾燥ホタテ貝柱を酒に浸した☆

アタシは玄米主食なので、炊き込みご飯はあまり作った事がないんです。
もちろん、一回くらいは作った事あるんですけど・・満足できる味じゃなかったのよね。
出汁を(麺つゆ)使ったのが良くなかったのかも・・
一口二口は美味しいと思うけど、食べ進むにつれて飽きるんですよ・・
この黄金比率は、出汁は使わず、酒と醤油と塩だけでしょ!
素材の旨味でご飯を炊くって所に惹かれたわ

今回、目から鱗だったのは・・炊き込みご飯て肴になるのね
風呂上がりの麦酒飲みながら炊き上がりを待つのもいいもんですよ
新境地だった。

いつものように・・あるもので作りました。
醤油味の炊き込みご飯にしたわ。

研いだ米に、分量の水(昆布水を使った)を少なめにして、
ホタテを戻した酒大匙1・醤油大匙1・塩小さじ1/2を入れかき混ぜ、
酒で戻した貝柱・ゴボウ・人参・キノコ・油揚げの順に乗っけて炊いた。

「ゴボウ・人参・油揚げ・ホタテの炊き込みご飯」

いい香り


土鍋





















炊き込みご飯って、こんなに美味しいモンだったのね

予想通りというか・・それ以上に美味しく出来た
素材の、それぞれの味と香りがあいまって、食べれば食べるほど感動する・・
じわじわとウマイ。

これ食べながら冷酒・・なかなかオツなもんです♪(かなりオヤジだけど)

ナメコの味噌汁は、お昼の残り(爆)
冷酒の〆に、冷たい味噌汁って案外イケル♪


炊き込みご飯3
























そして・・今夜も・・炊き込みご飯です(爆)


「ワタリ蟹の炊き込みご飯」

醤油味の黄金比率にしたわ♪

蟹のニオイがご飯用土鍋に移るのがイヤだったので、ちっちゃな炊飯器を出動させた。
ワタリ蟹はキッチン鋏で切れ目を入れ、出汁が出やすくしして、乗っけました。



炊飯器






















炊き上がるまでの肴

「煮イカ」

スーパーで美味しそうなヤリイカがあったので・・ついでに買った☆
洗ってブツ切りにして水気を切ったイカを、そのまま雪平鍋に放り込み・・
酒少々&塩をガリガリして強火にかけると、イカから水分が出ます。
水気が飛んだ所を間髪入れずに、香り出しの醤油を入れ、煮飛ばします。
3分クッキングよ♪

冷酒に最高だわよ


イカ煮























そして・・炊き上がった「蟹飯」


008






















011























黄金比率、ぜひ、お試しくださいナ

at 00:06|PermalinkComments(16)キッチンラボ ノーム 

2011年11月04日

食えないヤツ

秋も深まって、台所が活気づくはずなんですけど・・
あってはならない事態(忙しい)が続き、落ち着いて台所に籠れる日がなかった

そうはいうものの、風呂上がりの麦酒は欠かさず、
毎夜の晩酌だけを楽しみに頑張っておりました☆
当然、スーパーに行く時間はなく、肴に困窮するという・・
アタシにとっては不測の事態でしたわ。
鯖缶やコンビーフは、ストックがたくさんあるんだけど、開けちゃうと全部食べなくちゃいけないでしょ・・
そんな事を考えると躊躇するのよね・・
晩酌の肴は、気に入った器にちょこっと・・これがよいのよねぇ・・

昨夜も麦酒飲みながら冷蔵庫の前で考え込んだわ・・
野菜室の奥に、スルメの足があるのが目に止まった。
胴体は、松前漬けで食べちゃったけど、足とエンペラだけが残っちゃうのよ・・
酒と醤油と味醂に浸け込んで焼いて食べる方法しかないように思うけれど、固いのよね・・

スルメを炙って、しゃぶりながらお酒を飲むのが好きな人もいるけど、アタシは苦手なのよ。
ひたすら噛んで・・最後はゴム状態になり・・味もすっぽ抜けて・・限界を感じて飲み込む。
これがたまらなく嫌なのよ。

ふと・・炭酸で煮たら柔らかくなるのではないかと思った
たまにソーダ水が飲みたくなる癖のあるアタシは、ゲロルシュタイナー(ドイツの天然炭酸水)を買い置きしてあるんです。
そのゲロルシュタイナーにスルメの足を浸け込んで一晩置きました。

結局、その夜はウインナと万願寺唐辛子を炒めたのを肴に、ホットウイスキーの晩酌だった。
そうそう、ミッキー野菜屋の生姜は圧巻でした

生姜























youko作 「栗の渋皮煮」もホットウイスキーとの相性は抜群


渋川煮



























そして今日、
スルメを漬け汁ごと鍋に入れてコトコト煮込みました。
やはり、想像以上に柔らかく煮えましたよ☆
ソフトアタリメのような食感です

ここで、大根を入れ・・大根が煮えたら味醂&醤油で味を調え、更に煮込んだ。
後から考えると、これが敗因だった

大根を入れる






















スルメの出汁を吸った大根は、ため息が出るほど美味しかった・・写真を取り忘れたけど(爆)
でも・・アタシは大根を食べたかったわけじゃない・・柔らかくて美味しいスルメが目的だった。

ところが・・スルメは、味が・・すっ飛んでるのよ〜〜
イカの味が・・しない
びっくりしたわ〜

大根も味が抜けるんじゃないかと気が気じゃなくて・・
美味しいうちに取り出して別容器で保存しました。

大根を取り出す






















しばし、ボーゼンとなったわ・・
麺つゆを足して、更に煮込む事も考えたんだけど・・くじけた。
イチかバチか、塩麹に漬け込んでみる事にしたわ。

スルメを取り出して・・

イカを取り出す





















塩麹に漬け込んだ(あんまり期待はしてませんけどね)

塩麹に漬け込む
























大根を肴に、お燗酒をイッテましたけれど、お腹空いて来た。



「イカ飯」

なかば投げやりな気分だった・・
ゆえに、具は何もいれず、水の代わりにスルメの出汁だけで固めに炊いた。
蒸らしが終わったところで、香り出しの醤油をちょこっと回した。


イカ飯2






















ええ〜〜〜表現不可能です・・メッチャ美味しい
どういうこっちゃ・・・・・・


今回は、いい勉強をしたわ。
スルメは、煮物には向きませんね・・
しかし、松前漬けに入れたスルメは、どうしてあんなに柔らかくなるんだろうか・・
時間かな?
面倒でもハサミで細く切って松前漬けに使い切ることにしました。
大根や人参の薄切りと昆布の細切りを併せた一夜漬けもいいかもしれないわ。

イカ飯が上手くいったから日記を書く気になったけど、そうじゃなかったら落ち込んでたわ(笑)

しかしね、最近のアタシの料理は色気がないというかババクサイというか・・地味〜よね。
歳とったんかな・・
女も料理も、華がないといけん
しっかりしろ 自分
・・と・・新調してやった布団に丸まって爆睡中のダイヤ(隣の猫)に叫んだ夜でした

懲りずに覗いてくれてるブログ友には心からありがとう



at 23:40|PermalinkComments(14)台所 

2011年11月01日

檸檬の収穫

いいお天気です

今日あたりが収穫かな

檸檬の木






















こんな小さな木に・・なんと!大豊作でした

40個の檸檬を収穫しました☆

檸檬40個






















youkoも待ち焦がれている事でしょう♪
今夜、届けます☆

そして・・半分を、しっぽに送った。
去年、ウチに来た時に振る舞ったキムチ鍋が激ウマだと感動した しっぽチャン。
タネを明かせば・・檸檬の塩漬けにあり☆
檸檬の塩漬けは、できれば1年くらい冷蔵庫で寝かせると、苦みが消えて、最高のスパイスになるんですよね。

早速、檸檬の塩漬けを仕込みました。

1/6個の櫛形にカットして、檸檬1個に対して大匙2の塩です。
檸檬⇒塩の段々重ねに・・ギューギュー詰めていきます。
一般的には、檸檬汁を最後に注ぎ入れるらしいけど・・そんなもったいない・・
一晩で汁が一番上まで来るのよ

007






















この状態で、来年まで眠ってもらいます。

006






















和三盆糖漬けも作ったわ♪
去年は蜂蜜漬けだった・・あたりまえに美味しかったけど、檸檬の風味が特出しないような気がした。
今年はシンプルに☆

タッパーの裏側からの撮影なので、見づらくてゴメンね・・

008
























お昼ご飯

佐藤さんのササニシキが美味しくて・・

玄米ご飯























「茄子味噌」

最近、会得した簡単料理・・
茄子を薄めにカットしてフライパンに入れ、水を入れて茹でちゃいます。
茄子が柔らかくなったら、フライパンに残ってるお湯を捨て、
麺つゆ+味噌+味醂+胡麻油ちょこっとでガガーっと煮詰める。
3分クッキング♪

茄子は、油をたくさん吸うでしょ?
この方法だと、あっさりしてて美味しいですよ☆

茄子の味噌炒め






















「やまいも」

ミッキー野菜屋の山芋

とろろ






















とろろ は、醤油だけが好き☆


「とろろ飯」


ご飯






















後は、糠漬けと・・
昨夜の〆の蕎麦の残りで・・

「おつゆ」

温蕎麦2






















こんなお昼ご飯を食べると心があったかくなるのよね

それじゃぁ・・又・・


at 13:12|PermalinkComments(14)台所