2016年03月31日

華やぐ季節

桜が咲き始めた。
二分咲きくらい・・・

ここ二週間以上仕事に追われて、なかなか気が休まらない日々だったが、
遠出した昨日の仕事帰り道、
(さぁ、今日は気分を変えて何処かで遊ぼう)と、東京の道を車で駆る。
車を停めた先は、骨董屋・・・何ぁんにも変わってないなアタシは(笑)


別に、何かを買いたくて店に入ったわけじゃないけれど、
時代を経て、更に更に輝くものに逢いたかっただけ。

しかし、一目で惚れてしまった大皿から、目が離せなかった。

頭の中でぐるぐると考える・・これを収納するスペースを。
仕舞うのではなく、いつでもサッと取り出せて、
日々使えるような場所が、台所の何処にあるだろう・・
それに、お財布にゆとりがあるわけじゃない。

しかし、清水の舞台から飛び降り・・連れ帰った。
美しいものに出逢ってしまうと、アタシはどうしてこう堪え性がないんだろうか

こういう時に考える常套手段は、

「服や靴や化粧品をばんばん買うわけじゃないし、
 宝石は母のお下がりしか持ってないし、
 レストランや中華飯店で豪遊することもない、
 仕事以外で旅行に出かけるわけでもない、
 そんな慎ましやかな暮らしの幸せをありがたいと思っている」

・・だから・・
「日々、楽しく料理して、美しい器に盛り付ける幸せを戴いても、
 罰は当たらないだろう」



江戸中期の古九谷で、直径38センチの大皿。
表面は、釉薬の凹凸があり、花や鳥が浮き出て見える。


古九谷1


程よい深さが使いやすそう・・

古九谷3




角福の銘に(家のどこかで見たような・・)と思ったが、
その時は思い出せなかった。

古九谷2




やっぱりあった・・
20年くらい前に、益子の骨董屋で買った小さな杯。

杯

杯裏








オヤジ晩酌

古九谷に気もそぞろで、料理する気も起きなかった。
冷凍庫を覗くと、お正月に食べ損なった蟹足があったので、
炭火で炙ることにする。
こんな時は陶板を使うと、蟹から出る汁で灰を汚さずにすむ。

冷酒をちびりちびり飲みながら、火鉢の番をしていると、
疲れがすぅ〜っと消えていく。


カニを炙る


古九谷の大皿に盛ろう

at 19:13│Comments(16)日本の手仕事 

この記事へのコメント

1. Posted by 克子   2016年04月01日 08:42
かっこいいですねー。
2. Posted by えごのき   2016年04月01日 16:37
お忙しかったんですね〜。
お疲れさまでした。
それにしても、見事な大皿(鉢かな)、最初に盛られるのはどんなお料理でしょう。
楽しみです(*^-^*)
3. Posted by ノーム   2016年04月01日 21:01
克子さん
アタシの「美の原点」は、真室川の克子さんの暮らしにあるんです。
ご先祖様の供養や、神社の護り、日々の暮らし、米作り、農作業、山を歩いて宝探し・・などなど・・
理由やこじつけがない、自然で美しい暮らし。
素敵です。
4. Posted by ノーム   2016年04月01日 21:06
えごのきさま
だんだん歳を重ねると、遠出は疲れますね(笑)
出不精なアタシは、家に居られることが最高の幸せなんですが・・

深い皿といったところでしょうか・・
最初に盛り付けたのは、蟹足ですよ(笑)
煮物どっさりとか、宴会の時のお刺身とか、焼きそばなんかもいいです♪
5. Posted by えごのき   2016年04月02日 06:49
あらあ、あの蟹足でしたか、大胆な(笑)。
私は、具のたくさん入った「チラシ寿司」なんかがいいと思っていました(*^-^*)
中央に大葉をちらして。

ノームさんの暮らしも素敵です!
6. Posted by ノーム   2016年04月03日 06:50
えごのきさま
ちらし寿司いいですね!
春にぴったり♪
中央に大葉を散らす・・なるほど。
お腹空いてきちゃった(笑)
7. Posted by golfun   2016年04月04日 20:55
忙しい日々を過ごしていたのですね。
素晴らしい信念を持って古九谷の大皿を買われたのですね。
とても癒されて充実した日々を過ごす事が出来るでしょう。
炙った蟹足は冷酒に合いますね。
蛇足ですが陶器についてgolfunのブログ(2016.2.10)で益子焼や笠間焼などの事を書きました。
8. Posted by さち   2016年04月06日 13:01
またまたステキな大皿を見つけましたね。
見てるだけで満足ですよ(^^♪

なんでも盛り付けて合わないものはないかと思われます。

因みに私は今の季節の天婦羅...独活や
セリや菜花などサツマイモもね(´∀`*)
いいかと思います。

9. Posted by ノーム   2016年04月07日 06:35
golfunさん
お返事が遅くなり、大変失礼致しました。

golfunさんのブログ、とくと拝見しました。
大分の小鹿田は初めて見ましたが、素敵ですね!
どんな土なんだろう・・と、穴の開くほど見入ってしまいました。
作風も雄大で、風土から来るものなのでしょうか・・
いいものを見せて頂き、どうもありがとうございました。
10. Posted by ノーム   2016年04月07日 06:39
さっちゃん
はい!じゃんじゃん何でも盛り付けてみます♪
急に、ウドの天麩羅が食べたくなっちゃった(笑)

さっちゃんは、皿鉢料理をご存知ですか?
三面相さん地方の郷土料理です。
大皿になんでんかんでん盛り付ける豪快なお料理。
さっちゃんの言うように、そうやって使ってみます。
11. Posted by さち   2016年04月07日 19:29
大皿は思ったより大きく、書いてある絵もきれいでした。天婦羅が盛ってあり、みてびっくり!
即実行してくれたんだなあって嬉しかったですよ(*'▽')お味ももちろんの事、気持ちがね。☆

お昼お腹一杯ご馳走様でした。
こんにゃくの煮物作ってみます♫

季節の野菜ってなんでこんなにも美味しいんでしょうね〜。またの機会楽しみです。
12. Posted by umako   2016年12月16日 13:40
5 偶然こちらのブログを見つけ拝見させて頂いたら、日々の豊かな生活ぶりに感動致しました。
文章も大変面白く、過去のブログまで遡って読んでしまいました。
最近ブログを書かれてないようですが、素敵なブログでしたので、コメントをさせて頂きました。
また、鉄の錆びたフォークも使い勝手が本当に良さそうで私も欲しくなってしまいました!
もし、買ったお店を教えて頂けたら幸いです。
ブログ再開されるのを、陰ながら楽しみにしております。
13. Posted by ノーム   2016年12月31日 15:27
さっちゃん
ずいぶんとご無沙汰して・・・
ごめんなさい。

本日大晦日、ブログを再開します!
14. Posted by ノーム   2016年12月31日 15:34
umakoさん
ようこそ!
わたしの変なブログにコメント下さりとても嬉しいです。
実は、本日大晦日からブログを再開しようと久しぶりにブログを開いたら、
コメントを発見してびっくり!
どうもありがとうございます。
又、お遊びに来てください♪

フォークのお店のアドレスを貼っておきます。
http://n-18.seesaa.net/
15. Posted by umako   2017年01月09日 11:38
5 お返事頂き、本当にありがとうございます!
早速お店にお聞きしたところ、残念ながら在庫はありませんでしたが、入荷するのを気長に待たせて頂くことになりました。

ブログ再開されて、すごく嬉しいです!
楽しみにこれからも拝見させて頂きます。
16. Posted by ノーム   2017年01月09日 19:50
umakoさん
こちらこそ!お友達になって頂き嬉しいです♪

あの店は何の変哲もないようで実は奥深い店なんです。
umakoさんがもし行かれたら、魅せられるかもしれません(笑)
マダムがとても素敵な方なんですよ。
地味〜な中に(服装とかお化粧とか)キラリと光るものがあるんです。
錆びた鉄のフォークが、いつかumakoさんのお台所で活躍しますように☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔