2012年01月

2012年01月29日

日曜の夜は

台所の長椅子で本を読みながら寝落ちてしまった・・
インターフォンが何度か鳴ったような気がしたが、

ハーフケットを頭からかぶり、又、夢の中へ・・
ねむいねむい一日だった。

郵便ポストに、オレンジピールが入ってた・・
youko、ごめん・・・・


オレンジピール

























晩酌


すごくいい事を思いついた☆
いつもの肉屋で焼いてもらった焼き鳥を、炭火で温め直す技。
手あぶりには、いつも炭が熾きてるから、それを卓上コンロに移せばいいのよ♪
レンジでチンより、はるかにウマい

いっぺんに網に乗っけたら失敗だったわ。
アタシのオヤジ晩酌はダラダラですからね・・
焼き鳥が焦げる


焼き鳥♪






















こうしてね、食べるだけ、その都度温めるとよいナ♪


焼き鳥


























「青菜の五香油炒め」


青菜を空炒りしてから五香油を回すだけの簡単料理。


菜っ葉の五香油炒め






















今夜は上海の居酒屋気分
もちろん、老酒飲んでます☆



at 19:37|PermalinkComments(19)台所 

2012年01月26日

ついてない一日だった

アタシは、3.11以来、朝の太陽にご挨拶する事を日課としている。
寝室の窓は東に面しているので都合がいいのよ。

ベットに跪いて、太陽に向かって、
あまてらすおおみかみ と、3度唱えて、感謝するんですけど・・・
この日、(あれれ、なんだっけ?名前・・) と、思い出せない
え〜と・・・え〜と・・・と考えて・・
すさのうのみこと と、3度言ってしまった

なんか変だなぁって思ったんだけど、ま、いっか♪・・と。

思えば、今日の事件はここから始まったかもね

台所に下りて、朝茶をゆっくりと飲みながら、まだ残ってる雪を愛でていましたわ。


朝の雪






















ふと、さっきの間違いに気付いた(爆)

そうだった・・あまてらすおおみかみ だったわ・・
拝み直そうと思ったけど、雪の積もったデッキに出るのが億劫で、
ま、いっか・・と、今度はエスプレッソを淹れた。

朝の雪景色























午後、郵便局に行ったんです。
前向き駐車の空いてるスペースは、右側の1台分だけだった。
軽が右側ラインギリギリに停まってるし、おまけにバックランプがついてるので、
当然、その車は出るもんだと思い、待ってたのよね。

待てど暮らせど・・・出ないんですよ。
痺れを切らしたアタシは、しかたなく右側いっぱいに車を止めたわ。
横を見ると、おばさんが携帯で話してるのよ。
(バックギアに入れてるのわかってるんかなぁ・・この人)
・・・と思った矢先、
隣のおばさん軽がゆるゆるとバックし始めた・・・
おばさんは、それでも携帯で電話してるじゃないですか

アタシ、クラクション鳴らして・・車から出て、おばさんの車を叩いたのよ。

なんと・・おばさん、びっくりしてハンドルから手を離して何か叫んでるのよ。
それでも車はゆっくりとバックしてますよ

「ブレーキ!ブレーキ!」と叫んだけど、
窓が閉まってて聞こえないらしく、運転席であたふたしてる。

小学生のグループが近づいて来るのが見えた
アタシは、後ろに回り、軽を押さえたの。
あぁ・・スーパーマンじゃあるまいしね・・・車を止めるほどの豪力あるわけないじゃん。

ずるずると車はアタシを押しながら動いて・・・
道路に出る直前、何人かの男性が駆けつけてくれたの。
・・・・で、車は無事に止まったんだけど・・・
そのおばさん、泣きながら (怖かったんでしょうね)
アタシに何て言ったと思う?

「あんたがぴったりつけるから、ドアが開かなくて脱出できなかったんだよ!!!」

唖然としたわ・・・
こういう人につける薬はないよね・・・・

あ、もちろん、このまま黙ってはいなかったわよアタシも。

「あなた、おっそろしく醜いお顔ですね、アイライン崩れてるわ、ルームミラーで確かめたら」
・・・・と、言ってやりました。
(お化粧の濃いおばさんて気持ち悪いよね・・黒い涙流してたわ)


この雪の中の軽自動車との相撲で・・アタシは、イヤリングを片方、失くしました







晩酌

闘争本能にめざめた日は肉が食べたくなった。


「生姜焼き」


今夜はちょっと丁寧に作ったわよ☆

まずね、お肉に粉をパラパラ振るの。


粉を・・・






















フライパンを熱して、油無しで焼く (ここ肝心)


油無しで焼く♪






















いったん、肉を取り出して・・・玉葱を投入。
(紫玉ねぎしかなかった)

即、塩です。
カリッとした歯ごたえを残すくらいにサッと炒めるの。


カリッと♪























肉を戻して・・火を止めてから醤油と、すりおろした生姜を投入。

肉を戻して・・






















出来たー

じゅわぁ〜〜って音が快感ね☆


火を止めて生姜&醤油





















お燗酒飲んでます。



at 00:09|PermalinkComments(20)徒然 

2012年01月22日

数学者は哲学者

うっかり、待ち合わせ場所を指定しなかったアタシに来た彼からの一本のメールは・・

「いったいどこにいけばいいんだい?
 埼玉っていっても案外ひろいからなあ」

・・・・だった(爆)

そして昨日彼は、待ち合わせした駅前に、下山した山男ような姿で佇んでいた。
写真を取り損ねたので・・想像して頂きたい。
立松和平を数学者にしたような男です。

台所に到着するなりワインで乾杯。
積もる話は途切れることなく続き、アタシは用意した料理の写真も撮り損ねた。
理由はね、いつも聞き役のアタシが逆転する宴会だったからなの。
漂着した無人島で人間を見た時のごとく、
とにかく、アタシはじゃべりまくった・・
仕事の事、将来の夢、理想の男性像、嫌いな男のタイプなどなど・・

そんな中で、おとなしく聞き役だった彼が唯一ボソとつぶやいたのは・・

「ITってさ、なんかある意味でうそくさい世界なんだよ。
 世界恐慌が来たらいまちやほやされているITはほとんど意味なくなるでしょ」
・・・・・だった・・・・


彼の著書を貰った☆
今、台所でワイン飲みながら読んでる。


001





















もちろん意味は全然わからないのよ。
しかし、冒頭の一行の文に惹きつけられた。

「IT業界の激流のような技術革新の流れも、
 鳥の目で見ると、全体の風景はそれほど変わってない。
 データベースは思想であり哲学である」

はぁ〜〜見かけと中身がまるで違うよ・・まったく
男は顔で選ぶべきじゃないって名言を吐いた女友達(辛酸をなめた経験アリ)が浮かぶ。






晩酌

「メドック&ポテトチップス」


同郷の友人との二人宴会の余韻に浸ってます。



晩酌























そして、
彼から無事到着のメールは・・

「ダイヤの雄たけびを聞きながら気持ちよく眠れたよ」

・・・だった(爆)

寛ぐダイヤ

at 22:36|PermalinkComments(30)友人 

2012年01月20日

すぅらぁらぁめん

晩酌の〆に作ったラーメンが凄く美味しかったので記録しときます☆

おこもり食で作った酸っぱいスープだけど、
具を食べてしまってスープだけがちょこっと残ってたのよ。
そりゃぁ、4日間も食べ続けてるんだから具はないわよね(爆)

で、思案の末・・
ちょこっとスープに、豆腐と茹でた麺を入れ、片栗粉でとじて餡かけラーメンにしたんだけど・・
まぁ美味しいことったら

このラーメン、どこかで食べた記憶があるんだけど・・どこだったろか・・・中国??

酸っぱくて、こってりしてる☆

すぅらぁらぁめん

葱を散らせば文句なかったナ


001



at 00:12|PermalinkComments(4)台所 

2012年01月18日

ちょっといい話

アタシはコンビニの利用頻度が多いのだけれど、すぐ近くのコンビニは好きじゃない。
理由は、店員さんの応対が気持ち悪いから。
だって・・ふにゃふにゃした言葉で聞き取れないんだもん。
レジに香典袋置いたのに・・・「フランクいかがですか〜」・・・って・・
はぁ?って思っちゃうわ。
フランクって聞き取れなかったから、「え?」 と、何度も聞き直しちゃったわ。

家からちょっと遠いのだけれど、とっても素敵なコンビニがあるのよ♪
そこは、年配の女性5人で切り盛りしてるのだけど、なにしろキビキビしてる。
レジに待ってる人がいると、棚を整理してても駆け足で、もう一台のレジに入る。
皆、同じ事考えてるんだわね・・・そこのコンビニはいつもお客がいっぱいだ。
そこに行くまでに、2軒のコンビニを通り越すけど行ってしまう。
年配の女性の、働く事が楽しくってしょうがないっていう笑顔と、
機敏なフットワークにいつも感心させられるし、とっても魅力的だわ。

その女性の中に、アタシに良くしてくれる人がいるのよ。
二こと三こと言葉を交わすうちに、お一人暮らしだってことがわかった。
自転車で通勤だって言ってらしたわ。

タバコを買おうとして棚を見上げると (未だに品名が覚えられない) 
シュッと出してくれるの。
それに、1個しか買わないのにいつもライターをおまけしてくれるのね・・・
いいのかなぁ

ある時、クジを引いたんだけど、ハズレだった。
そうしたら、その女性がクジの箱をササッとかき混ぜて・・「当たりましたよ〜」・・・って。
あ、周りに人はいなかったのよ(爆)
アタシは、いいんですか?と遠慮しながらも、当たりの商品 「コーヒー牛乳」頂いちゃった
その人がいる時のクジは、毎回何か当たるのよ・・ホント。
いいのかなぁ

こういうことが・・続いて・・ある時、仕事帰りにコンビニに寄ったら、あの女性がいたのよ。
で・・仕事先で頂いたちっちゃなお菓子の箱を、その女性にそっと渡したの。
顔をパァ〜っと輝かせて・・喜んで下さったわ(たぶん)


今日ね、仕事帰りにコンビニに寄ったのね。
家に帰って晩酌の支度するのが億劫になりそうな気配だったんで、
ポテトチップスとトマトチリヌードルとコアラのマーチとダイヤのカニカマ買いました。
遅い時間だったんで、あの女性はいないな・・って思ったんだけど・・
いた

レジを済ませてドアを開けようとしたら・・
あの、ちょっと待って下さいって声をかけられたの。

事務所から小走りに出て来た女性から、小さな紙袋を手渡された。
カナダにお住まいの妹さんの所に行って来たそうで、アタシにお土産を買って来てくれた

「年でしょ・・もういつ行けるかわからないので、思い切って遊びに行って来たんです」
・・・と、頬を紅潮させて微笑んだ笑顔が・・・しみじみ素敵だと思った。

そういえば、しばらくお顔が見えないなって思ってた・・カナダに行ってらしたのね・・
そして、アタシが来るのを待っていて下さったんだわね・・
じ〜んときてしまった。

帰宅して袋を開けると・・・・
メープルシロップのキャンディだった
もったいなくて食べられないな・・・


キャンディ


























晩酌

心を入れ替えて作りましたわ☆

「ジャコと大根葉の玄米炒飯」

大根葉を空炒り後、一旦取り出すのがミソね♪
今夜は五香油使いました。
最後の香り付けの醤油が食欲をそそります。


炒飯





















お燗した紹興酒飲んでます〜☆



at 22:33|PermalinkComments(8)徒然 

2012年01月16日

酸っぱいすうぷ

今日はお日様も出てなくてシンシンと寒い。
家の中に居る分には、好きだわ・・こんな日。

昨夜は又してもサイテー晩酌 (ポテトチップス&ウォッカ) だった(爆)
今日はなんだかとっても酸っぱいものが食べたくてたまらず・・
ストーブで 「すぅらぁたん」 作りました。
アタシの食生活って週単位で見ると、けっこうバランスとれてるナ☆

庭の野菜小屋にあった、そろそろ危なげな野菜を全部使い切ったわ☆
里芋、人参、大根、白菜を鍋に入れ、水を張ってストーブにかけておくだけ。
沸いたら・・豚肉、春雨、キクラゲを入れコトコト。
塩&醤油ちょびっと&胡麻油を回して・・
かめ酢をた〜っぷり・・どぼどぼ入れた♪

あ、左側の鍋は味噌汁用 (昆布水&煮干し)


ストーブで・・
























お昼ご飯

「中華丼」

すぅらぁたんを小鍋に取り分けて、片栗粉でとじた。


中華丼♪























「豆腐、なめこ、セリの味噌汁」


味噌汁






















「糠漬け」



糠漬け






















このすうぷ、いかようにも変化させる事ができるから・・
アタシのように、いい加減な台所事情の人でお酒好きさんにはお勧めよ☆

晩酌で汁もんが欲しい時は、葱を刻んで散らす。
すうぷに小麦粉&片栗粉入れてフライパンで焼く広東お好み焼きは肴になるし。
〆なら、ご飯や饂飩入れて、卵とじにすればGoodよ。
焼きそば (蒸したり、フライパンでカリッとさせたり) に絡めても美味しいわよ〜☆
ラー油や五香油をかけると更によいよ♪

あ☆ 昨日で陳皮が干し上がったわ

陳皮作り




















at 13:18|PermalinkComments(10)台所 

2012年01月15日

ちくちく

もしかして・・初めてのお披露目かもしれないんだけど・・
実はアタシ、編み物の趣味があるの。

昔ね、スキーで左腕を複雑骨折して、3ヶ月間入院した事がある。
ベッドヘッドを斜めに起こした状態で腕を吊ったままの入院生活だった。
辛かったわよ〜
精神的に追い込まれて、手編みに開眼した(笑)
何しろ、アタシ、針仕事や手芸一般はゼロに等しい。
それがなんで手編みだったのか・・今考えても理由がわからないのよね。

初心者用の手編みの本と毛糸を買ってきてもらって、病室で編み始めた。
・・・といっても、右も左もわからない。
編み方写真付きの本を見ながらの悪戦苦闘だったわ。
それに、片腕を固定した状態ですからね・・動くのは右手のみ。

それでも、退院する頃には、それらしきセーターが編み上がってたわ☆
おそろしく不格好なセーターだったけど、達成感でいっぱいだった。

それ以来、手編みにハマって、いろいろ作ったわ。
でも、ここ4・5年はお蔵入り状態でした。

ふと、寒空に生きる友人にマフラーを編んでプレゼントしたいナ♪って思ったのよ。
毛糸が入ってる箱を開けてみたら・・紫色の毛糸があった。

毎日少しずつチクチクとろとろ編んでますけど・・進まないなぁ


マフラーを編む

























晩酌

パンストッカーに・・食べかけのパンを発見。
手あぶりでトースト。

炭火でトースト






















ね!見て!こんなに美味しそうに焼けるのよ♪


トースト






















ジプシーすうぷ



すうぷ






















赤ワイン飲んでます

at 00:11|PermalinkComments(8)徒然 

2012年01月13日

真室川の大和撫子

届いたお米の箱から、何重ものビニール袋でだいじそうに包まれていたものは、
山形の佐藤さんの自家製漬物だった。

佐藤さんは漬けもの名人です。
畑の野菜や山で採った香葉を組み合わせて、様々な種類の漬けものを漬けています。
漬けもの大好きなアタシにも、ちょくちょく送って下さるんです。

今日は、白菜漬けの封を切りました。
え!これは何のお漬物かしら・・・普通の白菜漬けじゃないわよね
香りがとってもいいんですよ
いろいろな食材が白菜にミルフィーユ状態で巻いてありました。

切って、タッパーに詰めました☆


克子さん白菜キムチ






















ちょっと食べてみたら・・・・キムチ漬け
山菜のような香りがふわぁ〜っときて、優しくて深い味です。
和風のキムチですね

そういえば去年・・・
佐藤さんがゴーグルかけての完全武装で、唐辛子をすってる写真がブログにあったナ
たしか、自家製キムチを漬けてる記事だったわ。

・・・と・・・軽い気持ちでブログを覗きに行ったのよ。

そうしたら、この景色・・・
向こうに見えるのは蔵です。

お写真を拝借しました。


蔵までの道野菜ソリ














わかん

ご主人お手製の、「わかん」 はいて、
(途中、雪の中に片方を落としてしまったそう)
ソリを引いて、
貯蔵してある野菜を取りに行くんですって。
母屋からは目と鼻の先なのに、
小1時間かかると日記にあった。


氷ついた重石
漬けもの樽は蔵にありました。
寒さで足の指がもげそう・・ですって
氷が張りついて動かなくなってしまった重石。
腰が折れそうになってどかした重石の下は、
白菜漬けだった。
これを・・アタシに送って下さったのね








キムチ漬けの記事があった。



「煮干しだしに、イカの塩辛・ほたて・えび・ニンニク・生姜・リンゴ・大根・ねぎ・せり・
唐辛子3種・赤ピーマンと、たっぷり入れました。
でも、辛くないんです。二年越しで完成させた唐辛子の調合が良かったんですね。
このアンニョムを、これまた今年一段と甘い白菜の葉の間に詰め、丸め、
”本格キムチ”にしました。
緑の外葉で包みます。」

克子さん白菜キムチ克子さんのアンニョム
















そして、アタシが感動で涙が出そうになった箇所を抜粋させていただいた。




「男たちは、飲んで遊んで休んでゆっくりして・・・・、
女だけが休みなく働きづめの盆・正月。

”主婦、盆・正月労働拒否権”が得られないものかと、ひそかに願っております。

田舎の正月って、これまたいろいろしきたりだらけで、めんどくさいんですよ。
でも、これをする事により、
けじめも心がまえも新たな気持ちも起こるのでしょう。
年寄りたちに教えられながら、季節の催事をする事は、
家にとり部落にとり地域にとりしいては社会にとり、日本にとり、
重要で必要で失くしてはならない事なんでしょうね。

そう身に染みて思っているから、ガタのきた体に鞭をふるい、
せっせと”おせち”を作るのです。

あー、しかし女って何でこんなにも、男や子供の腹を満たすために動けるもんなのかな。

我ながら、感心しちゃう!」




ねぇ・・・男性諸君、目がしらが熱くなったんじゃありませんか?
そして、女性の立場からも、じ〜〜〜んと来ますよね。





晩酌

佐藤さんの白菜漬けの芯の部分をスライスした。
愛情たっぷりの漬けもの、一片たりとも粗末にしたら罰が当たるわ。

甘くて・・すごく美味しい
佐藤さんの言葉をかみしめながら泡盛飲んでます。
日本に生まれて・・女として生まれてよかった。


白菜漬けの芯



at 00:21|PermalinkComments(11)徒然 

2012年01月12日

ケーキとチョコとグラッパの夜

昨日は外仕事だったんだけど、すっごく珍しいものを見たのよ!
お寺の境内で、おさるが芸をしてた

場所はね、増上寺の境内。
この近くで仕事だったので、いい空気を吸いたくて立ち寄ったの。

増上寺☆



















これ見て下さいナ!
携帯のカメラなんでちっちゃくて見づらいけど・・おさるです

おさるこのおさる、すっごく賢いのよ。
間違えると落ち込んで 「反省」 のポーズ取るんだから!
いえ、「反省ー」 って言ってるのは右側の人間よ。
こういうの、さるまわしって言うのよね?今どき、珍しくない
驚いたわ・・・










今日は、今にも雨が降り出しそうなお天気です。
ここのところ、ゆっくり台所でコトコト出来ない日が続いて、かな〜り不満。

ジプシーすうぷを仕込んだ☆

茹でたひよこ豆(茹で汁も)、カボチャ、人参、玉葱、潰したニンニク、トマト缶
スパイス&塩&オリーブオイル

綺麗なスパイスでしょ〜♪
パブリカ、ターメリック、シナモン、バジル、ローレル、檸檬の塩漬け


ジプシーすうぷ鍋





















このまま手あぶりに乗せてコトコト・・


手あぶり&すうぷ鍋


























仕事中にピンポンが鳴った・・
この時間は倉に違いないから出なかった。
ほどなくメールがあり、 「ケーキを郵便ポストに入れました。食べて下さい」  との事。




晩酌


「ケーキとグラッパ」



ケーキとグラッパ





















やっぱりケーキはデザートに食べるべきね
スモークサーモンとジプシーすうぷの予定だったのに・・食べたくなくなってしまった。
そして飲み進むうちにお腹空いてきて・・
チョコをバカ食いしてしまったぁ
サイテー晩酌の圓

at 00:19|PermalinkComments(8)台所 

2012年01月10日

遠い昔の思い出

今日は成人の日ですね。
おめでとうございます。
・・って・・そんな人はここには来ないわね(笑)

毎年話題になる成人式でのパフォーマンス・・
暴れる新成人はいたのかな・・
メディアのからくりがわかっちゃったから、何の感慨もないですね。
行儀が良過ぎる若者も気持ち悪いです。

パンダ化粧のびっくり目の女性や、
べっ甲飴が溶け出しちゃったような頭の男性にも笑えるけど、
早くこの場を通り過ぎようと、無表情で早口に、型通りのお祝いの言葉を述べる偉いさん、
無理して合わない歌を熱唱するお偉いさん、
こっちの方が・・なんだか変だわ。

しかし、被災地の新成人は立派ですね。
故郷を背負う気概に溢れてて・・胸が熱くなった。



アタシが成人式の時、
両親の考え方は、ゴージャスに着飾る事はまかりならん でしたから、
当然、振り袖は着ませんでした。

アタシはもう慣れたもんで・・何の違和感もなかった。
というのも、散々泣きべそをかいた中学時代の経験がありますからね☆

当時、中学校に入学すると、新しい自転車を買ってもらうのが普通でした。
田舎ですからね、皆、自転車で行動するんですよ。
アタシも、秘かに近所の自転車屋に下見に行って、かわいいピンクのミニサイクルに決めてました。
ところが・・親からプレゼントされた自転車は、祖父が乗っていた古いものでした。
真っ黒の車体で、タイヤが分厚くて、荷台は林檎箱くらいの大きさがあり・・
そう、豆腐屋がラッパを吹きながら移動してたアレですよ。わかる?(爆)
同級生達の細くてかっこいいタイヤの新しい自転車に交じって、アタシはその豆腐屋自転車を負けじと乗りまわしてました。

まだまだあるんですよ・・
中学校指定のオーバーを新調するんですけどね、
母が用意してくれたオーバーは、アメフトのユニフォームみたいだった
肩に異様なほど大きなパットが入ってました。
母が嫁ぐ前の、それも30年も前の・・ショウノウの臭いがプンプンするオーバーでした。
「カシミアの生地で誂えたんだから中学生には贅沢過ぎるのよ」・・と・・母は言った。
恐ろし過ぎる一幕でしょ?
これには流石のアタシも凹んだわ。
アタシは、中学時代3度の冬を・・雪が降ってもオーバー無しで通学しました




話がそれました・・そう、成人式に戻ります。

父が REGALの靴を買ってくれた。
そして、濃紺のスカートにチェックのジャケット姿。
危うく、母の古くてボロボロのワニ皮のバックを持たされるところでしたが、かたくなに拒否。
ナップサック (わかる?) を背負って出かけたわ。

会場は、中学校の講堂でした。
式は厳粛で、集まった新成人女子の中で、たった一人だけ洋服のアタシも、
大人になったんだ!・・と、気持ちが高揚しましたわ。


酔った勢いで・・昔の思い出をだらだらと書いてしまいました。
足りない事が不幸せじゃなかったのよね。







晩酌

風呂上がりの麦酒を飲んでいたらピンポンが鳴った。

松だった。
手作りキムチを届けてくれた♪
「お刺身があるのよ」 と、半ば強引に台所に誘う。

今夜は松とお燗酒の宴


松キムチ






















鰤とソデイカの刺身


刺身






















アタシはまだ飲み足りなかったんですけれど・・
松は、シンデレラ姫だからと・・慌てて帰って行きました。
楽しかった☆



at 00:15|PermalinkComments(14)徒然