2012年02月

2012年02月28日

こだわらない料理とは・・

美味しいものを作って食べる・・
これはアタシの基本の生活軸なんですけれど、なかなか思うようにいかないのが現実。

食材を使い切る事がいかに難しいかが、ずっと課題だったんです。
アタシのような時間の定まらない仕事をしてると、
冷蔵庫の中で忘れ去った食材がけっこうあるのよね・・
これではいかん!と、心に誓ったんだけど、反省の日々。

今日は、お昼ご飯に冷蔵庫の整理をしちゃおうと決め、食材の点検から始まった。
で・・決めたメニューはカレーライス。


お昼ご飯


「ジャガイモ&人参&豚コマのバジルカレー」

玉葱がなくても美味しいカレーが出来る☆ ・・の見本。
檸檬の塩漬け・・これは最強のスパイスですね
今回は、みじん切りにして入れてます。
バジルとの相性は抜群だった☆
南仏のカリーって感じになったわよ (食べた事ないけどね)


ジャガイモ&人参&バジルカレー






















「大根&ツナのサラダ」

野菜小屋で、シナシナになってる大根を発見。
糠壺様に入れて・・残りを千切りにして、ツナ缶を合わせ、ポン酢(これは手作りよん♪)
大根サラダは、シナシナになった大根がよいという事を新発見したわ
塩でしんなりさせる手間もいらないし・・
すごく口触りが良かった☆
しかし・・ツナ缶は、開けると使い切れないのが悩み

人参の、カットした頭を水に浸けておいたら葉っぱが出て来てたので、彩りに散らしてみた。
そうしたら・・なんと!香りがいいのよ♪


大根&ツナのサラダ
























晩酌


「塩鶏&ゴボウ&人参&椎茸&ツナの炊き込み飯」 で焼酎のお湯割り


山の家の冷蔵庫の中で発見した玄米は・・
なんと!!2005年の米だったぁ
でも、食べられないはずがない・・と・・持ちかえった。
精米機にかけたら、白米になるのに、ものすごい時間がかかったのよ〜
無洗米コースにしたんだけど、色は茶褐色だったわ
なので、もう一度、今度は 「磨き」 コースを選択。

水の代わりに、干し椎茸の戻し汁&昆布水を使った。
柚子の塩漬けを極薄切りにして、具材と共に炊き込んでみたわ☆
お酒を多めにして、醤油・塩少々の比率。
ふと思いついて、胡麻油をちょっとだけ回した。


仕込んだ炊飯器























美味しく出来ました
お昼のツナ缶の残りを使い切った喜び・・・ひとしお☆


炊き込み飯























「鶏皮焼き」

塩鶏の皮をココットでカリカリになるまで焼いた♪


鶏皮焼きココット






















黒胡椒をガリガリして・・
焼酎に合うわね


鶏皮塩焼き
























汁もん

昆布水を張った鍋に、小屋に残ってた小ジャガを入れ、
柚子の塩漬け入れて、ストーブでコトコト・・



スープ鍋























沸いたら塩鶏をちょびっと入れ、エノキを入れ、保温鍋にセットして放置よ☆
晩酌の〆の、ちょうどいい時間にスープが出来上がってるってわけ。
塩少々、しょっつる少々で味付けました。


「ジャガイモ&エノキ&塩鶏のスープ」


スープ






















見かけは地味だけど・・・これが激ウマだった!!
なんだろう・・柚子の塩漬けの威力かなぁ・・・

最近会得したスープの鉄則は、野菜は2種類までと言う事。
いろいろ入れると味がぼけるのよね・・

こだわらない料理の方が・・なんだか美味しいモンが作れるわねぇ(爆)
今夜はオヤジ晩酌全開よ


明日は雪の予報・・・
どうりでシンシンと寒いです。
雪の中通勤する方は、お気を付け下さいね。

それじゃぁ・・又・・

at 23:32|PermalinkComments(4)台所 

2012年02月24日

新境地のイカ天

今日は仕事上りが早かった♪
たまには落ち着いて料理しようかと・・
風呂上がりの麦酒飲みながら算段したメニューは、イカ天。
しかし、イカ天は大好きなんだけど爆発が怖いのよ。
そこで、ネットで検索したら・・プロの調理法はどう考えても納得いかないのよねぇ・・
だって、イカの皮を剥いて、水分をよく拭き取れば、ハネが抑えられる・・だなんて・・
しっくりこないでしょ?

そこで、素人さんで料理好きな人のブログを検索したわ。
前にも書いたと思うけれど、この人なら間違いないと思うレシピを嗅ぎ分けるコツがあるのよ。

まず、カテゴリの中に「漬物」 「保存食」 「乾物」などがある人がいい。
間違っても、「おうちご飯」 「お取り寄せ」 「ホテルランチ」 などのカテゴリがある人はNG。

その次に、食卓の写真を見て違和感がない事。
例えば、高そうなランチョンマットにカレー饂飩や餃子が乗っかってたらNG。

これで・・振り落とされていき、最後の決め手は・・偏屈じゃないこと。
例えば、調味料など、銘柄の指定がうるさければNG。

そして・・とうとう見つけたわ☆
「イカは爆発しないと気が済まないからレンジでチンして爆発させてから天麩羅に」
・・・・ですって☆



晩酌



イカを捌いて・・身は刺身にします。

天麩羅はなんたってゲソがウマい。
ゲソ&エンペラを、ポリ袋に入れて口を結んで、上部に楊枝で何箇所か穴を開けます。
レンジで2分くらいのところで・・爆発開始。
様子をみて、爆発しなくなったらOK♪

イカ刺しを肴に・・
冷酒がしみる〜〜☆

イカから水分が出てポリ袋にたまるから・・それを捨てずに衣を溶く時に使います。
飲んでるうちに、イカの汁が冷めるでしょ。
そしたら、イカ天クッキングよ♪



イカゲソ&汁&衣























「イカゲソ天」


イカゲソ天

























「山菜蕎麦」

佐藤さんに教えていただいた 「ワラビの一本漬け」 の残った汁に麺つゆ足して温蕎麦。


山菜蕎麦






















ものすごく美味しいです

早くから飲んでるわりには・・いつまでも飲み続けてるアタシ・・
これじゃぁ、意味無いよね

昼間は春の陽気ですが、夜になると冷えますね・・
風邪をひかないように気をつけないとね。
それじゃぁ・・又。



at 23:11|PermalinkComments(8)キッチンラボ ノーム 

2012年02月23日

かつえて・・とりめし晩酌

今日は朝っぱらから嫌な予感があったのよ・・

お昼ご飯も(アタシの場合は朝ご飯)ろくに口にしないで出かけたんです。
延々と時間だけが過ぎて行き、充実感も達成感もないまま帰路に着きました。

帰り道に酒屋に寄った。
強いお酒が切れてたので、グラッパかテキーラを買おうと・・
遠回りして大きな酒屋に行ったんです。

疲れてるし、お腹空いてるし、ワインの品定めや日本酒の棚は見ないようにして、
真っすぐ、テキーラコーナーに進んだわ。

カップルが(あまり若くない)狭い通路にネチャネチャしながらウイスキーを選んでるのよ。
アタシの目的の酒類は、そのブサイクなカップルの後ろ側なんですよ〜
ところが、その人達・・テキーラー棚に背中を密着させて・・遠目でウイスキー選んでるのよー

男 「どうするぅ、ローヤル買っちゃうか」
女 「もっとおっきいボトルの方がいいんじゃん、だってすぐなくなっちゃうからぁ」
男 「また買えばいいさ、今夜は特別だからさぁ」
女 「いやぁ〜ん、じゃ〜ぁ、おねだりしちゃぉっかなぁ〜やだぁぁ〜だははは」

アタシは困ってるアクションしたんですけどね、この人達、気がつかないのよねぇ・・
ええかげんにせーよー気色悪る過ぎ・・と、心の中で言いつつ・・
「すみません、そこの棚見たいんですけど」・・と言おうとした瞬間、
おねだり女が・・ 「こわ!」と、男にしがみついた。




晩酌


「とりめし」 肴にテキーラ飲んでます。


鳥飯椀






















出かける前に、中華風炒め物でもしようかと・・
干し椎茸を水に浸け、鶏肉に塩をして寝かせておいた。
あまりにもお腹空いてたので、炊き込みご飯にしたわ☆

干し椎茸の戻し汁に研いだお米を入れ、酒&醤油(1:1)に塩少々。
椎茸・人参・牛蒡を乗せて、一番上に、塩鶏を乗っけてスイッチON。

何故、塩鶏かというとね、鶏肉が硬くパサパサにならずに炊き上がるのよ♪


鳥飯






















呑んべえ寿司で日本酒も合うけど・・
とりめし・・テキーラにすごく合うわ

おやじ晩酌は日々、進化してるのよネ☆
気分良くなってきた

それじゃぁ・・又・・

at 22:06|PermalinkComments(16)台所 

2012年02月20日

人の格

天皇陛下の心臓バイパス手術が無事に終えられて、自然に手を合わせました。

youtubeで、医師団のノーカット記者会見をみたけれど・・
順天堂の天野先生って凄いわね。
温厚でそつない東大の教授方からすると、きわめて異色の目線だった。
強靭な体力と並はずれた集中力、センスと第六感を伺わせる顔つきだった。
スペシャリストとは、このような人物なのだなぁ・・と、久しぶりに感慨深い思いだった。




晩酌

「がんもどき&大根」

ストーブにかけておいた小鍋がいい具合♪
柚子の塩漬けがいい仕事してるよ☆


がんもどき&大根
























「カツオ刺身」

カツオはやっぱり梅醤油だわね・・・
とっても美味しいヨ♪


鰹






















どぶろく飲んでます☆

at 23:08|PermalinkComments(6)徒然 

2012年02月17日

初めての山菜料理

佐藤さんから届いたお米の中に素晴らしいプレゼントが入っていた。

真室川の山で採った 「わらび」 と 「ぜんまい」
春に採ったものを塩漬けにして蔵で保存していたものだそうです。
雪深い地方の一番のご馳走が、山菜だそうで・・
今回、ご先祖様の100回忌の法要のご馳走として、蔵から出したそうです。
それを、アタシにお裾分けして下さった。

思いがけない、あまりにも嬉し過ぎる出来事だった


ワラビ




















ゼンマイ






















地元真室川の山菜、それぞれの調理法をメールで教えて頂きました☆

しかし・・・・・
アタシ、どちらがワラビなのかゼンマイなのか・・見分けがつかないんです
ネットの画像検索で見ても、わからない

さぁて・・どうしよう〜〜〜 ・・と考え込んでいた矢先、
再び佐藤さんからメールが来て、ブログに山菜料理を上げて下さるとの事

こんな貴重な体験、生まれて初めての事なので・・
佐藤さんのブログを見ながら慎重に調理を始めました。




「ワラビの一本漬け」


まず、先っぽと根元を切り落とすそうです。


切りそろえ






















切り落としたワラビは、「わらびご飯」 にする予定☆

ワラビご飯用























沸騰したたっぷりのお湯で4分くらい茹でるそうです。


4分茹でる






















きっちり湯切りしたワラビを、熱々のうちに・・
酒・醤油・出汁・味醂に漬け込む。(麺つゆでもOKとの事)
ワラビから水分が出るので、半分くらいかぶる出汁が良いとの事。


麺つゆに・・






















生姜の千切りと鷹の爪とシソの実を散らして・・・・

「ワラビの一本漬け」 の完成♪


ワラビの一本漬け


























「ゼンマイ炒りつけ」


出汁を使わずに、酒・味醂・醤油だけで炒りつけるという。
なるほどなぁ・・と思った。
山菜の風味を生かすには余計な事はしない・・って事なんですね。

まず、適当に切る・・長いのや短いのがあってこそ美味しいのだそう☆
鍋に、油と鷹の爪を入れ火にかけ・・



油に鷹の爪






















ゼンマイを入れ、油が回ったところで酒・味醂・醤油でイッキに炒りつける。
最初から最後まで強火との事。
最後に、胡麻油を回しかけた。



ここまで炒りつける






















出来たー


完成★

























晩酌


仕事先で頂いた 「どぶろく」 を開けました☆


ドブロク


久しぶりのどぶろくは美味しい


















山菜を肴にどぶろく飲んでますよ。
今夜は、オヤジ晩酌全開モード。

ワラビもゼンマイも、あぁ、これがホンシコの山菜料理だと、浸み渡ります。
てらいのない郷土料理は、山の香りいっぱいで・・
もう、ほっぺが落っこちそう〜〜〜
幸せになりました。


ワラビ&ゼンマイ























やっぱりアタシは関東以北舌なのだわ・・と、つくづく思います。
西の甘めで上品な味より、鋭角の切れがある北の味が心に響きます。



お昼に作った 「ワラビ炊き込み飯」 も最高に美味しく出来た
ワラビの香りと味を生かすために、酒・醤油・塩のみで炊きました。
お米はもちろん佐藤さんのコシヒカリを固めに炊き上げ、
ワラビは後から熱々のご飯に混ぜ込んだ。

ふわぁ〜っと山菜の香りが立ち昇りましたよ


ワラビ炊き込み飯























山形の佐藤さん、本当に・・どうもありがとうございました☆

at 22:13|PermalinkComments(10)キッチンラボ ノーム 

2012年02月15日

世の中変わった?

昨日はバレンタインでしたね。
アタシは、男友達にチョコを贈るなんて趣味は昔からないんですよ・・
チョコをもらって嬉しがる友人なんていないから・・

でも、昨夜、youkoからメールが来たんです。
「カドーショコラ作ったから野菜カゴの中に置き去りにしたわ。郵便ポストには先客がいた」

先客??
北海道に行ってた久からホワイトチョコのプレゼントだった。


バレンタイン






















女性からのバレンタインチョコって、最近の傾向なの?

でも、嬉しいもんだわネ





晩酌


パンを焼いた。


パン
























最近、このカレーソースにハマってます☆
イギリスの ''シェアウッド'' と言うカレーペーストなんだけど・・
期待しないで買った分、プロっぽい香辛料に驚いたのよね。
玉葱を軽く炒めてコレを混ぜるだけでも、素敵な一皿になるわよ♪


カレーペースト























「ソーセージ&ジャガイモ&玉葱のカレー炒め」


ジャガイモ&玉ねぎ&ソーセージ





















赤ワイン飲んでます☆

at 22:13|PermalinkComments(10)友人 

2012年02月11日

安酒に思う

ベットの中で本を読みながら、眠くなったらそのまま・・というのが・・
アタシの一日の締めくくりなんだけど・・
今、ヘミングウェイの 「日はまた昇りぬ」 を読み返してるのよね。
高校生の頃読んだきりだったから、おおかた忘れ去ってたわ。
どうやらアタシは、誰が為に鐘がなる とごっちゃになってたようだ。

主人公のアメリカ人は、新聞社のパリ特派員なのだが、
どうやら、ヘミングウェイ自身とダブらせた設定のようだ。
ヘミングウェイはとてつもない酒豪だったから、お酒の楽しみ方も、その辺の普通な酒豪とは一線を画す。

彼のオフィスは、パリオペラ座の近くらしい。
キャプシーヌ大通りをオペラ座まで歩く途中のオシャレなレストランで、
昼下がりのリオハを飲み、
夜陰に紛れて・・ジャズBarで年代物のアルマニャックを飲み下し・・・
なんて、読んでいてワクワクするわ。

しかしながら、このアメリカ人の特派員を主人公と思っていたが、実はそうではなくて・・
ブレッドという、不毛の愛の中に身を置く彼の恋人が主役だったわよ。
これは高校生時代には理解不能であったろうな(爆)


まぁ、アタシ好みのストーリではないけど、情景描写が美しくて飽きないのよね。
人間の心の中に棲む、真っ当じゃない崩れかけた部分も虚をついて胸に迫るしね。

退廃的な虚無感をイメージして眠ると、
意外にも翌日が爽快だったりするから不思議だわ。




晩酌


久しぶりにキャンティを開けた。
安酒だけど、今夜は妙に美味しく感じるなァ


ワイン























ミッキー野菜屋のこの野菜・・
名前はわかりません・・
どう見ても食指の湧くルックスじゃないよね
アタシは、フツーのカリフラワーがよいな・・・
マヨネーズにたっぷりのレモンを絞って、塩&胡椒ガリガリディップで食べてみる。


カリフラワー??





















マズイヨ

どうマズイかって?
あのね、甘いのよねぇ
こういうのが市場では売れるのか・・・おそろしい世の中になったもんだ。
これが野菜本来の味なわけないよね。
どうかどうか、安易な品種改良はしないでもらいたい。




「栗と海老のドリア」

コンソメで炊いた栗&海老ご飯を冷凍してあったので、チンして・・
スパイスはカトルエピスを・・たっぷりと、ご飯に振りかけた。
そしてとろけるチーズ乗っけて・・
再びチン☆

こういう安直なドリアの場合は、オーブンは使わないのが鉄則。
焦げ目は、かえって邪魔になる。
トロ〜リなチーズを、ご飯に混ぜ込みながら食べる。


ドリア






















文句無し、美味しいデス

安酒を飲む時は、あるもん料理が気持ちを高揚させる。
コレ、ホントよ☆

安いワインで幸せになれる・・というか、テーブルワインを知り尽くす・・
これもオヤジ晩酌の醍醐味。

ほんに幸せな台所の圓



at 21:36|PermalinkComments(12)台所 

2012年02月08日

教えて欲しい・・・

皆さま、風邪のご心配をありがとうございました。
お陰様で、だいぶ回復してきたわ☆
まだまだ本調子じゃないんだけど、ぼちぼち、台所で料理しよっかナ♪と思ってます。

ここ何日間か、熱もあったし、誰かと話すのも億劫だったから
インターフォンが鳴っても出なかったのね。
今日は気分もいいし、掃除洗濯など身の回りの事をして、ゆっくりと身体を動かしてました。

そうしたら、立て続けに変な訪問者があったのよ。
もちろん、インターフォン越しの会話なんだけど・・アタシ、どうも腑に落ちないの。
ちょっと聞いてね。





アタシ   「はい」
訪問者(男性) 
    「あ、お忙しい所申し訳ございません、ワタクシこの地区の光回線工事を担当してる者です
     がこの度工事完了のご報告に、お伺いいたしました」

アタシ   「???・・そうですか、それはどうもご苦労様でした」

訪問者  「あの、お玄関先までお願致します」

アタシ   「ご用件はわかりましたので・・どうもご苦労様でした」

訪問者  「この度、光回線を1500円くらいお安い金額でご利用できる事になりましたので、
       お玄関先までお願いします」

アタシ   「あなた、NTTの方ですか?」

訪問者  「いえ、KDDIのOO担当の者です、プロバイダーさんによっては
       お安くならない場合もございますので、お玄関先までお願いします。」

いくらトロイアタシでも、このあたりで何か変?て気づいたわ。

アタシ  「安くならなくてもいいです、このまま使いますので・・どうも御苦労さまでした」

訪問者 「別に強制じゃありませんから、いいんですけど、もったいないですよ奥さん!」

アタシ  「結構です」

奥さん呼ばわりされた事にも気分が悪いし、
丁寧語が段々慣れ慣れしく変わる様が気色悪いなー


1時間もすると・・又、インターフォンが鳴った。

アタシ 「はい」

訪問者  「私、すぐ傍の新築住宅を請け負わせて頂いてる現場監督のOOですが、騒音など
       でご迷惑をおかけしますのでご挨拶にお伺いしました」

アタシ  「そうですか、ご苦労様です。大丈夫ですので、お怪我のないように頑張って下さい」

訪問者 「あの、お玄関先までお願致します」

アタシ  「いえ、ですから、騒音は気になりませんので大丈夫です」

訪問者 「あの、改築やサンルームなどご検討されてませんでしょうか?」

アタシ  「あなた、セールスですか?でしたらウチは結構です」

・・・・と、インターフォンを切ったわよ




この手のセールスマン、お宅に来ませんか?
なんか、最近のセールスマンて、巧妙になってない?
これって、ドアを開けさせるマニュアルなのかしらねぇ・・

「ウチは結構です」とピシャリと最初に言えば良いんだろうけど・・
アタシだっていつ何時、食べるために気に染まない仕事しなくちゃいけない事態になるかもしれないものね・・
会社からの命令ならやるしかないわけでしょ?
ドキドキしながら見知らぬ家のピンポン押す・・なんてこと、
絶対にないとは言い切れないものね
だから、もし自分だったらと思うと・・傷つけるような言い方出来ないでしょ

言葉のやり取りをしないで一発で帰ってもらう方法、あったら教えて欲しい・・・・


三発目の訪問者

出かけようと、玄関ドアを開けたのと、相手がインターフォンを鳴らしたのと同時だった

地味な服に、独特の髪型の女性が立っていた・・・・
アタシと目が合うより先に、その女性が天を仰ぎ両手を挙げて発した言葉・・・

「神が舞い降りられましたぁ〜〜〜


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




晩酌

風呂上がりの麦酒



麦酒






















「焼きうどん」

3・4日前に茹でた饂飩を・・食べたくないまま、タッパーに入れて冷蔵庫に入れておいた。
忘れてたわ
どうやらカビは生えてない・・
だいじょぶそうなので焼きうどんにしようと思った☆

葱の青い所を胡麻油で炒めて・・
麺つゆ+醤油+鰹節と、岩塩&胡椒ガリガリ


焼きうどん






















これが美味しく出来た

焼酎のお湯割り飲んでます。

at 22:22|PermalinkComments(10)徒然 

2012年02月04日

弱り目に鶯

かなり過激な風邪をひいたようだ・・
昨日は熱がたくさん出たような気がするわ。
今朝になって熱も下がり (たぶん) 頭痛もとれた。
今日は台所でおとなしくしてます。

アタシね、思ったんだけど・・
人間て、弱った時の視野が本当の自分なのねぇ・・
しかし、人間て強欲で罪深いものよのぉ・・

今日は、庭のモミジの木に遊びに来てる鶯に癒されたわ。
いつも、この仔、来てるんだけど、こんなに愛らしいと感じた事なかったわ。


うぐいす♪





















アタシの事見てんのよ〜

うぐいす☆





















目の周りが白いから・・メジロなの?
まぁ、どっちでもいいわ・・かわゆいのぉ☆


メジロ?






















こんなおっきな鳥も来てんのよ♪


鳥さん
























水しか飲んでなかったから・・ちょっとお腹空いた。

葱と生姜をたっぷりいれた おうどん 作ったわ。
何の味もしないわよ(-_-;)
味覚がやられた

買い置きのポテトチプッスが・・やけに美味しく感じるわ・・
どういうこっちゃ

こんなんなら、うどん茹でてないでカップラーメンが良かったかなぁ


おうどん





















関東ではインフルエンザが蔓延してるようです。
皆さんも、くれぐれもお気をつけて下さいね。

それじゃぁ・・又・・

at 13:14|PermalinkComments(14)徒然 

2012年02月01日

オヤジ晩酌の心得

寒い朝・・・
台所に下りてまず、ストーブを点けるでしょ・・
薬缶をかけてお茶を飲み、その後は、ストーブの上がもったいないでしょ・・
今日はね、野菜小屋にあった根菜をコトコトしたわ。

昆布水を張った鍋に切った野菜を入れてコトコトなんだけど・・
この時にね、絶対欠かせないのが 柚子の塩漬けなのよね☆
注意点は、水の段階から煮込まないと、煮物に奥行きが出ないのよ・・

柚子の塩漬けがトロットロに煮崩れた翌日か翌々日が美味しい。

煮崩れて困るジャガイモなどは、煮えたら小鍋に移しておくとよいよ♪
鍋に残った汁で、ジャガイモをガーっと強火で炒り付ける。
柚子が利いた 「ジャガイモの煮っ転がし」 もオツなモンです☆


煮物鍋
























豊かなオヤジ晩酌を目指すアタシとしては、
時間を繰り上げての料理が必須なんですよね (偉そうな事言えないんだけどネ)

だからね、朝っぱらから晩酌のアテを考えて行動する必要があるのよ(笑)

だけど・・・深煎りの珈琲飲みながらだと、(今夜はパンでも焼くかナ) 
・・・くらいしか思い浮かばないのよねぇ。
まだまだ修行が足らんなぁ・・

それとね、お酒を美味しく飲むためにはシンプルな料理を目指さねばいけんのヨ☆

その条件とは、台所 (流し台やガス台) にはりついてないって事なのよね。
気合いを入れずに、気がついたらウマい肴が出来てるってのが一番なのよね♪

そして、次なるものは、
春夏秋冬、旬を逃さず、丁寧に作り置きする保存食が必要。
梅干し・檸檬&柚子の塩漬け
このほか、豊かな食卓には紅ショウガやラッキョウが欲しいわね。

そして、次に・・乾物の備蓄が重要ね♪
昆布・鰹節・煮干し・・ちょっと目先を変えて・・乾燥ホタテ貝柱&スルメ。
豆類・干し椎茸・干瓢・干し野菜。

そして、最後に糠壺さまよ♪





どぉ?
これからおきるであろう食糧危機や天変地異も・・乗り切れるような気がしない?

これらを日常的に使う事が大切。
乾物なぞ、常に料理してないとイザという時に何の役にも立たないですからね。
缶詰や乾パンなぞ、アタシはいらないのよね。

あ、でもね、料理が得意じゃない人・・・何も心配する事はないのよ。
アタシは、親元から離れて自炊するようになった頃は・・
サトウのご飯をチンして、朝げ or カップスープ、レトルトの日常だった。
たまに凝った料理と言えば・・ウインナ焼くくらいよ。
家飲み会は、宅配ピザ or 宅配鮨屋だったし。 

たま〜に、炊飯器でご飯炊く事もあったけど・・・夏場は忘れ去ってコッペになっちゃう。
(コッペとは、飼ってたネコなんだけど・・グレーのふわふわ毛並みだった)
あ!ご飯、炊いたんだっけ・・と、恐る恐る蓋を開けると・・
ふっわふわグレーの毛羽立った・・まぁるい物体があった(爆)






オヤジ晩酌の修行と言えば・・
第一ラウンドはクリアしてるよ☆
外仕事が終わると、必ず食事(飲み会)のお誘いがあるんだけど・・
アタシ、よほどじゃないと出ないのよ。
外飲みキライ・・
きっと皆、しこった (あ、これ栃木弁) 女だと思ってるんだろうなぁ。




晩酌


「煮物」


煮物2






















これでチビチビと冷酒を飲んでいたら・・・
大根おろしが食べたくなったぁ☆


鬼おろし




















大根おろし♪





















今夜はね、完璧なオヤジ晩酌ですよ。

毎夜のオヤジ晩酌は、
これからの世の中を、強く逞しく生きるサバイバル訓練なのよ☆
・・・と・・都合良く考えてます(爆)



こんなに寒いのに、庭のちっちゃな畑には野菜が育ってるわ♪


畑





















千年に一度の天変地異も・・・
こうしてその場に居合わせた人間は、何か大きな意味があると思うようになったわ。

地球の息吹を受け止めながら・・すべての事に感謝して・・
元気よく暮らしましょっと。

at 23:55|PermalinkComments(11)台所