2012年09月

2012年09月29日

世界にひとつ

栗拾いがてら、里に行ってました。

台風が来る前に、畑の草取りをしたわ。

この大きな竹籠ね、物置で発見したのよ☆
とっても便利なの♪

そうそう!物置で、藁のこもかぶりの大量の炭を発見!
飛び上って喜んだわ(笑)
まだまだ古いものが沢山眠ってる物置
楽しみが増えたわー☆


草取り2






















ひとりで、しばらく草むしりをしていたら・・・
近所に住む同級生が来た。

「こないだっから作ってたモンがあっからよ、今っから持ってくっから」

ほどなく、軽トラが畑脇の道に止まり・・
ものすごく大きな・・光る物体を、ころがしながら・・ニコニコ顔でアタシに尋ねる。

「どこさ置いたらよがっぺ」

おっきなおっきな・・アルミのガーデンテーブルだった


テーブルの脚映画フィルムを巻くアルミのリールを
切断して作ったそうな・・・

いったい・・そのリール・・
どこから持って来たのか

真中に、パラソルを立てる穴まで開けてある・・

足も、もちろん手作りだそうだ

なんとも素敵なアルミの曲線・・・

アートですよ

椅子5客・・・
これはホームセンターで買って来てくれたそうな

「安かったから」・・と、言うんだけれど・・
どうしよ〜〜〜


テーブル
畑の東寄りの所に、大きな桜の木があるんです。

夏場は、そこが日陰になるので、

その木の下に置く事にしたわ

直径130センチの大テーブル。

嬉しいー













周りは、あたり一面・・そば畑です。


蕎麦畑

















晩酌

あるものだけでサラダを作った。

それを肴に焼酎


晩酌






















収穫した大根と人参、同級生にもらった里芋で・・・

美味しいスイトンが出来た♪


すいとん






















今日は、仕事部屋と台所で栗剥き・・の往復(爆)



at 13:07|PermalinkComments(8)里の山畑 

2012年09月26日

秋色の台所

布団を出て、いつものテロ〜ンTシャツ&だぼパンに着替える。
なんだか肌寒いので、コットンのカーディガンをはおり、台所に下りた。

東窓から差し込む朝日に、いつものように手を合わせ、
神棚に柏手。
仏壇に香を焚き、
庭に出て供花を探すが・・何も咲いてないのよね・・
しかたないから観賞用の唐辛子の小枝を切り、
一番茶と共にお供えする。
いつもの変わらぬ暮らし・・・

朝茶を飲みながら、パソコンのニュースサイトを一巡する。

反日デモ、ヨーロッパに拡大・・・
ここ数日で、どんどん活発化する尖閣問題。

しかし、冷静に見てみると、これって、マスコミの煽動なんじゃないの?
NHKニュースサイトでも、極少数のデモを連日取り上げてる。
10億人中、たったの150人ですよ・・

もちろん、アタシにも言いたい事は山ほどある。
左派マスコミ(朝日新聞)の煽動に乗り、
自虐史観によって、日本の防衛力は封じ込められた。
片や中国は、異常な軍事拡張を続ける。
このまま行ったら、アジアの中で中国に対抗出来る国はなくなり、
平和に暮らせる国はなくなってしまうのではないか・・

靖国も、中国の内政干渉に屈っせずに、堂々とした意思表明が必須と思うし、
総理大臣は、終戦記念日に参拝するのが当然と思う。

しかし・・・
憎しみを増殖させたら、いったい誰が喜ぶのだろうか。

冷静になったほうがいい。
憎しみをせっせと作りだしてばら撒いてるのはマスコミのようだ。

東日本大震災の時に、
ツイッター上で、中国語や韓国語で、
「日本がんばれ」 と、ものすごい勢いで拡散されたのを、
アタシは昨日の事のように覚えてる。








お昼ご飯


もてぎ道の駅で買った、手植え・無施肥・天日乾燥という黒米を、
おいどんにもらった新米に混ぜて炊いてみた。


紫米






















茄子とミョウガの味噌汁


味噌汁






















おかずはミッキー野菜屋カーニバル(笑)

「空芯菜の炒め物」

坊主鍋にニンニク&唐辛子を入れ、オリーブオイルで香りを出してからイッキに炒める。
ミッキー野菜屋の空芯菜は香りが強いので、塩だけがベスト。

空芯菜





















「オクラおかか」


オクラおかか






















「すくねカボチャ」

強火で動かさず・・イッキに煮上げる。
水を使わず、出汁も使わず、
酒&和三盆糖&塩だけ。
ちょっと贅沢な煮方をした。

すくね南瓜






















写真をアップロードしていたら、上海に住む友人から電話があった。
何日か前に、心配でメールをしたのだ。

彼は、上海で楽器を作る小さな工房を持ち、従業員は全員、中国人。

「ウチは零細だから心配ないんですよ。
 みんな団結して頑張ってますから、かえって能率が上がってます(笑)
 上海の街は意外に静かですよ」
 


よかった・・・・ 

at 12:57|PermalinkComments(4)台所 

2012年09月23日

お彼岸の遠足

お彼岸の朝、電話が鳴った。

「起きてっけ〜?
 いろいろ支度してるとは思うんだげんど、ちょっと今から行ってみっから」

お隣の奥さん(母と同年代)だった。

支度??って・・何の??・・・・

ほどなくピンポンが鳴って、ドアを開けると・・

大きなお盆を大切そうに持ったお隣の奥さんが立っていた。

「奥さん(母のこと)には良くしてもらったがら〜
 ラン(飼い犬)も可愛がってもらったんだよ〜」

・・と・・手渡された。


お彼岸の頂き物























瞬時には、状況がのみ込めなかったが・・
仏壇にお供えしてという事らしい。

お茶と水菓子しかお供えしてなかったアタシ・・
早速、仏膳を出して、御椀に盛り付けてお供えした。

そうだった・・
お彼岸にはご馳走をこしらえて、仏様にお供えして、家族もご相伴に与るのよね・・

心がズンズンとあったかくなった。
人の思いやりって有難いなぁ・・

ここら辺は、おはぎ といえば、この形式なんです(笑)
もち米を蒸したご飯の上に、あんこ を乗せます。

心づくしのお料理を、朝ご飯に頂いた。
とっても美味しかった☆
おはぎは、やっぱり故郷の味だった





朝からとっても気持ちが良かったので、
久しぶりにshinと遠出をした。

途中、もてぎ道の駅で遊んだ。
こいのぼり じゃないんですよ・・
鮎のぼり なんです(笑)
鬼怒川、那珂川の近くですからね。


鮎のぼり



















もてぎ の街中をぶらぶらしてから・・
烏山に向かった。

龍門の滝で遊ぶ。
涼しくて気持ちよかった。


滝





















水は凄く冷たかった。


滝に下りて・・



















滝駅のそばの神社に参拝した。


竜神























山門





















神社の湧き水
手が切れそうに冷たい・・


神社の湧き水






















お昼は何を食べようかと・・
たまの外食に心が弾む。

散々悩んだ結果、
幻の玄蕎麦というふれこみの蕎麦屋に入る。

アタシは少しだけ嫌な予感がしたので、もり蕎麦を・・(いつもは大盛り)
こういうことには至極、無用心なshinは大盛り蕎麦を頼んだ。

失敗だった
家で乾蕎麦を茹でた方が美味しいヨ

どこが「まぼろし」なのよー


もり蕎麦





















アタシ  「だから、さっきの道の駅でコロッケと地鶏唐揚げ食べようって言ったのよー」

shin  「・・・・・・」

むかついてたので、ついうっかり・・アタシがお会計しちゃったわ
     




帰り道、スーパーに寄って、おでん種を買う。




晩酌

「おでん」

もてぎ道の駅で買ったコンニャクが美味しい


おでん☆






















お風呂のスイッチを入れてから、ぶらぶら歩いて魚屋に行き、
本日の目玉を買った。

「マグロ中落ち」


マグロ中落ち





















ここに来る楽しみの一つは、輪島で焼酎を飲むこと(笑)


輪島で焼酎






















もてぎ は、父の赴任先だったので、6年間を家族で過ごした土地だった。

アタシが小さい頃から父はフィギュアスケートの選手にしたかったらしく、
誕生日に真っ白い革のスケート靴を買ってくれた。

父は、寝る前に、家の横の段々畑にバケツで水をまいて凍らせた。
アタシは、冬の毎朝午前4時から、父にスケートの特訓を受け、
それから小学校に行く毎日だった。
そんな思い出の土地・・

いいお彼岸だった。

at 14:53|PermalinkComments(24)もう一軒の森の家 

2012年09月22日

幼なじみ

髪を切った・・
こんなにバッサリ切ったのは何年ぶりかな・・・

びっくりするほど軽く感じる。
髪の毛って重たいのね・・・

なんだか・・心機一転

しかし・・携帯で自分を撮るのって、かなり難しい(爆)


髪を切った♪

























幼なじみ との宴会

「酒はオイラに任せてくれっけ?」・・・と・・
おいどん から電話があったので、
ありがたく甘えることにした。

おかえりぃ〜〜〜かんぱ〜い

いきなりのカクテルでの乾杯で始まった宴(爆)
おいどん、かめきち、shin、きょこちゃん、みんなの輝くような笑顔が嬉しかった。

カクテルでの乾杯は・・
デートを除く、アタシの宴会史上、たぶん・・初めてだと思うヨ・・

そっか・・この街は、餃子と、カクテルの街(これホント)だったんだ・・・

意気揚々の おいどん は、
「おかわり、いくらでもしてくんり」・・と、シェーカーを振り続ける。


カクテルでちょっとふらついたアタシ・・
刺身の盛り付けも怪しげ

「おっ!刺身か!オーライオーライそんじゃ次の酒にいくよ!」
・・と・・おいどん。
鼻歌交じりに、鞄から出したのはウイスキーだったぁ

キリッと冷えた冷酒が飲みたいのぉ〜


刺身























かめきち が買って来てくれた 「鯵フライ」


鯵フライ






















ウイスキーに合うように・・
即効でこしらえた 「胡瓜&かにかまサラダ」 なんだけど・・

かつら剥きして、ねじりんぼ になるはずだった胡瓜がぁ

どなたか、教えて下さいませんか・・
くるるんと丸まって、ねじりんぼになる胡瓜の切り方を・・
(があこさん、見てないかなぁ・・見てたら教えてー)


サラダ






















きょこちゃんが、有名店の餃子を買ってきてくれた。

「焼き餃子にしようかとも思ったんだけど、えっちゃん(アタシのこと)に怒られるからさぁ
 生にしたよ」

餃子の箱の裏書 (焼き方 )を見ればよかったんですよね・・
普通に焼いたら・・
こうなった


餃子























それでも宴会は凄く楽しかった☆

幼なじみっていいよね

at 10:17|PermalinkComments(10)もう一軒の森の家 

2012年09月20日

最近ハマってるもの

すこ〜しだけ涼しくなったかしら・・
朝顔が・・今頃咲いた。

朝顔が咲いた





















残暑が酷くて、体調がボロボロなので、山の家に行ってきます♪
日曜日に帰るよ☆
三泊の予定。
引っ越しもせまっているので、車に積めるだけ、荷物を移動するわ。
常日頃、使わない筋肉を使い、汗をかくと気持ちいいだろうな・・(笑)







最近ハマってるものをUPします♪


ある素敵な人と知り合って・・
台湾茶に本格的にハマった。


台湾茶























晩酌の肴は・・まずは漬物

※ スライスしたゴーヤを軽く天日に干して、醤油&鰹節で和えただけ
※ 糠漬け&ミョウガの梅酢漬け
※ 玉葱を厚めにスライスして、30分ほど醤油に漬ける・・これ、すごく美味しいよ♪


漬物























ブナシメジを醤油だけでコトコト煮込んで瓶詰めして冷蔵庫で保存。
出汁や味醂など使わないで、醤油だけが美味しいです。

自家製なめこ


なめこ























マッシュルームだけのグラタン



マッシュルームのグラタン























それじゃぁ・・行って来ます。

皆さんも、よい週末をお過ごし下さい。



at 09:53|PermalinkComments(14)台所 

2012年09月16日

マッシュルームの保存食

世間は三連休なんだわね・・

遊ぶあてもないし、かといって仕事に没頭する意欲もいまひとつなんだわぁ・・

スーパーでも行ってみるか
瞬時、ぱぁ〜っと気が晴れた自分に・・なんだか寂しいような・・(爆)

アタシにしては大金をお財布に入れて、ちょっと遠いけれど、気の利いたスーパーに行った。

休日のせいか、御主人がカートを押して・・の家族連れでいっぱいだったわ。
カゴに山のように積み上げられた食材・・それも、上下二段重ね・・凄いや

レジでは、皆さん・・奥さんがお財布を開く。
えっ?そうなの?
休日の買い物なんだから、旦那様のポケットマネーじゃないんだ・・

・・などと、どうでもいい事に、新鮮な驚き。

人間観察をしながら、うろちょろするが・・
買うものってないんですよね・・

結局、
明太子の箱とブラウンマッシュルームとまるちゃんの昔ながらの中華そば5個パックを買い・・
意味不明の、束の間のレジャーが終了




料理好きなイタリア人に教えてもらった、マッシュルームの保存食を作る。
「お肉が必要ないくらいの存在感なのよー」・・との言葉を実践してみたくなった。

以前、教えてもらったマッシュルームペーストは、常時、冷凍庫の中。
とっても出番が多くて、グラタンやピラフなどでフル稼働してます。

でもこれは、丸のまま白ワインで煮込むだけなんです。

見えにくいけど、白ワインはボトル半分くらい使います(汗)


ワイン&ローレル&塩で・・





















ワインがすっかり引けるまで、蓋をしてコトコト煮ます。
20分くらい。
焦げないように注意です。
小分けに冷凍します。

15分後・・出来た☆
























晩酌

玉葱の粗みじん切り&ニンニクをオリーブオイルで炒め、
冷凍してある 「トマトソース」 を投入。
ブラウンマッシュルームとオリーブの実を入れ、
しっかりと水切りした木綿豆腐をソロリと入れ、煮込んだ。


「豆腐のトマトシチュー」

完璧な旨さ

ブラウンマッシュルームの白ワイン煮・・・素晴らしいな
何とも言えないコクが出るのねぇ・・・びっくり・・・


豆腐のトマトシチュー























昨日焼いた、まぁるいパンをトーストする。

このちっちゃ〜いオーブントースターね、友人からのプレゼントなのよ☆

「どぉ?こんなん、あなた欲しいんじゃないの?」
・・・って・・
丸美屋の懸賞で当たったらしい。

こういうの欲しかったのよ
ちょこっとトーストするのに、オーブンレンジだと、自動的に予熱タイムがあるでしょ・・
時間がかかり過ぎるのよね。


ちっちゃなオーブントースター






















浅いのと深めのトレイが二つ入って、上下で使えるってのもよいな♪
パンをトーストしながら、卵やウインナも焼けるというシステム(笑)


トースト























今夜は、重めのイタリアワインのフルボトルを開けた☆

at 22:29|PermalinkComments(20)キッチンラボ ノーム 

2012年09月15日

まぁるいパンを焼いてみた

愛読しているブログの朝食風景に惹かれて・・
手ごねパンを焼いてみた。


丸いパン






















パンの本って、どうしてあんなに難しく書いてあるのかなぁ・・
途中から、(あ、もうダメ、アタシ向きじゃないや)・・と、パタンと本を閉じてしまうもの。

偶然なのか、たまたま上手くいっただけなのかわからないけど、
非常に簡単に出来たので・・

レシピです。
加藤千恵著 「週末おいしいパンを焼く」より


強力粉  400g
白神こだま酵母ドライ  小さじ1
卵  1個
きび砂糖  大匙1
塩    小匙1
バター(室温に戻す)  30g
ぬるま湯  200cc

ボウルに上記の材料を全部入れ、
こねて、まとめ、
片栗粉を全体にササッと振って (こびりつき防止のため) 
ラップをして放置⇒一次発酵 
 (1時間くらいで倍に膨らんだ)

分割して、丸くして、クッキングシートを敷いた天板の上に並べて放置⇒二次発酵 
 (15分位で、丸いヤツが倍に大きくなる)

200度のオーブンで15分焼く。




モッシュ・アワを作った。

レシピはこちら



ミニトマトを使う






















今回、オリジナルレシピを発展させた所は・・

ミニトマトをたっぷり使った。
ひよこ豆を圧力鍋で茹でた。
檸檬の塩漬けを1/2個入れて煮込んでみた。

ヨーグルトの代わりに、豆乳&檸檬汁を使う事が定番となった。





晩酌

「まぁるいサンドウィッチ」


パンを焼いている間に、ポテトサラダを作った。

ジャガイモ2個しかなかったけれど・・・(笑)

圧力鍋で皮ごと蒸して、潰して、
熱いうちに、フレンチドレッシングを混ぜ込んで、冷蔵庫で急冷して休ませる。
冷えたら・・マヨネーズ・粒マスタード・胡椒ガリガリ。

まぁるいパンに挟んだものは・・
ポテトサラダ & 青いトマトのピクルス & チーズ


パン























「モッシュ・アワ」

予想通り・・檸檬の塩漬けがいい仕事してる。
これはちょっと出ない深〜い味・・


モッシュ・アワ



 



















そうそう、
仕事帰りに、良い酒屋を発見した!


今夜は泡盛♪

マンゴー酵母を使った琉球泡盛です。
香りが良くてクセがなく、すごく美味しい♪


泡盛






















青いトマトのピクルスが・・
時間の経過と共に、更に美味しくなってる・・

泡盛にあうなー


青いトマトのピクルス























今夜はきっと飲み過ぎてしまうだろう・・・



at 23:06|PermalinkComments(8)台所 

2012年09月11日

毎日使う圧力鍋

玄米を美味しく炊き上げたい・・
試行錯誤を繰り返しながらたどり着いた先は、圧力鍋だった。

・・というか・・
圧力鍋⇒炊飯器⇒琺瑯鍋⇒土鍋⇒圧力鍋・・と、結局は圧力鍋に戻った。

圧力鍋で炊くと、もっちりお赤飯のようになってしまうので、
アタシ好みのサラリとした玄米ご飯は無理という結論だったけど・・

浸水時間は1時間
水の量は、米と同量

・・で、難なく解決した。

しかし、アタシが持っている圧力鍋は、フィスラーの4.5リットル。
毎日扱うには大き過ぎて、手首に負担がかかる事がネックだった。

小さい圧力鍋を買おうと、ここずっと、研究してた。
候補に上がったのは、シラルガン、フィスラーなど・・ドイツ製だった。

ふと、目に止まった国産の鍋に興味がわいて調べてみた。
何と、40年間、部品その他変わる事がなく、一つ一つ、職人の手作業らしい・・・

決め手になったのは、山形で作られているという事。

佐藤さんのお米と同じ地方なのだ・・・


ピース圧力鍋 2.8リットル

レビューを読むと、皆さん、「モチモチの玄米ご飯が炊けて最高ー」・・とあるが・・
それは、水の量で解決出来る事もわかってるから大丈夫と思った。

重り式というのも、最初は不安だったが、
トーマス機関車のような音が、何とも心地よい♪


圧力鍋





















玄米は、洗ってすぐに炊く。
浸水時間ゼロ・・ほんとかなぁ・・と思った。

水の量は、玄米より2割少なくしてみた。

ハンゴウのような内鍋に、水加減をした玄米を入れて、
外鍋にも、1カップくらいの水を入れて炊くんです。
もちろん、内鍋を使わず炊く事も出来る。
その場合は、こんな小さな鍋なのに5合炊ける。

でも、内鍋炊飯がアタシ向きかな♪
内鍋では、3合炊けるし、
炊き上がったら内鍋を出して、木蓋をすれば、そのままイイ感じのご飯櫃になる。

しゅしゅぽぽ・・音がしてきて、重りが軽く左右に振れ出したら、
火を弱火にして20分。
蒸らしは15分くらい。


アタシ好みの、すごく美味しい玄米ご飯が炊けた。


ピース鍋で玄米を炊いた♪
























小豆玄米ご飯は、どんな風に炊けるだろうか・・・と・・
お昼ご飯に炊いてみた。

里畑で収穫した小豆です☆


小豆245g























小豆も、洗ってすぐ、玄米と一緒に炊いちゃいました。

無謀だよなーって思ったけど・・・

小豆は、つぶれる事もなく、とっても柔らかくなってて・・びっくりしたわ・・・


炊き上がり

























お昼ご飯

「小豆玄米ご飯&ゴマ塩」

この美味しさには感動した・・・
ご飯と小豆の食感も理想的なんだけど、なにしろ、香りが良い。
玄米と小豆って、すごく相性がいいのねー


小豆玄米ご飯























「胡瓜の糠漬け&ミョウガの梅酢漬け」


ミョウガ&胡瓜






















写真は忘れたけど・・

「豆腐とアオサの味噌汁」


ちっちゃい圧力鍋・・・すごく扱い易くて・・

これで又、台所が楽しくてしかたがなくなったわ(笑)

at 21:48|PermalinkComments(10)主食 

2012年09月09日

休暇は山の家で

山の家に来ています。

昨日は運転しながら考えた・・・
(今夜、何食べよう)・・って。

着いてから街に出るのは億劫なので、途中のスーパーに寄った。

期待なんかしてません。
特に魚はね・・
気の利いたチーズでも買って、今夜はウイスキーでも飲もう・・なんて思ってました。

チーズコーナーには、フランスやイタリア直輸入の美味しそうなのがあったので嬉しかった。

だけど、その前に、やっぱり魚を覗いてからにしようと売り場を移動したら・・


真鯛
調理してくれると言う。

「一人だからどうしようかしら」

・・と言ったら・・

「半身は刺身用に、
 もう半身は塩焼き用に、
 アラは、潮汁にいかがですか?」

・・と、とっても親切な売り場の人♪

待ってる間、思わず携帯で写真を撮っちゃったわ。










もう、こうなったら日本酒を買わずにはいられない(爆)

早足で酒売り場に行き、金沢のお酒を選んだ。

豆腐と葱を買い、いそいそと山の家に向かった。

このスーパーから山の家までは15分♪





晩酌


直感で選んだ、このお酒・・
当たりでした


加賀鳶























アラは、軽く塩をしておいて・・
熱湯にくぐらせてから冷水で洗って・・
豆腐と葱のスープにした。


アラ






















塩焼き用の切り身は、明日のお昼ご飯に食べよう♪


塩焼き用























刺身用の切り身


刺身用に























お刺身、すごく美味しいよー


刺身






















胡瓜の浅漬け


胡瓜の浅漬け























飲み過ぎたわ・・・



庭の様子


森の家から移植したモミジが、ずいぶんと大きくなった。


モミジの木






















ミョウガ

ミョウガ♪























胡瓜

胡瓜























大根

大根























バジル

バジル























シソの葉

シソの葉

























お昼ご飯の前に、草むしりしよう

at 11:01|PermalinkComments(12)もう一軒の森の家 

2012年09月06日

思い込みは良くないゾ

松前漬け・・・
アタシにとって三指に入る酒の肴。

人参さえあればすぐに仕込めるように、
粘りが強くて柔らかい釧路昆布と、天日干しスルメは常備してある。

昆布やスルメは細い方が口触りがいい。
キッチン鋏でカットする時、釧路昆布は柔らかくてすごく楽なのよ。

しかし、いつも考えていたのは、スルメの足をどうするか・・・って事だった。

松前漬けには、身だけ使って足はたまっていくばかり
足をどうするか・・
呑んべぇのお決まりは、炙って・・でしょ?

だけど、アタシはこれが苦手。
しみじみと美味しいのだけれど・・
顎が疲れちゃって、お酒に集中出来ない。
美酒であればあるほど、硬いスルメの足を咀嚼する事が邪魔になって来るのよねぇ・・・

で・・冷蔵庫の野菜室奥には、スルメの足がたくさん詰まってるんですよ

塩麹に浸け込んでみたり、
酒と醤油に浸けて、アタリメ風な肴にしてみたり・・
いろいろチャレンジしたが、
思わず唸るような酒の肴じゃないのよね・・

今回、スルメの足を、キッチン鋏で縦に薄くカットしてみたのよ。
イボイボがバラケたりするけど気にしない(笑)

普通に美味しく出来ましたよ 松前漬け☆
スルメの足も遜色ないどころか、柔らかくて、味が濃いですね。

なんだか、すごくスッキリした
思い込みって、よくないなぁ・・・ホント・・

こんなに大成功するなら、人参も気合い入れて細く切れば良かったわ(爆)


松前漬け
























晩酌


もちろん・・
松前漬けで冷酒。

後は・・

「ピーマンおかか炒め」

あ、この写真はお昼ご飯の時よ(笑)
残ったおかずを、肴にした。


ピーマンおかか























「カレイの煮付け」

実山椒の塩漬けを入れて煮ました。
すごく美味しく出来た♪


カレイの煮つけ(塩実山椒)
























ひとりオヤジ晩酌の相手は、金ちゃん

いつも、玄関脇のローズマリーの木に棲みついていて、
時々、郵便ポストの中に潜んで、アタシをびっくりさせる悪戯金ちゃん・・
最近見かけなくなって心配してたのよ・・

台所の窓に貼り着いてましたー


金ちゃん
























今日はよく頑張った・・・と思う・・
このまま飲み続けてたら明日が辛いぞ・・




「ぶっかけトマト素麺」


今日、配達されたばかりのトマトを湯むきして、
梅酢をチョイと入れた麺つゆに浸し、(鍋さん指導)
冷蔵庫でキンキンに冷やしておいた♪
トマトが浸み込んだ汁もウマイのよー☆
なるほど・・梅酢が、全体をキリリと締めている・・・

庭のシソの葉をちょこっと天麩羅にして、おろし生姜のトッピング。

ミッキー野菜屋のトマト・・最高



トマトぶっかけ素麺























ゲリラ豪雨の後だから凄く涼しい台所・・

窓を全部開け放って、虫の声に聞き惚れた夜



at 23:24|PermalinkComments(10)キッチンラボ ノーム