2013年01月

2013年01月31日

つるりんの秘密

西の愛妻家鍋さんのブログで見た"柚子ジェル"
ピンときて急ぎ、柚子を買いに行き・・作りました。

しばらく寝かせて・・使ってみたら・・
もう驚きのジェルだった。

アタシはもともと、乳液や美容液など使わないタチなので、その良さがはっきりわかった。

コマーシャリズムに乗っかって、乾燥肌やしっとり肌などと決め付けると、
肌に負担をかけるだけじゃなく、無駄な徒労に心を縛ることになる。
自分の肌を鍛えたほうが、向こう(肌)が折れて自生してくれるようになる。

・・・そんな肌哲学を持っているアタシには、まさに、ピタリとはまったジェルだった。

次の柚子の季節まで、たっぷりと使えるように作っておかなくては!
・・と、柚子の産地 "もてぎ" の道の駅に電話をした。

残念
柚子の時期は終わっていた

落胆するアタシを気の毒に思ったのか・・担当者の方は、たいそう親切だった。
「知ってる農家に聞いてみます」・・と言ってくれた。

しばらくして、道の駅の人から電話があり、
種を冷凍保存している人がいるので送って下さるとの事・・
「差し上げますので、送料だけご負担下さい」・・の言葉に驚いた。


丁寧なお手紙と共に、冷凍柚子の種が届きました


すごい量の柚子の種だった


柚子の種























自然解凍で、溶けるのを待つ間・・
焼酎を買いに行った。


焼酎5リットル使った・・・

完成した"柚子化粧水"

左の細長い瓶は、試しに "ピュアウォーター" で作ってみた。
ピュアウォーターの瓶だけ、冷蔵庫保存にしたわ♪


柚子化粧水






















こういう手作り自然化粧品は、使う時もアタシ流哲学があるのよ(笑)

綺麗なガラス瓶に入れて・・なのよね♪
だって・・気分が違うでしょ・・
瓶を手に取っただけで、お肌つるりんになる予感がしなくちゃネ☆

ベネチアの真っ赤な瓶は、使い道がなくてしまっておいたもの。
羊の絵が可愛いグリーンの瓶は、shinの旅土産だったけど、台所の棚に飾っておいたもの。
二つとも、柚子ジェルにぴったりなのよ


ジェルの瓶






















この家のお風呂場は二階にある・・
風呂場続きの洗面所は、便利なようで欠点もあるのよね・・
湯気が充満しちゃう。

今回、壁面の収納を取り払って・・
ガラスの棚を取り付けた。

洗面所


























しかし・・・
田舎はいいなぁ・・

人が、皆、親切・・

"西の愛妻家" と "もてぎ道の駅の人" に感謝

at 11:50|PermalinkComments(16)おしゃれ 

2013年01月30日

のんびりとストーブ料理

少し寒さが和らぎました・・
ホッとしたけれど、朝のうちはやっぱり寒い。

台所はストーブを2台焚いて部屋を暖めますが・・
もったいないから、この時間が料理時なのよね。

寒いょぉ寒ぃ〜と言いながら、ストーブの前に椅子を向けて・・
朝茶を飲みながら今夜の肴を考えるの。

野菜置き場を覗いたら、ジャガイモと人参があるので、ポテトサラダを作ります。

人参&ジャガイモ鍋























ゆで卵はストーブの火で作ると、殻がクルリンと剥けるのよねぇ・・どうしてなのかしら・・


卵鍋


























「お昼ご飯」

ポテトサラダを味見。
ジャガイモ&人参&玉葱だけなんだけれど美味しく出来たー♪
今回は、ディル酢を使いました。

酸っぱくなっちゃった大根と人参の糠漬けを、ごま油で炒めて、
味醂をちょびっと入れ、香りつけのチョイ醤油。
鰹節をかいて・・混ぜ、
金ゴマをまぶした。

玄米ご飯とワカメの味噌汁


ポテトサラダ&漬物炒め































こんな調子で、ストーブ料理はフル稼働・・

近所の人に "ヘソ大根" なるものを頂いた。

皮を剥いて分厚く輪切りにした大根を茹で・・
大根の真ん中に、笹竹の棒をさしていくらしい。
寒風の中、一ヶ月くらい軒先で乾燥させて完成する・・手間隙のかかる干し大根なのです。


ヘソ大根






















ヘソ大根を使った"お煮しめ"を作る。
家にあるもので、煮崩れない食材をチョイス。
干し椎茸、コンニャク、高野豆腐・・・人参は煮崩れるから上のほうに置いて蒸し煮。

ストーブで2時間くらい煮た鍋・・いい感じだわ♪
明日が美味しいのよね・・


煮物

























晩酌

「お煮しめ」 で熱燗


お煮しめ






















ヘソ大根・・・もう・・なんていうのかしら・・お肉のような食感です。
ものすごく美味
病みつきになる味です。

今度は自分で作ってみようと思った。
寒い寒い山の家ならできるわね!
里畑の大根を採りに行かなくちゃ☆

at 22:52|PermalinkComments(4)もう一軒の森の家 

2013年01月27日

ないない料理は楽しいナ♪

"キンピラ"が食べたくて、ゴボウ&人参を買ったんだけど・・

ゴボウだけのキンピラにすることにした。

だけど、鷹の爪がない

ふと思い立って・・
醤油漬けにした青唐辛子を使ってみたら美味しく出来た
鷹の爪とはまた違う、爽やかな香りと辛さに・・大満足。
ご飯に合うんだわぁ


きんぴら






















人参は厚めの千切りにして、軽く塩をして、ときどき振っておく。
お豆腐のパックがとっても重宝なのよー♪

このままポリポリ食べても美味しいし、マヨネーズでもイケるよ☆
冷蔵庫で4、5日はOKだし、
煮物や炊き込みご飯などにチャッチャと使えるから嬉しいのよね。


塩人参






















ちっちゃい冷蔵庫も、あれやこれや詰まってて・・少し整理しないといけないので
今夜は鶏料理。

お昼ご飯の準備をしながら、晩酌の準備です(爆)

まず、鍋に、微塵切りにしたニンニク&オリーブオイルを入れ、ストーブに乗せた。


ニンニク






















いい香りがしてきたら、玉葱の粗ミジンをたっぷりと投入。

ちっちゃな土鍋は、昨日の”野菜すうぷ"の残りなの。
お昼ご飯の味噌汁にします♪


ストーブで・・




























仕事が終わり・・
風呂上がりの麦酒を飲みながらの料理。

キツネ色でとろとろになった玉葱を、かき混ぜながらの麦酒・・
なんて美味しいんだろう


とろとろ〜





















お昼に塩をして寝かせておいた鶏肉を、フライパンで焼いて焦げ目をつける。
たっぷりのウイスキーと共に鍋に入れ・・
コトコト・・・

ワインも日本酒もないのでウイスキーを使う。
以前、ウイスキーを入れて作ったグラタンが美味しかったので、
自信あるんです☆
ウイスキーは100ccくらい・・ドボドボ入れちゃいました。


ウイスキーたっぷり&鶏肉を入れて

























晩酌


冷蔵庫の中でふらふらしてた"ひとかけのバター"を使ってしまいたかったので・・・

「シチュー」にしました。

豆乳を入れて、沸騰間際にストーブから下ろす・・・
塩&胡椒だけの味つけですが・・
ひっくり返りそうになるほど美味

ウイスキーのせい
ストーブ料理だから
それとも・・
よけいなモン入れないからかなぁ・・・

この"ないないシチュー"・・・フレンチです


シチュー






















今夜はジントニック飲んでます。

at 22:43|PermalinkComments(8)キッチンラボ ノーム 

2013年01月25日

コンビニご飯は虚しくて・・

100キロの道のりを行ったり来たりの生活・・・
さすがに疲れてきた・・

コンビニのサンドウィッチはなかなか美味しくて好きなんだけど・・
たまぁに買うから美味しいのかもね。
味が濃い?っていうか・・塩気がキツイよね・・

今日は、お昼用に "納豆巻き" を買った。
コンビニのお寿司は初めて買うかも・・・
楽しみぃ

しかし、こうも料理をしないと・・ブログに書く事もない
自分のアイデンティティーの貧しさにアングリ・・・



野菜小屋に、ミッキー野菜屋の白菜があった・・というか・・忘れてた。
新聞紙にきっちり包んであったので大丈夫だったわ☆

今、ストーブで "おつゆ" 作ってます♪

ざく切りの白菜を敷いて、聖護院蕪を乗っけて、水を少し入れてコトコト・・

いい匂いがしてきました〜
昆布も鰹節もないから、出汁無しなんだけど・・
これでいいのよね!
野菜からダシが出るもの♪
小鍋に取りわけて、お昼は味噌汁に・・

夜は、麺つゆを入れて "煮込み野菜饂飩" かなぁ


ストーブで・・






















追記

お昼ご飯

味噌汁が美味しい
出汁要らず

お昼ご飯



























そうそう!山の家でシューマイを作ったのよ☆

名人作 和蒸籠・・・初めて使いました。

すばらしい使い心地だった。
そして、とっても驚いた事に・・
蒸気の滴が落ちないんです。
木蓋が、全部吸ってくれるのね・・・


山の家の晩酌

「シューマイ」


蒸籠でシューマイ




















at 12:05|PermalinkComments(10)日本の手仕事 

2013年01月21日

さっぱりとした台所で・・

今日は外仕事だった。
帰り路、明治神宮に初詣。


明治神宮




















明治神宮の酒樽
























晩酌

がら〜んとなった森の家の台所・・

それでも晩酌はアタシの生きる糧だから、居心地良くするために工夫した。

低反発の三つ折りマットレスを壁際に敷いて、毛布でカバー。
このお客様用だったマットレス、けっこう優れ物だわ・・
引っ越し屋に処分してもらおうと思ったけど、取って置いてよかったわ♪
毛布が密着してずれないし、床に置いても滑らない☆
クッションを置いたら・・なかなか座り心地がいい(笑)

60センチ角の津軽塗りのお盆がテーブル代わり。

イカを炒めて、人参サラダ&ホウレン草のおひたし。

安焼酎飲んでます☆


晩酌





















さすがに・・この絵は恥ずかしいけれど・・
これも自分史だもの♪

なかなか快適じゃ

at 23:44|PermalinkComments(24)台所 

2013年01月19日

目が点になった日

照明の取り付けも終わり・・
さぁ!運ばれて来た段ボール箱を開ける作業をしなくちゃ!
・・と、飛び起きた朝・・

eri(shinの妹)からの電話

「ねぇねぇ、テーブルくれるって言ってたでしょ?いつかなぁ〜♪」


そうだった忘れてたわ・・
足を取って、車に積んで、eri宅に向かう。


eriの家に行くのは初めてだった。
豪邸とは聞いていたが・・

上機嫌なeriが出迎えてくれた。
・・・が・・階段が・・ちょびっと散らかってるゾ(笑)


BlogPaint










なんて幅広い階段なの
凄過ぎるぅ〜〜
旅館の階段のよう・・


階段






















昇り切った所、天井の照明☆


リビングの照明






















が・・・・・・・ここは・・・・え=====何

広い広いリビングダイニングキッチンは・・・ゴミの山だった


居間






















リビングルーム


リビング






















食卓


食卓






















シンクへの通路・・・けもの道


台所への道






















行きついた先の・・・シンク&ガス台


台所





















ガス台の前に・・・立てない・・足が震えてきたゾ・・・
eriに恐る恐る聞いてみた・・
「どうやって料理すんの?」

斜めから、つま先立ちで背伸びして・・ですって

ガス台






















アタシ・・・山の家を片付ける前に・・ここを片付けるの・・
まさか・・・・
どしたらいい・・

持って行ったテーブルは、長女の勉強机にすると言っていたが・・入らなかった・・・
彼女の部屋の前には、うず高く積まれたゴミの山で・・
ドアの前までたどりつけない(泣)

at 21:05|PermalinkComments(16)友人 

引っ越し翌日・・照明の取り付け

新たに森の家の住人になる "しっぽ" とアタシはとてもウマがあって仲良しだが、
趣味が違う所が・・今回は良い方に出た☆

しっぽは、蛍光灯の明るい照明が大好き。
アタシは、白熱灯の暗めの照明が好き。

こだわって選んだ森の家の照明を、取り外して持ってくる事にした。

森の家を建てた時に、一番にこだわったのが照明だった。
食卓の上のメインライトは、幾日もかけてカタログを穴があくほど見た。

どうしても欲しいライトがあった・・
それは薄いベージュのスカボガラスで、大きな楕円形のお釜をひっくり返したようなヤツだった。
天井から、艶消しの、鉄の鎖でぶら下がるようになっていた。

そのメーカーに電話をして注文したのだけれど・・
天井の高さと、テーブルの高さを教えて下さいませ・・との事。

結果は・・
「弊社の照明をお気に召して頂けて光栄です。
 が、しかし・・
 食卓に座って、反対側に座られた方のお顔が・・見えません・・
 ライトが大き過ぎます・・」

・・と、言われて断念した思い出(爆)




今回、パンダ引っ越し屋に、照明を外してもらい・・
山の家に取り付けた。

"だるま"にお願いした♪


だるま





















シンク側の照明は、仕事部屋で使っていたハロゲンライトにした。

シンク側の灯り






















玄関のテラコッタ壁灯

内側にハーブのエッセンシャルオイルを垂らし、
点灯すると、熱でハーブがほのかに香る。


玄関壁灯り























寝室のライトだったものを廊下に付けた。
すりガラスの坊主灯


玄関廊下の灯り






















シンク上のライトを取り付けたのは・・
玄関脇のデットスペース。
野菜置き場にしている所。
エメラルドグリーンのライトです。


玄関横(野菜置き場)の灯り






















台所の柱には、アイアンのライト。
この下には、手回しの珈琲ミルがある・・


台所の柱灯り






















台所の天井の照明は、アイアンとスカボガラスのライト。


台所の照明





















だんだんと・・アタシの棲家らしくなってきた☆



at 19:33|PermalinkComments(4)もう一軒の森の家 

終の棲家へ引っ越し当日

朝8時半・・
パンダ君が到着。
雪の中の引っ越しとなった。

重装備で、雪かきスコップも3本持って来ていた。



雪の中の引っ越し






















山の家に到着

意外にも雪はほとんど溶けていた☆


荷物の到着





















パンダ引っ越し屋は、噂にたがわず、ホントに素晴らしかった。
丁寧で早い。
なにしろ、階段は3段一足で駆け上がる(笑)


植木を運ぶ





















植物を置くと落ち着くなぁ♪


茶の間























終了したのは夕暮れだった。

パンダ君、柱に取り付けてある珈琲ミルに興味を持っていたので・・
「珈琲はお好き?」と聞いてみたら、大好きと言う。

深煎り珈琲をネルドリップで淹れたら、
「こんな美味しい珈琲、飲んだ事がないっす」
・・と言ってくれて嬉しかった♪

記念写真


パンダ3人組






















近所の和菓子屋のお赤飯をお土産に・・・
「お赤飯大好きっす!」
・・と、喜んでくれた

最初から最後まで、とびきりいい笑顔のパンダ君達。
そうとうキツイ仕事なのに・・・すばらしいな・・

お世話になりました。
いい思い出が出来ました。
どうもありがとうございました!!

ありがとうパンダ君




















at 15:02|PermalinkComments(4)もう一軒の森の家 

2013年01月15日

お別れ会

引っ越し前日・・・
およばれしました。

アタシのお別れ会をして下さるって・・・

携帯カメラで撮ったのでブレブレだけど・・

忘備録としての記。


料理屋さんのアプローチも雪でガチガチだった。
長靴履いてきてよかった☆


料理屋さん





















宴席

自称「ノームファンクラブ」 だそうな・・・(テレちゃうナ)
演奏会にはいつも来て下さって・・支えて頂いた・・
ありがとうございました(涙)


宴席





















はせがわさん






















たかひこせんせい




















そめやさん






















さぶろうさん





















お花を頂いた・・・


お花





















この町で忘れられない方々・・
お世話になりました。
アタシは幸せ者です。

at 23:00|PermalinkComments(12)友人 

2013年01月14日

雪と涙

朝から雨だった・・・
お別れのお線香を上げさせて頂きに、名人のお宅に伺う。

奥様がにこやかに迎えて下さった。
お掃除の行き届いた小ざっぱりとしたお部屋は暖かく・・
石油ストーブにかけた薬缶から湯気が上がっていて、心もぬくくなる。

お茶を頂きながら・・名人の思い出話しに会話も弾む。

「紅茶でもいかが?」・・と、席を立とうとなさったのを機に、おいとまをしようとしたら・・
奥様がアタシを制し、奥から段ボール箱を持っていらした。

「ご迷惑かも知れませんが、お父さんの作ったものを、あちらにお持ち頂けませんか・・
 実は、暮れに、お父さんの仕事部屋を大掃除した際、天袋から出て来たんです。
 こんなものを作っていたのかとびっくりしました。
 私はまったく知りませんでした・・いつ、作ったのでしょう・・
 あなたなら使って下さるのではないかと思いまして・・」


アタシは、とんでもないことです・・とご辞退した。

しかし・・奥様は・・

「お父さんが一番喜ぶ事が、私の一番の喜びなんです。女房ですから」


アタシは、下を向いて、ただ黙って首を横に振りながら涙がこぼれた・・





それは、"ひのき"のいい香りが漂う和セイロだった。
木組みの先端は、銅板で処理されていた・・

せいろ























蒸し板は、火にかける四角い釜に合わせて作り、すっぽりはめ込むようになっている。


四角い釜に合わせての細工





















セイロを乗せる側の蒸し板

蒸し板






















セイロを乗せてみた・・・ピクとも動かない・・


中




















中簾




















せいろ中の様子


























雨から雪に変わり・・
どんどん降っている・・

雪がどんどん降っている・・





















心が雪のように清らかになった日 

at 13:37|PermalinkComments(8)日本の手仕事