2013年03月

2013年03月31日

新入りの家族

ようやく桜が満開になった森の家地方です。

桜の写真を撮りに行きたいが寒過ぎる・・・
まるで冬に逆戻りしたみたい・・
ストーブに乗せた薬缶の湯気が御馳走の朝。



先日、植えた "ツリバナ"

渇き気味が好きなローズマリーの木は掘り上げて、プランターに移動した。



ツリバナを植えた♪























こんな寒いのに、新芽が成長してる・・・可愛いわぁ☆


ツリバナの新芽


























今朝はなんだかお腹が空いて、
昨夜残った "温蕎麦" の汁で和風カレーを作った。

「激辛和風カレー」

寒いから一味唐辛子をたっぷり入れた。

朝食にカレー・・・・・ステキダ(爆)


和風カレー























今日は床屋に行って来ます♪

at 08:48|PermalinkComments(8) 

2013年03月29日

予行演習

今までとは違う時間配分にも慣れ、
フクロウ型からヒバリ型に変化した毎日。
ヤクザな仕事の割には・・堅気の生活しています(笑)

しかし・・夜は早く眠くなっちゃって・・
だらだらとオヤジ晩酌しながらブログを書くなんてこと出来なくなった(泣)

ここに遊びに来てくれる奇特で貴重な人に飽きられちゃうんじゃないかと気が気でないのよ・・
どうか長い目で見てくんり。



友人のスーさんのおもてなし料理に、"山菜おこわ" を作るつもりなので・・
今日はその予行演習をした。

蒸篭を使っての事は始めてなので・・って言うか・・
"おこわ"を作るのは人生初(爆)
だからネットで検索して、コレダ!というレシピを採用させてもらった。

具を煮て、その煮汁でもち米を煮てから蒸篭に入れるという方法。
べちゃっとならずに上手く出来るらしい。

ものは試し・・やってみました。

具は、とりあえずあるものを使った。

干し椎茸・干し貝柱・人参・ゴボウ
そして、ワラビ。

出汁+干し椎茸の戻し汁+干し貝柱の戻し酒+醤油・味醂・塩で具を煮て・・
具と煮汁を分けておく。

その煮汁で、もち米を煮て、汁がなくなったら具を入れて混ぜた。


もち米&具























蒸気が上がってきた・・

ワラビは最後に乗せて蒸し上げる・・・らしい・・


蒸篭
























出来たー☆

美味しそうに見えるでしょ?

それが・・・失敗でしたん

敗因は・・・

 .錺薀咾柔らかすぎた・・・
   (佐藤さんに教えて頂いた"ワラビの一本漬け"にしておいて、後混ぜするだけでいい)

◆〔が複雑過ぎた・・・
   (干し貝柱はいらないなぁ〜"中華おこわ"みたいな味になっちゃった)

要は、佐藤さんのワラビが、それだけで美味なので、
余計なものは入れず、余計な事はしない方がいい。

何事も経験だわねぇ・・・・・・


山菜おこわ


























素材だけの力で作る料理はホントに美味しいのよね・・

その典型がコレ。

「おろぬき大根のおかず」


ちっちゃい大根と葉っぱをザクザク刻んで、
フライパンで乾炒りする。

水分が引いたら、ごま油を垂らし、醤油&鰹節。

今回は、青唐辛子醤油を使ってみたわ♪


乾炒り























絶品


おろぬき大根のおかず

























森の家地方の桜は3分咲き・・
朝夜は寒くて、ストーブ焚いてるわ。

寒暖の差が激しいから、お風邪など召されませんようにね・・

それじゃぁ・・又



at 10:07|PermalinkComments(8)台所 

2013年03月23日

相棒のメンテナンス

引越しで・・肉体的・精神的打撃を受けた相棒のメンテナンスに、
主治医の倉がやって来た日・・・


今までは隣に住んでいたから、
ちょっと機嫌が悪い相棒をなだめるのに時間がかからない絶好の環境だった。

今は、車で片道2時間の距離・・
相棒もアタシも、不安な日々だった。
普段は、できれば顔を合わせたくない倉だが、この日ばかりは待ち焦がれていた。


数日前から、倉が喜びそうなご馳走を考えていた。
泊まっての夜の宴会なら、いろいろ浮かぶが、
倉の休みは、この日だけ・・
翌日から九州だという。

お昼ご飯のメニューを考えた。

数日前に、西の料理番が送ってくれた"イカナゴ釘煮"を出そうと決めた。

倉の口癖は・・

「東京に来て一番驚いた事は、
 蕎麦や饂飩のおつゆが真っ黒な事と、
 イカナゴ釘煮がない」

・・だった。

倉は、春になると亡き母上の思い出話として、いつもイカナゴ釘煮を持ち出した。

「母はこの時期、イカナゴをゲットするのに大騒ぎなんですよ。
 頼みもしないのに、クール宅急便で送りつけてくるんです。
 あの頃は、うるさいなぁって鬱陶しかったけど、静かになった時は、母はもういなかった。
 今となってはイカナゴ釘煮は母の味なんです」

そうなのよね・・倉のお母様の命日は、春のお彼岸だったものね・・





午前9時半、家の前にタクシーが停まり、倉が降りてきた。
えっ?電車で来たの?と思ったが、集中力を長時間持続するためなんだと・・すぐに察した。


仕事場に入るなり、初めての対面となる、古いアップライトピアノに興味津々の様子・・


興味津々の倉






















見つめて動かず・・また病気が出たゾ(爆)

見つめて動かず(爆)






















このピアノは、いずれ、倉の工房に上げて修理する予定。






お昼ご飯


マグロずけ丼・とろろ昆布のおつゆ
大丸・イカナゴ釘煮・つけもの


お膳を台所に用意して、
ポケットにカメラを忍ばせ、
仕事部屋の倉に声をかけた。


お昼ご飯
























「大丸がどしてここにあるの?ずけ丼、大好き!」・・と、上機嫌で食べ始めた。

イカナゴ釘煮は気付いた様子がなく、箸をつけない。

「いつもの佃煮じゃないね、何?これ」・・と、口に入れた瞬間・・

ヒヒンと馬のいななきのような声を発したような気がするが・・
ともかく、変な声が喉もとから出た。

ジーっとアタシを見つめ、
倉  「なんで?これどうしたの?イカナゴ釘煮だよね!」

アタシ 「そうよ、美味しい?」

倉  「作ったの?なわけないか・・わざわざ取り寄せてくれたの?」

アタシ 「西の友達が作って送ってくれたのよ」


箸が止まったまま、イカナゴ釘煮を凝視していたが・・
鼻がトナカイのように赤くなり・・

「母の作ったのは庶民の味だけど、これは高貴なイカナゴ釘煮だね」

・・と、笑いながら言おうとしてるんだけど、
右頬が痙攣したと思ったら泣いた。

アタシ  「早く食べなさいよ!」

倉  「うん、美味しい」  

・・と、下を向き、目をつぶって、噛みしめながら食べていた。

ずっとシャッターチャンスを狙ってたんだけど・・
なんだか・・倉がかわいそうになり・・写真は撮れなかった。








相棒のメンテナンスに要した時間は、8時間30分だった。

途中、珈琲もお茶も飲まず、水を立ったまま、コップで2杯飲んだだけ。


倉1






















倉2






















倉3






















倉4






















あたりは暗くなってきた・・・


倉5(日が暮れた)






















フィニッシュ。

バッハの小品を弾く倉の音は、
夜のしじまに・・金の粉が降り注ぐようだった。


倉6(フィニッシュ)






















倉の名誉のためにも、残したくなった相棒と倉のレーシング。


春の彼岸の忘備録。



at 17:44|PermalinkComments(32)友人 

2013年03月20日

ぼたもち

お彼岸のお墓参りも済ませ、さて、お供えのご馳走でも作るか・・・
・・と思案しながら、深煎りの珈琲をドリップしていた。

お彼岸といえば、ぼたもち なんだけど・・
難しそうだし・・
小豆を甘く煮ることがトラウマになってる経緯もあり、
(以前、試みたことはあるが、小豆が固くなっちゃった)

で・・山菜おこわを作ろうかなと思っていた。


ピンポンが鳴った・・


母親くらいの年齢のご夫人が、お花の寄せ植えを抱えて立っていた。

お顔は見たことはあるが・・どなただったかしら・・・??

その夫人は、アタシのことを知ってるらしく、人懐っこい笑顔で・・
「住み心地はどうですか?落ち着きましたか?」・・と言う。

「お花、お好きらしいからコレ、たいしたもんじゃないけど・・引っ越し祝い!
 ホームセンターでお花を買ってきては、こんなことして遊んでるのよ」

可愛らしい寄せ植えを頂いて・・もうびっくり。


お花






















よく話を伺うと、母と親しくおつきあいくださっていたようだ。

"引越し祝い" という言葉が嬉しかった。
歓迎されてるということなのね・・・






ほどなく、倉が来た。
相棒の健康診断が始まる。

長時間を要するようだ。

アタシはその間、暇なので・・ぼたもちを作ろうと思う。
人生初(爆)

お花を持ってきて下さった方にもおすそ分け出来たらいいな♪



ネットでレシピを検索したら、案外、簡単に作れそうなのよね・・

もち米とうるち米を半々に・・普通に炊いて、すりこぎ で突いて餅にすればいい。
なんだぁ・・道明寺と同じ工程じゃないの☆

羽釜で炊いた。


餅を突く























去年、里畑で収穫した小豆を使った。

これよー♪

500gも採れたのよね・・


小豆























どうやら上手く煮えたようだ


小豆が煮えた





























話はあらぬ方向へ飛ぶが・・・

eriから携帯に、写メールが来た。

「なおちん(アタシのこと)の台所に刺激されてカタズケしてるよー」


eri台所




















OH!!けものみち・・・消えた



eri台所2













流し台・・・可愛いパネルだったのねぇ(爆)









お彼岸の "ぼたもち"  完成♪

まずは、仏壇にお供えした。
(ちょっと得意♪ 母もびっくりしてるに違いない)

たくさん出来たので、お隣の一人暮らしの奥さんにお届けして、
母の友達の家にもおすそ分け出来た。

頑張ってるeriのところにも、これから持って行くわ☆


ぼたもち























こういう昔からの行事には、何か意味があるのだと思う。

食べてもらえる喜びと、みんなの笑顔も嬉しいし・・

なにより心が充実するわ。

これからは、年間を通して、伝統食を大切にしていこうと思う。

at 14:32|PermalinkComments(16)台所 

2013年03月16日

春の陽気

東京では桜が咲いたとか・・・

ぽかぽか陽気で、洗濯や布団干しに大忙しの一日だった。

洗濯物を干しながら見上げれば、青空いっぱいに咲き誇る梅の花・・
梅の花の香りを胸いっぱい吸い込んで、真っ白いシーツをピンと干す。
幸せを感じた朝だった。



玄関近く、道路側の紅梅も咲き始めた♪
道行く人が、「綺麗ですねぇ」と声をかけてくれる。

ちょっと嬉しい(笑)


紅梅


























今日のオヤジ晩酌も待ち遠しかった。

夕方、西の料理番から肴が届いたからだ♪









晩酌


手作り 「いかなご釘煮」


いかなご釘煮






















釘煮と言うからには、硬いのかと思っていたら・・
柔らかいのねぇ

生姜が利いてて凄く美味しい

深〜い味なのよね・・
余計な味がしない。

う〜〜〜ん・・・・たいしたもんだわ・・・本物だー

丁寧な仕事するなぁ・・・・・・・・







「大丸」

関東の蒲鉾とぜんぜん違うよ・・・
魚のしっかりとした味わいがあって、卵とベストマッチなんて・・しんじられないよー

とにかく美味しい

高知って・・すごいや・・


大丸

























いかなご釘煮は、大振りのタッパーにぎっちり入ってましたん(笑)
タッパーごとラップで丁寧に巻かれて・・

コレ作るの、ものすごく大変な工程なのよね。

なんだか心がジンとしたわ・・

だって・・いつもブログでしか見たことがない手作り料理が、こうして今、アタシのもとにある・・



冷酒 土佐鶴をちびりちびり飲みながら・・心が高揚した夜。



at 23:09|PermalinkComments(12)友人 

2013年03月13日

畑の恵み山の恵み

山形の米蔵から届いた玄米の箱の中・・
またいつものように、たくさんの野菜や漬物や山菜が入っていた。

こんなに頂いて・・・・本当にいいのかしらといつも恐縮するが、
箱を開けた瞬間、わぉ〜〜って叫んでしまう。



佐藤さんが山で採って、塩漬けで貯蔵していた"ワラビ" と手作りの漬物各種。
 
胡瓜の置き漬け・赤蕪の麹漬け・からし菜漬け・小茄子漬け・沢庵

沢庵は、佐藤さんの花畑の紅花を摘み採って色付けに使う大変な作業・・



つけもの達&ワラビの塩漬け






















冬菜・白菜・水菜

そして、アタシは初めて見る "ひろっこ"


野菜たち&ひろっこ


























今晩の肴をあれやこれや考えながら野菜を洗った。

洗いながら、つまみ食い

佐藤さんは"美味しくない"って言うけれど・・
スーパーの水菜を食べたことないんだろうなぁ(笑)

水菜って味の濃い野菜なんですよー♪

ほろ苦さと甘みが凝縮されてる・・すっごく美味しい!

サラダにしよう☆


水菜























ひろっこ





















これは、"ひろっこ" という山菜だそう。
初めてだわ

香りは、"のびる" に似ているかなぁ・・

「酢味噌和えが一般的だけれど、卵とじ汁も美味しいですよ」・・と佐藤さん。

洗っていて閃いた

オヤジ晩酌の〆に使いましょっと♪








晩酌


「豆腐と水菜のサラダ」

よく水切りした水菜をボウルに入れ、
豆腐を崩して加え、ごま油を回す。
鰹節&おろし生姜&梅醤油で和える。


サラダ





















ちょっとキタナラシイけれど、グチャグチャニ混ぜます。

ウチの鰹節は、粉になっちゃうから・・出た水分をいい具合に吸ってくれる(笑)

これがとっても美味しいんですよー☆


混ぜて・・



























〆 (まだまだ飲んでるけどお腹すいた)


「ひろっこ塩ラーメン」

いつもの作り方は、麺を茹でて3分経ったら、玉葱を加え、付属のスープを入れ、
最後に卵を落とし、箸でゆる〜く崩して終わり。

玉葱を "ひろっこ" に替えてみた♪


ひろっこ塩ラーメン





















何んでしょ・・この美味しさったら・・

焼酎の氷割り飲んでます♪




追記

翌日のお昼ご飯は、漬物三昧。

お昼ごはん























そして今日・・
仕事仲間とのお昼ご飯


仕事仲間とお昼ごはん






















みんな、漬物の美味しさに唖然としてたわ(爆)

佐藤さん、(見てないとは思うけれど・・)
どうもありがとうございました

at 21:30|PermalinkComments(8)台所 

2013年03月12日

記念樹の場所

終の棲家になる森の家に・・
アタシらしい記念樹を植えようと、ずっと思っていた。

ネットで、いろいろ写真を見ていたら、
"えごのき" という木に惹かれた。

最初は、いつも緑が茂ってる木がいいなと思ったけれど・・
"えごのき"は落葉樹。
四季折々で変わる姿もいいかもしれないし、
なんといっても、小さな可愛い花が鈴なりに咲く木にワクワクしたわ。

・・・で、"えごのき"の居場所はここにしたい♪

高さは十分にあるが・・でも、"えごのき" はもっと高くなるの?
屋根がかかっていて、水遣りは欠かせないという欠点もある。
南西で、日当たりは良い。

玄関の小庭






















3年前にローズマリーを植えたが、こんもり茂って大きくなり過ぎたので、
先日、枝をたくさん摘めて風通しを良くしたばかり。


お花























季節の花を植えて遊んでます♪

以前の森の家から運んだ鉢達・・
壷の中からビオラがこぼれてるように植えてみた☆


ビオラ



























南の庭には、この家のシンボルツリーである "ねむの木" があり・・

後は、椿や山茶花がたくさんある。

今日は、山茶花が咲いていた。


山茶花

























仕事部屋の、ちっちゃな三角サンルームのまん前にある梅ノ木・・
仕事しながらも花を見上げられて気持ちがいいの♪
夏は、日差しを和らげてくれるし、
小梅干しを毎年作る、だいじな木なのよ。

だいぶ花が咲き始めたわ・・

梅の木























一枝切って、玄関の正面に飾った。


梅の花






























お昼ごはん


柔らかめに炊いたご飯と、サツマイモ&葱の味噌汁

大根おろし・ヒジキの煮たの・納豆・なめたけ・岩のり・沢庵・人参の糠漬け


お昼ごはん






















チョイ風邪が抜けない・・
少し悪化したかもしれないな・・

食事を見直してみたら、お肉やこってり系が多かったような気がする。

野菜中心にして、身体を労わろうっと♪

しかし・・すっごく美味しかったー☆

at 13:00|PermalinkComments(16) 

2013年03月10日

商店が面白い

行きつけの床屋の竜さんが教えてくれたチーズ専門店に行ってみた。

一方通行の路地を入ったところにあるその店は、
えっ?・・っと思うほど普通の民家だった。

車をゆっくり走らせないと見過ごしてしまう・・


入り口






















何だかとっても可愛い看板♪


牛の看板






















感じの良い女性が応対してくれた。
ここのオーナーらしい・・

築70年の古民家の玄関引き戸を開けると、
小さなショウケースがポツンと置いてあった。

量り売りのチーズが並ぶ・・


ショウケース






















小さな喫茶コーナーもあった。


喫茶室





















オーナーにいろいろ教えてもらいながら買ったチーズは・・

パルミジャーノ・ブルー・ゴーダ・ミモレット・羊のモッツァレラ。

そして、手作りクランベリー
ブルーチーズと一緒に食べると美味しいらしい。



買ったチーズ&クランベリー&塩クッキー


























晩酌


塩パンを焼いた♪

塩パン

























「シチュー」  ジャガイモ・人参・蕪・玉葱・ウインナ・豚肉少々


シチュー


























「チーズ」

どれもこれも衝撃の美味しさだった・・・・

こんなに美味しいミモレットを食べたことがないし、
ブルーチーズとクランベリーの相性にもびっくりだわ。



チーズ
























赤ワイン一本・・・あけてしまいそうだ(爆)






この街の商店街はなかなかよいな♪

魚屋も肉屋も、木皮で包んでくれる・・パックやトレイは使わない。
分別ゴミにうるさい都市だからかもしれないナ(爆)


滅多にスーパーに行かないアタシだけど・・
今までよりも更に足が遠のく(笑)

ホント、小さな店が面白い♪

今度から買い物には、飾り物になっていた "アケビの籠" を使うことにいたしましょ☆

at 21:48|PermalinkComments(26)台所 

2013年03月07日

山に囲まれて

一日がアッという間に終わってしまう日々・・

環境が変わったから時間の配分がうまくいかない。

それでも今日は買い物に出かけた。

市内に下りるより、山側の北にハンドルを切ってしまう・・
何処に行くにも山があることが安らぎます。

小学校の6年間を、茂木の山の中で暮らした事が、
人生の原点になっているような気がするわ・・



ここは山の中のドラッグストア・・
家から5分のところにある。


ドラッグストア
















気に入ってるセーターが虫食いに(泣)

それにね・・押入れに入ってた純毛の毛布に、いつくもの穴が開いていた

今まではこんな事はなかったナ・・・


ドラッグストアで防虫剤を買って、洋服ダンスや箪笥に入れたはいいが・・
むせ返るような嫌〜な毒気に焦る。

虫も死ぬのだから人間にも毒よね

天然ハーブやスパイスで防虫になるものはないのだろうか・・
いつものスパイス屋で、クローブを大量に買い、
出汁袋に詰めて箪笥に入れたらどうだろうか・・

ご存知の方がいらしたら教えて下さい。








晩酌


ストーブで野菜鍋を仕込みながら・・

里芋・大根・人参・白菜


野菜鍋

























「シューマイ」

今までは、白菜を敷いてシューマイを乗せ、蒸篭に入れていたが・・
大量にストックしてある竹皮を使う事に思い至った♪

綺麗に蒸せるし、くっつかない☆
竹皮って凄いわねー


シューマイ























明日は東京へ行くのだが・・
北関東自動車道を使ってみようと思う。
家から近いところにインターが出来た。

でも時間が計れないから7時に家を出ないと怖いナァ・・


今夜は熱燗・・チビチビいってます♪

at 19:56|PermalinkComments(10)徒然 

2013年03月03日

息抜き曜日

ひなまつり


お雛様





























今日は、ずっと気になっていた台所の窓に目隠しのフィルムを貼った。

ちょっと遠いが、大きなホームセンターに行ったら最新のフィルムがいっぱい♪
実際に貼ってみないと分からないが・・勘で決めた。

微妙に外の様子が分かるが、外から中は見えない。

レースのカーテンより明るいや♪
夜になって電気を点けても、中は見えないヨ☆


窓























大きめ葉っぱ&お花の模様です♪

色を拾って乱反射する。
お花の芯に彩が映えるところが可愛いくて気に入った☆



窓フィルム
























ついでに、もう一箇所のフィルムを買った。

流し台裏の食器戸棚のガラスは透明なので、布を画鋲でとめていたんだけど・・
地震対策としては弱いよね。
それに・・雑々しい感じで気に入らなかったのよ。

Before


出窓の反対側























もっとシックにまとめたかった。

・・で・・コレにしたわ。

ちっちゃくて地味な色目の小花がどう出るかと思ったけど・・


食器棚のフィルム
























After

落ち着いた雰囲気で、アンティークっぽくなったぁ♪

・・・・って・・・・じゅうぶん古いよ(爆)
扉もキイキイ鳴くし・・
古いものを丁寧に愛おしみながら使うってヨイナ。


食器棚






























今日はひな祭りだから・・誰かと飲みたかった。
キョコちゃんを呼んだ。

ひなまつりと言えば "ちらし寿司"
しかし、キョコちゃんのリクエストは違ってた(笑)

宴会準備で白菜を干してます。


白菜を干す



























宴会



「白菜の蒸し餃子」



餃子を蒸してる♪























干した白菜は、すっごく甘くなって美味しい。

水分も出ず、うまく包めたわ。

餡は、白菜&ニンニク&挽肉です。
調味料は塩だけ。


蒸し餃子























「天麩羅」

さつまいも
かき揚げ2種   (ゴボウと人参 ・ 葱&髭根と玉葱とチリメンジャコ)

葱の髭根はとても美味しいのよ♪
トウモロコシのような香りがする。
しばらく水にさらして、よく土を落としてハサミでカット。


天麩羅























キョコちゃんは、「美味しい〜」を連発して喜んでくれた♪

「細かいものがごちゃごちゃあるのに、すっごく落ち着くよね!帰りたくな〜い」
・・と言ってくれた事が嬉しかった。


門限のあるキョコちゃんが帰り・・・
アタシは塩辛で・・まだ飲んでます。


ひなまつり






















at 22:26|PermalinkComments(14)台所