2013年10月

2013年10月29日

チョイ旅の記録

北へ行くのはとても楽チンになった♪
つばさ号で一路山形へ・・

つばさ号で一路山形へ


山形駅は初めてだったが、大都市です。
だけど、やはり空気が違うわね・・キリリとしてる。
空が綺麗だった。

山形駅


仕事が終わり・・
何処か散策しようにも、翌日も早いので後ろ髪引かれながら駅ビルをぶらっとした。

老舗のお蕎麦屋さんに入る。

山形駅蕎麦

900円の盛り蕎麦
いいの・・?この盛り付けで・・(汗)
お味は押して知るべしダッタ・・
いつも大盛りを頼むけれど、普通盛りにしておいてヨカッタ。

イマイチな蕎麦(汗)


ちなみに・・森の家地方の喜連川道の駅の蕎麦。
よく食べに行く。
450円


栃木の蕎麦






今日は筑波に車で出かけた。
北関東道が開通したので1時間半くらいの道のり。

霧雨が残念だったが、筑波山は美しかった。

雨の筑波山



どこにも寄らず帰路につく。
とにかく一刻も早く台所に帰りたかった。






オヤジ晩酌


こってりしたものが食べたくなって作った「南瓜のグラタン」

南瓜は蒸してから皮を削いで使いました。
皮は、冷蔵庫に入れて・・明日、かき揚げにする予定。


南瓜のグラタン


実はアタシ、南瓜があんまり好きじゃないの・・
週1で届く野菜屋の荷物に、毎回、南瓜が入ってくる(泣)

スープにしたり、南瓜パンを焼いたり・・と、頑張って食べる努力してる。

今日は運転しながら考えた。
チーズとの相性はいいかもしれないと・・

家の近くのチーズ専門店に寄って、ペコリーノを買った。
断面に、黒っぽい筋が入ってるんだけど・・黒トリュフだそう・・

南瓜のグラタン、凄く美味しくできた☆
なるほど・・ペコリーノが格上げしたようだ。
このチーズ、ペペロンチーノに使うと大御馳走になるなぁ・・

こんな夜は気分いい♪

伯母の葡萄酒チビチビ飲んでます。

台所万歳☆

at 19:47|PermalinkComments(10)徒然 

2013年10月26日

煮込まないカレー

ピーナッツ味噌を肴に・・
いつものオヤジ晩酌をしていた。

レモングラス割り焼酎をス~イスイと飲み進むうちに、お腹が空いてたまらなくなる。

気を紛らわすようにと、ブロ友の家を覗いて・・
美味しそうなカレーライスにノックアウトされる。

もうダメ・・

ブロ友の、こってりと煮込んだカレーは作る気力がないので、
煮込まないカレーを作った。


小鍋に水を入れ、カレールーを投入。
使ったカレールーはコレ。

カレールー


ぶくぶくしてきたらOKなんだけれど・・
流石に寂しくなり・・
ミニトマトと玉葱と唐辛子を刻んで入れた。



そうだ!旅先で買った鉄の器を使おう☆
(ホントはサラダボウル用に購入)


鉄器




オヤジ晩酌


「カレーライス&ラッキョウ」


カレーライス&焼酎




レモングラス割り焼酎、かなりハイペース♪

幸せ☆

at 22:16|PermalinkComments(6)台所 

2013年10月24日

葡萄酒に酔った夜

「葡萄酒できたよ、台風来る前に取りにおいで」
伯母からの電話に、出かける準備をする。

この間行った時に頂いた手作りのブルーベリージャムをたっぷり入れたパンを焼いた。


ブルーベリーのパン



ちっちゃい黄色い南瓜があったのでシチューも作った。
味見をしたらとっても美味しいので、レシピを記録。

鍋にカットした南瓜を入れ、白ワインをひたひたに注ぎ、ローリエ2枚乗せて火にかける。
(冷蔵庫内で邪魔だった白ワインを全部使い切った♪ヤッホー♪)

南瓜が煮えたら、"レモンとパセリのウインナ"を乗せ、少しだけ煮て・・
顆粒のシチューの素(ハウス)をちょびっとだけ入れ、
豆乳を200cc入れて、カトルエピスを振り、パハール岩塩で味を調え、黒胡椒をガリガリ。

南瓜のシチュー



手土産のパン籠とミルク缶に入れたシチューを車に積んで・・
小一時間のドライブなので、珈琲をポットに詰めた。





オヤジ晩酌


「ご馳走サラダ」

レタス・大根・蕪・人参・玉葱に、これを和えた。

牡蠣の燻製


柚子ドレッシングがベストマッチだった☆


ご馳走サラダ



葡萄酒


葡萄酒



美味しい・・・・・
なんて美味しいんだろう・・

自然の中で育った葡萄のおおらかさと、
添加物無しのなせる業だろうか・・
すごいなぁ・・

黙々と・・葡萄畑の草取りをしていた80歳になる伯母の姿が目に浮かんだ。


記念すべき夜

at 21:41|PermalinkComments(8)台所 

2013年10月22日

すうぷ運搬容器

知り合いから親しい友人になるきっかけに、食は大きなウエイトを占めると思う。

アタシの作ったものを美味しいと言ってくれる友達が二人出来た。
床屋の竜さんと、ガーデンショップのうさぎさん。
そして、二人ともアンティーク好きだ(笑)

まだウチにご招待したことはないが、
時々、ピザやパンなどお届けする。

うさぎさんにモッシュ・アワを持って行ったら、お口に合ったらしく、レシピを細かく聞かれた。
アタシは檸檬の塩漬けを使うが、すぐに調達できない食材なので、
それは省いて教えたのがいけなかったのか・・

忠実に作ったものの何かが違うと言っていた。

モッシュ・アワは頻繁に作るので、配達したいが・・
鍋を車に乗せて運ぶのが至難の業なのよね。
なにしろ山道でしょ・・どうやってもこぼれる(笑)

そんなわけで、アタシはずっと・・スープを運ぶ容器を探していた。



ついに見つけた。
アルミのミルクポットだが、大きさがイメージにぴったりだった。
くびれのないところが洗いやすいし、
なにしろ軽くて扱いやすい。
すごく古いものだが、とても綺麗で嬉しかった。
ミルクポットを持って、牧場に牛乳を買いに行った時代があったらしい。

ぽってりとしたフォルムに惹かれた。
古いアルミの・・なんとも不思議な質感。
槌目の表情がとても優しくて・・鈍い光を放っていた。

ミルクポット



居場所




そして・・

うさぎさんのお店まで、モッシュ・アワを出前した☆

彼女は、店の外で大きな寄せ植えの仕事をしていた。
すうぷポットをぶら下げたアタシに気が付いたうさぎさん、泥だらけの両手を八の字に広げ・・

「うわぁ〜素敵ぃ〜それってミルク缶でしょ?!どこで手に入れたの?素敵ぃ〜欲しい〜!!」
・・・と絶叫した(笑)
モッシュ・アワも、すごく喜んでくれた♪

こういう瞬間って、幸せ細胞が身体中を駆け巡る。


この人がうさぎさん。
障子1枚分くらいのキャンパスに描かれた、インパクトある大きな水彩画で、
お店の奥の壁面にある。
お友達の画家が描いてくれたらしい。
許可を得て、撮らせてもらった。

綺麗な人・・


兎さん







オヤジ晩酌

「ナポリタン&モッシュ・アワ」


ナポリタン



モッシュ・アワ



このメニューで安焼酎だなんて・・ちょっと寂しいかもね(爆)
しかし、レモングラス割りの焼酎、旨過ぎー♪

今夜は、ぐんと寒くなった。
庭のレモングラスもそろそろ終わりかなぁ・・

at 20:07|PermalinkComments(8)台所 

2013年10月19日

youkoの休暇

youkoが初来宅。

台所に入るなり、お土産の山を次々と食卓に広げるyouko・・相変わらずだなぁ(爆)


ふわぁっとお土産


靴下カバー


富山土産



アタシはといえば、気分良く泊まって寛いでもらえるようにと、朝から掃除に明け暮れ、
youkoの誕生日と重なるので、
悩みに悩んだ末、丹念に選んだプレゼントを、贈呈式まで仕事部屋に隠し、
今夜の二人宴の準備を着々と進めていた。

プレゼントを渡すと、「覚えててくれたんだ」とポツリと言ったyouko。
気合を入れて選んだ欅の箸には、ふ〜んと言ったきりで、布巾は嬉しげだった(泣)





台所中を、ふ〜んと見回すyoukoに拍子抜けしたアタシ。
(またぁ!ぐちゃぐちゃ買い込んでー)と怒られると思ってた。

それもそのはず、youkoは、森の家ブログの存在をとうの昔から知っていた(汗)


何枚も撮った写真からyouko自身が選んだ1枚。
なるほど・・youkoらしさが伝わるショットだ。


youko






宴会


youkoのリクエストは鳥唐と桜飯だった。
そしてモッシュ・アワを楽しみにしてる・・と。

食べさせたいものはいっぱいあったが・・

「鳥唐」


鳥唐



「サラダ」


鳥唐&サラダ



ここで、桜飯の手巻き寿司なんだけど・・・

積もる話に夢中で・・写真を撮り損ねた。

youko 土産の山葵が素晴らしくお寿司を格上げした。


山葵



汁もんは、味噌汁。

モッシュ・アワじゃなくて、ものすごく落胆したyoukoだが、
一口飲んで笑顔になった♪

実は、宅配で届いたボタン海老の頭で味噌汁を作った。
これはカリカリに焼いたボタン海老の頭。
昆布水で煮て、丁寧に漉した。

具は、葱と豆腐。

残念ながら、味噌汁の写真はまたもや撮りそこなった。


ボタン海老の頭を焼く





翌日の朝・・

youkoのシフォンケーキで珈琲を飲む。


ケーキ



紅茶の香りが気品があって、ものすごく美味しかったー☆


朝のケーキ




この後、旨い蕎麦を食べに小一時間のドライブ。
喜連川の道の駅で、大盛り蕎麦を食べる。

宇都宮に戻り、youkoの市内探訪買出しツアーに付き合うことになる。
チーズ専門店で何種類ものチーズを買い込み、
いつもアタシが行くスーパーで、youko地方では売ってない食材をしこたま買い込んだ。
(豆腐・コンニャク・天麩羅粉・谷口屋の油揚げ・チタケ汁の素・etc・・)

それから市内をぶらぶらと彷徨い、
正嗣の餃子を食べる(焼きダブルと水餃子、計6人前)




「トレンドの服や、どこそこのフードコートがいいかなんて話題にはうんざりするのよね、
 昨日と今日で充電できたわ」
そんなyoukoの一言にハッとする。

そうだった・・全く性格の違うyoukoとウマが合うのは、そこだった。
人の喜ぶ顔を見るのが自分の癒し・・ってとこも。

念願のyouko来訪に、心身ともに充実した日

at 14:53|PermalinkComments(4)友人 

2013年10月16日

甘いジャガイモが食べたい

昨夜はたぶん・・一睡も出来なかったように思う。
雨戸を叩きつけるような雨と風に、悶々として布団の中に居た。



アタシは甘い煮物が苦手で、砂糖はおろか味醂も使わないのだが、
今日は何故か、甘いジャガイモの煮物が食べたくて作った。


ジャガイモとインゲンの含め煮



玄米ご飯も炊き上がり、さぁ食べようという時に宅配便が届いた。
長期休暇を取って旅行中のyoukoからだった。

日本海のボタン海老は・・おっきくてピチピチと新鮮だった。


ボタン海老



明日はyoukoが泊まりに来る。

at 19:21|PermalinkComments(4)台所 

2013年10月14日

初めての醤油

焼き魚が食べたくなって、スーパーに行った。

やはり・・目は秋刀魚に向いてしまうが・・
思い切って、旬の筋子を買った。


ほぐし方は人それぞれと思うけれど、アタシ流でいく。

手がつけられる程度の熱いお湯の中に多目の塩を入れ、
筋子を菜箸で、ぐるぐる回す。皮がペロンと取れる。

一旦、笊に上げ、今度は塩水の中で、残っている皮の残骸を丁寧に取り去る。

最後に、海水よりしょっぱいくらいの塩水の中にほぐした筋子を入れ、10分置く。
これで、白っぽくなった筋子は綺麗な赤色に戻ります。

そして、笊に上げて、冷蔵庫でしっかり水切り。


筋子の水切り



スーパーのレジで並んでいたら、
値下げ品のワゴンの中に一つだけあったものに目が留まった。

聞き慣れない名前の醤油だったが、3割引なので冒険してみようと・・
籠に入れた。

これで筋子を漬けてみようと思った。


醤油



アタシ流のイクラの醤油漬けは、生醤油に漬け込むだけなので、
せっかくの赤いイクラが、黒っぽくなっちゃうのよね・・

白醤油なら、さぞや綺麗な赤になるだろうと思ったわ。

一晩経ったイクラの醤油漬けは、見るからに美味しそうだった♪


イクラ





オヤジ晩酌


「手巻きイクラ寿司」

陽のあるうちに、庭の紫蘇の葉は摘んでおいた。

手巻き寿司






「ゴーヤの松前漬け」

庭のゴーヤにずいぶんお世話になった。
30本は収穫できたと思う。
これが最後のゴーヤ・・・

塩麹に漬け込んでおいたスルメがいい味出してくれた。
昆布は、納豆昆布を使った。

ゴーヤチャンプルも炒飯も、ゴーヤサラダも美味しいけれど、
これが一番、アタシの舌にヒットしたわ♪


ゴーヤの松前漬け





冷蔵庫に卵があると、ワーイと言ってしまうようなウチの台所なんだけど・・
今夜はご馳走だ☆

旅土産の立山の冷酒イッテます♪

at 22:42|PermalinkComments(14)台所 

2013年10月10日

換気扇と掃除用洗剤

昨年のこと・・
山の家と称して、この家で過ごす日がだんだん多くなるにつれて気になりだしたのが、
台所の換気扇だった。

スイッチを入れると、ブ〜ンという異様な大きな音がする割には、吸い込みが悪い。
冬、ガス台の前に立つと・・寒くてたまらない。
襟巻きをして料理したもんだった(爆)

フード下には、大きな網目の鉄板がビス留めされていた。
だるまに来てもらい、フード下の網目鉄板を外すと、
壁際に、ちっちゃい普通の換気扇が付いているだけだった。
そして、換気扇を止めても、外側の閉じるルーバーは開きっぱなしになっていた。
寒いわけだ・・

だるまが言った。
「昔はこういうの流行だったんだよね〜網を取っちゃって新しい安いヤツつけましょうや」

・・ということになり、引越しをして、真っ先に、だるまに一番安い換気扇を取り付けてもらった。


換気扇フード




時々、汚れが気になったら、手作りのミントスプレーを、
水で濡らしたペーパータオルに吹き付けて、サッと拭くだけの手入れで簡単に済む。

へたに換気扇カバーなどを取り付けるより、ずっと効率良くて綺麗が保てるのよね。

こうして写真で見ると、ブリキ板の汚れが目立つなぁ・・
いずれ、ステンレスの板を貼ったらいいわね・・


換気扇


換気扇のスイッチは、シンクサイドにあるので、遠くて使いにくい。
だから常にONにしておいて、
換気扇を使う時は、紐を引っ張る方が使いやすい。

そして・・引っ張りやすいように、紐の先に、木製の輪投げの輪をくくりつけた(笑)


換気扇の紐



油汚れ落としの洗剤は、どこに降りかかっても安全なものがいいので、
アタシは2種の洗剤を手作りしている。

一つは "ミントスプレー" 
無水エタノール30ml+ミントオイル5ml+精製水。
最初に、無水エタノールとミントオイルをよく混ぜ、精製水を入れて出来上がり。

常時、市販のドレッシングボトルに作り置き、ストックしてある。
(ドレッシングボトルって、カシャカシャと振りやすいように出来ていて感心する)
そして、スプレーボトルに入れ替えて使う。

無水エタノールと精製水はドラッグストアで買えるが、
ミントオイルは"北見のハッカ油"が天然で良いように思うので、ネット注文している。

このミントスプレーは、なかなか優れもので、とても気持ちよく綺麗になる。
洗濯機を回しながら、洗面所やトイレットの床もこれで毎日拭くのが日課。
だから、ウチにはトイレ用のマットもスリッパも置いてない(笑)


ミントスプレー




もう一つは "ローズマリーの粉" 
ローズマリーは、風通しの良い室内でカラカラに乾燥させておく。
モンゴルの天然重曹に、ドライローズマリーを粉砕して混ぜたもの。

ガス台の汚れは、これを使うことが多い。
パラパラと撒き、水で濡らしたペーパータオルで拭くだけ。
サッと綺麗に落ちるヨ♪

ローズマリー粉



ミントスプレーもローズマリー粉も、香りがいい。
香りを嗅ぎたいがために、まめに掃除するようになるのよね(笑)

アタシの自慢の日用品です☆






オヤジ晩酌


甘酢ラッキョウで焼酎飲んでます。

塩ラッキョウも美味しいんだけど、ちょっと甘めのラッキョウもよいナ☆
焼酎によく合う。


ラッキョウ




「コンニャク汁」

今夜は、ジャガイモ・人参・小松菜・椎茸・エノキ


コンニャク汁



あ、そうそう!
コンニャクの塩もみなんだけど・・・
やはり、カットしてから塩で揉むと、更に美味しくなる事が判明。

大きいまま塩もみするなんて言って・・ゴメンヨ(汗)
こんなにアクが出る・・

コンニャクの塩揉み



しかし、コンニャク汁ってなんて美味しいんだろう・・

at 20:07|PermalinkComments(10)台所 

2013年10月07日

秋の夜長に思うこと

急激に寒くなったと思いきや、
今日は半袖でちょうどいいくらいの天気。

玄関脇のツリバナが赤い実をたくさんつけた。
かわいい♪


ツリバナの実



ミョウガはもう終わりかなと思っていたら、こんなに採れた。


ミョウガ



唐辛子は、植えた場所が気に入ったのか・・毎日このくらいずつ収穫できる。
干して保存すれば、一年分の鷹の爪が確保できるなぁ・・


唐辛子






オヤジ晩酌


「秋刀魚」

庭のスダチがなくなるまで、秋刀魚を買い続けてしまう。

しかし、美味しい・・・なんて美味しいのだろう・・
食べかけでゴメンヨ(爆)


秋刀魚




「コンニャク汁」

ネットニュースで見た、群馬のコンニャク汁が美味しそうだったので拵えた。
本来は、里芋や大根、人参、牛蒡、など様々な野菜が入るらしいが、
今ある野菜だけで作った。

塩もみしたコンニャクと、生姜の千切りと唐辛子をオリーブオイルで炒め、
昆布水を加え、ジャガイモを煮たら、
ミョウガと小松菜を加えて出来上がり。
麺つゆで味付け。

ものすごく美味しくてびっくりの味だった。


こんにゃく汁




楽しく料理して、気に入った器によそい、美味しくお酒を飲む。
これが一日の締めくくり行事なんだけど・・

清潔な部屋だということが、絶対条件かもしれないな。

幸いにして、古い家だということが、掃除を楽しくさせる。
最近、ハタキと箒を使って掃除するようになった。
"祓う" ことは大事なんだと感じるようになった。



やっぱり、日々の掃除は大切だなぁとつくづく思った日。

at 20:02|PermalinkComments(10) 

2013年10月04日

石臼と甕

仕事先の打ち上げで食べた "瓜の漬物" が忘れられず・・
ハヤトウリを買って来ては、何度か塩漬けにしてみたが、美味しく漬からない。

味も然ることながら、瓜の食感がダメなのよね・・
下漬けの時の重石が重要と、旅館の女将さんが言ってたなぁ・・
やっぱり、簡易漬物器じゃ上手くいかないのね。


ふと、庭にある変な石を思い出し、よくよく見ると石臼だった。
土地柄、多分・・大谷石の石臼に違いない。


石臼2


やる気が起きて、もう片方のほったらかしてあった石臼も洗った。

天日に干しながら考えた。

そうだ・・こうなったら甕が欲しいなぁ・・・


石臼



ここから、甕探しが始まった。

アタシでも扱える大きさで、広口で浅めの甕が理想だと考えた。

目星をつけた店に、益子の古い甕を見つけた時は嬉しかった。

ぽってりとしていて、釉薬が甘い。
野菜が美味しく漬かりそうな・・雰囲気漂う甕だった。



漬物甕



ハヤトウリを12個、半分に切って、4%の塩で下漬けした。

石臼2個を重ねた重さが素晴らしかったのね・・
一晩で水が上がり、そのまま2日置いた。


瓜を漬けた



瓜がぺっちゃんこになったので、
今度は、瓜を簡易漬物器に移し、醤油を少々回して、冷蔵庫に置いた。

カリコリっと食感が素敵で、味も申し分なし!
塩気もちょうど良くて・・どんどん食べてしまうわ。

幸せ☆


はやと瓜の漬物




道具がゆっくりと着実に増えていくナァ・・

at 20:21|PermalinkComments(10)台所