2013年12月

2013年12月30日

天空の家

息を呑むほどの驚きと感動を、まさか、この年の瀬に授かるなんて思いもしなかった。
書き留めて記念に残したいと思います。


先日の宴でのこと・・
「残ったスープ、明日温めて召し上がってね。芋団子もたくさん作ってきたから冷凍してね」

アタシはありがたく、翌日のお昼に美味しく頂いた。

そして、ホタテのスープが入っていた保温鍋と、芋団子のタッパーをお返しするのに、
アタシは直接お伺いするのは失礼かと思い・・
うさぎさんのお店に持って行った。
彼女の家は、うさぎさんのお店から歩いてすぐの所。

うさぎさんに託して帰ろうとしたら・・
偶然、その彼女がお店に入って来た。

ひとしきり、宴の余韻話で盛り上がる。
そろそろ帰ろうとしたら・・
「家にいらっしゃいませんか?」と誘って下さった。
でも、年末でお忙しいでしょ、と言うと、
「庭はクリスマスローズくらいしか咲いてないけれど、よかったらどうぞ」

筑波山と富士山が望め、市内が一望できるというお家に興味が押さえられず、
うさぎさんのお店に車を置き、彼女の後をついて行った。



カメラを持っていなかった・・・ものすごく残念!!
携帯カメラで撮ったのだけど、ブレブレで情けない(涙)
きっと、半分も伝えられないと思うけれど、雰囲気は感じてもらえるかも・・



うさぎさんの友達だけあって・・玄関付近は様々な木が植栽されてあり、
お洒落なリースやハンギングバスケットなど、目を奪う。

リビングルームに通されて・・・絶句した。

なんと!一面ガラス張りで・・大パノラマに息を呑んだ。

携帯カメラなので見えないのが残念だが、
前方に筑波山が望める。
この右手には富士山が見える。

固まってしまった・・アタシ・・声も出ない・・

カウンター&ベンチ



室内は、趣味のいい家具がバランスよく配置されてあり、
クリスマスをとうに過ぎたにもかかわらず、おっきなツリーがあるのが・・
いかにも彼女らしい大らかさでほほえましかった(笑)


リビング


暖炉

暖炉


窓際には、カウンターとベンチが置いてある・・
ここで、星を見ながらお酒を飲むのだろうか・・・・


リビングの暖炉&カウンター





庭を案内してもらった。
母屋から下に・・山の斜面を上手に使って小道が続いていた。


庭から見た家



ここから更に、石と枕木とレンガで造った階段がはてしなく続く。
両側の雑木林には、なるほど・・クリスマスローズがたくさん咲いていた。

階段の途中から、上を見上げてパチリ。

庭の小道





アタシが度肝を抜いたのは、デッキがいたるところに配置されていることだ。
いったい、いくつあるのだろうか・・・
それぞれのデッキは、庭仕事の休憩所だと笑っていらした。
驚いたのは、それぞれ、メンテナンスがきちんとなされている事だった。


庭のデッキ



デッキ4



デッキ3



デッキ2


休憩所




ここが一番大きなデッキで、パーティーに使われる頻度が高いと言っていた。


一番大きなデッキ

ガーデンテーブルの傍にはバーベキューのカマドもあり、
手作りだと言っていた・・驚き!
可愛いキリンのオブジェも手作り。

ここで、お里の北海道から取り寄せた海鮮でチャンチャン焼き宴をするらしい。
「今度お誘いしてもいいかしら?」と言われて・・
アタシは、もちろん即答した(爆)

庭のバーベキューかまど




すいぶん歩いた(笑)

息を切らしてお家の中に戻る。
アタシが、デッキの多さとその配置の美しさに感動した事を言うと・・
なんと・・・屋上にもデッキがあるという。

屋上には、家の中からも行けるけど、玄関脇の階段を上った。
眺望は凄い高さで・・足がすくみ・・写真が撮れなかった(汗)


デッキ1


この屋上のデッキには、ロフトへのドアが付いていて・・
そこは、彼女のアトリエだった。

彼女は画家だった。
ここでアタシはハッと気が付いた・・
うさぎさんのお店にある肖像画は・・この人が描いたんだわ・・

制作に疲れると、このデッキでボーッと山々を見ながらお茶を飲むと言っていた。


屋上にもガーデンチェア





年の瀬に、こんな素敵な時空に身を置けるなんて奇跡だ☆

きっと来年は素晴らしい年になるだろう・・

at 12:40|PermalinkComments(8)友人 

2013年12月28日

年の瀬宴会

「家に来ませんか?年の瀬宴会しましょうよ!」・・と・・うさぎさんに提案したら・・

「わぁ〜嬉しい!友達も誘っていいですか!」・・と・・うさぎさん。

アタシはもう嬉しくて今日を心待ちにしていた。
宴会は、準備の段階が楽しい。
しかし・・うさぎさんの言う "しきたり" に従うことにした。

"しきたり"とは・・一品持ち寄りの宴会らしい。
アタシは何を作ったらいいのだろうとかなり考えた。
それもそのはず・・・・・・・
うさぎさんの友達は3人で、そのうちの二人が料理のプロだから(爆)

うさぎさんのガーデンショップは、蕎麦屋だった所を改装して始めたらしく立派な厨房がある。
月に何度か、ランチ付きの寄せ植えやハンギングのレッスンがあり、
今日、家に来る一人は、そのランチを担当してるお料理の先生なのだ。

もう一人は、市内が一望出来る自宅を開放してカフェを経営してる人。
富士山が眼前に広がるオープンカフェらしい。
彼女が作るランチがクチコミで広がり、評判の店。

・・・・ね・・・悩めるアタシ・・わかるでしょ?
悩んだ挙句、鳥唐とサラダ、マグロブツ&アボカドの手巻き寿司をちょこっと作ることにした(汗)



夕方、買い物帰りに、うさぎさんの店に行ってみた。
彼女は、黙々と何か茹でていた・・

「小さな車1台で行くので、これ・・持って行ってくれる?」・・と渡されたのは・・
茹でた海老芋だった。

うさぎさんは、料理が大の苦手らしい(笑)
アタシは、海老芋よりシャビーな鉄の籠に目が釘付けになる。
うさぎさん・・素敵☆


うさぎさんの海老芋



料理の先生は、ミートローフ&紫キャベツの酢漬け&手作りピクルス。
(すっごく素敵な盛り付けで・・見とれてしまい写真を撮り損ねたぁ)

オープンカフェの人は北海道出身なので、芋団子汁。
保温鍋ごと持って来てくれた。
見たことも無いくらいおっきなホタテ貝柱が入っていてびっくり!
ジャガイモ団子と区別がつかず、すごく笑えた。
(これも不意打ちで・・またしても写真を撮り損ねた)

もう一人の、うさぎさんの大親友は、タコとサーモンのカルパッチョ。

食卓の左の方に写ってるのがカルパッチョ。
真ん中が紫玉葱スライスで、その周りにサーモンとタコを配し・・
その下には、ベビーリーフが敷き詰められていた。
バルサミコ酢の手作りドレッシングがすごく美味しかった。


一品持ち寄り食卓



記念写真
お盆で顔を隠した右の人が・・うさぎさん(笑)


BlogPaint




ものすご〜く楽しかった☆
お料理も美味しくてホントにびっくり!


それぞれ、個性的な人たち・・・
みんなの会話にアタシは惹きつけられ・・時間の経つのが早いこと早いこと・・

今朝、昨日の余韻に浸りながらグラスを洗っていて気がついた。
そうだ・・どうしてこんなに楽しかったのか・・
だれひとり、仕事の話をしないし、日々の愚痴も全く言わない。
人の噂話もしない。
家族(旦那さまや子供)の話もしない。
うさぎさんは独身だけど(爆)

もしかして、これって凄い事なんじゃない?

アタシはもう夢中で・・
料理の話、山の自然の話、ワインの話などなど聞き入り、惹き込まれていった。

あぁ素敵な友人が出来た・・

at 10:19|PermalinkComments(6)友人 

2013年12月24日

クリスマスイブ

ホワイトクリスマスにはならなかったが、キリキリと寒いイブ・・

今年はとても楽しみにしていたことがある。
すぐ近所に、ベーコン&ハム作りの燻製小屋を持つ、ハム作りの名人がいるらしい
・・との情報をeriから聞いた。
なんと、ウチの斜め前のお宅だった♪
アタシもお願いしてみた。

届いたハムは、布にしっかりと包まれていた。


ハムが届いた



ベーコンのラップを取ると、かぐわしい香りがふわぁ〜っと鼻をくすぐった。


ベーコン






イブのオヤジ晩酌


クリスマスに来ると思っていた友人達から音沙汰ないので封印を解いた。

こんなに美味しいハムを食べたのは人生初・・・びっくり・・・


ハム


ベーコンは軽く炙って食べてみた。
いい香りで脂っぽくなくて・・絶品!!

凄いや・・・趣味が高じて燻製小屋作るだけのことはあるなぁ・・
・・というか・・
塩と香辛料だけのハム&ベーコンの素晴らしさだろう。


ベーコンを切る




ケーキを肴にグラッパを開ける(笑)


ケーキ




明日のケーキも買ってあるのよん♪
野菜屋の配達があったばかりで冷蔵庫は満杯状態なので・・
ケーキ保存場所はココにした。

ベランダの箪笥のガラスケースの中(爆)

ケーキの居場所





アタシと同じ境遇の寂しい人に・・・

乾杯

よい聖夜を

at 20:25|PermalinkComments(10)台所 

2013年12月22日

やっぱり家のご飯

今日は床屋に行って来た。

こんなアンティークな椅子なのよ・・
凄いでしょ!

床屋のアンティークチェアー



お店の中もイギリスアンティークの家具や照明でとても癒される。

2度くらい出される珈琲もお菓子も美味しいのよ♪

アタシの数少ない社交場(笑)






お昼ご飯


ここのところ、お付き合いのランチが多かった。
美味しいのだけれど、満足感がないのよね・・
外ご飯は、五感が満たされない何かがある。

台所でいそいそ作ったご飯が一番美味しいナ。

白菜漬けを作ろうと・・半分に裂いて天日に干したので、
白菜の外側の葉っぱと、大根、里芋を鍋に入れ、
昆布水を注いで、
柚子の塩漬けを入れて、
ストーブにかける。


玄米ご飯を炊いている間に、糠壷様の手入れなどして、
今日の漬物をお皿に用意する。

玉葱と桜海老のかき揚げをチャチャッとこしらえ、
ご飯の上に乗せて、醤油を垂らす。

おつゆも美味しく出来た♪
冬野菜は煮込むとホントにおいしいわね・・・
麺つゆを少々入れて出来上がり。


かき揚げご飯&のっぺい汁




今日は冬至ですね。

柚子湯であったまろう♪

at 13:22|PermalinkComments(8)台所 

2013年12月18日

初めてのクリスマス

街に出ると、あちらこちらでイルミネーションのシャワーを浴びる。
ショウウインドウもすっかり様変わりしていて、
ソリに乗ったサンタさんの、派手だけど可愛いオブジェや、
色調がホワイトとグレーだけのシックなツリーなど・・
否が応でもワクワクしてしまう。

道行く人は皆、早足で・・デパートの大きな紙袋を抱えてる。
師走の慌ただしさってけっこう好きだナ♪


アタシは、引越しをして始めてのクリスマス・・
毎日、ちょこっと思いついた飾りつけをしては楽しんでます。

そんなある日の夜・・
うさぎさんが、リースを作って届けてくれた事が、今年の締めくくりの最大の喜びだった。

写真では目立たないけれど・・ちっちゃな赤い実と紫色の実がとっても綺麗で可愛い。
こんな・・ワイルドでシックなリースは初めてだわ☆


うさぎさんのリース


すごいインパクト・・
取り付けていたら、散歩の人がみんな見ていく(笑)

玄関のクリスマス




道路側の明り取り窓もクリスマス♪


裏の道路側のクリスマス





灯油タンク&ポンプのクリスマス。


灯油&ポンプのクリスマス




仕事部屋もクリスマス


仕事部屋のクリスマス








オヤジ晩酌


おいどんが、日光杉のバターナイフをプレゼントしてくれた。
彼の雰囲気とバターナイフは、どう考えても合わないから可笑しい(爆)
以前、日光杉並木の御神木で作るお箸を愛用してると言っていたが・・
日光杉は脂気が多くて、年月が経つにつれて、素晴らしい艶になっていくそうだ。
大切に使おう・・

バケットにバターを塗るにはちょうどいい使い心地だった☆
軽くて滑りが良いな♪

おいどんのプレゼント



ありあわせの材料でシチューを作った。


シチュー





友人たちが遠く離れて寂しかったけれど、
故郷にも・・あったかな友人がいてくれる。

雪が降ってきた・・
ぬくぬくと暖かい台所でのストーブの赤い火と、
食卓の、揺らめくキャンドルの炎・・
あぁなんて幸せなんだろう・・

at 20:04|PermalinkComments(8) 

2013年12月15日

漬物記

山形の伝統的な漬物 "青菜(せいさい)漬け" 
これが素晴らしく美味しいので記録します。

事の発端は、昨年の冬に山形の佐藤さんから頂いた青菜を塩漬けにしたことから始まります。
塩漬けも、ピリリと辛くてとても美味しかった。

今年も送って下さったので、今度は本格的な"青菜漬け"を作りました。


"青菜漬け"の記録


洗った青菜を一日、天日に干した。

青菜(セイサイ)を干す



本当は、塩だけで下漬けをするらしいが、アタシはネットで見てピンと来た漬け方でいく事にした。

「黒澤さん流 青菜漬け」
※黒澤さん、どうもありがとうございます。

調味料は、青菜10キロ単位だったので、1キロに換算しました。

ザラメ 150g
みりん 27cc
焼酎  27cc
日本酒 45cc
塩  30g
醤油 72cc
鷹の爪 3本


\頂擇搬襪猟洌奮阿猟缶N舛鯀管混ぜておく。

漬物容器に、調味料を入れて、青菜を沈め、鷹の爪を入れ、
  落し蓋をして出来るだけ重い重石をする。

水が上がってきたら、重石を軽くする。

二週間程度で出来上がり。

最初は、ザラメが多過ぎて甘くなるのでは・・と思ったが、
漬け上がってみると、そんな事はなく、実に塩梅のいい漬物になった。





アタシは、重石にこんな工夫をしました☆

石臼に蔓を巻きたいんだけど・・って・・うさぎさんに言ったら、
山から採って来てくれました!

もっと上手に巻ければいいのだけれど・・ちょっと無骨になっちゃった(笑)

これで、石臼を持ち上げたり干したりするのが楽チンになったー☆


重石に蔓を巻く




二週間後の甕の中・・・・

蓋を取ると、今まで嗅いだこがない・・独特の香りが立ち昇った。
素晴らしくいい香りだった。
漬け汁は澄んでいた。


重石を軽くする



昔、廃棄した電子レンジの網?が、落し蓋に、ちょうどぴったりだったのよ(笑)
捨てなくてよかったなぁ・・・


落し蓋


艶々の青菜・・


漬け汁の中



森の家地方の伝統漬物 "たまり漬け" に似ているが・・
こちらの方がパンチがある。

本当に、素晴らしく美味しい漬物になった。


せいさい漬け




たくさんあったのに、もう1株しか残ってない・・・

漬け汁がもったいないので、何か再利用法はないものかと考えていた。

あった!
煮つめて、生姜のQちゃん漬けにしよう☆



今日は今年一番の冷え込みだった。
明日は氷点下になるもよう・・・
タイヤをスタットレスに交換に行く事にした。

at 12:26|PermalinkComments(8)旬を食べる 

2013年12月11日

素焼きのバターケース

これだ!と思うバターケースに出会った。

素焼きなので、手に持った感触が温かくて柔らかくて、
ぽってりとしたフォルムがなんとも可愛らしい。

手のひらにすっぽりと収まる大きさもよかった。
蓋の屋根は、栗の木です。


バターケース



底は、ガラスを焼き付けているので、バターの滑りがいいのよね・・


バターケース中







オヤジ晩酌


パン&バター(笑)


パン&バター



マカデミアンナッツでグラッパを飲んでたんだけど・・流石に寂しくなってサラダを作る。


マカデミアナッツ


オリーブオイルで和えたら鰹節をたっぷり。
柚子ポンをかけて食す。


オリーブオイル&鰹節



一度包丁を持つと料理をしたくなるという、いつものパターンにハマリ、
簡単な、唐辛子&ニンニクのパスタにした。
ペコリーノチーズをナイフで削ってトッピングすると豪華な味になるのよね・・
上等なペコリーノじゃなくて、ロマーノという種類の塩気が強いチーズ。
これがまた、ペペロンチーノに合うんだわぁ☆


ペペロンチーノ&ペコリーノチーズ




ここのところ、ゆっくり料理する時間がなく、ちょっと反省。
急いで作る食事は何かが欠け落ちるよね。

明日からは、保温鍋をうまく活用して美味しい料理を作りましょっと♪
早速、水とジャガイモを入れた鍋をストーブに乗せた。
沸いたら保温して寝ましょ。
明日はポテトサラダか・・スープか・・気分次第で決めることにしましょ。

それじゃぁ・・又
よい夜を

at 21:33|PermalinkComments(6)日本の手仕事 

2013年12月05日

砥ぎの行事

恒例の"包丁砥ぎ"

今回は、長年砥いでなかったナイフもお願いした。
それから鰹節削り器の鉋も。

今日、まちかん から宅配便で届いた。
梱包は、相も変わらず美しい佇まいで惚れ惚れする。


砥ぎから帰った





不思議なもので、包丁が居ずまい正しくなると、素朴で豊かな食卓になる(笑)

朝ご飯と兼用の昼食には、たいしたもん作るわけじゃないんだけれど・・
けっこう時間がかかる。

玄米を炊いて、お櫃に移し、"わらいずみ" の中で休ませ・・
味噌汁を作って、糠壷さまから漬物を出して・・

今日は、ちよっと発見があって嬉しかった。

大豆をサッと洗い、ストーブに乗せたフライパンで炒り、玄米と一緒に炊いてみた。

えっ!と思うほど美味しかった。
大豆は、皮が破けて少し焦げ目が付くくらいまで炒ると、香ばしいご飯になると思う。

大豆玄米ご飯



漬け込んで2週間目の セイサイ漬け

ものすご〜く美味!!

これはレシピを料理帳に書き込んで保存版にしなくては・・

セイサイ漬け








オヤジ晩酌


「ハムカツ&サラダ」

ハムカツは、気に入ってるスーパーで買った。
分厚くて、とっても美味しいのよ。
・・・が・・撮り忘れ(笑)


庭の間引き菜(ホウレン草・春菊・赤蕪)をたんまり入れたのでとっても美味しい♪
ツナ缶で和え、手作り柚子ポンと黒胡椒ガリガリ。


間引き菜のサラダ




ここのところ、寒くないんですよね・・
準備万端なのに、なんだか拍子抜けしてます。

着物を半纏に仕立て直してくれる人を探していたが、
折り良く、床屋の竜さんに紹介してもらえた。
なんと、真綿を使うという・・
ちょっと焦ったが、思い切ってお願いした。
袖があると動きづらいので、ちゃんちゃんこを作ってもらった。
想像していたお仕立て料より、はるかに安かった・・びっくり。

背中は真綿を二枚重ねにしてくれたので、嬉しくて毎日着たいのだが・・
汗をかいてしまう。
早く寒くなぁれ☆



at 20:20|PermalinkComments(8)包丁 

2013年12月03日

厄落とし

気に入ってるスーパーへ行くのに、道は二つある。
うさぎさんのガーデンショップなど、お洒落な店が並ぶ山道と、
途中から山奥のクネクネ道を通り抜けてスーパーに出る道。

家からスーパーまでは5分の距離だけど・・
アタシは、車で通り抜けるだけで森林浴が出来て気分が爽快になるクネクネ道が大好きだ。

こんな所です・・昼間のクネクネ山道

山道



この日は、クネクネ山道を選んだ。

夕方5時頃は、もう真っ暗だったのに・・何故、クネクネ道にハンドルを切ったのか・・

山を下りる中ほどくらいの所で・・
いきなり、ドカンと音がして車が凄い勢いで飛び上がった。
・・と同時に・・シュシュ、シュ~〜と大きな音・・

パンクだった。

保険屋に電話したものの、現在地がきちんと説明出来ない。
ナビが示している現在地を言うが、地図にないという。

とにかく、地元の車屋が到着するまで待つしかなかった。

怖かった・・・こんなに真っ暗なんですよ・・
何が出てもおかしくない(汗)

真っ暗闇の山の中



45分後・・長かったぁ
携帯でやりとりしながらの到着。
この時ほど、ライトがありがたく思ったことは無かったわ・・


レッカーが来たー!!


タイヤが大きな溝に落ちて、打ち所が悪く、尖った石がタイヤを切ったらしい。

「スポーツタイプのタイヤは薄いんですよね」と言われちゃった・・



パンク



来年の春あたり、そろそろタイヤも交換した方がいいなと思っていたところだったので、
4本、全部取り替えることにした。
懲りもせず、スポーツタイプにした(笑)

思わぬ出費に意気消沈。




この日の晩酌

スーパーに行く気力も失せ・・
あるもので作った 「キャベツだけの焼きそば」

意外に美味しかったヨ☆

キャベツだけの焼きそば





これはきっと厄落としだったのかもしれない。

アタシの大切な友人の健康を祈ります!

さぁ、アタシも師走をイッキに駆け抜けようっと☆
仕事全開モードでがんばるぞー!!

at 20:26|PermalinkComments(14)徒然