2014年06月

2014年06月30日

ベトナムに惹かれて

10年以上も前になるが・・
「食を追ってベトナムへ」という料理本を衝動買いした。
今でも、台所の料理本棚に鎮座してるこの本・・

食を追ってベトナムへ



アタシの理想の台所ってこんな雰囲気なのよ・・

ワクワクしませんか?

美味しそうな料理が出来そうな台所だわ♪


食を追ってベトナムへ2



この本は、普通の料理本じゃないんです。
というのは、料理家の台所じゃなくて、一般人の台所なの。

通訳として働く30代の女性の台所。

レシピは大雑把に書いてあるだけ(笑)

彼女は、休日には友人を誘い、ご飯を一緒に作って、
庭のちっちゃなテーブルでワイワイと賑やかに食べるらしい。


食を追ってベトナムへ3



久しぶりで手に取ったこの本・・
ふと、「梅ジュース」の頁に目が釘付けになった。
この本を買った当時は、梅仕事に関して何の興味もなかったから、
読み飛ばしていたのね・・

自宅の庭先の梅を採って作る、
実にワイルドな梅ジュースに惹かれた。

シロップの作り方は、日本のそれと同じなんだけど、
出来上がったシロップを漉したりしない。

シロップをグラスに掬い、梅も入れちゃう・・
水と氷を注ぎ、梅はスプーンで崩すのだそう。

このアバウト感覚が好きだなぁ♪

食を追ってベトナムへ4



アタシも絶対まねっこしよっと☆

今、ウチの梅シロップはこんな状態です。

梅シロップ







お昼ご飯は、カレーライス。


子ジャガを茹でた。
油を使いたくなかったから・・

子ジャガを茹でた



茹でた子ジャガの薄皮を剝ぎ、茹で豚のスープで少し煮込んで・・
モロッコインゲンを入れて・・
鷹の爪の小口切り&すりおろし生姜を入れて・・
カレールー入れて出来上がり〜
ちなみにカレールーは、ジャワカレーの三角のヤツとハウスバーモンドカレーの甘口。

刻んだ大根葉と、ナスの皮の即席漬けと・・
糠壷様の昆布も刻んで、炊き立てご飯と混ぜてみた♪

酸味の利いたご飯がなかなかカレーに合いました☆


カレーライス




「食を追ってベトナムへ」の本に触発されたからかしら・・

こんな安易なカレーが、今日はとっても美味しく感じる。

at 12:09|PermalinkComments(6)台所 

2014年06月27日

梅雨の台所仕事

梅雨の晴れ間をぬって、里へ梅もぎりに行って来た。

去年は、枝落としをしたので、数個しか生ってなかった梅の実も、
今年は、惚れ惚れするほどの梅の実が、いっぱい♪


里の梅の実



西山の山椒の実を採り、畑のジャガイモも収穫した

山椒の実ジャガイモ収穫2









オヤジ晩酌

明日、漬ける事にした梅の実を眺めながら・・安焼酎の氷割りを飲む。
沁みるなぁ☆



梅の実


ほろ酔いかげんで・・青い梅の実を砂糖漬けにする。

使った砂糖は、喜界島の島ザラメ。

青梅の砂糖漬け





肴は、
茄子とサツマイモの天麩羅&おろぬき人参のかき揚げ


天麩羅



採りたて野菜の美味しいこと!
調子に乗って揚げ過ぎた・・

近くに住む友人に慌ててメールをする。
こんなつまんない天麩羅なのに、喜んで取りに来てくれるのがとても嬉しい。

寂しい時もあるけれど・・
自由の身軽さってよいな♪

今日もいい一日だった。

at 21:09|PermalinkComments(14)梅仕事 

2014年06月24日

カメラをもらった

「おいどんがカメラくれたよ」

・・・と、スーパーの袋を掲げガッツポーズをしてるshinを横目で見てフンと思った。

もう3年も前から、誕生日プレゼントはカメラが欲しいと言っていたのに、
無視され続けていたからだ。

誕生日に物をねだるのはアタシの性に合わないからホントは嫌だったんだけど、
何を買ったらいいのか頭を悩ますのは嫌だから、何でもいいから言ってほしいってしつこく言うから・・
あえて、カメラが欲しいと言った。
安いデジカメがありがたい、とまで添えた。


アタシのカメラは、落としたのがきっかけで・・
SDカードとバッテリーを収める所の蓋が壊れてしまった。
こんな風に、輪ゴムをきつく巻いておかないと、シャッターが切れない状態だった。

このまま3年、使い続け・・とうとう壊れてしまった。
今は、タブレットに内蔵されてるカメラで写真を撮り、パソコンに取り込んでいる。


ありがとうカメラ




スーパーのくちゃくちゃの袋から出てきたカメラ・・・
もしかして・・これって・・一眼レフっていうヤツなの?

おいどんは、shinと、幼稚園、小中高と一緒で、現在の職場も同じ。
トロンボーン奏者だ。
もちろん、アタシとも大の仲良し。
趣味が、山とカメラ。

このカメラ・・新品同様だった・・
おいどんが持ってるカメラの中で、2番目に良いカメラだそう・・

説明書はもちろんの事、予備のバッテリーもSDカードも、レンズフードも、
きっちりと箱に入っていた。

驚いちゃった・・

なにしろ、首から提げる紐の付いたカメラなんて、
お大尽さんの持ち物だと思っていたアタシなんだから(爆)


誕生日でもないのに・・カメラがアタシの所に来た。


おいどんからもらったカメラ






庭の写真を撮ってみた。


「紫陽花」


紫陽花



「ミニトマト」


ミニトマト




「畑に突然生えた植物」

これ、何かしら?
カボチャじゃないよね・・
誰かわかりますか?
教えて下さい。


誰か教えて・・




「庭の小梅の砂糖漬け」


梅シロップ




ブログに乗せる写真なんて、こだわってなかった。

でもやっぱり・・色彩とか雰囲気が違うかもしれないな・・・


嬉しさがふつふつと湧いて来た。

おいどん感謝☆



お昼ご飯は、豆カレーを作った。
サフランライスも炊いた。


豆カレー


at 15:09|PermalinkComments(10)友人 

2014年06月21日

ブレンダーを買った

バジルの摘芯したからと・・

うさぎさん畑から大量のバジルが届いた。


バジル


バジル&たらこスパゲティにしようかとも思ったけれど、
使い切れないな・・と、考え直し、ジェノベーゼソースを作ることにした。

しかし、持っていたフードプロセッサーは、引越しの時に処分してしまった。
(多機能過ぎて、部品が多く、場所を取るからという理由)

親が使っていたのであろう・・古い古いミキサーを引っ張り出した。
捨てなくてよかったナ・・って言うか・・捨てられなかったのだ。



ミキサーも古いが、
バジルが届いたのも突然だったので・・ジェノベーゼソースを作る材料がない。

ま、いいか・・と・・あるものだけで作った。

ニンニク・くるみ・バジル・オリーブオイル・塩を、少しずつミキサーで撹拌するが・・
ミキサーが思うように動かない

お箸を突っ込んだりの悪戦苦闘の末、なんとかそれらしきものが出来た。


・・が・・ミキサーが壊れた




ジェノベーゼソースは、小ぶりの瓶だけど、2瓶できた。
1瓶はうさぎさんに進呈して、喜んでもらえた。

茹で上がったパスタやジャガイモにからめて、本当に美味しかった♪

瓶の底に少しだけ残っていたジェノベーゼソースを使い切りたかったので、
昨夜、思いつきでピザを焼いた。

これも、使ってしまわないとと焦っていたゴルゴンゾーラを乗せて焼いた。

これが、思った以上に美味しく出来た☆

見かけは大変悪いが・・・・


ピザ






ブレンダーは欲しいと、ずっと思っていたが、なかなか決断できないでいた。

オスタライザーか、ラッセルズホブスか・・と迷っていたのだ。
モーター音が騒々しのが難点らしいが、
氷が砕けてガシガシ使えるシンプル機能という点がアタシ向きだと思う。


大は小を兼ねるというが・・
ブレンダーは小さい方が使い易いに決まってる。
洗いが億劫になってしまっては本末転倒だもの・・


ついに買いました☆

ラッセルズホブスのミニブレンダー


ブレンダー



簡単に全部分解できて洗える事が嬉しい。
カッター部分は、スポッと外れる。

これで夏場の食卓には、ビシソワーズが頻繁に登場するだろう。


とりあえず・・今日は・・
仏壇にお供えしてあったオレンジ(だいぶシワシワになっちゃった)のジュースは美味しかったぁ♪

at 13:32|PermalinkComments(6)台所 

2014年06月17日

メンマ

メンマって・・こんなにも美味なる食べ物だったのか・・・

本当に目から鱗だった。

一連の、メンマ作りを総括して、自分史の一頁とします。





茹でたタケノコの根元部位(毎日、水を替えて5日ほど冷蔵庫にあった)を
適当にカットして塩をまぶす。



茹でタケノコに塩




糠壷様の糠床を拝借して、
別容器に移し、タケノコを埋めた。

二日に一度、かき混ぜて・・
10日間、常温に置く。


タケノコの発酵





10日目・・
糠を洗い流して、天日に干す。


糠に漬けたタケノコを干す



三日目・・このくらいになったら干し上がり。


三日目の干しタケノコ




干しタケノコを水で戻す。(残りは袋に入れて、念のため冷蔵庫野菜室保存にした)

半日(6時間くらい)経ったタケノコを、鶏出汁スープで柔らかくなるまで煮る。
最後に麺つゆを希釈せずに少しだけ入れ、煮込む。

メンマを煮たスープを味見したら、びっくりするほど美味しい・・
味の濃さもちょうどいい。
このまま炒りつけようと思っていたが却下。

スープを、別鍋に取り分けておいた。

メンマ鍋に、ラー油を垂らし、
醤油を香り付け程度垂らし
強火で炒りつける。

これで完成☆

最高にうまい〜〜!!

食感は、くにゅ〜としていながらも、気持ちの良い歯ごたえで申し分なし。
メンマって、この”くにゅ〜”がとても大切なんだと気がついた。


メンマ




取り分けておいたメンマ煮汁が、あまりにも美味なので・・

厚揚げ&がんも&小松菜を煮てみた。

怖いくらい美味しい。


厚揚げ&がんも&小松菜



まだ、メンマ煮汁が少し余っていたので・・

青梗菜をサッと煮て、葛粉でとじた。

しかし・・なんだってこんなにメンマ煮汁が美味なのか・・

発酵したタケノコの風味なの?

こんなつまんない材料なんだけど・・
本格中華料理よ・・ホント☆


チンゲン菜





料理は、第六感と行動力なのかもしれない。

糠で発酵させることを教わったブログ主様に、お礼のコメントをした。

お返事下さるかなぁ♪

at 08:21|PermalinkComments(6)キッチンラボ ノーム 

2014年06月13日

打ち上げ

誰にも気を使わずに気楽に飲もうよ
・・・と、shinに囁く。

地元でのコンサート終了後に行ったのは、
床屋の竜さんに教わった食堂だった。


鈴屋食堂



餃子とモツ炒めを肴に、麦酒で乾杯。

地元有名店をはるかに凌ぐ美味しさにびっくりした餃子・・
列をなして押し寄せる餃子目当ての観光客には、絶対に教えたくない店だ(笑)


もつ炒め
餃子




shinは大盛りラーメン


ラーメン大盛り



アタシはタンメン


タンメン




ラーメン屋じゃないのに、ラーメン屋より美味しかった。

ひっきりなしに入って来るお客さん・・・
みんな、知ってるんだナ、穴場を・・




コンサートでのびっくりは、舞台上で胡蝶蘭の鉢植えを渡されたことだったぁ

背中の筋がつりそうになりながら受け取った。

家に帰って、置き場を探したが、
デカ過ぎて・・何処にも置けない。

ここしかない・・

床の間


胡蝶蘭


薔薇一輪か、ちっちゃなブーケが素敵なのになぁ・・・


おおらかで、のんびり、気のいい県民性を見た日。

at 08:30|PermalinkComments(14)徒然 

2014年06月10日

錆びた鉄が大好き♪

洗剤がなくなると買いに行く店がある・・・

その店は、なかなかアタシ好みな雰囲気。
店の半分は、アンティークショップになっているが、高くて手が出ないものばかり・・
こう言っては何だけど・・つまんない物に高値を付けている気がしてならない。

よって、アタシは洗剤とかハーブのエッシェンシャルオイルくらいしか買わない。

わんの店はよかったなぁ〜と・・しみじみ思う。
とびきりの品を、安くしてくれたものね・・


この日も、食器用洗剤と、洗濯用洗剤を買いに行った。

ふと、目に留まった鉄の錆びたフォークが、最後まで気になってしかたがないので、
女主人に、恐る恐る値段を聞いてみた。

1200円・・・

「この錆び具合は、日本の鉄じゃないと出ないんです、外国産は、こういう風にはならないです」

・・との言葉に・・妙に納得。

安いのか高いのか分からないけれど・・
これも出会いだと・・買ってしまった。





お昼ご飯に、ウド汁を作った。

里芋・大根・ウド・生姜の千切りを胡麻油で炒め、
昆布水を張り、コトコト煮込む。

里芋と大根が煮えたどうか、フォークで刺してみる。


煮えたかどうだか刺してみよ♪


ステンレスや銀だと、即アチチになるけれど・・
鉄はすぐには熱くならない。

なかなか使いやすいゾ、鉄のフォーク☆

こういう瞬間ってすっごく嬉しくなる。

今までは、竹串を使ってたんだけど・・
一回きりで捨てるのに、ためらいがあったし、
竹串を折ってゴミ箱に入れると、袋が破けちゃうのよね。

平べったいフォークの形が気に入ってる♪
長さもちょうどいいし・・
フォークの反対側は、ピックになっている。


錆々鉄のフォーク




塩をして冷蔵庫で休ませてあった鶏胸肉を、鍋に入れて・・

ウドの葉を入れ、

麺つゆ&醤油で味付け。

すごく美味しく出来た☆

ウド汁出来上がり





オヤジ晩酌は・・

らっきょう肴に焼酎を飲む。

もうすぐ、らっきょうが届き、新たに漬けると思うと、容赦なく食べられる(笑)


ラッキョウ





そうこうしてるうちに・・
お腹が空いたので饂飩を茹で、ウド汁に入れた。

幸せな夜だった♪

at 21:30|PermalinkComments(8)日本の手仕事 

2014年06月07日

雨に似合う花

梅雨に入って・・

しとしとどころか・・どしゃ降りの日。

今年も、胡蝶蘭が咲きました♪

障子越しの太陽と、風、水・・それだけで、何の肥料も施してない。

蘭は液肥は必須だと・・人は言うけれど・・
肥料屋の陰謀なんじゃないかしらと思う(笑)


胡蝶蘭




うさぎさんが、花菖蒲を持って来てくれた。

花競り場で、誰も落とさないので、かわいそうだからと一箱買ったそうな・・
100本の花菖蒲・・正直、どうしようかと思ったわ。

花瓶に挿すだけでも、小1時間かかった(汗)
毎日の水替えだけでも、そうとう大変そうだ・・

梅雨にぴったりの花に囲まれて暮らすのも素敵だと思い直し、
大振りの花瓶を総動員して、花菖蒲を挿した。

床の間

床の間の菖蒲



仏壇

仏壇の菖蒲



食卓


食卓の菖蒲



玄関

玄関の花菖蒲



これ以上は無理なので・・

お隣の奥様に持って行ったら、とても喜んでらした。







お昼ご飯は何にしようかと冷蔵庫を物色したら、
ハムがあった☆

セロリと炒めましょう♪


ハムとセロリのアジアン炒め



使った塩はコレ・・・アジアン塩。

カルダモンとスターアニスを、塩の中に入れっぱなしにしておく、
とてもエキゾチックな香りの塩。


アジアン塩




さぁ、気持ちよく午後の仕事に取り掛かるとしますか・・

at 13:06|PermalinkComments(8) 

2014年06月04日

ワラビおこわ完結編

昨夜、寝る前に・・もち米を水に浸して置いた。

”ワラビおこわ” を作るために♪

山形の佐藤さんが、採り立てワラビを送って下さったのを、
”ワラビの一本漬け”にしておいたので・・
どうしても、おこわを作りたかった。

去年の”ワラビおこわ”の敗因は、
欲張りすぎたから・・
干し椎茸・干し貝柱など、具に使ったからだ。
”中華風山菜おこわ”になってしまった。

アタシは侮っていた。
採り立てのワラビは、それだけで旨い!・・ということを知らなかった。

今年は、去年の轍を踏まず・・
ワラビが活きる方策を考えた。

結果・・・
素晴らしく美味しい”ワラビおこわ”が出来たー☆


自分史レシピとして書き留めます。

※ もち米は6時間以上水浸してから、ザルに上げ、充分に水切りをする。

※ 具の、人参・油揚げは、小鍋で軽く煮て、具と出汁を分ける。
   牡蠣醤油を少しだけ使いました。具は、人参と油揚げだけがいいと思う。

※ 出汁でもち米を煮る(米3合で200ccくらいの出汁、もち米が出汁を吸うまで)
   あっという間の短時間です。

※ 蒸篭にもち米を入れて20分蒸す。

※ 具を混ぜて3分くらい蒸す。

※ お櫃に移し、”ワラビの一本漬け”を混ぜ込む。 

おそらく、これの右に出るものはないと・・・自負している。
人参は煮崩れてはいけないし、
ワラビは、シャキッとした食感じゃなくちゃ美味しくない。

思った通りに出来た!

自分ひとりで食べるのがもったいないので、友人に配った(笑)

右側の卵焼きは、蕪の葉の出し巻きです♪


ワラビおこわ







明日から雨らしい・・・・

糠漬けタケノコ、干し上がりぃ〜☆


干しタケノコ(3日目)

三日目の干しタケノコ







さて・・・
今は、焼酎飲みながら・・

なんと!モツ煮を作ってまぁ〜す♪

急に食べたくなったから(爆)

at 22:04|PermalinkComments(10)旬を食べる 

2014年06月02日

初夏の花

うさぎさんのお店が移転した。

今までは、ガーデンショップと自宅は別の所だったが・・
今度は自宅と一緒。

今どきこんなところをよくぞ借りられたっていうくらい・・
広い敷地に、ものすごくアンティークな平屋の家。

事の顛末は、後日ゆっくりと記念記事にすることに♪


で・・彼女は、庭に畑と花畑を作った(開墾した)

花畑は、一般にあるような華々しいものではなく、
ハーブや野花がうわぁ〜っと咲き乱れてる。
まさに、アタシの好み☆

たくさんの花を咲かせるためには、どんどん切って、わき目を出すそうな・・

ウチからとても近いので、三日に空けず・・花畑の切花を持って来てくれる。

アタシにとってはなんともありがたい素敵なプレゼント。


野花を飾る









昨日今日と、真夏日のような気温だったので、
玄関に涼を取り込んでみた。

花器入れ場を物色したら、安モンの水盤が出てきた・・・
母が買ったのだろうか・・コレだけ見ると、しり込みしてしまうような色目。

でも、使いようによっては涼しげになるかも・・と・・
ウチの庭に咲く、山紫陽花と野草をチョンと挿した。

あんがいヨイナ♪


涼の野花







相変わらず、まじめにご飯を作ってないんだけれど・・(爆)

トウモロコシを頂いたので、ご飯を炊いた。

髭根も入れちゃった(笑)

塩だけで炊きます。

トウモロコシご飯を炊く



実を削ぎ落とした芯は・・もったいないので出汁を取った。

トウモロコシの芯て、すごく美味しい出汁が出るのよね。


トウモロコシの芯で出汁を取る




「トウモロコシご飯」

美味しい〜〜〜♪


トウモロコシご飯




「崩し豆腐&若芽の味噌汁」

もちろん、トウモロコシの芯で取った出汁。
バターを入れたら絶品だった☆

見かけは悪いが、かなり美味しい。


トウモロコシの味噌汁



残った出汁は、
ジャガイモと玉葱のシチューになる予定☆

今夜は、それにパンがあればいい。

パン焼き器のタイマーをセットした♪

at 12:35|PermalinkComments(8)