2015年08月

2015年08月29日

新築祝い

家の斜め前の教会が取り壊され、建てかえることになった。
3・11大地震で、相当なダメージがあったらしい。

この教会は、幼稚園の敷地内にある。
園長先生ご夫妻とは、親の代からのおつきあいもあり、
ここ森の家に引越しをした時には、とても喜んで下さった。

趣味がアタシと同じで、”古もの好き” なので気が合うし、
ハムやベーコンを手作りするくらい美味しいもの大好きなので話も弾む。
ウチの庭に、大谷石の石室も作って下さった。




ある時、教会の牧師さんがアタシに言った。
「教会にはピアノがあるのですが、誰も弾かず、ピアノが可哀想なんです。
 お暇の時に、弾きに来て頂けませんか」

ピアノは、思った以上に良い状態だった。
その上、木造りなので、音響が素晴らしかった。

そんな経緯があって、去年、クリスマスにコンサートをした。
客席には、近所の人や、犬の散歩でお見かけする方など・・
知ってるお顔が沢山いらしたことが嬉しかった。
そのコンサートは、教会が取り壊される前の、最後のコンサートとなった。

これは、取り壊される前の教会を記念に収めた写真。右の屋根は森の家。

教会




木の香も清々しい新しい教会が建ったのは、7月のこと。
園長先生から、”献堂式”のご招待を受けた。

献堂式って何かしらと思ったが・・
全国から、牧師さんや信者の代表者が集う落成式のことらしい。

さて・・こういう時・・お祝いはどうしたものかとずっと考えていた。
一般的には、御祝いの熨斗袋が妥当だろうとは思うが、
園長先生の、「献納金のご心配は、どうかご無用にお願いします」
そんな一言が胸の奥にひっかかる。


で・・思いついたのは・・
shinの手作りの電気スタンドだった。
一昨年の突風で倒れた庭の合歓の木が可哀想だからと・・
製作に取り掛かったのは2月ころだったかなぁ


ねむの木1

ねむの木2



仕事の合間にコツコツと作ったこの作品、半年かかったらしい。
とても雰囲気がある出来映えに、あっ!と閃く。

スタンド1

そうだわ!これを新築祝いにしたらどうかしら・・
shinは快く了承してくれた。

飾り棚にあった ”馬小屋のキリスト誕生”の置物を、
これ、つけたらどうかしら?とshinに渡す。

胡桃を馬小屋に見立てたこの飾りは、ぴったりだった☆

合歓の木の礼拝堂には、木の実の外灯が付いた扉と、階段がある。
森の礼拝堂に集う人々や動物達を、キリスト様が優しく見守る情景。

もっとちゃんと写真を撮っておけばよかったなぁ・・残念・・

教会の新築祝い






お手渡しすることが出来た日・・

「えっ?これを・・手作りの・・頂けるんですか?」
と、突然、目を潤ませて、う〜ん・・と言葉を失っていらっしゃる様子に、
アタシも何だか・・上手なお祝いの言葉が見つからず、黙りこんだ。

いろいろな角度から眺め、「素晴らしい・・ほんとに素敵だ」と仰り、
「ありがとう・・」と、小さな声で何度も何度も呟いていらした。

よかった・・アタシもやっと嬉しさで胸がいっぱいになる。


しかし、ちょっぴり心が痛む。
取り上げちゃってごめんよ・・

shin&ファゴット







宴会

すき焼きを奢った。


すき焼き




今年のクリスマスに、新しい教会でのコンサートが決まった。
「チケットは千円でお願いします」というのがアタシが出した希望条件。

生涯のライフワークにしたいと願っていた「教会コンサート」が歩き出す。

at 20:43|PermalinkComments(4)徒然 

2015年08月25日

安らぐ台所

急に秋が来てしまう。
ホントにこのまま秋になるのかな・・

今年の夏は、”つけもの” に開眼したことが嬉しかった。

まずは、「柴漬け」

いろいろと厄介な工程を経ずに、
単純に簡易漬物器で漬ける方が、アタシの台所には向いていた。

今朝の朝茶は、熊本の釜炒り茶で、お茶うけは柴漬け。
台風15号で、芦北町にあるお茶屋さんが心配・・
伝統の釜炒り茶を味わいながら無事を祈る。


柴漬け






ゴーヤの漬物は、味噌漬けが一番美味しいように思う。

まず、ゴーヤを半分に切って綿を取り、ポリ袋に入れる。
味噌を(赤味噌が美味しいと思う)ゴーヤの袋に入れて軽く揉む。
(味噌は、少しでOK。アタシはゴーヤ4本に味噌大匙1くらい)
これを冷蔵庫に入れておくと、半日くらいで水がたくさん出る。
ポリ袋の水を捨てて、今度は簡易漬物器に詰めて、ネジをきつく締める。

これは2日経ったもの・・
まだまだ水が上がり、その都度、水を捨て、ネジを締めなおす。
(ゴーヤの上に、水が少し被る程度にしておく)
こうすると、カリッカリの食感はそのままで、とても味わい深い漬物になる。


ゴーヤの味噌漬けを仕込む

ゴーヤの味噌漬け






糠壺様は、青梅・山椒の実・蕗 などをたくさん食べて、ご機嫌だ。


糠床


庭の「茄子とオクラの糠漬け」 は、甘みがあり、
これは絶対にお店では買うことができない漬物だと思うと嬉しい。


茄子とオクラの糠漬け







オヤジ晩酌

最終日の茨城県で、主催者が持たせてくれた日本酒を開けた。


今宵の晩酌



肴は、漬物と、朝のうちに作っておいた煮物。

森の家地方のスーパーでは、売り物にならない”湯葉”が並ぶ。
要は、丸くならない規格外の湯葉。
これが又、とっても美味しくて安い。

アタシは、一度、茹でこぼしてから、酒+麺つゆ+醤油で煮込む。
喜界島の”島ザラメ”を使い、甘めの味付けが日本酒に合うのよ☆


湯葉の煮物




川越の三之助の豆腐はホントに美味しいが・・
”小絹揚げ”もアタシの大好物。
これは甘くないあっさりとした煮物に仕上げた。


小絹揚げの煮物




料亭での打ち上げは、アタシにとって拷問に等しい。
今回も、白身魚のお刺身に、蒼くて複雑な味のタレがかかっていた・・
すっきりと、醤油と山葵で食べさせてくれないのは何故だろう・・
茨城県には、”仁右衛門”や”匠”という旨い醤油があるではないか!

どうせ外で食べるなら・・
お刺身は寿司屋で食べたいし、
天麩羅は、やはり天麩羅屋のカウンターで食べたいし、
焼き魚は、炉端焼き屋で食べたい。

要は、いろいろ食べたくないのよね・・
極上の一品で、美味しい日本酒を味わいたい。

懐石料理は、どうも性に合わないな・・


やっと・・台所に寛ぐことが出来た!
ものすご〜く幸せ☆

at 20:11|PermalinkComments(8)台所 

2015年08月18日

今の私

この世に生まれて、向こうに帰るまで・・
アタシなりに精一杯歩いているこの道。

音楽という道を選んだからには、今の自分を表現する手段はピアノだ。
ショパンのノクターンも、ドビュッシーも・・
喜びや悲しみが堆積されていく人生の、どの辺かによって弾き方が変わる。
音を紡ぐのではなく、心を紡ぐのだと思うようになったのは、ごく最近の事。


夏のこの時期は、演奏会が多く、
台所でゆっくりと料理する時間もないまま過ぎていく。
オヤジ晩酌が基本の、自称 ”料理ブログ” は空白が多いな・・

それでも、この夏、ある発見があった。
梅干しの副産物である、赤梅酢で漬ける ”柴漬け”は、
偶然、大幅に改良された♪

胡瓜や茄子をナタ切りにして、ミョウガは半分に切り、簡易漬物器に詰め、
そこに、赤紫蘇を混ぜ、赤梅酢をほんの少しだけ注ぎ、冷蔵庫に置く。
(今までは、野菜を塩で下漬けしてから、赤梅酢&赤紫蘇を混ぜ込んだ)


柴漬け1



漬物器の底には、ほんの少し水が上がっているが、
冷蔵庫で一晩置くだけで、てっぺんまで水が上がる。
コツは、気がついたら、ネジをきつく締めることだけ。


柴漬け2



京都の漬物屋・・土井だったかな?そこの、”浅柴漬け”と同じようになる。
サラダ代わりやお茶請けにも、どんどん食べられる。

柴漬け







終戦記念日を過ぎたけれど・・演奏会の合間に、靖国神社に参拝して来た。


靖国8


靖国3


靖国4


パール判事


靖国1




母は、従軍医療部隊として、水戸の日赤からラバウルに行った。
死と隣り合わせの野戦病院の中では、
靖国で合いましょうが日々の挨拶だったそうだ。

亡母のお土産にと買って来た ”靖国の桜” 仏壇に供えた。

靖国の桜



at 08:27|PermalinkComments(8)徒然 

2015年08月12日

庭の様子

チョイ旅から帰ると、ホテイアオイが出迎えてくれた。

玄関脇の、西日がカンカンあたる所に置いたからどうかなと思っていたが、
こんな綺麗な花が咲くのね・・
水盤に(クララのご飯器だった)水を張って、乗せただけだったのに。


ホテイアオイ



昨夜遅く、雨が降った。
網戸から雨が吹き込むかなと思ったが、眠くて起きられなかった。
雨音と涼風が、深い眠りへと誘う。



雀の囀りで目覚めると・・案の定、畳が少し濡れていたわ。

朝茶をたっぷり淹れた湯飲み茶碗を持って庭に出る。
野菜が元気だった。

胡瓜


キュウリ




トマト

このトマト・・ミニトマトかと思っていたら、大玉だった。
来年の為にもラベルを取っておけばよかったな・・


トマト




唐辛子


唐辛子




北東の隅っこにはミョウガが群生している。


ミョウガ畑










オヤジ晩酌

疲れが出たのか・・凝ったものを作る気力無し。

「ミョウガ炒め」

胡麻油でミョウガをサッと炒め、最後に塩昆布を混ぜるだけ。
だけど、これは美味しいのよ!


ミョウガ炒め






庭のレモングラスを急須に詰めて、熱湯を注ぎ、4分経ったら漉す。


レモングラス


これを、氷をたっぷり盛った焼酎のグラスに注ぐ。
夏の気つけ薬。

もうお盆さんなのね・・・

at 20:50|PermalinkComments(4) 

2015年08月08日

今年の梅干し

連日の猛暑が、ふっとゆるんだ今日は・・立秋だった。

今年の梅干しは、立秋前の酷暑の中、無事に終了した。
しかし暑かったな・・


梅を干す


小梅干し





強い日差しの中、梅を干すとすぐに塩が噴出した。


小梅干し2



里梅干し







祝いの宴


「お刺身」


青木鮮魚店の刺身



最近発見した魚屋はホントに凄い。

このお刺身・・二千円。
いや、安いからいいわけではない。
とっても美味しい。
魚屋までは、家から20キロあるが・・それでも行ってしまう。

キリリと冷えた日本酒の旨いことったら☆

at 20:58|PermalinkComments(10)梅仕事 

2015年08月05日

ゴーヤ

今日の嬉しい事・・

あまりの猛暑だから咲かないと思っていたユリが・・咲いた☆


ユリが咲いた♪




さて・・

地植えにした二株のゴーヤは、ものすごい勢いで・・二階まで伸びた。

伸びるゴーヤ







ここはアタシの部屋で、寝室なのだが・・
いつも布団を干しているベランダの桟に絡みつき、行き場に困ってる様子。

桟と庇にロープを張り、誘引したら・・伸びる伸びる(汗)

寝室の吐き出し窓のゴーヤ



寝室にはエアコンはないので、網戸にして寝ている。
風がない時は、扇風機か団扇で事足りる。
月を見ながら眠りにつくのは、何ものにも代えがたい幸せなのだ。

明け方4時半頃・・
蜩の鳴き声に、うとうとまどろんでいると・・

今度は、ぶ〜んぶ〜んという羽音に起こされる。
ミツバチが、ゴーヤの花に入って仕事してるのだ。
次から次へと、よくもまぁ的確に花を見つけるもんだと感心する。


ミツバチの働きで、こんなてっぺんまで実をつけるゴーヤ・・


自室前のゴーヤ




どんど採れるゴーヤは、炒めたり、佃煮にしたりと食卓を彩るが、
さすがに飽きてきた。

今、一番気に入っている食べ方は、
「ゴーヤと人参の即席漬け」

ポリ袋に、スライスしたゴーヤと人参を入れて、醤油を回し、冷蔵庫に置くだけ。

これがとっても美味しい。
ゴーヤのカリカリした食感が失われず、
ゴーヤの苦味と人参の自然な甘みが相まって、味を底上げする。

自然に育った野菜なら、”ダシはいらない” 

食べてしまった後の醤油がもったいなので、
ちょっと煮詰めてから冷まし、納豆昆布を混ぜておくと、
それも又、格別美味しいのは発見だった。


ゴーヤ即席漬け







お昼ご飯



「カレーライス」


カレーライス



今日も暑いが・・元気いっぱい!

at 11:32|PermalinkComments(2) 

2015年08月03日

遊び癖がついた

あまりにも暑い・・
息苦しさも感じる
涼しいところへ非難したくなり、奥日光に逃げることにした。

ちょうど、ご飯を炊いているところだったので、
塩昆布のお握りを作り、
水出し珈琲を保冷ボトルに詰めた。


日光高速道を使い、清滝まで。
いろは坂を上り、明智平で休憩。

ここまで来ると、空気はひんやりしていて気持ちがいい。
家を出て30分で、この清涼感は嬉しい。
来てよかったな。

明智平


ロープウェイに乗ると、華厳の滝に行けるが、目指すは奥日光なのでやめにした。


ロープーウェイ





中禅寺湖畔の道路を駆り、
奥日光の戦場ヶ原を抜け、
高徳牧場へ来た。

観光客は、皆さん、判で押したようにアイスクリームを買っているが・・
黙々とアイスを食べている様子に、変な違和感を感じた。
誰一人として「美味しい〜」とかのリアクションもないのは変だ。
ベンチの隣のご夫婦は、アイスを食べ始めから終わりまで、ひと言も会話しない。

アタシは、丸木小屋に入り、土産物をぶらぶらと見るが、
地元ですもの・・目を引くようなものはない。

結局、アイスクリームを買い、ベンチで休む・・
アイスは思ったより美味しくなかった。
昔は、もっと濃厚で美味しかったんだけどなぁ


林の中でぼーっとして森林浴。


奥日光




帰りは、高速道路は使わず、日光街道を下る。

日光市内の道沿いに、ドキッとする店が視野に入った。
どうも気になる・・アンティークショップらしい。
車を近くの市営駐車場に停めて、店に入ってみる。

ふんわりと感じのいい女店主らしき人も気に入った♪


アンティークショップ



買ったもの



「石鹸受け」 イギリスのアンティークで、鉄製。

このサビサビ感がたまらなく好き♪
(わからんなぁと言うブロ友の声が聞こえるが・・メッチャ気に入った)

流し台の前に置いて、スポンジ置きとして使おう☆


石鹸受け






「ショットグラス」 イギリスアンティーク

淡い緑のカットグラスに惹かれた。
ホルダーは銀製で、もちろん外れる。
マドラーの一時置き場として使っても素敵かも・・
小花を挿しても可愛いナ♪


ショットグラス





オヤジ晩酌

日光道の駅で”唐揚げ”と”豆腐”を買ったので、
何もせずに晩酌となる。

こういうのたまにはよいな♪


「冷奴」

鰹節をたっぷり削り、庭のミョウガと青紫蘇を薬味にする。


冷奴



冷奴を肴に安焼酎を飲みながら、トースターの唐揚げが温まるのを待っている。

at 21:21|PermalinkComments(4)徒然 

2015年08月01日

宮祭りに行った

お祭りに行くのは、冬の”だるま市”以来。

shinに誘われて、宮祭りに行った♪
もちろん、何処かで飲んだくれる事を考えて・・バスに乗る。


凄い熱気だった。

オリオン通りの七夕

宮祭り4


大通りの神輿

宮祭り1


宮祭り2


宮祭り3




もうもう・・熱気で・・熱中症で倒れそう・・


駅前のラーメン屋に入り、今宵の宴

瓶麦酒3本
冷酒2本
餃子3人前
モヤシ&メンマ炒め
チャーシュー
野菜炒め


なんかとっても楽しかったぁ☆

at 23:23|PermalinkComments(6)徒然