2017年04月

2017年04月28日

森の小さな動物達

この森の小さな棲家に引越しをしてから、
shinが大好きになった人は、陶芸家だった。

長田醇香さん

一昨年の益子陶器市で、彼女の作品に一目惚れしたらしい。

ガーディナーの「うさぎさん」といい・・どうやら土をいじる人に惚れるようだ。



一昨年、連れ帰った長田さんの作品
キャンドルスタンドになるオブジェ


キャンドルスタンド







昨年の陶器市も、真っ先に長田さんのブースを訪ねたshinは、
又もオブジェを連れ帰った。

そして、この時・・
小さな動物達を作って頂けないかと・・お願いしたらしい。
自作の「合歓の木の電気スタンド」に遊ばせたいと・・
クドクお願いしたそうな。

家に帰ると自室に籠もり、なにやら工作をしていた。

長田さんのオブジェに豆電球をセットして作った灯りを、
玄関の下駄箱の上に置いた時は驚いた。

ぼぉーとした灯りが玄関に映えて・・
小さな森の祠のようだ。


電気スタンド









半年くらい経ったろうか・・
長田さんから宅配便が届いた。


森の家に宿る動物達

森の家(鳥)



ムササビ



森の家


森の家2





shinがお願いしたのは、4つか5つの動物だったらしいが、
届いた箱には、9つの動物がいた。

飛び上がって喜んだshin
玄関外の表札にも動物達を宿らせた。


ムササビ



子リス



子兎



子兎2


木の葉





森の音楽教室




静かな森の家を棲家とした動物達の、
ちょろちょろ・・ざわざわ・・うきうき・・楽しく暮している様子が、
長田さんに伝わりますように・・・・

ありがとうございました。


at 15:06|PermalinkComments(6)日本の手仕事 

2017年04月25日

エスニックな焼きそば

友人と焼きそばパーティ


パクチー入りの焼きそばが美味しかったので記録♪


エスニックな焼きそば




焼きそば



at 21:43|PermalinkComments(4)台所 

2017年04月20日

花盛り

庭の端には、樹齢40年くらいの花桃がある。
満開となった花桃に、散歩の人々が歓声を上げて通り過ぎて行く。
「毎年、楽しみにしてるんですよ」と言って下さるのが嬉しい。


花桃



花桃



花桃の傍には、岩根絞りという品種の椿があるが、
これも競うように満開になった。

「いいねぇ〜豪華な椿ねぇ」と立ち止まって眺めるご婦人がいらした。
知らない方だが、スーパーの袋を提げているから近所の人なんだろう・・

二、三輪切って差し上げたら、とても喜んでらした。


椿






玄関の横壁に設えた植物のバスケット


壁の花





玄関周りの花籠は、うさぎさん作のバスケット

友人がガーディナーって、いいな♪


バスケット1



バスケット2


ビオラバスケット








お昼ご飯


ご飯に蕪の味噌汁

ホウレン草のおひたし タラコ 目玉焼き 蕗味噌 沢庵


ご飯



今日はいい天気♪


at 14:23|PermalinkComments(4) 

2017年04月17日

しとしと雨の音

昼間は暑いくらいだったのに・・・
夜になるとメッチャ寒い。



オヤジ晩酌



ちび湯豆腐


小鍋湯豆腐




豆腐がゆらゆらするまでの間、安焼酎飲みながら作った
「ホタテとアスパラのバター炒め」


ホタテとアスパラのバター炒め




夜も更けて、雨脚が強くなった。

古い家なので、雨音が台所に響くのよね。
滝のような音もするのは、雨樋が何処か破れているのだろう。


やっぱりテレビがないのは清々しいな。

CDなどの音楽も、台所ではいらない。
バックグランドミュージックは嫌なのよ・・無音がよいな。
雨音を聞きながら料理する幸せ・・・・



寒いので、火鉢に炭を熾した夜


at 22:00|PermalinkComments(4)台所 

2017年04月14日

庭の野菜

山形の克子さんが送ってくれたルッコラ(根付き)を庭に埋めたのが去年。
霜や雪に埋もれながらも青々と育ち、とても大きくなった。
これが香りが強くて辛味があり美味しい。
サラダに少し混ぜると、格段に味が冴える。


ルッコラ




この葱も、克子さんが根付きで数株送ってくれた。
大きくするには、そろそろ株分けするのかしらね・・


小葱



この三つ葉は、毎年、こぼれ種で生える。
庭のあちこちから顔を出し、食べきれないほどになる。
三つ葉だけのサラダは、うちの定番。


三つ葉



ニラが雑草と混じってる・・・


ニラ






お昼ご飯

今日はshinが休暇なので、庭の野菜を摘み、ご飯の支度。


ひき割り納豆・長芋・三つ葉


納豆と長芋と納豆和え




食べてしまわなくてはいけないウインナ・ハムを炒めて、
サッと茹でた菜の花も加え、目玉焼きを乗せてみた。
見た目、学生食堂みたいでおかしいわぁ☆


菜の花とウインナ炒め&目玉焼き




せっかくの休日だから、何かご馳走をと思うが・・
新鮮なのは三つ葉だけで、残り物の昼餉となった。


夜は、近所に開店した居酒屋へ・・なんて考えているが・・どうなるか


at 11:51|PermalinkComments(2) 

2017年04月12日

小さな木蓋

”小さな木蓋”が台所に来てから、料理が楽しくってしかたがないのよ♪

木蓋



骨董市で見つけた小さな木蓋は、見た瞬間、
(あ、絶対いい!)って思った。

もともとの素性は、お煎餅を丸く延ばすためのものらしい。
お煎餅屋さんの道具。

使ってみて納得。厚みがあるので、吹きこぼれゼロなの。
それに、木が枯れているので、水滴が付かない。


木蓋3




パッと使えるように、定位置はここにした。ガス台の横。


木蓋2






気分がいい日のオヤジ晩酌


今日はなんだかとってもトマトっぽいものが食べたかったので、
午前中、仕事前にトマトソースを作っておいた。

風呂上りの麦酒はパス。
スパークリングワインを飲みながら、葉玉葱をオリーブオイルで炒め、
岩塩&黒胡椒ガリガリ。


葉玉葱の塩炒め




木蓋を乗せると、お湯が早く沸くのにも満足☆

パスタ用のお湯を沸かす




アマトリチャーナ


アマトリチャーナ



ほんに気分がいい夜だわ♪


スパークリングワイン


人間て、些細な事にも有頂天になるのよね・・
あぁ幸せだわぁ


at 22:09|PermalinkComments(4)古もの 

2017年04月08日

大根葉のおかず

大根の葉っぱがあるので、アタシの大好きなおかずを作る。

洗った大根葉をサッと茹でるが、
今日は春菊の茎があるので、それも湯がく。
春菊は、サラダにすることが多いので、茎は残っちゃうのよね。

大根葉や春菊の茎は、水に晒したり絞ったりしないで冷ます。


茹でた大根葉と春菊の茎




揚げ玉を作る


揚げ玉を作る





大根葉と春菊の茎は適当に切り、
生姜を千切りにする。

鰹節を削り、揚げ玉を加えて混ぜ、
醤油を回す。

これが本当に美味しいのだ!

揚げ玉のカリッとする食感が何とも食欲をそそる。


大根葉のおかず





お昼ご飯



大根葉のおかず乗っけご飯


ご飯に乗せて



大根葉は、ジャコと炒めても美味しいけれど、
アタシは、これが一番好き☆

案外時間掛かるけど・・・


at 11:37|PermalinkComments(8)台所 

2017年04月05日

庭の花

ずいぶん温かくなった。
近所の桜並木の花は、ひとつふたつ咲いていた。

庭の数種類の椿が咲き、もうすぐ満開になりそう


椿


椿2


椿1


椿3


椿4


椿2


椿3




椿の木の下には、木漏れ日が好きな花々が植えてある。

小さな水仙

小さな水仙


ヒヤシンス


ヒヤシンス


庭の花1


バイモユリ

バイモユリ


クリスマスローズ

クリスマスローズ2


クリスマスローズ1



何を植えてあったか忘れたが・・枯れた植木鉢の中から

匂いスミレ♪

匂いスミレ





オヤジ晩酌


買い物に行ったら、天然鰤のアラがあったので・・

「鰤大根」

鰤大根





竹田の油揚げを焼く


竹田の油揚げ焼き




ターツァイのおひたし


ターツァイのおひたし



今夜は冷酒


at 20:49|PermalinkComments(6) 

2017年04月01日

砥石のこと

小雨模様の寒い日
最近楽しみにしている土曜の市に出かける。
家から北に向かって車で15分位の所に立つ ”古もの市”

別に欲しい物もないが、
古もの好きなアタシには、とってもいい気分転換になるもの♪


竹屋の店で目に留まり、連れ帰ったのは・・

火吹き竹
 千円デシタ・・高いか安いかわからん・・飴色の竹に何とも惹かれた。
 でも、こういうの使ってみたかった☆

火吹き竹




気分良く、さぁ帰ろうと・・その時、見たことも無い ”もの” に遭遇する。

店の人とは顔馴染みなので、挨拶がてら「これは何?」と聞いてみた。
天然石の砥石だそうな・・・
知り合いの板前さんが廃業するので譲ってもらったそうだ。
話を聞いているうちに、段々と気持ちが揺らいでいった。

というのも、今朝、偶然に見つけた面白いブログの中の、
包丁を研ぐ記事を読んだばかりだからだ。

アタシは今でも、包丁を買った店に砥ぎに出している。
砥石の良し悪しも全く分からず、まして、研ぎ方も知らない・・

しかし、(この出会いしかないかもしれない)との思いに負け、
即、連れ帰ることになった。
一万円という自分としては、大胆な買い物だったぁ・・


砥石


ものすごく重いし、おっきい・・どうする・・何処に置いたらいいのか・・




興奮の坩堝の中、お腹すいた〜

お昼ご飯


ベーコンと椎茸炒め

ベーコンと椎茸の炒め物



西の料理番に教わった 「もずくスープ」

辛い酢をたっぷり使うと美味しい♪


もずくスープ



食べながらも、砥石のことで頭がいっぱい。

包丁の研ぎ方を覚えないと!


at 13:29|PermalinkComments(4)包丁