2017年06月

2017年06月19日

カレーライス

寒い日が続く。
朝晩は、決まって火鉢に炭を焚くが、
昨日から地震が多いので今朝はなんだか我慢した。

急にカレーライスが食べたくなったので、お昼ご飯に作った。

最近思うことの一つに、
カレーは、熟したものより、作りたてのもの、
全体がこなれずに尖っている方が旨いのではないかということ。
スパイスの香りが強く、舌に、鋭角に刺さるカレーが好き。

床屋の竜さんは、益子の陶器市に毎年カレー屋の出店を出す。
それほどカレー好きな竜さんから、スパイスの使い方を教わった。

それほど難しくなく、クミンシードを最初に炒めるということだけ。
それから、肉やジャガイモなど炒め、フツーの作り方でいく。
クミンは、必ず、シード(粒々)を使うといいらしい。

アタシ流で凝ったことと言えば、
薬研で黒胡椒を挽いたことだけ。
カレールーは市販の「ジャワカレー」だし・・


サフランライスを炊く

ご飯を炊く

サフランライス



カレーが出来た♪

カレー




お昼ご飯

カレーライス


お昼ご飯



プチプチしたクミンの食感が、カレーを底上げしてるわ・・

美味しい〜〜☆


at 12:40|PermalinkComments(4)台所 

2017年06月14日

ピザを焼く

パソコンをネットで買ったとたん、何故か快調に動く・・・・
どういうことなの?

呆れかえってピザを焼いた。

いつもと違って、手の込んだピザ☆


アンチョビのピザ






オヤジ晩酌


アンチョビのピザ


ピザでオヤジ晩酌


at 23:00|PermalinkComments(6)台所 

2017年06月09日

暑かったり寒かったり

半袖では寒いし、カーディガンを着ると暑い・・変な陽気。



オヤジ晩酌


鰹タタキ

鰹タタキ



オヤジ晩酌



コンピューターの調子が悪い・・

知らないうちに電源が切れ、どうやら、強制シャットダウンになるようだ。
セイフティモードでなんとか立ち上がるが心配。

メーカーに修理を頼もうと電話したら、
「部品の製造中止で、もう修理出来ません」とのこと・・

買ってから6年くらいなのに・・何だか嫌な感じ・・
世間では、普通のことなのかしら・・


もし、ブログがしばらくアップされない時は、
コンピューターが壊れたと思って、心配しないで下さい。


at 21:13|PermalinkComments(8)台所 

2017年06月04日

糠壺様の手入れ

うちの台所で一番大切なものと言えば、糠壺様だと思う。
かれこれ・・10年・・もっとかも・・休み無く働いてくれている。

タッパーで冷蔵庫保存という人もいるが、
糠を最高の状態に保つのは、なんといっても、
陶器の床で、常温に置くことだと思う。

アタシは、鰊鉢を使っている。
ここ、流し台とカウンターのデットスペースに、糠壺様は居る。

かなり重いので、滑りを良くする必要がある。
花台を逆さまにして、その上に糠壺様を乗せている。
何故逆さまかと言うと、指が入って引っ張ることが出来るから。


糠壷様の居場所




この時期に入れる”糠壺様のご馳走”は、青梅・実山椒・蕗(皮を剥かない)


糠壷様



そして、今年になってのヒットは、この中蓋。

琺瑯の蓋の内側に、水滴が付くのをなんとかしたいと・・
考えた末の発見だった。

無垢の杉板に、取っ手を付け(庭の椿の枝)
裏表に柿渋を塗った。
理由は分からないが、漬物が美味しくなった。


糠壷様の中蓋




蕪の糠漬け


蕪の糠漬け






オヤジ晩酌

あんまり蕪の漬物が美味しいので、冷酒にする。


今夜は冷酒




久しぶりに餃子を作った。

ここからはもちろん麦酒♪


餃子




漬物がないと、つまらなくなってしまう、うちの食卓。

立派な野菜じゃなくても、
大根のしっぽとか、切り損ねの人参とか、残った山芋とか、
調理をする最中に出た余りの野菜を突っ込んでおくだけで、
素晴らしい漬物になる。
これからの季節、ズッキーニも別モンの美味しさになる。

糠壺様はほんとうに凄いと思うわ・・

別に、毎日かき混ぜる必要もない。
白い膜が張ったら、それは、産膜酵母と言われる酵母菌なので、
かき混ぜてしまう。

気合を入れず(入れ過ぎると何故か美味しくない)
常に目の届く所に置いて、気に留めておくだけがいいように思う。

大切に養生しなくては


at 21:23|PermalinkComments(4)糠壺さま 

2017年06月01日

ウツギ

「庭のウツギが見頃だからいらっしゃいよ」
・・と叔母からの電話。

手土産にパンを焼く。
ちょうど到来物のメロンがあったので籠に入れ、
あとは何かないか・・と考える。
叔母の好物のカルピスバターが封を切らずにあったから嬉しい。

パンとバターとメロンの籠に、庭のミヤコワスレで作ったブーケを添える。
うん、なかなか可愛い籠になった♪
叔母の家は街中で、車で10分の距離。


叔母がウツギの枝を切ってくれた。



台所脇の床の間に飾ったウツギ


ウツギ





そして、こんなお土産も・・・
ちょっとアタシの趣味とは違うけど・・ここに居てもらいましょ(汗)

手作りのクッション& お人形


お人形





75歳になるのに、見惚れるほど美しい叔母。
洋服もお洒落だし、薄化粧も綺麗、アクセサリも品がいい。
ほんとうにいるのよね・・こんな美人が・・と考え込んでしまう。

「あなたの食卓にぴったりだと思うのよ〜」・・と、
その柔らかな笑顔で言われると、嫌とは言えなかった。

ノリタケの27センチプレート3枚+1枚

ノリタケのプレート

右の皿はまだしも、
薔薇の大皿には、何を盛り付けても様にならないような気がするなぁ
バタートースト&はちみつポットとか、サンドイッチ&ピクルスとか、
ケーキ&フルーツ添えなら使えるかも・・



叔母は、アタシがこの家に引っ越してからは、来た事がない。
骨董品で埋もれた台所とは想像もしていないだろう・・な・・








床の間のウツギを愛でながら オヤジ晩酌


楚々としたウツギには似合ず、何かおかしいが・・

豚キムチで安焼酎


豚キムチ



夜のウツギも、なかなか趣があるな・・・


P1040354



しかし、床の間って大人の遊び場だと・・つくづく思うわ


at 20:45|PermalinkComments(2)徒然