2017年01月05日

お正月の器

台所には、通常の食器棚とは別な、小さな箪笥がある。
そこは、季節の器が収められて、おのおの出番を待つ。

お正月にしか出番のない器

お正月の器


お正月の器2



何も、特別なご馳走を盛り付けるわけじゃないのよ。


今日は、平皿にはお餅、小鉢には漬物を盛った。


そうそう!昨年の夏頃、
骨董屋で見つけた火鉢のことを書いていなかったっけ。
伊万里の染付で、大きさが気に入って連れ帰った。



お餅を焼く




アタシは何故か、松や鶴、富士山に弱い。
その類の古物を見つけると、どうしても連れ帰ってしまうのよねぇ。

しかし、日本の文化って素晴らしいな・・




オヤジ晩酌


焼き蟹で焼酎


10年ほど前に梅田のデパートで買ったル・クルーゼのプレートを引っ張り出してみる。
波型の溝があり、平面は、くの字になってる。
焼肉用と記憶しているが、案外、使い勝手がいいかも。
とてつもなく重いことを除けば。
なんでまたこんなに重いものを仕事先で買い込んだんだろ・・



蟹を焼く





at 20:37│Comments(6)日本の手仕事 

この記事へのコメント

1. Posted by スー   2017年01月06日 00:29
本当にどうしたのだろうと心配していました!あまりに突然ブログがストップしたので。あ、御免。私も随分無沙汰をしておりました。なんとか生きています。毎日がバトルですが。

無理をせず、気が向いた時に更新ください。私もボチボチ読ませてもらいます。

カムバック、本当によかった〜
2. Posted by 三面相   2017年01月06日 08:34
お正月らしい器が素晴らしい!
カニ美味そうですねえ、で焼酎ですか?
お正月はお酒でお願いいたします、アハハ
3. Posted by えごのき   2017年01月06日 09:50
かわいいお皿ですね。

ところで従兄さんの家のご馳走写真、右上の羊羹のように見えるのは何でしょう?
当地にはエゴ草を練って作る「えごねり」というものがありますが、それとは違いますか。
4. Posted by ノーム   2017年01月06日 20:09
スーさん
わぁ〜お久しぶり!嬉しい再会です☆

ご心配おかけしてごめんなさい。
それにしても「なんとか生きてる」って・・
バトルの毎日だなんて、心配しちゃうわ。
てことは、東京にいらっしゃるのかなぁ
スーさんも無理をしないで下さいね。
5. Posted by ノーム   2017年01月06日 20:15
三面相さん
お宅こそ!お猪口が素敵だったわ♪
赤い九谷・・年の始めにいつも見ていました。
思い返せば長いお付き合いになりましたよね(笑)

何故に焼酎か?
日本酒だと蟹を思いっきり食べられないからです。
日本酒はやはり少量の肴でちびりちびりがよろしいな。
塩だけでも美味しく飲めるのよねって言うか、
美味しい日本酒ほど肴はいらないもん。
6. Posted by ノーム   2017年01月06日 20:19
えごのきさま
ご指摘のブツは「水羊羹」です。
日光名物「鬼平(きびら)の水羊羹」♪

えごねり・・凄く興味あります。
エゴ草ってヨモギとは別物なのでしょうね・・
どんな香りなのかしら・・

追記
海藻なのね!
素敵ですね、郷土食♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔