2017年01月27日

合歓の木の供養

親の代に植えた合歓の木は、
40年くらい経て、巨木になった。

下の写真は、この森の家に引っ越して来た夏に撮った。
二階の寝室まで届く枝は、真夏の日差しをゆらゆらと遮ってくれた。

アタシは「合歓の木日傘」と名付けた。


日よけの合歓の木




ところが・・

2013年・・突風で折れてしまった。
残念で残念でたまらなかった。


折れた合歓の木







ここからは、でえくのshinが活躍した記録


電気スタンドを作るという。

株元から伐り、2年間寝かし、乾燥させた。

休暇を利用して、こつこつと作業していったようだ。

階段は、合歓の木の小枝を利用して作ったようだ。


製作中のランプ



製作期間、2年・・・

ついに完成した合歓の木の電気スタンド

shinは 「森の家」と名付けた。

大きな木の”ほこら”の家に集う生き物たち・・

階段を上って行くとドアがあり、中にはテーブルと椅子がある。

テーブルの上には、どこで見つけてきたのか、
小さなお皿やマグカップなどが並べてあるのが笑える。


窓から覗くと・・・目が合った(笑)


うさぎ1






兎が食事をしているところ・・・

shinの大親友であるガーディナーの「ウサギさん」がモチーフというのが、
何とも微笑ましい。
まことにshinらしいナ

うさぎ2






アタシの仕事部屋に設置した。

ライトはLEDなので、昼夜問わず、いつも点けっぱなしにしている。


完成したランプ




一日の大半を、この部屋で過ごすアタシ・・

なんだかホッとする。


at 10:15│Comments(6)徒然 

この記事へのコメント

1. Posted by golfun   2017年01月28日 17:09
我が家の前の林にも大きな合歓木が毎年綺麗な花を咲かせてくれました。
台風で無残にも倒木しました。
流石に「森の家」の合歓木は未来永劫に人々を楽しませてくれますね。
兎さんや木の妖精たちはとても可愛いです。
2. Posted by ノーム   2017年01月29日 08:09
golfunさん
そうですか、やはり合歓の木は強風に弱いのですね・・

倒れた木から電気スタンドが出来上がるまで、4年かかってますが、
別の形で蘇った合歓の木に、ホッとしています。
3. Posted by 三面相   2017年02月01日 16:59
素晴らしいですねえ。
これは何処かに売ってる製品ですね。
何時までも大事にですねえ。
4. Posted by ノーム   2017年02月01日 19:57
三面相さん
褒めて頂いて・・ありがとうございます。
shinも喜ぶと思います(笑)

試験終わったの?
お疲れ様でした☆
5. Posted by 森の人   2017年02月10日 12:47
すごい メチャ素敵な電気スタンド メルヘンチックーーー shinさんは良い感性と職人の腕をお持ちですね。  熊の部屋には裸電球が似合います(^_^;)
6. Posted by ノーム   2017年02月11日 18:53
森の熊さん
うっそ(笑)shinに伝えたら喜ぶとは思うけれど・・
なにせメルヘンチックな男ですから、そこは当たってる(爆)

熊さんのお部屋はアタシの憧れです☆
プロ仕様の無機質なステンレスが、所狭しと使い勝手よく配置されてるもん。
感心します。ホント。
そこに裸電球は素敵と・・アタシの感性が言ってます♪
あ、ブリキの電傘に裸電球がよいな!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔