2017年01月14日

鍛冶屋の五徳

今朝は凍るような寒さで、
台所の掃き出し窓が凍って開かなかった。


寒い寒いと言いながら、石油ストーブを点け、火鉢に炭を熾す。

朝茶をゆっくりと飲み、
ポケットにホッカイロを突っ込んで骨董市に出かけた。


朝早いせいなのか、寒さのせいなのか・・お客さんはいなかった。

焚き火の周りで暖をとっている骨董商のおじさん達に、
「おいでおいで」と声をかけてもらい、紙コップのコーヒーを手渡された。
きちんとドリップされた深煎りのコーヒーだったのには驚かされた。
美味しかった!


古い五徳に目が釘付けになる。
鍛冶屋手打ちの、鋳物の五徳。

ちょっと高かったので、一巡して又戻り、眺めていたら安くしてくれたので、
連れ帰った。



しみじみと眺めると・・やっぱりよいなぁ


五徳




火鉢が大きくなった分、鉄瓶が沈みこんでいたが、
ちょうどいい高さになった。

ウキウキしてしまうな♪
鍛冶職人の魂が見えるような・・・
なんてったって古いものは暮らしのスパイスだわ♪


火鉢









お昼ご飯


”なると” を食べてしまわねばと・・炒飯を作った。


「なると・葱・卵の炒飯」


チャーハン





「ジャガイモの味噌汁」


ジャガイモの味噌汁



at 11:45│Comments(4)古もの 

この記事へのコメント

1. Posted by 三面相   2017年01月15日 08:19
またまた凄いですねえ。
五徳と云う言葉を忘れかけていました。
火鉢は花植えになっています、アハハ
五徳って五でなくって三が多いですねえ。
何故だろうなんて馬鹿なことを考えました。
徳もよく解らないですね、アハハ
2. Posted by ノーム   2017年01月15日 19:36
三面相さん
そちらは火鉢を使いたくなる気温ではないでしょうね。
花植え、いいですね♪

三・・なるほど・・
何故に五徳なんでしょうね(笑)
火の上に乗せる道具、つまり五徳を乗せることで五つの徳が授かるって意味?
3. Posted by golfun   2017年01月16日 10:42
おはようございます。
火鉢に五徳は懐かしいですね。
子供のころ五徳の上に金網を乗せ毎日餅を焼いて食べました。
餅の食べ方;
雑煮、善哉、きな粉にまぶす、
甘く煮た小豆にまぶして食べる。
昭和は遠くなりにけり。
4. Posted by ノーム   2017年01月16日 20:36
golfunさん
火鉢でお餅を焼くとそれはもう美味しいです☆
お里のお餅の食べ方には、ちょっとびっくりしました。
お雑煮以外、どれも甘いですよね・・
アタシは、焼餅を醤油に浸して、海苔で包んで食べるのが一番好きです。
そういえば、九州の筑前煮(がめ煮)もお砂糖を効かせていますね。
九州のお味噌も甘いです・・けれど美味しいです!

昭和は遠いですか?
ウチの暮らしは、昭和真っ只中です(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔