2017年02月01日

醤油煮豚

ちょっと発見があったので記録。


今まで、「煮豚」又は、「チャーシュー」を作る時は、
お肉を炭火で焼くか、フライパンで焼き付けてからの作業だった。


美味しいものを作るのに、手間をかけるのは厭わないが、
今回、ダメもとでやってみて大成功だった。


カギは二つ。
土鍋を使う事と、弱火(石油ストーブの上)



ウチには、極小サイズの土鍋がある。
三枚肉の塊はそのまま入らないので半分にカットして入れる。

酒と醤油(醤油が大目)を肉の半分まで注ぐ。
そして、ストーブの端っこに乗せ、
土鍋の蓋をして2時間くらい煮る。
途中、肉をひっくり返す。


煮豚1




2時間経ったら、ストーブから下ろし、翌日までそのまま。



煮豚2



肉を取り出し、
ラードは冷凍、
スープは、小さなボトルに詰める。


煮豚3



ラードは、餃子の挽肉が足りないときなどに使う。

スープは、炒飯などに。(これはとても使い道が多い)







オヤジ晩酌


煮豚と小松菜の塩炒めで安焼酎


醤油チャーシュー、ものすご〜く柔らかいのよね・・
何故なんだろう?
そして肉の味がいい。
しつこくないし、醤油の旨みだけが際立ってる。


醤油豚



小松菜は、オリーブオイルで炒めて、塩をガリガリ。
鰹節と和えるだけなんだけど、とっても美味しい。


小松菜の塩炒め



家庭料理は、こねくりまわさないで、調味料も最小限がいい。
単純な方が美味しくできると思う。
ほんと


at 19:57│Comments(6)料理 

この記事へのコメント

1. Posted by 三面相   2017年02月01日 21:51
料理ブログの復活ですね。
この小松菜もよさそうです。
焼酎でねえ、最近あまり飲んでないです。
何処かに色々あるはず出してこよう。
2. Posted by ノーム   2017年02月02日 09:05
三面相さん
霜に当たった小松菜は美味しいですよね。

土佐にはたくさん焼酎があるでしょうに(笑)
いろいろ出してお飲み下さいナ♪
3. Posted by さち   2017年02月02日 22:44
今日は寒かったね。(´;ω;`)ウゥゥ

こんな日は鍋が一番ですね。(笑)

煮豚の作り方は以前教わったので、
小松菜炒めを作ってみますね。(^▽^)/

色々参考になって食卓も潤ってきます。
お酒飲めなくても、十分おいしいですよ〜。
4. Posted by ノーム   2017年02月03日 08:02
さっちゃん
寒いですねぇ
アタシはこの寒さが大好き(笑)
これから春になると思うと・・
掃き出し窓が凍って開かない時期が何とも名残惜しいです。

小松菜の塩炒め美味しいですよ!
ぜひ。
コメントありがとう♪
5. Posted by golfun   2017年02月03日 14:47
ノームさん
本格的なチャーシューですね。
小松菜のオリーブオイル炒めは最高にしゃれていてます。
私は酒が主ですがワインも嗜んでいます。
これは日本酒ですね。
6. Posted by ノーム   2017年02月03日 19:47
golfunさん
あらぁ本格チャーシューじゃないんですよ(汗)
本格は、葱の青いとこや生姜や野菜クズなど入れます。
そうすると、スープの利用範囲が狭くなりますので、
醤油と酒だけにしました。

golfunさんにワインはお似合いです。
ダンディでらっしゃるから♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔