2017年04月01日

砥石のこと

小雨模様の寒い日
最近楽しみにしている土曜の市に出かける。
家から北に向かって車で15分位の所に立つ ”古もの市”

別に欲しい物もないが、
古もの好きなアタシには、とってもいい気分転換になるもの♪


竹屋の店で目に留まり、連れ帰ったのは・・

火吹き竹
 千円デシタ・・高いか安いかわからん・・飴色の竹に何とも惹かれた。
 でも、こういうの使ってみたかった☆

火吹き竹




気分良く、さぁ帰ろうと・・その時、見たことも無い ”もの” に遭遇する。

店の人とは顔馴染みなので、挨拶がてら「これは何?」と聞いてみた。
天然石の砥石だそうな・・・
知り合いの板前さんが廃業するので譲ってもらったそうだ。
話を聞いているうちに、段々と気持ちが揺らいでいった。

というのも、今朝、偶然に見つけた面白いブログの中の、
包丁を研ぐ記事を読んだばかりだからだ。

アタシは今でも、包丁を買った店に砥ぎに出している。
砥石の良し悪しも全く分からず、まして、研ぎ方も知らない・・

しかし、(この出会いしかないかもしれない)との思いに負け、
即、連れ帰ることになった。
一万円という自分としては、大胆な買い物だったぁ・・


砥石


ものすごく重いし、おっきい・・どうする・・何処に置いたらいいのか・・




興奮の坩堝の中、お腹すいた〜

お昼ご飯


ベーコンと椎茸炒め

ベーコンと椎茸の炒め物



西の料理番に教わった 「もずくスープ」

辛い酢をたっぷり使うと美味しい♪


もずくスープ



食べながらも、砥石のことで頭がいっぱい。

包丁の研ぎ方を覚えないと!


at 13:29│Comments(4)包丁 

この記事へのコメント

1. Posted by ran   2017年04月01日 16:17
こんにちは。

過去ブログを拝見しようと訪問してみると「砥石」!
早速買われたのですか。
それも天然砥石で1万円!!
すごい!太っ腹!チャレンジャー
絶賛です。

で、研ぎ方ですが私のお勧めはこちら。
http://temaeitamae.jp/
少しマニアックかもしれません。
難しければ包丁メーカーのHPが良いのかな?
https://tojiro.net/maintenance/index.html#tabtop1

でも、その前に砥石の素性を確認しないとね。
砥石は、荒砥・中砥・仕上げ砥・超仕上げなどがあります。
家庭用だと中砥があれば大丈夫かな。
できれば仕上げ砥を使うと一層鋭い刃がつきます。

その前にサイズについて
砥石サイズは「x丁掛」で表し、一丁掛は205mm×50mm×25mm
私が使うサイズは職人用の【三丁掛】205mm×75mm×50mm
写真を見たところ遥かに大きいようですねー
ビックリサイズの5丁掛とか、、、
大きな天然砥石は驚きの価格になります。

料理屋さんが、この砥石だけ使って研いでいたのなら中砥の可能性大でしょうか。
水を垂らしてスーッと吸い込まれれば#800以下の荒砥、いつまでも残っていれば中砥かな?

中砥であれば、これだけで研いでも大丈夫です。
(凹んだら麺直ししてください)
これだけ大きいと大事なのは保存方法。
冬凍らせると割れてしまうこともありますので室内保管です。
私は割るのが怖いので側面と底にカシューを塗って養生しています。
(この写真だと塗ってないかな)

大したアドバイスできませんが、ご検討を祈ります。
不明な点があれば、分かる範囲でお答えします。
(役に立たないかも、、、)
2. Posted by ノーム   2017年04月01日 19:59
ranさん
ようこそお越し下さいました!
もうもう、嬉しいです!
そして、大変有難いマニュアルを頂いて、感激しています。
仰るように、店の人は中砥と言っていました。
京都の・・なんとか・・と言っていました。産地のことかしら・・
昭和30年代に購入したそうです。
板前さんも、これ一つで砥いでいたようです。
サイズですが、今、計ったら220×110×70です。

しかし、なるほど・・保管には気をつけます!
カシューを塗って養生させるという言葉にも惚れました(笑)

教えて頂いた砥ぎ方(板前さんの)ホームページにも行って来ました。
なかなか難しそうですが、丁寧な写真付き解説なので、ゆっくりと勉強していきます。
まさか、アタシが砥ぎをするなんて思ってもいませんでしたが、頑張ります!

これからも、どうぞ宜しくお願いします☆
ありがとうございました。
3. Posted by スー   2017年04月03日 23:29
ご無沙汰しています。

包丁研ぎは、慣れてしまえば簡単ですが、慣れないうちはスーッと指を切ったりする事故がおきます。指を使う仕事ですから、十分注意をしてください。引退するまでは、研ぎはプロに任せる方が良いかもしれません。

でも、あんな立派な砥石を手に入れたら、絶対に使いたいでしょうねぇ〜
4. Posted by ノーム   2017年04月04日 07:39
スーさん
あら♪嬉しい♪

砥ぎは一生できないものだと思っていましたが、
出会いは、こんな形でやって来ました。

そうなんですよね、怪我が怖い(笑)
まちかん包丁二本は、今まで通り砥ぎに出すつもりです。

で・・昨日、shinが家に居たので、「何か砥いでみたらどうかしら」と言いましたら、
自分用の包丁と、小型ナイフ(リードを削るヤツ)を砥いでました。
傍目にも、ぎらぎら光って切れ味がよさそうでした。
今日も休みなので、アタシ用のぺティナイフを砥いでもらおうと企んでいます。
shinは昔から砥ぎに自信を持ってますので、この砥石にハマると予想してます。

アタシも、少しずつ砥ぎをやってみようと・・注意して励みます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔