2017年04月12日

小さな木蓋

”小さな木蓋”が台所に来てから、料理が楽しくってしかたがないのよ♪

木蓋



骨董市で見つけた小さな木蓋は、見た瞬間、
(あ、絶対いい!)って思った。

もともとの素性は、お煎餅を丸く延ばすためのものらしい。
お煎餅屋さんの道具。

使ってみて納得。厚みがあるので、吹きこぼれゼロなの。
それに、木が枯れているので、水滴が付かない。


木蓋3




パッと使えるように、定位置はここにした。ガス台の横。


木蓋2






気分がいい日のオヤジ晩酌


今日はなんだかとってもトマトっぽいものが食べたかったので、
午前中、仕事前にトマトソースを作っておいた。

風呂上りの麦酒はパス。
スパークリングワインを飲みながら、葉玉葱をオリーブオイルで炒め、
岩塩&黒胡椒ガリガリ。


葉玉葱の塩炒め




木蓋を乗せると、お湯が早く沸くのにも満足☆

パスタ用のお湯を沸かす




アマトリチャーナ


アマトリチャーナ



ほんに気分がいい夜だわ♪


スパークリングワイン


人間て、些細な事にも有頂天になるのよね・・
あぁ幸せだわぁ


at 22:09│Comments(4)古もの 

この記事へのコメント

1. Posted by 三面相   2017年04月13日 08:07
木蓋ですか、なるほどね、
しかし色々みつけますねえ。
木蓋はもう無いですねえ。
何時から無いのだろう?
何とも懐かしい響きです。
2. Posted by ran248   2017年04月13日 15:02
こんにちは。

煎餅作りの道具、、、
以前TVで観たことあります。
網の上で焼いた煎餅の気泡と反りを修正してました。
なんと、鍋の蓋に化けましたか!
私など到底及ばないセンスですね〜
おまけに鍋蓋置きとの相性も絶妙です。
もう芸術の域です。
ファラオの墓から出土しそうな感じかなぁ

スパークリング用グラスも雰囲気があって面白いです。
実は、こんなショットグラスを探してたんです。
おかげさまで確かに存在することを確認しました。
諦めず探したいと思います。

グラスの横にあるフォークレストは茶箕??
こんな使い方もあるのですね。
そのセンスに脱帽です。
3. Posted by ノーム   2017年04月13日 21:31
三面相さん
木蓋はホームセンターに売っていますが、木がだめなんです。
アタシは、餃子を焼く鉄鍋にも、木蓋を使っていますし、いろいろ持ってますが・・
反ってしまったり、薄かったりです。
古い木蓋が最高なんです。
ですから、骨董市に行く度に、古い木蓋に目が行きます。
こんな風に、枯れて焼け焦げたような木蓋が、料理の素晴らしい相棒になるんです(笑)
見つけようと思っても、なかなか見つかるものじゃないんです・・
そういう意味で、出逢いでした♪
4. Posted by ノーム   2017年04月13日 21:47
ranさん
煎餅屋の道具を知ってらしたんですか・・びっくりだわ・・
骨董市のおじさんが説明してくれた内容が上手く書けなかったので、{道具}としましたが、ranさんの仰る通りです☆
アタシ・・いつも木蓋を探していますので(笑)
蓋置きは、益子焼きです。ガス台の傍で、一時の菜箸置きにしていました。

グラスは、笠間(だったと思いますが)ガラス作家の個展でもとめました。
そうは言っても、そんなに高くなかった記憶があります♪
「ゾウの足」と題名がついてました。
足が重く安定していて使い易いですし、洗い易いです。

フォーク置きは南部鉄です。
何個かあって、サイズの大きいものもあります。
小さなポッチが底にあります。
買う時は、(天麩羅の塩盛りにしよう)と思いました。
油も、サッと水洗いだけで汚れが落ち、速乾ですので便利にこき使っています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔