2017年05月29日

薬研

いつかきっと・・ここまで来るなと思っていた・・
ぶらりと立ち寄った骨董屋で見つけた。

薬研

居場所はここにしようと思いながら帰って来た。


薬研


使った後の掃除は、床屋の竜さんにもらった刷毛がよいな・・と考える。
この刷毛は、今は製造してないらしく、持ち手の木には彫刻が施され、
刷毛は馬の尻尾で出来ている。
洗剤で洗えると、竜さんが言っていた。
(後ろの小箒は、鰹節削り器用)

刷毛


ゆっくりと軽く、木車を回すだけで、
ホールの胡椒が挽ける。





オヤジ晩酌


絹サヤと卵の炒め物で安焼酎
薬研で黒胡椒たっぷりと挽いた。


絹さや卵とじ



格段に、黒胡椒の香りが冴えてるような気がする☆


at 20:36│Comments(6)古もの 

この記事へのコメント

1. Posted by ran248   2017年05月31日 08:56
おはようございます。

ついに薬研ですか〜
それも飾りではなく実用品!
薬研車まで付いている!!

で、スパイスをひくのに使いとは、、、
「目の付け所がノームだね!」
感心しきりのranでした。
2. Posted by 三面相   2017年05月31日 09:59
最近は真面目に料理ブログの復活ですねえ?
なになに、これで胡椒が挽けてるんですか、やりますねえ。
胡麻も大好きなんですよ。
3. Posted by ノーム   2017年05月31日 20:11
ranさん
そうなんです(汗)ついに・・薬研です。
台所に置いてある物は、すべて実用品で・・
オブジェは置かない主義だから・・始末が悪いの(笑)
薬研の車は優れていますよ。
だって、軽く5回くらい回すと、粉々になるの。
昔のものはいいですね。
鉄は重いけれど、陶器は軽いので、それが決め手になりました。
古伊万里です。
花椒を挽いて、麻婆豆腐作ろうと思います。
ranさん、麻婆豆腐お得意そうですね♪
4. Posted by ノーム   2017年05月31日 20:18
三面相さん
そうなんです!オヤジ晩酌ブログ、やっと復活よ☆
でも、目がかすむので、頻繁には書けませんけど。
胡麻も、もちろん挽けますが・・・胡麻はやっぱり・・擂り鉢を使った方がいいですよ(笑)
胡麻は、擂り鉢であたって、麺つゆ入れて、
胡瓜やミョウガ、紫蘇の葉などどんどん入れて・・などと、便利ですもの(笑)
こちらでは「冷汁」と言いますが、土佐にもあるでしょ?
冷汁に饂飩は、これからの季節、美味しいですよね♪
5. Posted by 鍋   2017年05月31日 22:52
薬研かぁ。。それ陶器よね?

イメージは石とか鉄だから新鮮(´▽`)


で、絹サヤのそっちの方が目につく私。

明日、ぜひそれ作ってみよう。腹減った。




6. Posted by ノーム   2017年06月01日 06:54
鍋さん
そうよ陶器。
薬研は、いつか欲しいと思ってたけど、鉄しか見たことがなくて・・
重いと、常に使うには億劫になるでしょ、探した甲斐がありました♪

絹サヤは単品で炒めるものですが、この日はお腹空いてたから卵を使いました。
絹サヤって不思議な野菜よね・・お肉やハムとは相性が悪い。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔