2017年10月26日

シェリー酒

友人のおいどんから教わった鶏料理が大当たりだったので忘備録。

「これはいったい何なんだ!って思うくらい旨いぜ」
おいどんのこのセリフに心を動かされる。


鶏胸肉を、シェリー酒と牛乳1:1、塩少々に一晩浸して焼くだけというレシピ。
(アタシは牛乳は好きじゃないので豆乳に置き換えた)

油を引かないフライパンを熱し、鶏肉の皮目の方を下にして置き、
アルミホイルを被せ、
重石替わりに水を張った鍋を乗せる。
こうすると皮がパリッと焼ける。


鶏肉焼き



程よい焦げ目がついたらひっくり返して、
今度は重石を取って焼く。



出来た☆

「鶏肉のソテー」

この肉は何かしら・・というくらい香りが素敵なの。
これは美味しい!!


鶏肉焼き出来た♪





今日配達された野菜屋の箱に、鶴首カボチャなるものが入っていた。
種がなく濃厚で、ポタージュにして食べて下さいとのメモがあった。

ポタージュすうぷ?作ったことないなぁと腰が引けたが、
とりあえず、小さめにカットしたカボチャをひたひたの水で煮る。

煮えたら、スプーンで潰し、
コンソメスープの素を1個入れ、
ハウスホワイトシチュー顆粒を少しだけ入れてみる。


カボチャのポタージュ1



豆乳を加え、シェリー酒を加え、最後にバターを入れた。

味を見たら・・凄い、美味しいじゃないの♪


カボチャのポタージュ2




オヤジ晩酌

鶏のソテー&すうぷ&サンドイッチに赤ワイン


森の家地方には、美味しいサンドイッチ屋が2件ある。
今日は、キューピット というサンドイッチ屋に買いに行った。


きゅーぴっとサンドイッチ



しかし、シェリー酒って料理酒にするにはもったいない感があるが、
こんなに味に深みが出るなら惜しくはないナ。
ちなみに、シェリー酒はティオペペを使った。



at 20:56│Comments(2)料理 

この記事へのコメント

1. Posted by ran248   2017年10月27日 08:14
おはようございます。

相変わらず良い雰囲気のお部屋で美味しそうな生活ですね〜
道具にも味があり、も〜いい感じ!
で、シェリー酒ですか?
まだ飲んだことないのですが、香りの良い酒精強化ワインだそうですね。
ドライベルモット(チンザノ)みたいな感じかな?

鶏胸肉とシェリー酒に牛乳を鋳物スキレットでじっくり調理、、、
考えただけで美味しそうです!
おまけに胸肉だとお財布にも優しくてヘルシー。
シェリー酒を買ってきて作ってみた〜い。
今日は早速買い物か、、、
でも仕事あるしな〜
ノームさんの誘惑には勝てそうにありません。。。

1点ご教示お願いします。
スキレットに重いふた乗せてダッヂオーブン的調理は理解しましたが、
火加減と加熱時間は?
私的な感覚だと、ごく弱火で時間をかけジューシー仕上げと想像しますが、どうなんでしょう?
時間のあるとき教えてください。
2. Posted by ノーム   2017年10月27日 20:59
ranさん
いつもコメントを頂き、ありがとうございます♪

シェリー酒は、料理に使うと格段に味がクレードアップするというのを何年か前に発見したのですが、なかなか買い置きが出来なかったんです(ちょっとお値段が張りますので)
でも最近は安くなりました。
ティオペペしか買いません。これは仕事上がりというか、お風呂に入ってお腹ペコペコ状態の時、小さなグラスでキュ〜っと飲むと最高に美味しい☆

仰るように、酒精強化ワインなので、開けてもそのまま風化しないので洋風料理酒として優れていると思います。

火加減ですが、皮目に焦げ目が付くまでは強火です。10分くらいかなぁ・・
フライパンの性格にもよりますので、ヘラで焼き具合を確かめて下さい。
ひっくり返してからは弱火で5分〜10分くらい。
最後に火を強めて煽ります。
火を止めたら少しそのままにしておきます。

フライパンに肉汁が残ったら、煮詰めてソースにした方がいいと思います。
この時は、最後に鶏肉ごと強火で煽ったので肉汁は飛びました。

かなり美味しいです!
ぜひお試しください☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔