好きな男

2012年04月09日

桜咲く

ひとり、近くの桜を見に行った。
桜を見上げるとシャコンヌが聞こえる。
周りの喧騒は遠のき、今を生きる喜びに包まれる。


桜4






















バッハ シャコンヌ BWV 1004
violin/ハイフェッツ





構えない立ち姿のハイフェッツが奏でるシャコンヌ・・不思議な磁力。
本当に無造作なバッハ。
知りえる限り、一番美しいシャコンヌと思う。

あぁ・・アタシはこういう人生を、ずっと追い求め続けているのだと・・
強く思い知った今年の桜。


桜2























at 16:24|PermalinkComments(10)

2009年03月23日

指揮者に夢中

棲家その男はベネズエラからやって来た・・
甘いマスクに長身・・
タキシードが、こんなに似合う男もめずらしい・・
この手のタイプにありがちな「俺をみろよ」じゃなく
フレンドリーでシャイな感じがたまらない・・
割りばしでケーキを食べそう・・(笑)


ドゥダメル・・ベネズエラの若干28歳のマエストロ
これ・・クラッシックの演奏会でのアンコール・・
アンコールになったとたん、全員が国旗をデザインしたジャンパーを着こんだ。
ここで、私は感動・・
国を愛してるんだなぁ〜って・・
曲目は、「ウエストサイドストーリー」から・・マンボ。
最初、これを見た時・・唖然とした(笑)
楽器を振り回して・・演奏しながら踊ってる(笑)
コンサートホールで、こんなノリノリのアンコールに遭遇したヨーロッパの紳士淑女は、きっと卒倒するに違いない(笑)


こっちが、タキシード版・・暇だったら覗いてみて♪
池袋芸術劇場・・東京公演のライブ。
私の好みを押し付けるわけじゃないけど・・
ドゥダメル・・かっこいい〜
そして・・すご〜くエキサイティング♪
アンコール2曲目は・・もう・・たまりませ〜ん(笑)


ショットグラスでタンカレーを飲みながら見ていたら・・
酔いがまわってきた・・良い気分〜

アンコール1曲目は、国旗のジャンバーと同じ曲・・マンボ。
アンコール2曲目は、「ヒナステラ」っていう作曲者のバレエ組曲「終幕の踊り」
酔ったついでに思いつくままに解説すると・・この人、あのタンゴの神様「ピアソラ」の作曲の先生。
で・・このバレエ組曲は、4曲から出来ていて、田舎の情景が素敵に描写されてて・・癒されるの。無条件で楽しい〜♪
ちなみに・・
第1曲・・農場で働く人々
第2曲・・小麦の踊り
第3曲・・大牧場の牛追い人
第4曲・・終幕の踊り(マランボ)



さてさて・・今夜の肴
「庭のホウレンソウのナムル」
ちっちゃいホウレンソウを根っこごと収穫。
グラグラ沸騰した鍋に塩をひとつまみ・・
5秒程ホウレンソウをくぐらせ、水に浸してギュッと絞る。
ゴマ油ほんの少し+塩・・にホウレンソウを入れ、手でなじませる。

ホウレンソウのナムル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、餃子は、手作り以外は食べない・・が・・
冷凍庫に頂き物の「ホワイトの餃子」が鎮座していて、邪魔なので・・
しかたなく・・と言うより、素敵な男を見た夜は、出来るだけ料理はしたくない。

この餃子を焼くレシピは、惨憺たるもの・・
だって・・油の中で、冷凍餃子を焼く・・(嫌だ〜)
だから、フライパンに冷凍餃子を並べ、水と紹興酒を入れ、着火。
結局、蒸し焼き。
最後に、ゴマ油を垂らして・・出来上がり〜
それほど美味しくないけど・・まぁしかたないかな(笑)

ホワイトの餃子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が思ういい男の範囲は広いけど(笑)・・
要するに、{自分中心じゃなくて、自然体で・・それでいて、
命を削るような生き方を、難なく見せている・・男・・かな・・}
いないよ〜こんな男〜(笑)

酔っぱらいの戯言聞いてくれてありがとう〜
おやすみなさいzzz



at 00:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)