お茶の時間

2010年07月03日

居場所を得た道具達

目覚めて時計を見たら9時・・
台所に下りて、カラカラの喉を潤すのが冷茶です。

朝の冷茶























最近、冷茶にハマってますわ
麦茶も美味しいけど、起き抜けの一杯は、やっぱりコレよね・・

美味しい冷茶が飲みたくて、試行錯誤の結果(まだまだですけどね)
やっと、それらしき淹れ方を発見したんですよ・・

視点は2つあります・・

 起き抜けは冷茶で、2杯目は熱い緑茶が飲みたい。

 茶葉を無駄にしないような淹れ方はないものか・・


アタシが、憧れて、秘かに覗いてるブログがあるんです・・
台湾茶に魅せられた人が綴る、お茶日記・・
その人がね、ヤカンで台湾茶を淹れるんですよね・・
多分、察するに・・その人は男性と思うのですが、とってもワイルドなんです・・
でも、ウマイお茶のツボというか、感というか・・そういうものを持ってるんですよねぇ・・


アタシも、冷茶の淹れ方は、真似しました。

寝る前に、ピッチャーに茶葉を入れ、水を注ぎ、冷蔵庫に入れておきます。
これがねぇ・・酔っぱらって忘れないようにしないと・・翌朝、冷茶が飲めないから・・

しかし、ピッチャーを考えましたよ・・
美しくて、中が洗いやすくて、ピタッと蓋が閉まるもの・・

長い事使わずにしまい込んでいたピッチャーを思い出しました
「焼きしめ」の水差しです。


水出し壺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝、茶葉を網で濾して・・ガラスのピッチャーに移し替えます。

冷茶壺





















この冷茶が、本当に美味しいのよー
トロ〜っとした甘みが・・なんとも言えません・・


冷蔵庫へ






















そして、出汁ガラの茶葉に水を入れて、ヤカンに移します。
このヤカン・・覚えてくれてる人いるかなぁ?
お寺のご住職様にお願いして塗りに出したら・・金色になって帰ってきたヤカンです

気色悪くて使う気がしなかったけど、寸胴だから、こういう使い道がありましたわ

このヤカンをガスにかけて、グラグラ沸かします。


ヤカンでお茶を沸かす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷茶の後は、やっぱり、熱いお茶が 美味しいわー
気に入ってる、ローゼンタールのピッチャーに移し替えて

お茶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




こうして、何杯ものお茶を飲みながらPCで遊んだりしてるんですよー(笑)

そのうち、お茶が、だんだん冷めるでしょ?
そしたら、水出しのお茶と混ぜて、冷蔵庫に入れておきます。
甘みと渋みが、程良くあいまって・・
この季節の、食後や午後のお茶には、ぴったりなのよね

ヤカンで沸かすお茶の葉は、向き不向きがあるように思います。

アタシは、岐阜と四国のお茶の葉を取り寄せています。
どちらも、山奥で・・自然農法の茶葉。
そして、在来種の茶葉が、野性的な芳香で美味しいと思いますわ・・

お茶を水出しにするには、大量の茶葉が必要なのよね・・
こうして、最後まで使い切ると、決して贅沢とは思えないわね。 


それじゃぁ・・よい週末をお過ごし下さいね 



at 15:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年05月03日

ババロアの行方

世間はゴールデンウィーク真っ只中というのに・・
どこにも出かけるあてのないアタシ・・
台所に籠ってますわ


4・5日前の事、
知人が、「ヨーグルト&マシュマロ」の袋を抱えて訪ねて来て・・

知人 「まぁ〜こんなにお天気がいいのにお出掛けにならないの?」

アタシのつぶやき (大きなお世話・・出掛けてたらピンポンに出ないわよ)

「コレ、お試しになりません?素晴らしいスイーツが出来ますのよ!」

(スイーツですって?この人が言うと気持ち悪い響きねぇ・・)

「容器に、ヨーグルトとマシュマロを混ぜて、冷蔵庫に入れておくだけなんですよ〜
2日もすればババロアが出来てますのよ♪ぜひ、作ってみて♪ご遠慮なさらずに〜どうぞぉ〜♪
あら?クララちゃんお昼寝中かしら?ずいぶんと静かですこと・・」

(お茶をいかが・・なんて言ったら大変だわ・・ドアを閉めるにはどうしたらいいかな)


玄関先の薔薇の花の話題になったので、よろしければお持ち下さいと、
急いでサンダルをつっかけて外に・・
黄色がいいかしら?ピンクがお好き?と、彼女を外に誘い・・後ろ手にドアを閉めて・・


アタシは愛想よく薔薇の花を切り、ブーケにして、
彼女の車の後部座席に乗せましたわ

「まぁ〜嬉しい♪お花がしおれないうちに帰らなくちゃ・・」

彼女の車が角を曲がるまで、手を振ってお見送りしました










しばらくの間、カウンターの上に放置してあったマシュマロの袋が気になりだして・・

ヨーグルトの賞味期限も近づいてきたので・・作ってみました・・

1日目のババロアちゃんです・・

へぇ〜ヨーグルトが固まってるわ・・
でも、マシュマロの形は、なんとなく・・そのまんまよねぇ

少しだけ食べてみました・・

怖ろしく不味い・・

 

 

 
















うわ 不味い〜〜〜〜


どうしよう・・・コレ・・・・
隣のチビどもに食べさせちゃおうか・・

それにしても、2日間寝かせるって言ってたから・・もう1日待ってみようか。



そして・・更に1日経った今日・・

見た目は、あんまり変わってないよねぇ

またまた味見・・

う〜ん・・・・昨日よりはいいかもネ・・


断面は平らになってますわ・・マシュマロの形が消えている・・


マシュマロの形が消えてるわ・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



怖ろしく甘い・・・・けど・・食べられなくもないナ・・



ババロア

 

 

 

 

 

 

 

 







 連休で暇にしてるはずのyoukoをお茶に誘いましたよ・・

youko 「ちょうど良かったわ♪ 今ねタルトが出来たんで、持って行こうと思ってたのよ」



ドキッ


youkoのタルトを見たアタシは、急いでババロアを隠しましたわ

 

タルト

 

 

 

 

 












絶品でございます〜 




話の流れで・・今夜は宴会になりましたわ

 

 

 

今夜の宴会用の買い物に出たら、アタシの前を走る車が・・凄い 

その車が、コンビニの駐車場に入ったので、アタシも思わずついて行きました(笑)

写真を撮ってもよろしいですか?と尋ねたら・・

「どうぞどうぞ〜」・・と、素敵なオジサマの真っ白い歯が太陽に眩しかったわ


タイの車可愛い車

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それじゃぁ・・又・・

 



at 13:41|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2010年04月04日

茶壺を育てる

茶花桜が満開だっていうのに・・
花冷えの薄暗い日曜日ですよ・・

庭の金木犀の根元に白い茶花が咲きました・・
たった1輪、チューリップが顔を出してるの見えますか?



12年間、植えっぱなしの球根なんですけど・・

流石に、花は小さくなってきましたが毎年咲いてくれます。
「ピノキオ」という種類のチューリップです♪

ピノキオ

























育ててる茶壺なんですが、順調に成長しまして・・



10日間、ストーブにかけて煮ましたわ(笑)

初めの5日間は紅茶で・・後の5日間は東方美人の出がらしで煮ました。


比較してみました・・色目が違うでしょ?

茶壷



















茶壷2




















蓋の裏に、印が彫ってるのを発見しましたわ・・今まで気がつかなかった・・

漢字一文字なんですけど・・読めません・・・・・

「幡」?・・違うわねぇ・・弓ヘンですよねぇ・・?

どなたかわかる方、教えて下さいませ。


蓋裏2
























もう、醤油の香りもしないし、油は、すっかり抜けたようです(笑)

こうなったら、この茶壺は、東方美人専用に致しましょ♪

茶壺を取り出しただけで、東方美人の香りがするようになるまでは、後、どれくらいかかるのでしょう・・

こんな気の長い時間を楽しむのも大人の遊びよね♪




早速、東方美人を淹れました♪


お茶の時間





















お菓子は、今ハマってるコレ・・

美味しいんですよ〜酒屋で売ってるっていうのが面白いでしょ(笑)


お菓子























そうそう!育ってる鉄瓶も、ついでにUPしておきます・・



鉄瓶






















それじゃぁ又・・

at 12:17|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2010年03月26日

茶壺を育てる

おはようございます♪

今日はアタシ久々の休日・・

天気は、さっきまでは快晴でしたが・・


ミモザ2























今は厚い雲が空を覆っていますわ・・




ミモザ


























ところで・・三面相さんが変なコメントを下さいました(笑)


「ずいずいずっころがしごまみそずい・・・・・・・・・・・・・・」



アタシ、小さい頃から、この歌の意味が不思議で、

この歌に遭遇する度に、(なんだろうなぁ・・)と考え込んでいたんですよ(笑)



そこで、今日はとっても暇ですし・・調べてみましたよ!!





このわらべ歌は、江戸時代の茶壷道中(行列)を歌ったものだそうです。
「ずいずい〜」はお茶壷道中の歌なんですって!!

「ずいずい〜ずいずい〜〜」と抑揚をつけながらの行列だったのねぇ・・

以下は、あんまり面白くて素敵なので、コピーしました♪


毎年、新茶の季節になると、将軍が飲むお茶を宇治まで受け取りに行く行列が、東海道を下ってきます。そして、新茶を積み込んだのち、東海道、中仙道を江戸へ帰っていったのです。
 この茶壷は、「お茶壷様」と呼ばれ、籠に乗せられました。その前後左右には、馬50頭とともに役人400人が付くという大層なものだったようです。
 茶壷行列が通るとき、東海道の宿場町には、
「家からゴミや煙を出してはならない!」
などの、細かいお触れ出されていました。農民や町人は、「下にいー、下にー」の声が聞こえると、土下座をして行列が通りすぎるのを待ちました。
 子どもたちは、家から出るのを禁じられていました。そこで、
「お茶壷様が来たら、戸をピシャンとしめ、ごま味噌でもなめてじっとしていよう。お茶壷様が通りぬけたら、どんどこしょと戸を開けて外で遊ぼうよ」
と歌われたのが、この歌です。
 大名たちも、道の途中で「お茶壷様」に出会うと、籠から降りて出迎えなければなりませんでした。この制度は、3代将軍家光が作り、その後、江戸時代の終わりまで続いたそうです。
 ところで、この茶壷が、信楽焼きだったのです。そのため、
「信楽焼きの茶壷に入れたお茶は、長い間湿らずに良い香りが失われない」
と有名になり、各大名からの注文が殺到したそうです。また、信楽焼きの茶壷は、一般の家庭でも好んで使われるようになりました





ところで・・信楽の茶入れ・・アタシ愛用してます♪

なんだか嬉しくなってきました(笑)




茶壺




















中はね、こんな感じ・・素焼きの内蓋があります・・


茶壷2




















この内蓋を取ると・・


茶壷3




















あぁ・・お茶が残り少ないですねぇ(笑)








お昼ご飯



「タンメン」


タンメン




















アタシが気に入ってる「昔ながらの中華そば」はね、醤油と味噌だけで、
塩がないんですよ〜

だから、タンメンを作る時は「札幌一番塩ラーメン」です♪






知らない事ってホント多いですよねぇ・・

小さい頃からの謎も解けたし・・

今日一日、楽しく過ごします♪


それじゃぁ・・又♪





at 13:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

茶壺を育てる

夜な夜な茶壺を育てています・・

茶壷





















台湾茶にハマってから、素敵な茶壺をネットオークションでゲットしたんですけどね、

ふいに思い出したんですよ・・・



昔、中国で買った素焼きの茶壺の事・・





これを買った頃は烏龍茶やプーアル茶はコンビニのペットボトルしか知りませんでしたから、もちろん、日本茶用の急須(一人用)にするつもりだったんですよ・・

でも、茶葉が目詰まりするんですよ〜



がっかりして、サイドボードの飾りになってましたわ・・



ふと、醤油注しにしたらどうかと思って・・使ってみましたらね・・


素焼きって凄いですね〜〜

茶壺の外側に、塩が浮き出てくるんですよ・・びっくりしちゃったわ。

蓋も、塩がこびりついて開かなくなっちゃったんですよ・・・・・



次の発想は・・油注しです。



アタシはバカです!!

油は、空気に触れると酸化が早くなるでしょ?


茶壺の吸い口・・モロ・・開いてますわ・・(笑)





こんな経路をたどった茶壺は、醤油の香り&油臭いんですよ〜〜







本当なら、毎日、お茶を淹れて、時間をかけて育てるんですけど、

そんな事してられないでしょ!

ですからね、究極の、乱暴な育て方をしています。




薬缶に紅茶を入れて、茶壺を煮ています♪


賞味期限を見るの怖ろしい古〜い紅茶缶・・どこのお宅にもあるでしょ?


罪の意識なく、た〜ぷりとブチコミましたわ。


紅茶を・・





















毎晩、ストーブにかけて・・煮ています(笑)








今夜の肴



「トンカツ&鯵フライ」


トンカツ&アジフライ





















美味しそうでしょ♪


アタシが作ったんじゃありません・・

近くの肉屋で買ってきました♪




トンカツを買うと、鯵フライも買わずにはいられないのはアタシだけじゃないですよね?



それじゃぁ・・又

at 01:40|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年03月03日

茶壺と茶杯

ミモザ4久しぶりの上天気♪

今年もミモザが・・こんなことになりましたわ・・

去年の大風で折れてしまったので、本幹半分の所で伐ったのですけど・・

どんどん横枝を延ばして・・ふっさふさ・・


どぉ?近くで見ると可愛いでしょ♪


ミモザの花



























とうとう台湾茶にハマりましたわ・・

「東方美人」というお茶を取り寄せました。

「高山」を飲んでハマったアタシがなんで「東方美人」かと言うとね・・


名前にあやかる・・・・・・ウソ!


このお茶は、ウンカに噛ませて育てなければいけないので、農薬はご法度の茶葉なんですよ。

台湾茶ドットネットと一樓茶軒の2店舗から、同じお茶を取り寄せてみました・・
どちらが好みだろう・・



古い中国の菓子器が、お茶袋の寝室になりました・・


台湾茶




















この菓子器ね・・去年までは蚊取り線香入れにしてましたん(笑)






中国の朱泥の茶壺で淹れて・・
唐子の茶杯で飲みました・・想像通りの美味しいお茶で感動したんですけどね・・

朱泥の茶壺は、鉄観音ならいいのよねぇ・・

東方美人には、なんだかねぇ・・合わないのよねぇ・・






とうとう、ここまで来ちゃいました・・


茶壷2



















茶壷2



















茶壷印




















オークションでみつけちゃったんですよ・・

「慎徳堂製」紅彩楷書銘の粉彩磁器です。





これは、青花で「大清雍正年製」と銘が入っている茶杯・・


茶杯





















なんだか可愛いでしょ♪



茶碗




















この茶器をゲットするまでのいきさつが、すごくドラマティックでしたのよ・・

話すと長〜くなるので・・いずれ又・・





やはり、気に入った茶器でいただく台湾茶は格別ですわ。



茶盤





















もちろん、茶盤は持っていないから、「すのこ」で代用・・

この「すのこ」は何に使うための物か分からないまま、物置にしまってあったのをひっぱりだしました・・

漆塗りの四角いバットに「すのこ」がついてます・・




そして、これも・・何に使ったらいいのか不明だった楕円の櫃・・

ジャガイモを入れたり、宴会の時にはワインクーラーにしたりしてたんですけど・・


茶櫃





















高さがあるので・・台湾茶器入れにちょうどいい感じです。





でも、蓋がないのよねぇ・・

しまってあった、素敵な絹の布を、ホコリ避けにかけてみました・・



布




















この布ね、着物の染色家がサンプル用に染めたものを頂いたんです・・

ミモザをデザインしてます。





今日は、ゆったりとしたお茶の時間を過ごしました・・



茶櫃と茶器





















台湾茶、まだよく性格がつかめていませんが、何煎でも出るんですよ・・

それも、だんだん濃くなって・・

茶壺にお湯を残しておくと、苦みが勝ってしまうの。

だから、茶海を使って、均一なお茶にするのねぇ・・

最初は、茶海って何だ??と思ったけど納得です。

ワインのデキャンタを代用してます・・蓋は、中国の茶壺の蓋・・ぴったりなんですよ(笑)



夏場は、この茶海ごと冷蔵庫に入れておいてね・・

冷茶はさぞや美味しいでしょうね・・






そうそう、茶托も大切な道具だという事も、初めて知りましたわ・・

茶盤で、こぼれるのを気にしないで淹れた方が、お茶がウマイっていうのも日本茶と大きく違う所ね・・



お茶






















それじゃぁ・・長い事おつきあい下さって・・ありがとう♪




追記

お酒を飲み過ぎてね・・なんだか又、東方美人が飲みたくなって淹れました・・

電気の光をあてた茶杯が、とっても綺麗でしたので・・


光の茶杯




















at 20:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年02月19日

お茶の事

お茶久しぶりに晴れましたね〜♪

たまに台湾茶が飲みたくなりましたよ・・
頂きもののお茶があるのを思い出したんです。
アタシ、日本茶は、ちょっとは分かるんですけど・・
台湾茶はまるで分かりません・・



淹れ方も分からないしね・・だから、ネットで調べてみました。

お茶好きの方の面白いブログを発見したんですよ♪

夢中で読んでいたらね・・

中国のプーアール茶の好きなお坊さん(大師)に教えてもらった・・と称して・・

「やかんは銀製が良い。銀のやかんで沸かした湯でプーアール茶を淹れると、80年代のプーアール茶が70年代の風味になる」・・と・・ありました。


その方、帰国して、早速、純銀のやかんを購入したそうな・・

果たしてお味は?

いつも飲み慣れている80年代の散茶を淹れてみたそうなのよ・・
茶杯に入れた茶湯の色を見たとき、「これは本当かも知れない」と思ったんですって・・

「茶湯の色が、それまで見慣れたものと違って、とても深い透明感があるように見えたのだ。そして口に含むと、風味も穏やかで、確かに10年くらい熟成が進んだように感じた」・・って書いてましたわ・・




「純銀のやかん」・・ねぇ・・これは無理としても・・ウチに「銅のやかん」ならあるな・・

その「銅のやかん」ね、あまりにもボロボロなので、塗りに出したんですよ・・





3・4年前でしたけど・・それが失敗でした・・

ピッカピカの「黄金のやかん」になっちゃった(汗)




それもそのはず・・お寺のご住職様にお願いしたので、お寺の道具を塗り直す工房に運ばれたのよ・・アタシの「やかん」・・(笑)



だけど、百聞は一見に如かず・・でしょ・・お湯を沸かしてみましたよ・・

ひっぱり出した「やかん」・・どう見てもグロテスクよねぇ・・(泣)
アタシの趣味じゃないけど、この際、しかたがないわ・・


やかん
























まあるくて、コロンとした、こんな茶葉です・・




茶葉




















淹れてみました・・





お茶淹れ完成





















香り高くて・・フルーティな香りが鼻に抜けますね・・

思ったより美味ですわ・・

台湾茶って、すごく高いイメージがありましたけど、茶壺に何度もお湯を継ぎ足して、何杯でも飲む事が出来ますからね・・
以外と日常茶にいいかもね・・

ハマったら怖いけど・・(笑)




そうそう、「銅のやかん」で沸かしたお湯も、いつもの鉄瓶で沸かしたお湯も、アタシには区別がつきませんでしたわ・・

「純銀のやかん」だったら・・はっきり違いが出るのでしょうか・・?・・






考えない事に致します・・

at 17:19|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年09月23日

銅のヤカンとドリッパー

棲家「凝り性」って言葉があるけれど、アタシには当てはまらないと思ってた・・

恋愛においては、火が憑いたが最後、そうとうな入れ込み方をするっていうのは、自嘲と共に過去の苦い経験となって、心のヒダに塵のように積もってるが・・



台所を見回すと、けっこう、銅製品が多いのよね〜

こんなにあったかな・・って・・

アタシが、初めて、働いて買った物が、珈琲を淹れる銅の「やかん」なんですよね・・

アタシは、珈琲が大好きで、旅行先にも、小さなミルとドリッパーをカバンに入れるほど・・(笑)

シンガポールでの事・・ドリッパーを忘れたんです・・デパ地下の珈琲店で、カリタの陶器のドリッパーを買おうと思ったけど、家にもあるし、使い捨てるなんて出来ないし、帰りの事を考えると、チト重い。

街をフラフラしてたら、銅のドリッパーを見つけたんです・・旅先で気が大きくなってるから買いました・・


そんなこんなで、貯まっていった銅製品・・年月が経つにつれ、変色してくるんですけど、それはそれで味わい深く、毎日使っています。

銅は、手入れが大変と、敬遠する人が多いけど、それは、ピカピカに光ってなくちゃ・・という固定概念があるからで、変色して凹んだりしているのも、魅力的なんですよね・・

 

でも、面白半分に、例の、塩&酢でガシガシしてみました・・

銅サーバー



















磨く前の写真を撮っておけばよかった・・「やかん」は、磨く前は、鉄か?と思うような色だったんですよ・・

銅本来の色と輝きがよみがえった時は、さすがに感動しましたよ・・厭味な光沢にならなかったので、嬉しいです♪

蓋のツマミが取れちゃってたり、歪んでいたり、持ち手を留めるビスを無くしてしまい、モクネジで留めていたり・・の「やかん」ですけど、愛おしいです。

右端のピッチャーは、蚤の市で見つけ、レードルを入れてます。 

 

久が、採りたて野菜を持って遊びに来てくれた・・

昨日のシチューが少し残っていたので、ドリアにしました♪

ケチャップライスに、シチューをかけて、チーズを乗せて焼きました。

今日の、お昼ごはんです♪
ドリア2



at 20:04|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2009年07月18日

大陸の土

棲家何度か中国に行った・・
もちろん、ツアーじゃありません。
あの繁華街の喧騒・・
心に澱む不満なんて、もう、どうでもよくなってしまうのよね・・
又、行きたい国・・



アタシが、ひそかに楽しみにしているブログがあるのよ・・
中国に住んでいる方のブログなの。

コメント残すなんて、おこがましいから、読ませてもらって、楽しんでいただけ・・

ところが、なぜか、お話したくなったのよね・・
コメント入れました・・
そしたら、アタシの大好きな中国の話を返してくれた。

初めてコメント入れる時ってさぁ、一応、礼儀として、こちらのアドレス入れるでしょ?

アタシも、1度だけ・・「私は、こういう者ですが、宜しく」って意味を込めて、アドレス入れましたよ・・

ところが、最近、何度かやりとりがあった末、「もし、お暇だったら、ウチにも遊びに来てください。中国茶器をUPしておきます」って書いたのよね・・

そしたら、その御方、「アドレス知らない」って・・(笑)

そこで・・アタシなりの方法で謎かけを致しました〜

謎を解いて、遊びに来てくださるといいんだけどなぁ〜

 

急須です♪

急須2




















これも急須。
小さく見えるけど、かなりデカイ・・
高級玉露・・それも、手もみじゃないと、詰まっちゃう・・
今は、花入れにしてます(笑)

急須1




















これは、酒器にしてる。
小ぶりなんで、日本酒だと何回も継ぎ足す事に・・
だから、60度の泡盛が手に入った時だけ、活躍してます。

酒器




















そして、この女の子は、連れて帰りたくなって・・
玄関のドアを開けると、真正面に居て、アタシの帰りを待ってくれてます♪

中国女子


























ついでに・・
昨夜の肴

「焼きそば」

レシピ

.札蹈蠅鬟ット。
▲縫鵐縫をカット。
F撻丱薀屮蹈奪を厚めにカット。
げ悉萢した海老に塩を振りかけ、冷蔵庫で休ませる。


ここで、風呂に入ります〜

ネ颪稜鮨箸鯲匹混ぜて、海老を入れ、フライパンで炒めておく。(黄身はクララのご飯に混ぜたわ)
Ε曠奪肇廛譟璽箸鮠討そばモードにして、肉を入れ、脂が出てきたらニンニクを入れ、ソバを入れ、焼きそば用粉ソースを入れ、カレー粉を入れ、海老を入れ、セロリを入れ、完成〜

要は、カレー味の焼きそばですよ(笑)
コツは、野菜はセロリのみ・・ほとんど生状態でね!グチャグチャ炒めてると、不味くなるから注意(笑)

焼きそば




















ついでに・・・

倉、初登場です(笑)

倉



















ふふっ・・実はね、倉は、隣に住んでいるのよ・・
わんぱんち〜とyouko の自転車があるのを発見して、押しかけて来た・・



at 16:40|PermalinkComments(23)TrackBack(0)

2009年05月18日

鉄瓶

棲家暑い日になった・・
この間から、毎朝、鉄瓶の手入れをしていたが、良い感じになってきたので、写真を撮った。





手入れをする前の鉄瓶
4月26日「朝茶」の日記でUPした写真です。
鉄瓶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎朝、手入れをしている鉄瓶

003


















今朝の鉄瓶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄瓶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日で20日目くらい・・
変わったでしょ?
どういう手入れをしたのかというとね・・
3煎目のお茶を、湯こぼしに入れて、布巾にお茶を含ませて軽く絞って、鉄瓶を濡らすの・・鉄瓶が、まだ温かいうちにね。
ただ、それだけのことなんだけど・・艶が出てきて、茶色の錆びた部分も、目立たなくなってきたの・・
昔、祖母が毎朝の日課だったのを思い出して、やってみた・・
やっぱり、ものをたいせつに扱うって事は、ゆったりとした気持ちで暮さなくちゃいけないのね・・
ガサガサと時間に追われてはだめね・・反省すること・・しかりデス・・


今日は、ちょっと早めの晩御飯♪

今夜の肴
「とんかつ」
なんだかね〜無性にとんかつが食べたくなって・・作りましたよ♪
菜種油で揚げると、うまくいくような気がする・・
とんかつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サラダ」
ディル酢を使ったドレッシングで・・

サラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、まだまだ飲んでますよ〜
皆さんも良い夜をね....



at 22:08|PermalinkComments(16)TrackBack(0)