里の山畑

2015年06月05日

里へ

里の畑は草ぼうぼうだったが、ニンニクを収穫できた。

種を埋めて7ヶ月・・土はありがたい。


里畑



西山の山椒の木は、実をいっぱいつけていた。
毛虫が怖いので、気合を入れての収穫は出来なかったが、
それでも200gくらいは採ったが・・まだまだいっぱいある。


里山



梅は、まだ早い・・・また来よう。


里山2





家に帰り、実山椒の塩漬けを仕込む。

実山椒は予想通り、200gだった。
糠壺様に食べてもらう分はないので、梅もぎりの時に又収穫しなくてはね。


これで、実山椒が沈むまで、3日ほど待ちます。

アタシのレシピ

実山椒の塩漬けを作る




ついでに、庭の小梅で仕込んだ”梅ジュース”の今・・熟成中


梅ジュースの瓶






お昼ご飯

昨日残っちゃった天麩羅1個に、
玉葱を加えて、麺つゆで煮て卵とじにした”天麩羅煮”


天麩羅煮



今が旬の”孟宗竹”を、厚揚げと煮たおかず。


孟宗竹と厚揚げの煮物




今日はとっても肌寒い

at 12:04|PermalinkComments(6)

2013年07月12日

炎暑の中

休暇は汗を流したいと・・旅帰りのshinからの申し出だった。
アタシは家仕事の予定を立てていたが、それもいいかもと・・乗った。


玄米のおにぎりをこしらえて、糠漬けをタッパーに。
ポットに珈琲を詰め、里畑へ。

うわぁ〜また・・草だらけ・・
この炎天下に草取りするなんて自殺行為だわと気持ちが萎えたが、
畑の隅に桜の大木が二本あるため、そこだけは日差しがまったく届かない別天地だった。


手前の日陰の部分が桜の木のシェード部分。


また・・草だらけ・・























草取りをしながらジャガイモの収穫をする。

草で隠れてしまっても大丈夫なように、ジャガイモを埋めた所に棒を立てておいた。



目印の棒
























掘ってみると、ゴロゴロと顔を出すジャガイモに、暑さも忘れた(笑)


掘ってみた























「こんな日に畑にいるのは素人だけだね」・・と言いながら桜の木の下で休む。

風が吹き抜け、ここだけはホントに別天地だった。

凍らせた4リットルの水を持って来たが・・
途中から氷がなかなか融けず難儀した。
車のボンネットの上に乗せて、やっと融けだした氷水を奪い合って飲んだ。


shin
























奮闘4時間後・・・

収穫したジャガイモ


収穫したジャガイモ
























北の空が暗い・・
そういえば、風が強くなったようだ。

外水道の井戸水を頭からかぶり、帰路に着く。


家に着いてすぐにシャワーをして、台所の和室に足を投げ出し麦酒を飲む。

極楽極楽〜と思っていたのも束の間・・
ゴロゴロと雷が鳴り出し、
それもすぐにピシッ!という音に変わり、
滝のような雨に覆われた。
今まで体験したことの無い突風が辺りの木の葉を巻き上げ出した。
下から巻き上げる豪雨で、お隣の家々が全く見えない。


怖いので、頭からタオルケットを被り、
顔周りだけまぁるく開けて焼酎をゴクゴク飲んだ。


小一時間くらい経ったろうか・・

嵐が静まり、雷も遠くなったので・・障子を開けて外を見たら・・・・・・・・・・・・・・・


ねむの木が・・・























ねむの木が・・・・折れていた・・・・・・

折れた木が、お隣の庭にまで達していた。


折れたねむの木


























お隣の一人暮らしのご婦人に電話をしてお詫びする。

木の撤収は明日の事として・・




宴会

ジャガイモのタイム煮で収穫祭の予定だったが、
激辛の麻婆豆腐を作った。


shinは涙目で食べていた。


麻婆豆腐
























凄い一日だった

at 11:32|PermalinkComments(12)

2013年05月30日

里へ

梅雨に入る前にと・・里畑に行って来た記録


しばらく来てなかったので、どれだけ草が伸びているか見当もつかなかったが、
案外、たいしたことはなかった。

ざっと見て・・これは2時間コースかなと思った。

同級生が作ってくれたアルミのテーブルが大活躍♪

カセットコンロでお湯を沸かし、その間、携帯ミルで珈琲豆を挽き、
ゆっくりと淹れた珈琲を、空の下で飲む。
そんな草取りは楽しかった。


草一面の里畑






















おもしろいほど楽チンにずるずると抜ける草・・
やはり、前回来た時に丁寧に草取りしたおかげなのね。

草の中から顔を出すジャガイモや玉葱が愛おしかった(笑)


草取り後の里畑






















たぶん、えんどう豆だと思うけれど・・
硬くなっちゃってるヨ(汗)

遅かったなぁと意気消沈した。

ところがびっくり!
なんと!鞘を剥くと綺麗な豆が・・・・・・・

さやえんどう豆って、早い時期は鞘ごと食べて、
おっきくなってしまったのは"グリンピース"になるの??
これじゃ、豆ご飯が出来ちゃうじゃないかと小躍りする。


えんどう豆























収穫

紫玉葱・子ジャガ・えんどう豆・のびる・蕗


今日の収穫


























晩酌


ジャガイモを掘るには早いけれど・・元気のない苗があったので掘って収穫した子ジャガ。

シンプルに、オリーブオイルと塩で炒め、蓋をして蒸し煮。
最後に醤油を回した。

くぅ〜と声に出したほど美味しかった。


子ジャガ煮(オリーブオイル&塩&醤油)






















剥いた豆は可愛くて綺麗だった☆


鞘を剥いたえんどう豆























そのまま食べられそうな"絹さや"は、炒めることにした。

余計なことはせず、オリーブオイルと塩でサッと炒めて黒胡椒ガリガリ。

豆の味が濃いんですよ・・・
こんなの食べたことない人っているだろうなぁ・・
こういうの食べるとね・・肉や魚はいらないんですよ・・
ホント、そう思った。


オリーブオイル&塩&胡椒で炒めたえんどう豆























豆ご飯

軽い塩だけで羽釜で炊いた。

豆は、しっかりと形を留めているので・・硬いかなぁと思った。
しかし、とても柔らかいのに驚いた。
豆が崩れた豆ご飯も大好きなんだけど、口の中で潰れる豆ご飯も素晴らしい。


豆ご飯






















えんどう豆の味噌汁


えんどう豆の味噌汁


























里畑は、何のタネを撒いたのかも忘れ・・
行ってみて何が出来ているのかというような現状。

大地って凄いね・・・


「ありがたいなぁ〜」 ・・という言葉しか出てこなかったオヤジ晩酌

at 07:46|PermalinkComments(21)

2012年11月22日

大地に感謝の日

昨日は暖かで風のない日だったので、里畑に行って来ました。

畑は草だらけだろうなと覚悟していたが、そうでもなかった。
夏に頑張って草取りしたのが良かったのかも・・

大根が育ってました♪

畑大根



















土は、ふかふかで・・すぅ〜と抜けたわ・・

なんと・・・大収穫だった☆

丸々と太った大根&聖護院蕪に唖然・・・

まったくの自然のままで不耕起栽培です。

ミミズ君達が耕してくれたんだわね。




大収穫☆






















そして、こんなに寒くなったのにトマトがまだ元気でした

青いトマトのピクルスを作ろうと、全部、収穫。

これで、多分、1年間くらい・・
最高のサンドウィッチが作れるわ☆

もう嬉しくてしかたがない


青いトマト


























今・・ストーブで大根煮てます♪


ストーブで大根を煮る






















晩酌が楽しみぃ



at 11:16|PermalinkComments(6)

2012年09月29日

世界にひとつ

栗拾いがてら、里に行ってました。

台風が来る前に、畑の草取りをしたわ。

この大きな竹籠ね、物置で発見したのよ☆
とっても便利なの♪

そうそう!物置で、藁のこもかぶりの大量の炭を発見!
飛び上って喜んだわ(笑)
まだまだ古いものが沢山眠ってる物置
楽しみが増えたわー☆


草取り2






















ひとりで、しばらく草むしりをしていたら・・・
近所に住む同級生が来た。

「こないだっから作ってたモンがあっからよ、今っから持ってくっから」

ほどなく、軽トラが畑脇の道に止まり・・
ものすごく大きな・・光る物体を、ころがしながら・・ニコニコ顔でアタシに尋ねる。

「どこさ置いたらよがっぺ」

おっきなおっきな・・アルミのガーデンテーブルだった


テーブルの脚映画フィルムを巻くアルミのリールを
切断して作ったそうな・・・

いったい・・そのリール・・
どこから持って来たのか

真中に、パラソルを立てる穴まで開けてある・・

足も、もちろん手作りだそうだ

なんとも素敵なアルミの曲線・・・

アートですよ

椅子5客・・・
これはホームセンターで買って来てくれたそうな

「安かったから」・・と、言うんだけれど・・
どうしよ〜〜〜


テーブル
畑の東寄りの所に、大きな桜の木があるんです。

夏場は、そこが日陰になるので、

その木の下に置く事にしたわ

直径130センチの大テーブル。

嬉しいー













周りは、あたり一面・・そば畑です。


蕎麦畑

















晩酌

あるものだけでサラダを作った。

それを肴に焼酎


晩酌






















収穫した大根と人参、同級生にもらった里芋で・・・

美味しいスイトンが出来た♪


すいとん






















今日は、仕事部屋と台所で栗剥き・・の往復(爆)



at 13:07|PermalinkComments(8)

2012年08月11日

里へ

曇り空・・
涼しい風が通り抜けて気持ちいので、庭で朝茶を飲んだ。

(里の畑も気になるし・・お墓掃除もしたいし・・仕事は詰まってるし・・さて、どうするか・・)

カラスの鳴き声に背中を押され、急遽、里に行く事にした。

冷凍してある玄米ご飯をチンして、シソの実をまぶし、塩紫蘇で包んだお握り&珈琲をポットに詰めて出発。

里に着き・・・まずは、お墓掃除をして、お参りした。
墓参りは気持ちが安らぐな・・・いつからだろうか・・


畑の草に気勢をそがれたが、
今回、丁寧に草取りする体力は温存しなくてはならない。
大きなカマで、長く伸びた草だけを刈る。


畑






















あぁ〜ぁ、インゲン・・・枯れちゃってるわぁ・・と・・抜こうとしたら・・
何と、赤い小さな粒が・・・こぼれ落ちた・・
小豆だった

小豆






















ちっちゃなスイカ? こぼれ種で出たのかしらね・・可愛い☆

スイカ






















枝豆は、まだ早かった・・残念だけどしかたがない。
従兄に食べてもらう事にしたけれど・・
少しだけ収穫。

枝豆





















大根と人参を収穫した。

大根&人参























晩酌


枝豆&麦酒

晩酌





















こんなみすぼらしい枝豆だけど、味に驚いた・・・
ミッキー野菜屋の枝豆より旨いぞ




さて、今日・・・
小豆を殻から外している。
初めての事なのでわからないけど・・
これって、かなり時間かかるよね・・・

パッツ〜ンと、小豆がはじけて、飛んじゃうんだけど・・どしたらいいのか。

小豆




















at 11:18|PermalinkComments(6)

2012年06月20日

新ジャガ

早朝、里から電話があった。
「台風で梅がだいぶ落ちたよ。早く梅もぎりに来た方がいい」

そうは言っても・・この間見た感じでは数個しか生ってなかった。

しかし、すでに南高梅を漬けてしまったとは言いづらく・・
台風一過の畑も気になったので、出かける事にした。

お握りと卵焼きを作って、珈琲をポットに・・
行くからには、道中、楽しまなくちゃね☆

美味しく焼けた卵焼き

美味しそう☆























案の定、里梅は生ってなかった・・
目を凝らすと、高い所に少しある。
梯子をかけて、けっこう危なかったけど採りました。
それでも2キロくらいは収穫した。

西山の山椒の木に、まだ、実が残っていたので、それも収穫。
蕗を少しだけ収穫。
畑のジャガイモを1本だけ、抜いてみたら・・出来てた新ジャガ



晩酌

風呂上がりの濡れ髪もそのままで・・
とりあえず麦酒だわぁ
・・・と、冷蔵庫を開けたら・・
麦酒が・・・ない
よりによって今日、こんな失態をするなんて

「on the rocks beer」

on the rocks beer






















昨日の残りもの 「スパサラダ」
(マカロニがなかったのでパスタを折って・・のサラダ)

スパサラダ(昨日の)






















「蕗煮」

蕗






















「ジャガバター煮っ転がし」


ジャガバター煮っ転がし





















カーーーー美味し過ぎ


アタシの里畑・・・もしかして・・・・・
すばらしい土なのかも・・・・・

焼酎飲んでます


。。。。。追記。。。。。

新ジャガの写真をUPするのを忘れてた・・
1個の種イモから、こんなに生るのね・・
初めての体験
メークイーンです。


004





















at 22:56|PermalinkComments(14)

2012年05月21日

筋肉痛な一日

かなり気持ち良く目が覚めた早朝。
そうだわ!今日は金環日食だった・・
遮光カーテン越しに、お日様の気配がして、気分は最高潮。

さて、起きようかと・・頭上でゴロゴロしているダイヤを撫でようとしたら・・
身体が・・・動かない

昨日、里の畑の草取りをしたので、全身、筋肉痛になってしまった。
少しずつ動いて、ヨロヨロと立ち上がり、
階段は、手すりにしがみついて降りたわよ。
(歳を取ったら、こうなるんだわ)・・と・・神妙な心もちで・・珈琲ミルを回した





昨日は日曜日だったので、新4国はスイスイだった。

途中の道の駅 「五霞」 でブランチ。
炊き立てご飯にシソの実をまぶした「シソの実握り」 
残りのご飯に醤油を入れ、鰹節をまぶした「おかか握り」
そして、ポットにつめてきた深煎りの珈琲。


里に着いてびっくり仰天。
畑の草の勢いは、予想を超えていた


草だらけの畑




















畑





















大根かも?

大根?





















しかし、土は柔らかく・・
小さなスコップで一掘りするごとに、ミミズが4・5匹躍り出るんですよ〜

もの凄くゴブットイミミズに、ぎゃぁ〜トカ、うっ!トカ言ってましたけど、そのうち慣れた(爆)
数十匹のミミズを切断してしまったわ
ミミズ君、ごめんよー

おっきなタイヤのトラクターが止まった。
乗っていたのは、近所に住む同級生。
「うなってやっぺと思ったんだけどよー、何か植わってるみてぇなんで止めといたんだ」

アタシの地味な草取りを見かねたらしく、手伝おうとしてくれたけど、丁重にご辞退(笑)
このあたりの農家は、無農薬なんてありえませんから・・
薬、かけといてやったよー、ついでに肥料もくれといたぞ!・・・なんてなりかねない

「ほんじゃぁ、帰りにお茶飲みに寄っとごれ!玉葱もってげや!」
・・・と、トラクターは帰っていった。

いいなぁ同級生って・・



3時間後 (休憩しながら) の畑・・
ジャガイモがかわいい


ジャガイモ畑






















梅の実は成長してました


梅の実























陽が傾き・・

糠壺様用に、西山の山椒の実を少しだけ収穫して、
山蕗も収穫。
ミョウガタケが食べ頃なので・・それも収穫して・・
帰路に着きました。


早速、糠壺様に、山椒の実を食べて頂いたわ☆
この次は青梅の実ね!


糠壺様


























昨夜の晩酌

風呂上がりの麦酒が旨かったぁ
たった1杯の麦酒でふらふらになったアタシ・・
それでも、さっき採ったばかりの 「ミョウガタケ」 を料理したわよ☆

熱湯で3分ほど茹でます。
水に浸して、外側を一枚くらい剥くの。


ミョウガタケを茹でる






















冷酒に切り替えて・・

「ミョウガタケのおひたし」

香りが素晴らしいから鰹節はいらないのよね・・
醤油をかけただけがいい。
(なんでこんなに美味しいの



ミョウガタケのおひたし























冷酒グラスを片手に、蕗を煮ました。
もうクラクラだけど、頑張った


山蕗を煮る
























冷酒を2合ほど飲んだところで・・
あえなく撃沈・・

しかし、充実した一日だった。
半農生活に向けて、確実に歩んでいるような・・
嬉しいお酒だった。

at 12:52|PermalinkComments(13)

2011年08月17日

卑しいヤツ

毎日暑っついですね〜

里山も暑かった・・

途中の道の駅で、お墓参り用の花を買ったけれど・・
山百合が群生していたわ・・お花、買わなければよかったなぁ・・
山の花の方が、ご先祖様も嬉しいでしょうに。



ユリ























山椒の実も、まだ生っていましたよ!
足元のヘビに注意しながら、採りました。
糠壺さまへの御土産です♪



山椒の実






















ミョウガも収穫したわ♪


ミョウガ2























美しい故郷の風景に、(いいなぁ〜)って思ってくれてるかもしれないわね・・

それがねぇ・・アタシの胸は暗く重いの。

お墓参りをして・・お供えの水入れの中は苔が生えてたわ・・
お盆さんのお迎えもしなかったんだわ
もちろん、花もお供え物もなかった・・



一ヶ月くらい前の事です・・
従兄からメールがあった。

題名 香典の件(これは1年以上前のメールのやりとりの題名そのまま)
本文 「お父さんの洋服ダンスから通帳が出て来ました。
    足銀に行ってみたら、印鑑があれば下ろせますとの事です。
    そちらにある印鑑を送って下さい。
    墓誌の足しになりますから」


なんなんだーコイツ

男なら・・「墓誌の足しになる」は余計だろ!!!

アタシは無視した。

後日・・考え直して・・昨日、お墓参りのついでに印鑑を持って行きました。
たくさんあるから、どれがどれだか分からない。
一個一個、確かめて・・ピタリと一致する印鑑があった。

「よかったわね」・・と言ってやりました



それから・・畑の草取りをした。
何故か笑っている父の顔が浮かんでは消え・・
涙がこぼれて・・畑の土に浸み込んでいった。





本日のお昼ご飯

鰹節がちっちゃくなったので、削ってしまおうと・・
名人が治して下さったから、丁寧に最後まで削れるのよ♪


鰹節削り





















こんなにちっちゃくなった鰹節


ちっちゃい鰹節2






















オクラ、胡瓜、ミョウガ、シソの葉を刻んで・・

「鰹節と醤油のサラダ」


サラダ






















「マグロ刺身」


マグロ























「玄米ご飯とミョウガの味噌汁」


ご飯























誰にも話せませんからね・・
書いたら、邪気が出て行きましたー


口惜しさのあまり、気づかなかったけど(笑)
邪気はアタシの心の中に潜んでいたのかもね・・

こいつはいけねぇ(爆)

邪気を祓って・・もっとイイ女になってやるゾ♪

聞いてくれてありがと・・お目障りでしたわね・・ゴメン
でも、元気になってきたわ

さぁ、仕事しよう

at 15:37|PermalinkComments(16)

2011年06月05日

向こうに帰った人のお世話が出来る喜び

法要で、里に行って来ました。
母十三回忌、父七回忌・・月日の経つのは早いものです。
アタシは一人っ子なので、里の家督は従兄(叔父の三男)が継いでくれてます。
父が旅立つ前に養子縁組をしているので、兄になります。

お寺は、里の近所なんです。
野趣あふれる風情を残した佇まいのこのお寺が・・
アタシは、大好きなの・・


山門です。


山門























お寺さん






















配置されてる自然の樹形の木々の根元には、四季折々の野草が生え、
可憐な花を見せてくれています。



お寺さん3























お寺さん2























お寺さん4






















本堂



本堂2























とっても気になった仏様



気になぅた仏様























葬儀の時は、アタシが喪主でした・・
今日は、施主の隣の席。
それでいい・・と・・満足そうな両親の遺影にウインクしたわ。



法要























里の敷地内にお墓がありますが、3.11の地震で被害を受けていました。
両親の墓石は正面にあるけれど、石が少しずれた程度でした。
右側には、先祖代々の墓石が一列に並んでいますが、
傾いたり、お地蔵様の首が落ちたりしていた・・



ご先祖様











地震で倒れた













お墓参りをして・・
里家にてお茶を飲み・・お開き・・という施主の意向でした。
宇都宮から来てくれる従兄夫婦や、近所に住む叔母の長男など、
たまにしか会えないのに・・なんてこと!・・と、猛然と反発したアタシ。

「法要のお料理はアタシが作りますから、皆さんでお昼ご飯を」と、施主に申し出ました。

言い出したものの、けっこうプレッシャーだったわ・・
あれやこれやと悩んだ挙句・・
山形の佐藤さんの言葉が胸の中でずっと響いていました。

佐藤さんは法要の準備のため、
倉の二階から座布団やお膳を出したり、料理の準備をしたり・・
男衆は、お墓までの道を雪かきしたり・・
そして、佐藤さんのブログには・・
「死んでからも、お世話出来る喜び・・なんて素敵な事!」・・・と綴られてありました。

深く感銘を受けたアタシが準備した法要のお弁当です。
あの世で喜ぶ両親の顔を想像して作ったけど・・質素なお弁当です(笑)



お弁当






















干し貝柱と青大豆の炊き込みご飯
ジャガイモ、インゲン、なると、竹輪の煮物
アサリと蕗の煮物
黒豆
キクイモの梅酢漬け



(愚痴)

施主の「料理を作ってくれるなら麦酒とお酒を用意しておくよ」という電話だったので・・
お酒の肴も用意してクーラーバックに詰め込みましたよ。

☆ 下ごしらえした海老
☆ 冷シャブしたお肉・レタス、水菜、玉葱、パセリを刻んで・・それぞれジプロックに。
☆ 胡麻ドレッシング
☆ 油
☆ 天麩羅粉
☆ 天麩羅鍋&バット

冷シャブを肴に麦酒を飲んでもらって、揚げたての天麩羅で日本酒・・という算段でしたわ。

麦酒もお酒も用意されてなかった・・・・

アタシ 「あら?お酒は?」
施主 「飲みたいんなら自分で持って来なくっちゃ」
アタシ 「アタシは車だから飲みませんよ!お酒の肴を用意してきたのに・・」
施主 「おつゆ はないの?」

衝撃で・・
盛り付けた冷シャブ&天麩羅の写真を取り損ねたわ。




(嬉しかった事)

帰り道、叔母の家に寄りました。
法要に来てくれた従兄が・・
「美味しかったよ!ありがとう、家でゆっくり飲んで」・・と・・お土産を手渡された・・


プレゼント





























なんだかんだ言っても、思い出に残る良い法要でした。
長々と聞いて下さってありがとうm(__)m

at 16:08|PermalinkComments(14)