古もの

2017年08月06日

枯れた木

久しぶりに・・本当に久しぶりにコンピューターを弄っています(笑)

Windows7が壊れかけ、
慌てて、街の電気屋で外付けハードディスクを買い、
なんとかデータを移行し、
オンラインでパソコンを買い、それが届いて・・
2週間も梱包のまんま。

忙しかった・・

歳を重ねて、仕事があるのは有難く嬉しいけれど、
頭と気力がついていかない現実に直面した。
モチベーションを長期間維持し続ける事が、
こんなに大変な事だと初めて知った。
人生、知らないことだらけで面白いな・・

もともと器用ではないので、集中が一旦途切れるととても怖い。

まぁなんとか仕事も一段落したので、オヤジ晩酌の復活です!



骨董市で、こんなん買いました♪

枯れた古木の台。

本来は、たぶん、花台だと思うけれど、
アタシはこんな風に使うことにする。

穴があいている所に、小さな花入れを突っ込んでみた。
案外可愛い☆
庭のグミの小枝を挿したが、季節の草花を楽しむのによいな♪


オヤジ晩酌



居酒屋ノームにて


at 08:16|PermalinkComments(11)

2017年05月29日

薬研

いつかきっと・・ここまで来るなと思っていた・・
ぶらりと立ち寄った骨董屋で見つけた。

薬研

居場所はここにしようと思いながら帰って来た。


薬研


使った後の掃除は、床屋の竜さんにもらった刷毛がよいな・・と考える。
この刷毛は、今は製造してないらしく、持ち手の木には彫刻が施され、
刷毛は馬の尻尾で出来ている。
洗剤で洗えると、竜さんが言っていた。
(後ろの小箒は、鰹節削り器用)

刷毛


ゆっくりと軽く、木車を回すだけで、
ホールの胡椒が挽ける。





オヤジ晩酌


絹サヤと卵の炒め物で安焼酎
薬研で黒胡椒たっぷりと挽いた。


絹さや卵とじ



格段に、黒胡椒の香りが冴えてるような気がする☆


at 20:36|PermalinkComments(6)

2017年04月12日

小さな木蓋

”小さな木蓋”が台所に来てから、料理が楽しくってしかたがないのよ♪

木蓋



骨董市で見つけた小さな木蓋は、見た瞬間、
(あ、絶対いい!)って思った。

もともとの素性は、お煎餅を丸く延ばすためのものらしい。
お煎餅屋さんの道具。

使ってみて納得。厚みがあるので、吹きこぼれゼロなの。
それに、木が枯れているので、水滴が付かない。


木蓋3




パッと使えるように、定位置はここにした。ガス台の横。


木蓋2






気分がいい日のオヤジ晩酌


今日はなんだかとってもトマトっぽいものが食べたかったので、
午前中、仕事前にトマトソースを作っておいた。

風呂上りの麦酒はパス。
スパークリングワインを飲みながら、葉玉葱をオリーブオイルで炒め、
岩塩&黒胡椒ガリガリ。


葉玉葱の塩炒め




木蓋を乗せると、お湯が早く沸くのにも満足☆

パスタ用のお湯を沸かす




アマトリチャーナ


アマトリチャーナ



ほんに気分がいい夜だわ♪


スパークリングワイン


人間て、些細な事にも有頂天になるのよね・・
あぁ幸せだわぁ


at 22:09|PermalinkComments(4)

2017年02月13日

道具

もう何年も前のことだが・・
仕事帰りに道の駅に寄ると、フリーマーケットの市が立っていた。

鍋釜、フライパンなど、所狭しと並べてニコニコしているオジサンがいた。
露天での商いが楽しくてしょうがないといった風体。
とても爽やかで気持ちよかった。

見たことも無い、柄のついた金網に興味が沸き、
「これは何に使う道具ですか?」と聞いた。

本来は銀杏炒りだそうだが、
オジサンは、砕いた餅を炒るのに使っていると言っていた。

「デットストックで新品なのに、誰も持っていかないんだよね、安くするから持ってってよ」
という言葉に、あまり活躍しそうもないなと思ったが、つい買ってしまった。

500円だったと記憶している。




ところが、この金網、素晴らしく優れものだった。

今朝も、ピーナッツを炒った。

生のピーナッツを天日で干して乾燥させたものを、
床屋の龍さんの知人の農家から分けてもらっている。
不耕起栽培で、無農薬無肥料のピーナッツ。
味が濃くてほんとうに美味しいので、アタシは何キロもストックしている。


金網の蓋は、半分に折れる。
蓋をして火にかける。
時々カラカラと揺すってもピーナッツが飛ばないのよね。

強火の遠火  これがコツ。

ピーナツを炒る




30分後、出来上がり〜

冷めてから缶に詰めて、毎夜の肴になる。


ピーナツを炒る2








オヤジ晩酌


ピーナッツをつまみながら麦酒を飲む。


〆は、甘海老ちらし寿司

冷凍してある桜飯(赤梅酢で作る酢飯)があるので、
いつでも、ちらし寿司が簡単に出来るのよ♪


甘エビ寿司丼




しかし、いつもいつも思うことだけれど・・
昔の道具って素晴らしいなぁ


at 19:53|PermalinkComments(0)

2017年01月14日

鍛冶屋の五徳

今朝は凍るような寒さで、
台所の掃き出し窓が凍って開かなかった。


寒い寒いと言いながら、石油ストーブを点け、火鉢に炭を熾す。

朝茶をゆっくりと飲み、
ポケットにホッカイロを突っ込んで骨董市に出かけた。


朝早いせいなのか、寒さのせいなのか・・お客さんはいなかった。

焚き火の周りで暖をとっている骨董商のおじさん達に、
「おいでおいで」と声をかけてもらい、紙コップのコーヒーを手渡された。
きちんとドリップされた深煎りのコーヒーだったのには驚かされた。
美味しかった!


古い五徳に目が釘付けになる。
鍛冶屋手打ちの、鋳物の五徳。

ちょっと高かったので、一巡して又戻り、眺めていたら安くしてくれたので、
連れ帰った。



しみじみと眺めると・・やっぱりよいなぁ


五徳




火鉢が大きくなった分、鉄瓶が沈みこんでいたが、
ちょうどいい高さになった。

ウキウキしてしまうな♪
鍛冶職人の魂が見えるような・・・
なんてったって古いものは暮らしのスパイスだわ♪


火鉢









お昼ご飯


”なると” を食べてしまわねばと・・炒飯を作った。


「なると・葱・卵の炒飯」


チャーハン





「ジャガイモの味噌汁」


ジャガイモの味噌汁



at 11:45|PermalinkComments(4)

2016年03月18日

一人遊び

アタシは一人遊びが好きだ。
車で北へ駆ける・・山を見ながら

今日の目的は、何箇所かの道の駅を回って、
ふきのとう を買うことだ。

家から20分くらいの道の駅(ロマンチック村)に寄り、
次は日光の道の駅。
最後に、ダイヤ川公園の直売所。
そして、お昼を食べてから、
日光市内の大好きなアンティークショップを覗く。
こんな行程を立てる。

美味しい珈琲を淹れてポットに詰め、
お弁当を作り、いざ出発。

前方に山を見ながらの運転は、本当に心が弾むのだ。


北へ


お弁当を食べるのに最適な、ダイヤ川公園内の東屋。
ここは、無料休憩所だが、食券を買うこともできる。


公園にて2

可愛い犬がいた♪

公園にて1


てんぷら蕎麦とお弁当のお昼ご飯

公園にて3



道の駅で買ったものは、お餅・本山葵・なめこ・ふきのとう


アンティークショップを覗いて買ったもの

「フランスの手刺繍布」

食卓に置いてある三河黒七輪(長方形)の埃よけに使う予定

手刺繍の布




「ミルク硝子の古い瓶」

手作りのハンドクリームを詰める瓶をずっと探していたが、やっと出合った♪

古い瓶






オヤジ晩酌

にごり酒

オヤジ晩酌



ちびちび飲みながら、ふきのとう味噌を作る。

ふきのとう♪




自分流 「ふきのとう味噌」 レシピは、塩・酒・味噌だけで作る。

出汁や砂糖など使うと、香りが損なわれる。
鰹節は、味の邪魔になるので注意よ。

かんかんに熱したフライパンに、
洗って半分くらいに切ったふきのとうを入れる(油は引かない)

ひとつまみの塩をパラパラと振り、酒を入れ、蓋をして、3分くらいそのまま

味噌を入れて、汁気がなくなるまで煮詰める

ふきのとう味噌煮


ふきのとう味噌



同じやり方で、「醤油煮」も作った。


ふきのとう醤油煮



幸せ・・・

at 20:40|PermalinkComments(6)

2015年09月26日

一目惚れ

”おつかいもの” を選ぶ時って、あれこれ悩む。
埼玉に住む友人に、森の家地方の美味しいものを送ろうと迷った。
お菓子もいいけれど、お漬物なんてどうだろう・・
とっても親しい人なので、電話して聞いてみた。
漬物が嬉しいと言う♪

「たまり漬け」という有名な漬物があるが、これは添加物の味がする。
「ろばた漬け」という漬物屋のものは、保存料も着色料も使用ぜず、
自然な味で凄く美味しい。
日光街道を上って、今市の店まで買いに行った。


その帰り道・・・・
いつぞや、「お宝」と書いてある看板が気になり、引き返した店・・
覚えておられるだろうか?

今日は、迷うことなく車を乗り入れた。
しかし、ここは女一人が入れるような店じゃない(笑)
相変わらず、ガラクタが山積みされていた。

買ったもの
テラコッタの小さな植木鉢2つ (100円也)
ちっちゃくてボコボコの片手鍋 (50円也)



もう嬉しくて々・・・・

ものすごくちっちゃいのよ〜

小さい片手鍋


このデコボコ感が、何ともたまらなく好き♪


小さい片手鍋2



どぉ? 可愛いでしょ☆!


小さい片手鍋3






オヤジ晩酌


ローズマリーとアンチョビのピザを焼いた。

今夜はワインを開けようっと♪


ローズマリーとアンチョビのピザ




外仕事以外で、家から出たのは何日ぶりかしら・・いや、何週間ぶりかも・・

仕事部屋に籠もり、
夜は、チャッチャと料理をして安焼酎を楽しく飲み、
布団に入ったら、眠くなるまで本を読む。

こんな日常だけど、
今日みたいに、大好きな古ものに出会うと最高に幸せ☆

さぁ、明日もがんばろう

at 20:38|PermalinkComments(4)