2013年03月13日

畑の恵み山の恵み

山形の米蔵から届いた玄米の箱の中・・
またいつものように、たくさんの野菜や漬物や山菜が入っていた。

こんなに頂いて・・・・本当にいいのかしらといつも恐縮するが、
箱を開けた瞬間、わぉ〜〜って叫んでしまう。



佐藤さんが山で採って、塩漬けで貯蔵していた"ワラビ" と手作りの漬物各種。
 
胡瓜の置き漬け・赤蕪の麹漬け・からし菜漬け・小茄子漬け・沢庵

沢庵は、佐藤さんの花畑の紅花を摘み採って色付けに使う大変な作業・・



つけもの達&ワラビの塩漬け






















冬菜・白菜・水菜

そして、アタシは初めて見る "ひろっこ"


野菜たち&ひろっこ


























今晩の肴をあれやこれや考えながら野菜を洗った。

洗いながら、つまみ食い

佐藤さんは"美味しくない"って言うけれど・・
スーパーの水菜を食べたことないんだろうなぁ(笑)

水菜って味の濃い野菜なんですよー♪

ほろ苦さと甘みが凝縮されてる・・すっごく美味しい!

サラダにしよう☆


水菜























ひろっこ





















これは、"ひろっこ" という山菜だそう。
初めてだわ

香りは、"のびる" に似ているかなぁ・・

「酢味噌和えが一般的だけれど、卵とじ汁も美味しいですよ」・・と佐藤さん。

洗っていて閃いた

オヤジ晩酌の〆に使いましょっと♪








晩酌


「豆腐と水菜のサラダ」

よく水切りした水菜をボウルに入れ、
豆腐を崩して加え、ごま油を回す。
鰹節&おろし生姜&梅醤油で和える。


サラダ





















ちょっとキタナラシイけれど、グチャグチャニ混ぜます。

ウチの鰹節は、粉になっちゃうから・・出た水分をいい具合に吸ってくれる(笑)

これがとっても美味しいんですよー☆


混ぜて・・



























〆 (まだまだ飲んでるけどお腹すいた)


「ひろっこ塩ラーメン」

いつもの作り方は、麺を茹でて3分経ったら、玉葱を加え、付属のスープを入れ、
最後に卵を落とし、箸でゆる〜く崩して終わり。

玉葱を "ひろっこ" に替えてみた♪


ひろっこ塩ラーメン





















何んでしょ・・この美味しさったら・・

焼酎の氷割り飲んでます♪




追記

翌日のお昼ご飯は、漬物三昧。

お昼ごはん























そして今日・・
仕事仲間とのお昼ご飯


仕事仲間とお昼ごはん






















みんな、漬物の美味しさに唖然としてたわ(爆)

佐藤さん、(見てないとは思うけれど・・)
どうもありがとうございました

at 21:30|PermalinkComments(8)

2012年11月20日

しっとり宴

今夜の台所はベジタリアンのお客様。

午後から買い物に行き、豆腐、油揚げ、蕪、ゴボウ、人参を買う。
"おから"を頂いたので・・
ストーブの上でコトコト炊いてみようかなと思った。

いつもは麺つゆを使っちゃうんだけど、今日は止めた。
昆布水に煮干しを放ち、干し椎茸の戻し汁を併せ、2時間ほど放置。
すべてを水出しにするため・・煮干しを引き上げた。

人参・ゴボウ・椎茸、そして、柚子の塩漬けを入れ、
ストーブの上、火力の弱い端に乗せる。

沸いて来たら"おから"を入れて、
味醂・醤油・塩・隠し味程度の砂糖を使い、
薄過ぎる味でゆっくりと炊いていく・・

途中で、熱湯で油抜きをした油揚げを加えた。

"おから"って、なかなか水分が引かないんですよね・・
ここで焦っちゃダメと言い聞かせ・・
2時間くらいかかって完成した。

アタシは、"おから"の煮物がヘタだった・・
水っぽくなったり、味が濃くなっちゃったりで、なかなか難しい。

しかし、今回はものすごく美味しく出来た。
ストーブの上でコトコト、ゆっくり時間をかけて煮たのがよかったかな・・
人参やゴボウが煮崩れなかった。
柚子の塩漬けは溶けてなくなってた。

目から鱗だったのは、
市販の麺つゆは使っちゃダメって事を思い知らされた。
こういう"おそうざい"は、その違いがはっきり出るなぁ・・
改めなくちゃね・・







晩酌


石鍋で"湯豆腐"・・・これがメインなのに写真を撮るチャンスを失した

昆布を敷いて水を張り、豆腐を乗せてストーブにかけておく。
豆腐がゆらゆらしてきたら食べ頃、ストーブから外して食卓へ。

湯豆腐は、昆布と豆腐だけが断然美味しいと思う。



「卯の花」

これは素晴らしい、こんな卯の花を食べた事はないですよ
・・と・・お客様が言って下さった・・
素直に嬉しかった。


卯の花




























「蕪の葉っぱの おひたし」

蕪の葉を茹でて、竹ザルに取り、自然に水切りして・・
絞らずに切る。
器に取り分けて、鰹節&醤油を回し、混ぜて食べる・・
これが、アタシが美味しいと思う"蕪の葉のおひたし"です。


蕪の葉おひたし





























「春菊の天麩羅」


春菊の天麩羅































「糠漬け」

ここのところ、毎日のように庭の檸檬を採って来ては絞り・・
"はちみつ檸檬"を飲んでいるので・・・
その檸檬の皮を薄く削いで、糠壺様に入れていたら、俄然、漬物の味が変わった。
やっぱり、柑橘の皮は凄い・・・・

ミッキー野菜屋の配達籠の中に、季節外れの胡瓜が1本入ってたので、
糠壺様に入れておいた。
それがすごく美味しかった。
生命力のある胡瓜だったのだろう・・

ミッキーさんが野沢菜だと言っていたのは、やはり蕪だった。
コロンとしてる根っこの部分を糠壺様に入れておいた。
絶品の漬物になった。

冷酒を飲みながら漬物に舌鼓を打っていたお客様に、どれが美味しいかと聞いてみた。
胡瓜と蕪の根っこだと言っていた。
蕪の根っこは、京都の"すぐき"より旨いと・・・☆


漬物























禅僧の台所のような食卓だった。
しっとりとした宴に・・ほろ酔い・・






お客様がお帰りになり・・・
なんだか小腹がへったぁ〜(爆)

平らげた湯豆腐鍋の昆布を取り除き、(これは後日、かき揚げにする)
蕪を半分に切って入れ、ストーブにかける。
余った鰹節も入れちゃった(笑)

蕪が柔らかくなるまで、ひとり・・お燗酒を楽しむ。


蕪鍋






















蕪がとろとろに柔らかくなったところで、豆腐を足した。




「豆腐と蕪の味噌汁&ご飯」


味噌汁





















なんだろうね・・・この美味しさ・・・
ストーブの火のせいか、石鍋のせいか・・
すごく原始的な味。

幸せな夜更け

at 22:54|PermalinkComments(6)

2012年07月03日

蒸し暑い夜の汁もん

熱を加えると更に美味しくなる・・と・・
ミッキー野菜屋が言ってたミニトマト・・
さて、どう料理しようかと考えました。

連日、トマトをオリーブオイルで炒める料理だったので・・
いささかフライ・ド・トマトは食傷気味。

そうだわ!麺つゆに漬け込んで、素麺の付け合わせにしよう♪
・・・と・・晩酌の汁もんメニューが決まった。

麺つゆに浸け込んだトマト自体も、
ワインはもちろん、日本酒にぴったりのアテなのよね。
試された事ありますか?
コロンコロンしてて可愛いし・・オヤジ晩酌のテーブルが華やぐのよね。




ミニトマトの湯むきって、普通はしませんよね。
小さくて面倒だし、湯むきする意味がイマイチはっきりしませんもの。
しかしね、この料理は (料理とは言えないけど) トマトの湯むきは必須です。

湯むきをする事の意味

※ トマトに熱を加える事で酸味が出る
※ トマトに出汁が浸み込む
※ 食べた時の食感が素敵
※ 冷蔵庫で3・4日保存出来るのでアタシの食生活には外せない。




さて、ミニトマトの湯むきですが、とってもいい方法を知ってます☆
中国料理のシェフ、河田吉功著 「滋味あふれるシンプル中華」 にあるので、
アタシはいつもこの方法で湯むきします。
皮が炸裂しないから仕上がりが綺麗なんです。

 ミニトマトの頭の部分に、包丁で十文字に小さく切れ目を入れる。
 沸騰したお湯に入れて、間髪入れずに引き上げ、即、冷水に入れ、手早くザルにとる。
 皮を包丁でむき、ヘタを切り落とす。 (ス〜ッと簡単に綺麗にむけますよ)


こうして湯むきしたミニトマトを、麺つゆの中に投入。

他に肴を作る気もしないので、何かプラスしましょかと・・
ズッキーニを素揚げして加えた。
ズッキーニは、油ハネしないから、とっても楽です。
厚めの輪切りにして、片面40秒、返して30秒くらが歯ごたえがよろしいと思うわ♪
揚げ過ぎは禁物よ。

冷蔵庫で、晩酌の時まで眠ってもらいました♪


浸し野菜♪



























晩酌


風呂上がりの麦酒を飲みながら冷蔵庫の点検してたら・・
豆腐があったぁ

そうそう!実山椒の塩漬けの活用レシピで、豆腐編があるの♪

※ 葱を刻んで耐熱器(普通の陶器)に入れる。

※ 小さなフライパンに胡麻油と実山椒の塩漬けを入れ、火にかける。

※ 実山椒がジュワ〜っとしてきたら、油ごと葱の器に投入。
  (醤油を少し加えても美味しいです)




これを冷奴の上にかけるの。
すごく美味しいですよ
茹で鶏にかけてもgoodです。


「蒸し暑い日の冷奴」


冷奴♪


























「浸し野菜素麺」


浸し野菜素麺




















at 23:15|PermalinkComments(12)

2012年06月06日

温かいものが食べたくなって

料理は、簡単で美味しいが一番だけど・・
まさに今日の晩酌の汁もんがソレだった。

ミッキー野菜屋の大根を、どう料理しようかと考えて思いついたのよ。


保温鍋に・・
切った大根を入れて、
柚子の塩漬けを入れ、
昆布水を注ぎ、(ついでに昆布も入れたわ)
麺つゆを注ぎ、火にかける。
沸いたら
豚コマを入れ、
保温鍋にセットして・・


さて・・晩酌の時間。

いい具合に柔らかく美味しくなってる大根と昆布と肉を肴に日本酒を飲み・・


汁もん


「大根と肉の温蕎麦」


温蕎麦






















大根と肉の鍋に、茹でた蕎麦を入れて、ちょっと煮込んだだけなんだけど・・(笑)
これが美味しかった。

at 22:39|PermalinkComments(4)

2012年05月02日

ビンボくさい鍋だけど・・

山の家は肌寒いです。
雨の中、鶯が鳴いてます。

皆さんは、どんなゴールデンウイークをお過ごしかしらね・・

アタシは、日も落ちない頃、お風呂場のジャロジー窓を開けて
鶯の声を聞きながらの入浴しました♪
なんて気持ちがいいんでしょ


晩酌

「ビンボー鍋」

これ、簡単でメッチャ美味しいから、絶対お勧めよ

材料

※ 豆腐・ニラ・揚げ玉・卵・麺つゆ・一味唐辛子

レシピ

 \い鍋に、麺つゆを少しだけ入れて豆腐を入れ弱火にかける。

  ※ 麺つゆの量に注意、多いと後が困ります。豆腐が1/3隠れる程度。

◆.ツクツしてきたらニラを入れ、煮込みます。

 ニラの水分が出て香りが立って来たら揚げ玉を乗せます。


ビンボー鍋






















このくらい煮たら出来上がり〜
一味唐辛子を振っていただきます☆
お酒のアテに最高よ

あ、豆腐やニラを掬う時は、穴あきお玉を使ってね!
汁はなるべく取らないように・・〆に使うから(笑)


煮えてきた☆























溶き卵でとじて、ご飯に乗っけて食べるのよ

これが・・ちょっとビンボくさいけどメッチャ旨いんだわぁ〜〜〜

卵でとじて・・






















ふ〜ん・・・て思ってるでしょ?
とにかくやってみないと、この旨さは想像できないでしょうねぇ(爆)

間違っても、汁をたっぷり使って、うどん入れて・・なんて考えないでね。
丼が美味しいんだから☆ 





「ジャガイモの煮っ転がし(鍋さんレシピ)」

忠実に作ったら・・過激に旨かったぁ

極少量のタレがポイント (出汁は使わない)
醤油2 味醂1 砂糖1

鍋をゆすりながらタレを絡めていくんだけど・・
案外早く、ジャガイモが柔らかくなるのね☆


ジャガイモ煮っ転がし






















それじゃぁ・・皆さん、よい夜を 

at 18:31|PermalinkComments(6)

2012年01月20日

すぅらぁらぁめん

晩酌の〆に作ったラーメンが凄く美味しかったので記録しときます☆

おこもり食で作った酸っぱいスープだけど、
具を食べてしまってスープだけがちょこっと残ってたのよ。
そりゃぁ、4日間も食べ続けてるんだから具はないわよね(爆)

で、思案の末・・
ちょこっとスープに、豆腐と茹でた麺を入れ、片栗粉でとじて餡かけラーメンにしたんだけど・・
まぁ美味しいことったら

このラーメン、どこかで食べた記憶があるんだけど・・どこだったろか・・・中国??

酸っぱくて、こってりしてる☆

すぅらぁらぁめん

葱を散らせば文句なかったナ


001



at 00:12|PermalinkComments(4)

2011年12月11日

月光浴

昨夜は、愛用の指輪をトレイに乗せ、月光浴をさせながらの観月酒。

誰かが月を食べてる・・

月





















とうとう食べちゃった・・

皆既月食
























冷え切った身体を温めるためにウオッカ飲んだのがまずかったわ・・
お腹が空いてたまらない・・
日本酒と違うのよねぇ・・



「海苔ジャコ炒飯」

簡単なんだけど、パスしてはいけない工程があるの。
海苔は千切ってはダメ。面倒でもハサミで、ちっちゃい正方形にカットしておくんです。

☆ フライパンに胡麻油を入れて、ジャコを入れ、よく炒めたら
   海苔を投入してカリッとするまでそのままに。

(炒飯の時は、アタシはテフロン加工のフライパンを使います。炒飯は何故か弱火でじっくりが上手くいく)


フライパン






















☆ 熱いご飯を投入して、あまりかき回さないようにしながら炒める (というよりご飯をばらす)

☆ 最後に、醤油を回して出来上がり♪


フライパンにご飯を・・























美味しいですよ♪



炒飯























旅に出ます。 ちょっと遠いけど一泊の予定 (爆)



at 13:04|PermalinkComments(16)

2011年11月04日

食えないヤツ

秋も深まって、台所が活気づくはずなんですけど・・
あってはならない事態(忙しい)が続き、落ち着いて台所に籠れる日がなかった

そうはいうものの、風呂上がりの麦酒は欠かさず、
毎夜の晩酌だけを楽しみに頑張っておりました☆
当然、スーパーに行く時間はなく、肴に困窮するという・・
アタシにとっては不測の事態でしたわ。
鯖缶やコンビーフは、ストックがたくさんあるんだけど、開けちゃうと全部食べなくちゃいけないでしょ・・
そんな事を考えると躊躇するのよね・・
晩酌の肴は、気に入った器にちょこっと・・これがよいのよねぇ・・

昨夜も麦酒飲みながら冷蔵庫の前で考え込んだわ・・
野菜室の奥に、スルメの足があるのが目に止まった。
胴体は、松前漬けで食べちゃったけど、足とエンペラだけが残っちゃうのよ・・
酒と醤油と味醂に浸け込んで焼いて食べる方法しかないように思うけれど、固いのよね・・

スルメを炙って、しゃぶりながらお酒を飲むのが好きな人もいるけど、アタシは苦手なのよ。
ひたすら噛んで・・最後はゴム状態になり・・味もすっぽ抜けて・・限界を感じて飲み込む。
これがたまらなく嫌なのよ。

ふと・・炭酸で煮たら柔らかくなるのではないかと思った
たまにソーダ水が飲みたくなる癖のあるアタシは、ゲロルシュタイナー(ドイツの天然炭酸水)を買い置きしてあるんです。
そのゲロルシュタイナーにスルメの足を浸け込んで一晩置きました。

結局、その夜はウインナと万願寺唐辛子を炒めたのを肴に、ホットウイスキーの晩酌だった。
そうそう、ミッキー野菜屋の生姜は圧巻でした

生姜























youko作 「栗の渋皮煮」もホットウイスキーとの相性は抜群


渋川煮



























そして今日、
スルメを漬け汁ごと鍋に入れてコトコト煮込みました。
やはり、想像以上に柔らかく煮えましたよ☆
ソフトアタリメのような食感です

ここで、大根を入れ・・大根が煮えたら味醂&醤油で味を調え、更に煮込んだ。
後から考えると、これが敗因だった

大根を入れる






















スルメの出汁を吸った大根は、ため息が出るほど美味しかった・・写真を取り忘れたけど(爆)
でも・・アタシは大根を食べたかったわけじゃない・・柔らかくて美味しいスルメが目的だった。

ところが・・スルメは、味が・・すっ飛んでるのよ〜〜
イカの味が・・しない
びっくりしたわ〜

大根も味が抜けるんじゃないかと気が気じゃなくて・・
美味しいうちに取り出して別容器で保存しました。

大根を取り出す






















しばし、ボーゼンとなったわ・・
麺つゆを足して、更に煮込む事も考えたんだけど・・くじけた。
イチかバチか、塩麹に漬け込んでみる事にしたわ。

スルメを取り出して・・

イカを取り出す





















塩麹に漬け込んだ(あんまり期待はしてませんけどね)

塩麹に漬け込む
























大根を肴に、お燗酒をイッテましたけれど、お腹空いて来た。



「イカ飯」

なかば投げやりな気分だった・・
ゆえに、具は何もいれず、水の代わりにスルメの出汁だけで固めに炊いた。
蒸らしが終わったところで、香り出しの醤油をちょこっと回した。


イカ飯2






















ええ〜〜〜表現不可能です・・メッチャ美味しい
どういうこっちゃ・・・・・・


今回は、いい勉強をしたわ。
スルメは、煮物には向きませんね・・
しかし、松前漬けに入れたスルメは、どうしてあんなに柔らかくなるんだろうか・・
時間かな?
面倒でもハサミで細く切って松前漬けに使い切ることにしました。
大根や人参の薄切りと昆布の細切りを併せた一夜漬けもいいかもしれないわ。

イカ飯が上手くいったから日記を書く気になったけど、そうじゃなかったら落ち込んでたわ(笑)

しかしね、最近のアタシの料理は色気がないというかババクサイというか・・地味〜よね。
歳とったんかな・・
女も料理も、華がないといけん
しっかりしろ 自分
・・と・・新調してやった布団に丸まって爆睡中のダイヤ(隣の猫)に叫んだ夜でした

懲りずに覗いてくれてるブログ友には心からありがとう



at 23:40|PermalinkComments(14)

2011年07月24日

10分で晩御飯

唐突ですが・・アタシみたいな酒好き女で・・
仕事の合間に晩酌の準備をするっていうのは、けっこう頭使うのよね。
このままいけばボケないかも(爆)

夕方になり、心は風呂上がりの麦酒一点に絞られて来た頃・・
このあたりから、仕事のペースが上がり、順調に進むんですよー
乗って来て麦酒を忘れる時は、当然、晩酌時間が11時を過ぎる。
お気楽家業って言えばそれまでだけど・・自由は良いな♪

夕方6時を過ぎるとモーレツにお腹が空くのよ・・
ここで閃いたものが〆になる確率が高いわ。
今日は、ぶっかけ冷麦が食べたくなった。
もちろん、美味しいお酒を飲むために我慢。
ミントチョコを一片、口に入れて・・(猫の絵の箱のヤツが好き)
外が明るいうちに、蚊取り線香焚いて庭のミョウガとシソの葉を摘んだ。

冷汁を作る。
すり鉢って、床に置いて・・両腿で挟んでゴマを摺りたくなるよね♪

このすり鉢は、里家から持って来た骨董品です。


ゴマを摺る






















麺つゆに、豆味噌と赤梅酢を足すと、とっても美味しくなるんですよ♪
微妙な酸味がコクを生むの。
胡瓜・シソの葉・ミョウガを入れて・・別容器に移して冷蔵庫で休ませます。



冷汁完成

























晩酌




021






















風呂上がりの麦酒の後は・・
いつもと変わらず・・おやじ晩酌ですよ(爆)


冷酒に切り替えて♪

「鰤カマの塩焼き」



ブリカマ



























「ぶっかけ冷麦」


ぶっかけ冷麦























タイトルの「10分で晩御飯」は、
風呂上がりの麦酒を飲みながら・・鰤カマが焼き上がるまでの時間よ

at 23:19|PermalinkComments(6)

2011年06月16日

野菜ラーメン

〆の塩ラーメン


塩ラーメン♪






















at 10:04|PermalinkComments(8)