お昼ご飯

2017年08月23日

庭の事

お日様を拝めない、雨ばかりの日々が続き、
今日、やっと晴れた!が、酷暑になる。
しかし、眩しい太陽の下、洗濯物を干す幸せ。


庭の木々の変調には驚かされる。

ツリバナは、葉がうっすらと紅葉して、なんと・・実が弾けている。
秋と思っているのだわね・・・・


ツリバナ




庭の小さな畑の胡瓜など、実が生らないし、
ゴーヤも花は咲くが、未だ一つも収穫できない。
雨ばかりで蜂も飛ばず、受粉できないからだろう・・

そんな中で、旺盛なのは茗荷。
自然に生えてる茗荷群は、北側の道路に面しているため、
散歩の人が「すごいですねぇ、いいですねぇ」と言って立ち止まる。
収穫する度に、おすそ分けを余儀なくされるのだ。


裏庭の茗荷畑


椿や山茶花の落ち葉を肥料としているので、ぷっくりと大きい茗荷が生える。
ふかふかの土なので採りやすい。

落ち葉の栄養



今日は、散歩の人がいない早朝に、さっさと採って台所に駆け込んだ(笑)


茗荷








布団も干したので、午前中は空模様の番をしながら・・
オヤジ晩酌の肴を作った。



「こんにゃく煮」

こんにゃくは、きちんと出汁をとって煮ても、
麺つゆでチャッチャと煮ても大差がないので、
アタシは、麺つゆ+醤油でチャッチャと煮つける。


こんにゃく煮




「ピーマンとシシトウの油味噌」

好みによるが、アタシは出汁は使わず、
胡麻油で炒めて、酒・味醂・味噌で煮飛ばすだけ。
味を見て、コクが足りないなと感じた時は、
塩少々振ると俄然変わる。
ピーマンとシシトウの野性味がきっちり残るおかず。


ピーマン&ししとう醤油煮





 




お昼ご飯


「生姜焼き」


うちの生姜焼きは、
豚バラ薄切り肉を、油を引かないフライパンで炒め、
醤油を回し、生姜の千切りをザザッと混ぜるだけ。
これだけなんだけど、とても美味しい☆

生姜焼き






「白いご飯と、茄子・茗荷・油揚げの味噌汁と、胡瓜の糠漬け」


お昼ご飯



at 13:04|PermalinkComments(4)

2017年04月20日

花盛り

庭の端には、樹齢40年くらいの花桃がある。
満開となった花桃に、散歩の人々が歓声を上げて通り過ぎて行く。
「毎年、楽しみにしてるんですよ」と言って下さるのが嬉しい。


花桃



花桃



花桃の傍には、岩根絞りという品種の椿があるが、
これも競うように満開になった。

「いいねぇ〜豪華な椿ねぇ」と立ち止まって眺めるご婦人がいらした。
知らない方だが、スーパーの袋を提げているから近所の人なんだろう・・

二、三輪切って差し上げたら、とても喜んでらした。


椿






玄関の横壁に設えた植物のバスケット


壁の花





玄関周りの花籠は、うさぎさん作のバスケット

友人がガーディナーって、いいな♪


バスケット1



バスケット2


ビオラバスケット








お昼ご飯


ご飯に蕪の味噌汁

ホウレン草のおひたし タラコ 目玉焼き 蕗味噌 沢庵


ご飯



今日はいい天気♪


at 14:23|PermalinkComments(4)

2017年04月14日

庭の野菜

山形の克子さんが送ってくれたルッコラ(根付き)を庭に埋めたのが去年。
霜や雪に埋もれながらも青々と育ち、とても大きくなった。
これが香りが強くて辛味があり美味しい。
サラダに少し混ぜると、格段に味が冴える。


ルッコラ




この葱も、克子さんが根付きで数株送ってくれた。
大きくするには、そろそろ株分けするのかしらね・・


小葱



この三つ葉は、毎年、こぼれ種で生える。
庭のあちこちから顔を出し、食べきれないほどになる。
三つ葉だけのサラダは、うちの定番。


三つ葉



ニラが雑草と混じってる・・・


ニラ






お昼ご飯

今日はshinが休暇なので、庭の野菜を摘み、ご飯の支度。


ひき割り納豆・長芋・三つ葉


納豆と長芋と納豆和え




食べてしまわなくてはいけないウインナ・ハムを炒めて、
サッと茹でた菜の花も加え、目玉焼きを乗せてみた。
見た目、学生食堂みたいでおかしいわぁ☆


菜の花とウインナ炒め&目玉焼き




せっかくの休日だから、何かご馳走をと思うが・・
新鮮なのは三つ葉だけで、残り物の昼餉となった。


夜は、近所に開店した居酒屋へ・・なんて考えているが・・どうなるか


at 11:51|PermalinkComments(2)

2017年04月08日

大根葉のおかず

大根の葉っぱがあるので、アタシの大好きなおかずを作る。

洗った大根葉をサッと茹でるが、
今日は春菊の茎があるので、それも湯がく。
春菊は、サラダにすることが多いので、茎は残っちゃうのよね。

大根葉や春菊の茎は、水に晒したり絞ったりしないで冷ます。


茹でた大根葉と春菊の茎




揚げ玉を作る


揚げ玉を作る





大根葉と春菊の茎は適当に切り、
生姜を千切りにする。

鰹節を削り、揚げ玉を加えて混ぜ、
醤油を回す。

これが本当に美味しいのだ!

揚げ玉のカリッとする食感が何とも食欲をそそる。


大根葉のおかず





お昼ご飯



大根葉のおかず乗っけご飯


ご飯に乗せて



大根葉は、ジャコと炒めても美味しいけれど、
アタシは、これが一番好き☆

案外時間掛かるけど・・・


at 11:37|PermalinkComments(8)

2017年02月07日

息づいている家具

最近、嬉しかった事


去年の11月頃、友人の貴から電話があり、
TAKAさんの工房に連れて行ってもらえないかと言う。

新築した家に合う食卓と長椅子を作ってもらいたいとの事だった。

気に入った家具をインターネットで探し続け、
結局、帯に短し襷に長し だったらしい。
そこでふと、アタシの台所にある食卓と長椅子を思い出したのだそうだ。


アタシはちょうどその頃、本番を控えていたので、
できるだけ外出はしたくなかったが、
大切な友人である貴、そしてTAKAさんに会いたい思いが勝った。



北関東道、田沼インターを降りてすぐの道の駅で待ち合わせた。

久も一緒に来た♪
道の駅のレストランでお昼ご飯を食べながら、
積もり積もった世間話に花を咲かせる。

そして、TAKAさんの工房へ向かった。

TAKAさんは、相変わらずの 「優れた台所」 で、珈琲を淹れてくれた。
貴は、板から選び、細々とした希望を言う。



そんな経過があり、3ヶ月の製作期間を経て、
食卓と長椅子が、貴の家に届いた。


貴から携帯メールが来た。

「ずっと手で撫でているの。息をしてるのよ!」

写真が添付されていた。


takaさん作











今日は、ここのところ食べたくてたまらなかった「呑んべえ寿司」を作った。



お昼ご飯

「呑んべえ寿司」


呑んべえ寿司




「ターツァイの塩炒め」


ターツァイの塩炒め




「大根のかき玉汁」


朝からストーブの上で大根を煮ていた。
お汁と大根を小鍋に取り分け、卵でとじた。

これが案外美味しかった。


大根のかき玉汁



at 12:43|PermalinkComments(6)

2016年01月09日

牛蒡煮

よほど切羽詰った仕事がない限り、午前中は台所で遊ぶことにしている。
冬は特に楽しい。
ストーブがあるから。




今日のストーブ料理

「牛蒡煮」 と 「豚汁」


鍋に、輪切りにした牛蒡を入れ、ひたひたの酒と醤油を注ぐ。
ハサミでカットした昆布をたくさん乗せて蓋をして、ストーブに乗せる。
時々様子を見ながら、汁気がなくなるまで放置する。
4・5時間かかるだろうか・・


これが、ものすごく美味しい。
牛蒡もさることながら、牛蒡のエキスを吸った昆布の旨いこと!


牛蒡煮







同時進行で作ったのは「豚汁」

今まで、ご飯を炊く鍋として使っていた、この「土鍋」が、すこぶる使い勝手が良い。
里芋も噴きこぼれないのが嬉しい。


すうぷ鍋


大根や人参などの根菜が、ほっこりと美味しく煮えるような気がする。

豚汁







お昼ご飯


お昼ご飯




醤油だけで作る牛蒡煮は、
旅で秋田に行った時、地元の人に教えてもらった。

日がな一日、囲炉裏にかけた鉄鍋の番をするのは、
お年寄りの役目らしい。
2・3日かけて出来上がった”牛蒡煮”は、つやつやと黒光りして柔らかい。



アタシが参考にしない料理本は、
”カリスマ主婦のレシピ本”や、
自らを”料理研究家”と称し、エッセイがくどくて、
監修した調理道具がいっぱいある人の料理本。


難しくなく、講釈のない、素朴な郷土料理にとても惹かれる。

at 11:56|PermalinkComments(6)

2015年10月02日

最後のゴーヤでカレーライス

庭に植えたゴーヤを片付けることにした。
最後に採ったゴーヤを使ってカレーを作る。

カレー粉だけで作るカレーは、土井善晴さんレシピが好き♪

煮込み鍋にバターを入れ、玉葱・ニンニク・生姜を炒め、
小麦粉を入れて炒りつける。

カレー粉と唐辛子を加えて更に炒りつけ、
フライパンで軽く焼いたお肉も鍋に投入する。
木ヘラで強くかき混ぜて、お肉の脂を乳化させる。


カレー鍋1


使ったカレー粉はコレ・・インディアンカレー粉


カレー粉



水を加えて、ゴーヤを入れ、ちょっと煮込んだ。
塩で味を調える。



カレー鍋2




お昼ご飯

「ゴーヤのカレーライス」


カレーライス


ゴーヤは100本くらい採れたのではないだろうか・・
本当にお世話になったわ・・ゴーヤちゃん、ありがとうね。

ゴーヤのほろ苦さがカレーに最適だということを発見した日

at 11:37|PermalinkComments(6)

2015年07月18日

ウチの生姜焼き

生姜焼きについて、レストランや、各家庭の秘伝があると思う。

食べ歩きのブログを覗くと、
「これは最高!旨い!」と絶賛している生姜焼きの写真には、
玉葱や人参など野菜が入っていて、タレがからんでいる。

そうかなぁ・・と思ってしまう・・

アタシも、玉葱を使ったりしたことがあるが、
あんまり美味しいとは感じなかった。

ウチの生姜焼きは、豚バラ薄切り肉と、千切り生姜、醤油、これだけで作る。

熱したフライパンに、油を引かないでお肉を焼き、
こんがり焼けたら火を止める。
醤油を回し、ジュ〜っとなっている所に、千切り生姜を混ぜ込む。

これだけ・・

千切り生姜は、余熱で火が通る程度がパンチが効いて美味しいと思う。


生姜焼きフライパン





お昼ご飯

「生姜焼き定食」

ズッキーニの糠漬け・味噌汁


生姜焼き定食




すごく美味しいのよ・・この生姜焼き☆

味噌をお湯で溶いただけの味噌汁は・・ほとんどオヤジ(爆)

at 11:27|PermalinkComments(6)

2015年07月03日

セロリおこわ

しとしとしと雨が降り続く・・

それでも庭のトマトは赤くなる。

トマト




陽の恵みが薄い中、パセリも元気。


パセリ



植物に学び、アタシもいろいろな事に一喜一憂しないようにしなくては・・






今日は野菜屋の配達があった。大株のセロリが入っていたが・・
畑で採れるセロリは、青くて、硬くて、白い部分がありません。
サラダには向かないのを知ったのは最近の事。

いつもは、ミートソース作りに使ったり、スープをとったりしているが、
今日は思いつきで、”セロリおこわ”を作ってみた。


※胡麻油でサッと炒めたセロリをボウルにあけ、
  麺つゆを紹興酒で薄めた汁を足す。

※20分ほど蒸した、もち米を、一旦、セロリのボウルにあけ、混ぜる。

※蒸し器に戻して、5分くらい蒸す


「セロリおこわ」

冷めて時間が経った方が、セロリのシャキッと感が際立って美味しいと思うので休ませる。

でも早く食べたいなぁ〜♪ いい香り〜♪


セロリおこわ




冷やして美味しい野菜のおかずも作る。

ズッキーニ・茄子・椎茸を、炒め蒸しにして、麺つゆの中に入れていく。
生姜を下ろして、混ぜて、冷蔵庫に置く。

この炒め蒸しには、ロッジの鉄のフライパンが調子がいい。
蓋が、いい仕事するようです。

そうそう!最近、麺つゆの美味しいのを発見したわ☆
チョーコーというメーカーで、長崎にあるようだ。
駅ビルに入っている成城石井で売っているので嬉しい。


茄子・ズッキーニ・椎茸のお浸し




待ち遠しいな・・お昼ご飯

at 10:32|PermalinkComments(6)

2015年06月02日

庭木の枝落とし

今年も、6年目の胡蝶蘭が咲き始める。

かつて一度も、肥料を遣ったことはなく、
水と、ほのかな太陽の光、風だけ。

アタシは、この胡蝶蘭から学ぶ事が多く、
化粧品などの宣伝文句には乗せられない様にしている(笑)


胡蝶蘭が咲いたよ♪





椿の木が茂り過ぎたので、枝落としをした。

そうしたら何と!鳥の巣を発見。


鳥の巣1


これ以上、枝を伐れないな・・・・・

そっとしておこう。

鳥の巣2




この間から、石室に野菜を取りに行くと・・変な音が気になっていた。
重低音の唸りのような音・・・

正体はコレだった。

スズメバチの巣・・造りちう(汗)

町内会長さんが取ってくれました。


スズメバチの巣


しみじみ眺める・・・・

中を刳り貫いて、酒壺にしたらどうなんだろと考える。
いや、塩壺かなぁ





お昼ご飯に、庭の畑のグリンピースで豆ご飯を炊く。


豆ご飯




友人に教えてもらったので、薄いお肉を重ねて、トンカツを作ってみた☆

アタシは、天麩羅はよく揚げるが、トンカツは苦手だった。
お肉が硬くなっちゃうし、中まで火が通ったかが気になるもの。

だけど、これはいい!

柔らかくて、ジューシーで・・メッチャ美味しい☆


とんかつ









スズメバチの巣の一件から、散歩の人が集まってきちゃった。

目のお化粧が、まるで歌舞伎役者の隈取りのようなご夫人が言う・・

「鳥の巣は箒で叩き落したらいいですよ!不潔ですからね」

アタシは、あなたのお顔の方が不潔だわ・・と、心の中で言い返した。

at 11:42|PermalinkComments(8)