保存食(果実編)

2013年07月03日

腰を据えて伝統食作り

らっきょう漬けの予定を立てていた日。

らっきょうが届く前に・・何と、紫蘇屋からは何の連絡もないまま赤紫蘇が到着してしまった。
出荷予定の見通しがたったらメール下さいと、あれほど念を押したのに・・
これってまことに不行き届きなんじゃないかと思う。
来年は店を変えよう(プンプン)


ところが・・とってもいい紫蘇の葉だった・・・
無農薬無肥料で、ここまで状態の良い紫蘇の葉は初めてだった。
きっと、我が子のように育てているのだろうな・・


赤紫蘇























ちょっと癇癪を起こした頭を冷やし、丁寧に作業を始めることにした。

梅酢が上がった梅壷に赤紫蘇を入れる作業は、
心穏やかに、ゆったりとした気持ちでしないとダメなのよね。


洗うだけで一日目が終わった。



ラッキョウ漬けは無事に終了。

今年は堀江ひろ子さんのレシピで、甘酢漬けにした。


ラッキョウ甘酢漬け























らっきょう甕の居場所は、お茶淹れ場の下。


らっきょう甕の居場所



























そして今日は、赤紫蘇の最終段階。



アク取り

























やっと終わった・・・・・・・・・・・


赤紫蘇完成






























オヤジ晩酌


力尽きて・・

鯵の干物&大根おろし


鯵を焼いてる間に大根をおろすか、
大根をおろすのが先か・・迷う。

鯵を触った手で大根をおろしたくないし・・
大根おろしは、時間が経つと味が変わるからビミョウーなところ・・

こういう時に、ひとり晩酌の寂しさが来るのよね・・

「鯵焼くから大根おろして下さらない」・・とかなんとか・・よいなぁ。


オヤジ晩酌
























今日からお膳を夏バージョンに変えた♪

at 20:50|PermalinkComments(10)

2012年11月25日

見納めの紅葉

今日は外仕事だった。

代々木公園で食べたお弁当

ありあわせの"おかず"に玄米ご飯&蕪のポタージュすうぷ
外は寒いけれど、あったかなお弁当は妙に美味しかった♪


代々木公園でお弁当♪























早く終わったので・・久しぶりに銀座でも歩くかなって思ったけど・・
行きたいお店もあったしね・・・

人ごみにヘキヘキしちゃった
まっすぐ家に帰りました。


玄関前のニシキギが、西日を浴びて綺麗だった
駐車場から玄関ドアが見えないようにと植えた木。
見納め・・・

玄関ドアが見えない♪























庭の檸檬の木も・・・さよならネ・・



檸檬の木























明日から山の家に行くので、檸檬の塩漬けを作って持って行こうと思った。
ここの冷蔵庫には・・もう入る隙がないのよ(笑)


毎年、青い檸檬で塩漬けを作っていたが・・
今年は、黄色くなるまで待ってみた。
味が違うのかどうか・・とっても楽しみ


檸檬の収穫






















今年の塩は"海の精"を使う。

ゆっくり眠ってね♪檸檬チャン


檸檬の塩漬け
































晩酌


「蕪の葉おひたし」

これはどうやら・・
ミッキー野菜屋の聖護院蕪の間引き菜だと思う・・
すっごく美味しいです♪
根っこのチビ蕪は、もちろん糠壺様の中。
迷子にならないように、出汁パックに入れて(笑)

食べかけでゴメンヨ


蕪の葉おひたし

























「焼き銀ダラ」

塩麹に3日間ほど漬け込んでおいた銀ダラ。
塩麹に合う焼き魚は、やはり銀ダラがダントツだと思ったわ・・


銀ダラ























「ルッコラ&パセリ&コッパのサラダ」

使いかけの人参、胡瓜も入れちゃった♪
ゴマドレッシングで・・
youkoの言った通り、ルッコラ&パセリの組み合わせ・・よいなー☆


サラダ

























今夜は、ストーブでぬくぬくな台所で・・・
もちろん冷酒飲んでます。

at 22:56|PermalinkComments(14)

2012年11月24日

青いトマトのすうぷ

里畑で収穫した"青いトマト"は2・5キロもあった

1年分のピクルスを作りました。
今回は、スパイスをいろいろ入れないで、ローレルと黒胡椒粒だけにしました。

家で作るピクルスは、酢や砂糖を厳選するので、漬け汁がもったいない・・
マリネなどに再利用するため、香辛料を無難な路線にしたわ(笑)


ピクルス






















・・で・・
ピクルスに使えなかった傷のあるトマトをどうしたものかと思案した。

"モッシュ・アワ"を作る事にしました☆

玉葱&ニンニクの粗ミジンを、オリーブオイルで、しつこく炒めて・・


ニンニク&玉ねぎを炒める





















この間・・
きっと美味しい"すうぷ"が出来ると言い聞かせて、青いトマトを刻んだわ・・


トマト




















トマトを入れた・・





















ストーブの上に鍋を移動して・・

ちっちゃい圧力鍋で茹でた豆を、茹で汁ごと投入。
この"すうぷ"は、水は入れず、豆の茹で汁だけで作ると美味しいですよ。
トマトの水煮も1缶入れる。
檸檬の塩漬けも、種を取って1/6個そのまま入れた。

ひよこ豆がなかったので、モロッコインゲン豆です。


豆を入れて(茹で汁ごと)
























塩パンを焼く


水  190ml
強力粉  230g
薄力粉  60g
塩     小さじ2/3
レモン汁 小さじ1/2強
ドライイースト  3g (白神天然酵母ドライを使用)

塩を小匙1/2にして、
"レモン汁"を、"檸檬の塩漬け"に置き替えてみた。

1年寝かせた檸檬の塩漬けですから・・トロトロです。


檸檬の塩漬け






















これよ!これだわアタシが求めていたパン。
予想以上に美味しい"塩パン"が出来た。
自分の発想に酔ってます・・ごめんよ・・
だって、あんまり美味しいんだもん・・
ウチの台所のパンは、これで決まりだなーって確信した。

砂糖もバターもスキムミルクも入ってないのに、
youkoのお下がりのパン焼き器 "食パンコース" で上手に出来る。
食感は、焼きたてのフランスパンそのもの。
ずっしりと重いです。









晩酌

「塩パン」

バターをたっぷり塗って・・いただきます♪


塩パン
























「モッシュ・アワ」

ミント&ディルのスパイスをたっぷり入れてストーブの上でじっくり煮込んだ"すうぷ"・・


鍋























最後に入れるものは豆乳です。
正統なレシピはヨーグルトなんだけど、アタシは豆乳の方が美味しくなると思うのよね。
酸味は、檸檬の塩漬けがいい仕事してくれるのよ♪

豆乳は分離しちゃうから・・食べる分だけ小鍋に取ってから入れます。


小鍋






















この"すうぷ"は、塩だけの味付けなのに、ものすごく深い味わいで美味しい。
本当に美味しい・・・
インゲン豆でもいいのねぇ・・

ミスマッチのような "ミント&ディル" が、味を深くしてるのだろうか・・
スパイスって、奥が深くて魅惑的ね・・蠱惑的と書いた方がぴったりくるナ・・


今日の台所は、いろいろ発見があって楽しかった☆
檸檬も柚子も、1年寝かせると、更に素晴らしいスパイスになるってことも確信したし・・
何と言っても "青いトマト" を美味しく食べる方法を見つけた



ストーブを焚く季節の台所は、アタシにとって最高の癒しの空間です。
鍋の番をしながら時間がゆっくり流れていく・・

at 23:07|PermalinkComments(10)

2012年10月08日

醤の秘密

今夜は楽チン晩酌の予定だった。
しっぽからもらった、桃花源の冷凍シュウマイを蒸すだけ♪
後は、モロキュー。


風呂上がりの麦酒を飲みながら野菜室の胡瓜を確認したら・・
様子が変・・・色が黄色っぽい
忘れてたわ
鮮度がかなり落ちてるなぁ・・
食べてみると、パリパリ感イマイチ・・(ミッキーさん、ゴメンヨ

モロキューはあきらめて・・
糠壺様の中に入れようとしたら、ポキッと簡単に折れちゃった。
思い直して、炒めてみる事にした。

こういう時って、けっこう細胞開くのよね。

坊主鍋に胡麻油と生姜の千切りを入れ着火。
弱火でじっくりと炒める。
輪切りにした胡瓜を入れて、中火で炒め、
海醤油を入れ、
青唐辛子の醤油漬けを少々入れ、
岩塩ガリガリで味を締める。
鰹節を少々入れ、
最後に、水溶き片栗粉でとじた。

すばらしく美味しく出来たー
けど、辛〜〜〜〜い。
ご飯に乗っけて食べたい☆


胡瓜炒め





















この胡瓜の炒め物をつまみながら・・
今夜はお燗酒

そして更に、冷蔵庫の点検。

残っていた大根、そろそろヤバイ豚コマ・・(シュウマイどこじゃないデショ!)
さて・・これをどうするか考えた。

そうだ!あったかい煮物にしよっと

酒量も上がって・・コトコト煮込んでる時間もないしね・・

ちっちゃな圧力鍋の出番です☆

菜種油で豚コマを炒め、
ブツ切り大根も入れて、ザッと炒め、
昆布水&麺つゆ (大根から水が出ますから、ほんの少しがベスト)

そして、ここに柚子の塩漬けを加え、イッキに煮ちゃいます。

こんな煮方は初めてなので、どう出るか・・
酔っぱらってるので大胆になる。


肉大根鍋





















お鍋がシュシュポポしてきたら火を弱めて・・4分。
火を消して・・10分蒸らしました。

大根、トロットロです
そして、なんと、中まで味が浸みてるよ
柚子の塩漬けは溶けちゃってた・・・

柚子の香りが立ち昇る・・こってり大根煮、すごく美味しいゾ

なぁ〜んだこれでいいんジャン


肉大根が出来たー☆























今夜は気分がいいわー
お掃除賄いと言えども、作り置きしてる 「醤」 & 「柚子の塩漬け」 のおかげで、
こんなに立派な御馳走になる☆

やっぱり柚子や檸檬の塩漬けは、1年経過すると素敵な調味料になるわね・・・
香りは際立ち、苦みが消える。
まだまだ沢山のストックがあるけど、今年も作らなくちゃ♪

そして、その場その場で使い分ける 「醤」 は料理に予想外の奥行きが出る。
ナンプラーやオイスターソースもいいけれど、くどさが邪魔になる場合が多いのよね。

「海醤油」

干し貝柱・昆布・干し椎茸・鷹の爪
味醂・酒・醤油 

残り少なくなっちゃった。
醤を使い切ったら、
昆布の佃煮を作る時に混ぜて炊いたり・・
玄米と一緒に炊き込むと、シンプルだけど深い味わいの炊き込みご飯が出来るのよね。


海醤油






















「青唐辛子の醤油漬け」

青唐辛子・醤油


青唐辛子の醤油漬け






















山の家に引っ越したら、
確実にもうひとつ、
保存食用の冷蔵庫が必要と・・思った夜。

at 23:03|PermalinkComments(8)

2012年07月09日

塩漬けのスパイス

今日は暑い日になったけど爽やか。

久しぶりに庭の様子。

ちっちゃな苗木を地植えして・・13年目にして初めてスダチの実がついた。


スダチ























今年も着々と成長してる檸檬・・


檸檬
























猫の額ほどの畑だけど・・
枝豆が生ってるよ☆


枝豆





















収穫。
今夜の肴だナ♪


枝豆収穫





















インゲンも収穫した。


インゲン

























さて・・
タイトルの 「塩漬けのスパイス」 ですけど・・
アタシの台所では、今や、なくてはならない調味料に昇格した。

おから を炊く時に、檸檬の塩漬けを薄くスライスして入れてみた。
すごく美味しく出来た☆

冬場は柚子の塩漬けが活躍するけど、夏場はやっぱり檸檬の塩漬けね!

おから のイメージって、お総菜だけど・・違うのよねぇ・・
爽やかで、オシャレな味になる。
冷蔵庫で冷やすと、白ワインにとても合う。
バケットに、おから&マスカルポーネを乗っける・・これ最強コンビ


おから























「メンチカツ」

挽肉&玉葱に、檸檬の塩漬け微塵切りを加えてみた。

柑橘の塩漬けを足すと、どうしてこんなに変わるんだろ・・
全体が締まると言うか・・味に奥行きが出る。

油で揚げてません。
オリーブオイルを回しかけて、オーブンで焼いてみた。

あっさりしてて美味しい♪


メンチカツ
























「山椒鶏皮焼き」

ちっちゃな鉄のココットに、実山椒の塩漬けと鶏皮を入れて火にかけ、
じっくりと焼いた。
出て来た脂はキッチンペーパーで吸い取りながらです。

鶏皮って、アタシあんまり好きじゃないけれど、これは美味しい。
実山椒も、とっても美味です。
塩気がちょうどいいのよね・・・
カリッカリで山椒の香りが爽やか♪


山椒鳥皮






















手作りの塩漬けスパイス万歳\(^o^)/







追記


ウチの常備菜 「昆布の佃煮」 を忘れてましたぁ〜
これには、柚子の塩漬けを使います。

今日、作った 「昆布の佃煮」

柚子の塩漬けは、1/2個、そのまま入れて炊きます(種は取り除く)

タッパーに詰める時に、一番下になるようにするの(右側隅の黄色いのが柚子の塩漬け)
柚子の塩漬けも、とっても美味しく食べられますよ♪

底には柚子の塩漬け
























そうそう!今夜の肴 「枝豆」 がメッチャ美味しかったヨ☆

枝豆♪





















酔ってるんで・・なんか、言葉が変かもしれないけど・・
おやすみなさい・・zzz・・・
明日も良い日でありますように・・

at 13:37|PermalinkComments(14)

2011年11月15日

人生初のジャム作り

料理好きといっても、あるものだけでチャッチャとこしらえる・・所謂・・
晩酌の肴メインのアタシの台所ですからね、ホントは日記に書くのも恥ずかしいくらいなのよ。
まぁ、大雑把には自分の健康管理と記録みたいな日記ですが、
ブログを通して友人も出来たし♪
ブログは、なんやかや、アタシの生活の大きな割合を占めるところとなってます。

日々の賄いの中で、アタシが最も不得意とするものは・・お菓子作りです。

ちょっと甘いものが食べたいなと思って作ったお菓子は、ことごとく大失敗に終わった。
 「小豆の葛羊羹もどき」 や 「プリンもどき」 や 「小倉バターどら焼きもどき」・・など

かろうじて食べられる範疇に殿堂入りしたのは、「ガリガリクッキー」でしたが・・
慣れてないせいか、ボウルや泡だて器やバターディッシュなどの後片付けにヘキヘキして・・
お蔵入りとなってます(爆)

しかし、世の中ウマイ事行くもんです・・
友人のyoukoの手作りお菓子(多分、有名店の上を行くと思う)を届けてもらえる環境です
ホントにyoukoには感謝の日々・・
お菓子を届けながらのボタン付けからアイロンがけ、ストーブの掃除までやってくれちゃう
仕事部屋から台所に入ったアタシに、youkoは・・
「ふふん、こんなの似合うんじゃない?」と・・
手作りのシュシュやポーチなど、アタシが飛び上って喜ぶようなものをチラチラさせる。
まったく、youkoには頭が上がりませんわ


そんなアタシが、人生初、ジャムを作りました。
それは、「肩に力が入ってない時に傑作が生まれる」 を証明させるような出来事でしたー

果物を食べる習慣のないアタシが、青森の林檎農家に惹かれて取り寄せた事から始まりました。
自然の中で育った紅玉は美しかった・・

10月20日に届いた「紅玉」


紅玉






















袋かけもせず、農薬も肥料も施さない林檎は、皮を剥かずに食べて欲しいとの添え書きがあった。
アタシ、紅玉は林檎の中で一番好きな品種なんです。
皮ごと食べたら、いい感じの酸味が、甘さと絶妙に交差して・・ホントに美味しい林檎でした。

しかし、毎日食べても、食べ切れる量じゃないのよね・・
隣近所に分けても冷蔵庫を占領してる林檎に、さて、どうしたもんか・・と考えた。

林檎ジャムを作ってみようかな・・と・・思った。

皮付きのまま薄くスライスした林檎を厚手の琺瑯鍋に入れ、檸檬汁と砂糖を入れて・・
ストーブにかけておきましたわ。
晩酌しながらだったので、危うかった・・

2時間くらい経過しただろうか・・
鍋いっぱいの林檎が・・こんな少量になったわ

でも、林檎ジャムって、普通は薄茶色なんじゃないの?


林檎ジャム作り






















味見をして驚いた・・
ジャムってこんなに美味しいもんなのねー☆
大自然の果実が凝縮されてますよ


きっと、偶然に出来ちゃったんだろうけど・・
林檎の皮を剥かなかった・・っていうのが良かったんだわね・・

皮が残って口当たりはどうかなと懸念しましたが、全部溶けちゃってますわ。
そして・・
宝石のようなガーネット色になった


鍋の中で一晩置いた林檎ジャムは、今朝になって更に美味しくなった
ジャーに詰めて・・更に驚いたわ・・
果肉が煮詰まった感じではなくて、プルルンとしてるんですよ
そう、これはジェリーです
(ホントはもっと綺麗なガーネット色なんだけど・・写真はこうなっちゃったわ)


林檎ジャム





















林檎ジャム完成♪






















youkoに届けたら・・何て言うだろ・・
「トマトジャム?」なぁ〜んて言うかな(爆)
楽しみぃ


久の土産用























そうそう!忘れるところだったわ

林檎農家の添え書きに、
「種はご面倒でも、ウイスキーに浸け込んでおいて下さい。1年寝かせると美味しいお酒になります」
・・・と・・あった。

014

at 15:08|PermalinkComments(14)

2011年11月13日

恒例行事

柑橘の塩漬けを作り始めて3年目・・
最初は、庭の檸檬を、長期保存する目的で、モロッコ料理の「プリザーブ・ド・レモン」に夢を託したわ。
幅広い料理に活用できる事が嬉しくて、柚子も同じように保存出来ないものか・・と考えたのは昨年でした。
柚子は檸檬より簡単に水が上がって、且つ、豚汁や鍋ものに欠かせない、秀逸のスパイスとなった。

1年分の柑橘の保存が出来る事が嬉しいし、それにこの方法は無駄がないんです。
使い切った瓶に残った果汁と塩をフルに使う料理も見つけた
お肉に揉みこんで一晩寝かせると、普通の「塩豚」や「塩鶏」がグレードアップするんです。
何故か、お肉が柔らかくなるしね。
檸檬は豚肉が合うし、柚子は鶏肉にマッチするの。この焼き鳥は最高なんです
柚子塩を揉みこんで寝かせた鶏肉を乗っけて・・
炊き込みご飯もいいんじゃないかと思ってる


今年は、お茶を送って貰っている、高知県の国友農園の柚子を選んだ。



届いた柚子





















農薬も肥料も使わない、自然のままの柚子が生き生きとしてました♪


柚子





















今までの経験から、1/4にカットした方が料理に使いやすい事がわかった。
柚子1個に対して、大匙1〜2の塩を、段々重ねにしていきます。
種も取らず、そのままギューギュー詰めです。
一番最初に作った時は、種は取り除いてから塩漬けにしたんですけど・・
この種が、寝かしている間に何か作用するのではないかと思っています・・

今年は、5キロの柚子を塩漬けにしました。


柚子の塩漬け作り






















半日もすると、果汁がたっぷりと上がりました。
この工程を3回繰り返してます。
これを、保存瓶に詰めて、冷蔵庫の奥で眠って貰います。
もちろん、すべて冷蔵庫には入りきらないので、半分はクーラーボックスです。
山の家の冷蔵庫に運ぶ予定☆


水が上がった♪


























晩酌


黒麦酒と焼きそば


黒麦酒にハマった☆


麦酒























「菜っ葉&ウインナの焼きそば」

この、名無しの権兵衛葉っぱ、ほろ苦くて美味なのよ・・
ミッキー野菜屋の葉っぱです。
ソース焼きそばとの相性いいのよね♪


菜っ葉の焼きそば2























今日は、お昼抜きだった・・というか、朝から何も食べてなかった。
黒炒り玄米をポリポリ食べただけ・・

焼きそばだけじゃ足りんわー

冷酒に切り替えて、肴は塩辛で・・と思ってたんだけど・・
ちょい天麩羅を揚げた(爆)

「庭のセージ&玉葱」

セージの葉っぱは、天麩羅にすると最高なのよ♪ 知ってた?
アタシはシソの葉の天麩羅より好きです。

庭に植えて置くと、すぐに大きくなって、低木に成長します。

お花も可愛いの・・食卓花にとってもいいわよ♪
寒さに強く、やせ地が好きなハーブで、
「セージのある家には医者は来ない」と言われるくらい身体にも良いらしいわ。
ヨーロッパのソーセージには、必ず入ってるわよね。


天麩羅























皆さま、どんな夜をお過ごしなのかなぁ・・
アタシは、まだまだ飲んでます☆



at 22:14|PermalinkComments(14)

2011年11月01日

檸檬の収穫

いいお天気です

今日あたりが収穫かな

檸檬の木






















こんな小さな木に・・なんと!大豊作でした

40個の檸檬を収穫しました☆

檸檬40個






















youkoも待ち焦がれている事でしょう♪
今夜、届けます☆

そして・・半分を、しっぽに送った。
去年、ウチに来た時に振る舞ったキムチ鍋が激ウマだと感動した しっぽチャン。
タネを明かせば・・檸檬の塩漬けにあり☆
檸檬の塩漬けは、できれば1年くらい冷蔵庫で寝かせると、苦みが消えて、最高のスパイスになるんですよね。

早速、檸檬の塩漬けを仕込みました。

1/6個の櫛形にカットして、檸檬1個に対して大匙2の塩です。
檸檬⇒塩の段々重ねに・・ギューギュー詰めていきます。
一般的には、檸檬汁を最後に注ぎ入れるらしいけど・・そんなもったいない・・
一晩で汁が一番上まで来るのよ

007






















この状態で、来年まで眠ってもらいます。

006






















和三盆糖漬けも作ったわ♪
去年は蜂蜜漬けだった・・あたりまえに美味しかったけど、檸檬の風味が特出しないような気がした。
今年はシンプルに☆

タッパーの裏側からの撮影なので、見づらくてゴメンね・・

008
























お昼ご飯

佐藤さんのササニシキが美味しくて・・

玄米ご飯























「茄子味噌」

最近、会得した簡単料理・・
茄子を薄めにカットしてフライパンに入れ、水を入れて茹でちゃいます。
茄子が柔らかくなったら、フライパンに残ってるお湯を捨て、
麺つゆ+味噌+味醂+胡麻油ちょこっとでガガーっと煮詰める。
3分クッキング♪

茄子は、油をたくさん吸うでしょ?
この方法だと、あっさりしてて美味しいですよ☆

茄子の味噌炒め






















「やまいも」

ミッキー野菜屋の山芋

とろろ






















とろろ は、醤油だけが好き☆


「とろろ飯」


ご飯






















後は、糠漬けと・・
昨夜の〆の蕎麦の残りで・・

「おつゆ」

温蕎麦2






















こんなお昼ご飯を食べると心があったかくなるのよね

それじゃぁ・・又・・


at 13:12|PermalinkComments(14)

2011年07月18日

怪しい雲間の梅仕事

空





















台風の接近で・・
怪しい雲の中、梅を干しましたわ。
それでも雲間から、強い太陽光が降り注いでいました。

風も強いので、二階のベランダだと、ひっくり返る事もあるかもしれないから・・
デッキに干した。



デッキ梅























午後になって怪しくなり、3時頃には取り込みました。
昨日が、とんでもない暑さだったので・・梅が塩を噴いていたわ。
約2日間の天日干しでしたが・・充分だと思う♪


今年も無事に梅干しを完成させる事ができた。
例年は、ガラス瓶に保存するのですが、今年は杉樽にしました。
杉樽に棲む妖精にお任せすることにしたわ。



050

























しかし・・アタシは疲れ果てました




晩酌


「サバ水煮缶」


鯖の水煮缶

























ヌーボー梅干しが・・とんでもなくウマい
果実のような甘露と塩梅に、ふくよかな香りが鼻に抜けて・・

そして・・このザックリとしながらも、ふっくらとした歯ごたえ・・
思い浮かぶ果物は・・イチジク。
ヌーボーの梅干しでしか決して味わえません
あぁ・・思わず・・八百万の神に祈りを奉げた。


051
























台風6号が接近している九州、四国、西日本の皆さま・・
ご無事でありますように・・

at 23:07|PermalinkComments(12)

2011年07月17日

青空熱風梅仕事

今日の天気






















外気温37度・・
梅を干した・・


梅を干す





























吉野梅


吉野梅























里梅


里梅























まだ青さの残ってる里梅でしたけれど、完熟の吉野梅より赤いでしょ?
多分・・姫川薬石を梅樽に入れたせいじゃないかと思うのよね・・
味はどう出るかな・・楽しみぃ♪


赤シソも干した。

石が見えるでしょ?



赤シソ干し























これが姫川薬石です。

大地溝帯(フォッサマグナ)を流れる姫川渓谷の中で6500万年眠っていた薬石です。


梅酢の天日干し



梅酢干し





























全体





























梅ザルを一つずつ・・クーラーの効いた室内に入れて・・
ひっくり返してはベランダへ・・の作業を繰り返してます

麦酒飲みたいんだけど・・きっと、ぶっ倒れちゃうよね


025






















ゲロルシュタイナーが・・美味しい




おやつ

コンビニのクジで当たったコーヒー牛乳


026
























晩酌

「関サバ」


関サバ























「オニオンスライス」


オニオンスライス2






















もちろん冷酒♪

at 14:45|PermalinkComments(10)