保存食

2011年10月06日

久しぶりの呑んべえ寿司

寒くなりました・・
目が覚めても、布団の中でぐずぐずする時間が長くなったわ。

喉が渇いて・・
でも、台所に下りてお茶を入れるのが億劫・・もう少し寝室でだらだらしていたい・・
そんな時のために、紅茶のティーバックとティファールの湯沸かしポットとモーニングカップを常備してるんですけどね・・
いざ使おうとしたら埃だらけ
湯沸かしを洗ったり、紅茶缶のホコリをはらったりしてるうちに面倒になっちゃって・・
お茶は断念したわよ。
ベットでお茶をなんて、映画の中の妄想だわね。

さてと・・起きてから服を選ぶでしょ?
今朝はね、我ながら呆れかえってしまった。
去年の冬服が・・そのまんま・・積み上げられてるコーナーがあるのよ
その中から、キティの上下を選んだわ(爆)

台所に下りて、鉄瓶でお湯を沸かし、ゆっくりと朝茶を飲みました。

庭の檸檬が、こんなに大きくなった♪
収穫は11月です。

檸檬2






















さて・・思い立って、炒り玄米を作った。
今回は、真黒炭状態まで・・
ロッジのパンだと1合が限界なので、ステンレスの厚手のフライパンを使いました。
ちょっと工夫をしたの。
洗った玄米を炒り始めてから10分位のところで、塩水を少し(大匙2くらい)入れてみた。
後は、蓋をして・・20分に1回、ヘラで混ぜるだけ。
鍋に張り付いてなくていいのよ。
今日は、その間ネットで遊びました♪

これが2時間経過のフライパン。

007






















ほんのり塩気が・・とっても美味
これは、食べた人じゃないと分からないと思うけれど、すごく美味しいですよ
カリカリとして、かた焼き煎餅のような・・
夕方にお腹空いた時にカリポリ食べるのよ♪

遅い晩酌までの間、たまらなくなってチョコをつまむ事しばしばでしたけど・・
お酒が不味くなるのよね。
黒炒り玄米ならお腹が落ち着いて、その後の仕事がはかどる☆

真黒というところに、何か秘密があるように思う・・
体調がとっても良いし、疲れなくなった。
保存食としても秀逸と思うわ。

011























昨日は、夜に呑んべえ寿司を作った☆
これも、唐突に食べたくなるお寿司なんですよね・・

作るからには、友人の分もというわけで、わん&youkoにおすそわけ♪

002


























お昼ご飯

呑んべえ寿司は、時間が経った方が美味しいのよ♪

汁もんは「豚汁」

呑んべえ寿司は、干し椎茸の戻し汁だけでご飯を炊きますから・・
少しだけ残った椎茸汁で豚汁☆・・という発想が湧いたの♪

ある材料だけで作ったわ。

ジャガイモ・玉葱・ゴボウ・豚肉を、昆布水&干し椎茸の戻し汁で煮込んだ。
アッ、もちろん、柚子の塩漬けを入れたわ☆
仕上げに入れたミッキー野菜屋の葱で、味がグンと変わった。

豚汁






















糠壺さま・・ご機嫌いいです


糠漬け






















さぁ、今日も元気で頑張ろうっと



at 12:28|PermalinkComments(8)

2010年11月10日

芋がら

これは先日、ミッキー野菜屋が持って来てくれた「八つ頭の茎」です。
アタシの大好物なんですよ

味噌汁やキンピラに・・
歯ごたえが、キコキコ、シャキシャキして・・野趣あふれる美味な野菜です。


芋茎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを、どう保存するかを書き留めておこうと思いましたわ。

まず、皮を剥くのですけどね・・ピンとした状態だと、大変なのよー 
手も、アクで真っ黒になっちゃいます。
ここんところが、嫌なんですよー
食べたいけど・・躊躇するところ

新聞紙に包んで、しんなりするまで置いておきます・・3日くらいです。
こうすると、皮がシュ〜と剥けるのよ。

芋がらの皮むき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手が黒くなるから・・とりあえずは、ここまで・・

芋がら干し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日、少しずつ皮を剥いて・・これで全部。
この状態で、二週間くらい干します。

干し上がったら、ジプロックに入れて保存します。
食べる時は、長いまま、水に2時間くらい浸けて・・浮き上がって来るから重石をするの。
3分ほど茹でて・・よく水洗いしてから切って使います。

面倒な野菜ですけど・・あの味は病みつきになるんです・・
栃木の郷土食ですわ

001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お昼ご飯

「胚芽米」

早く、佐藤さんの玄米が食べたいけど・・
まだ・・あるんですよね(笑)

胚芽米

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「キクイモ・蕪の葉っぱ・豆腐の味噌汁」

庭のキクイモを沢山収穫しました。 

蕪の葉・キクイモ・豆腐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「芋がらのキンピラ」

やはり、旬を食べたいですからね
生の芋がらの皮を剥いて(大変だったわ)
茹でてから、一晩水にさらしてアクを抜いて料理しました。
歯ごたえは、干したものより落ちるけどシャキシャキして美味しいです。


芋がらの炒め煮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「レンコンの塩炒め」
 

レンコンの塩炒め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ポテトサラダ」

パセリと檸檬の塩漬けが入ってます。 

ポテトサラダ





















アタシにしたら・・ちょっと豪華なお昼ご飯でしょ?
おかずは全部、昨夜の晩酌の残りだよ〜ん(爆)



at 12:19|PermalinkComments(10)

2010年07月04日

爽やか料理にハマって・・

檸檬の塩漬けが大活躍の日々です・・
夏が来て、こんなに需要があるなんてね・・大びん一杯、漬けといて良かったわ

最初、檸檬の塩漬けをネットで調べていた頃はね・・
どのブログも、モロッコ料理なんですよー
タジンとかいう料理に使うらしい・・
日本で言うなら、寄せ鍋みたいなもんですよ。

サラダは、クスクスに檸檬の塩漬けを刻んで、胡瓜や季節の野菜と和えるものでした。

モロッコ料理ったって、馴染みはないですもんね・・
アフリカ大陸の旅にでも出かけ・・
カサブランカの街のビストロで一杯ひっかけてね・・
そこで食べるモロッコ料理は、さぞ、美味しいんでしょうけどね

気が重くなりながらも、庭の檸檬がもったいないから・・
とりあえず塩漬け作っときました(笑)

冬場は、檸檬の苦みが、料理の邪魔になって・・ちょっとがっかりだったのよね・・
ところが・・夏になると、この苦みが感じられないのよー
どうしてなんだろ・・??
体が欲しているからか・・
それとも、時間が経過して、檸檬の苦みが取れたのか・・

とにかく、普通のご飯のおかずに、檸檬の塩漬けを使うとね、
味が、ワンランクアップするんですよ

これは、ぜひ、皆さんに作っておいて頂きたいわ〜


ちなみに、今日のおかず・・一晩、冷蔵庫で寝かせた方が味が締って美味しいから、
昨夜、麦酒飲みながら作っておきました。

「ポテトサラダ」

実は、具が何にもないんですよね
あるのは、ジャガイモ・卵だけ・・
これで、ポテトサラダを作るなんて無謀でしょ?

ところが・・檸檬の塩漬けがあるだけで、料理意欲が湧くのよねー

レシピ

 カットしたジャガイモを鍋に入れ、ひたひたの水を入れ、蓋をして火にかけます。
   同時に、小さい別鍋で茹で卵を作ります。

 ジャガイモが柔らかくなったら、蓋をずらして余ってるお湯を捨て、ジャガイモを潰します。

 ジャガイモ3個に対して、檸檬の塩漬け1/4個・・薄くスライスして混ぜます。
 卵もカットして一緒に混ぜ込みます。 

ここで、ふと・・オリーブの酢漬けがあるのを思い出しましたわ
この道具は、種取り器・・ハンドルを握るだけで、簡単に種が取れるのよ(笑)

種取り器
























そして、マヨネーズで和えて、胡椒ガリガリ・・
檸檬の爽やかな酸味が、本当に美味しいんですよ


ポテトサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のお昼は、お客様とご一緒に・・

「ハンバーグ 檸檬ジャガイモ添え」

ハンバーグは、レシピを書くほどの事もないよね(笑)
檸檬の塩漬けを使ったポテト焼きが美味しいのよ

フライパンにオリーブオイルを入れて、カットしたジャガイモと檸檬の塩漬けを入れ、
軽く炒めて・・蓋をして蒸し焼きにします。

このくらい・・ジャガイモが透き通ってきたらOKよ

火が通ったら・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓋を取って、少し焦げ目が付くくらい、焼きを入れます。

オリーブオイルを少量足して、胡椒をガリガリして出来上がりー
檸檬の塩漬けの味だけで、充分イケますよ


蓋を取って焼き色を・・






















ハンバーグ





















お客様も、美味しいと言ってくれましたわ



檸檬の塩漬けレシピ・・まだまだあるのよー
又、聞いて下さいね〜

それじゃぁ・・今日はこの辺で・・



at 15:01|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年06月20日

里山の恵み

里に行って来ました。
山の家からは、40分くらいなので嬉しいわ

伸び放題になっている梅ノ木・・
敷地内に4本あります。


梅ノ木





















まだ、熟してないんですけど、今度、いつ来られるかわからないので収穫する事にしました。

けっこう生ってますよ〜
下の方の手が届く梅の実だけ収穫しました・・

最初はこんなもんだった・・






















1本の梅ノ木で、ダンボール1箱採れました・・
上の方には、まだまだ生ってますけど・・漬けるのは限界があるので、
後は、従兄にあげましょうね・・
15キロくらい収穫しました。

収穫























さぁ・・山椒の実も収穫しましょう・・
この木から奥に入った所に山椒の木があるはず・・

木





























去年より大きくなってますよ・・


山椒の木






















実をたくさん付けてます


山椒の実






















今日中に、佃煮にしないといけないから、欲張らず、適当なところで切り上げました。


山の家に帰って、早速、山椒の実の仕込みです。


山椒の実収穫























本当は、軸を取って、実だけにするんですけど・・まぁ・・いいかな・・

1時間くらい、水に浸けてから、10分湯がきます・・

茹でます・・






















これを冷水に取って、時々水を替えながら、1時間ほど、あく抜きします。
そして、ザルに取り、水を切っておきます。

そして、アタシは、醤油1 酒1の割合で、煮ていきます。


山椒鍋






















分量の1/4位のところで火を止めて冷まします。
あんまり煮過ぎると、実が硬くなるのよ・・

山椒鍋2






















やっと出来たー
穴あきお玉で実をすくって、小分けにしてジプロックに入れて冷蔵庫に保存します・・写真を撮り損ねましたわ

そして、コレ!山椒醤油ですよ
ジョウゴがないので、実も入っちゃってますけどね・・
この醤油で、昆布を煮ると美味なんですよー

山椒醤油






















こんなことをしていたら、あっという間に時間が経っちゃって・・
今日は、これから森の家に帰る予定なんですけどね・・
なんだか眠くなっちゃったわ

それじゃぁ・・又・・


at 15:17|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2010年01月14日

松前漬け

松前作りお正月に作った松前漬けね・・

数の子を入れたのが失敗だったので、今度は昆布・スルメ・人参だけのを作りました。

切る作業が大変と言いますが・・10分くらいです。


実はね、アタシは松前漬けが大好物で、お正月と限らず、ちょくちょく作っているんです・・

最初は、スーパーで売ってる、袋の中に昆布・スルメ・調味液が入ってるヤツを買って作っていました。

1袋じゃ足りないので、4袋買ってね・・

結構、値が張るんですよね〜だから、問屋さんを見つけ、取り寄せてました。


だんだん、欲が出て・・いろいろ研究しているうちに、この、調味液が曲者だ・・という所にたどり着き・・酒・醤油・味醂・ひと塩だけで作ったら、断然美味しいという事がわかったんです。

そこで、これは、昆布・スルメも厳選すれば、もっと美味しくなるに違いないと・・


ホントにそうでした・・あたりまえの事なんですけどね・・ここに到達するまで7年ですよ・・





そして、今まで沸騰させていた、酒・味醂・醤油を、生の状態で使ってみたら・・コレ最高の松前漬けになりました♪

沸騰させるのは、酒や味醂のアルコール分を飛ばすのが目的ですよね・・

でも、気づいたんです!

飛ばしてはいけないって・・

理由は分かりませんが、3日もなじませると、ものすご〜く、ふくよかな味に仕上がるんです・・







そして、極めつけは人参の量ですね・・

人参の切り方も重要なポイントですよ・・斜めにスライスして、それから千切りです。
こうすると、人参の歯ごたえが損なわれません。

日数が経って、人参がふにゃぁ〜っとしたらダメなんです。
柔らかくなった昆布やスルメの中で、カリッとした人参がウマイのです!

アタシは、上の写真の昆布・スルメに対して、大きめ人参4本使います。
そうそう!スルメの量は、写真の半分です。



厳選した材料ですが・・

昆布は、ヒネ物がウマイのです・・1等検19年度産天然羅臼昆布・がごめ昆布。
スルメは北海道産天日干し。
人参は自然農法の北海道産。
醤油は無添加甘露醤油。
味醂は3年熟成の生。
酒は自然酒。
塩は土佐の天日手揉み塩。


でもね、新たに購入したのはスルメだけです・・

皆さんのように、お正月は蟹や車エビやステーキなど・・食べていませんよ・・アタシ・・
松前漬けは、箸やすめじゃなくてね・・メインの御馳走なんです。



偉そうな事、言ってますが・・この松前漬け食べたらうなずいてもらえると思うのですけど・・
残念!





今回、昆布は、羅臼と、がごめ昆布を半々に使ってみました。

あっ、漬け込むのはジプロックが一番便利かな・・




004



















人参を入れたばかりなので、人参だらけですが・・半日経てば全体が馴染んでちょうどいい感じになるんです。








さてと・・今夜の肴です・・

イカ



















今、笑ったでしょ!

松前漬けはね、ご飯に乗っけて食べるんですよ〜でも、それは3日後・・

これはね、スルメを酒と醤油に浸けておいたものなんです。

陶板で軽く炙って・・


イカ焼き



















たまりませ〜ん♪

at 22:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年01月11日

魚の粕漬け

ロウバイ今日はとっても寒いです・・

石油ストーブの前に椅子を持って来て本を読んだりしながら台所に籠ったきりです・・

玄関先のロウバイが咲きました♪



毎日、なんとなく残り物ばかりの肴でしたから、お刺身で一杯を夢見て・・寒い中、スーパーに買い物に行きました。

昼間行けばいいのに・・ぐずぐずしていて、結局、夜になってから出かけましたよ・・

鮮魚売り場は、すでに空っぽ状態・・に、がっかり・・

ふと目に止まった魚の切り身・・

あぁそうだわ!喜美江が暮れに持って来てくれた、近くの蔵元の純米大吟醸の酒粕があったっけ!

粕漬けを作ろう♪・・とカゴに入れていたら・・

威勢のいい魚屋の兄さんが、す〜と寄って来て・・その場で半額のシールを貼ってくれましたよ!!

ラッキー〜〜♪




家に帰り、お風呂に入る前に、魚を仕込んでしまいましょ・・



黒鯛です・・


黒鯛




















これは銀鱈


黒鯛2




















そして鰆です。


鰆





















それぞれ、振り塩をして5分程置いておきます。

キッチンペーパーで水分を拭き・・

ジプロックに、酒粕を入れ、お酒を足して・・ゆるくなった酒粕に魚を入れていきます。


こうしておけば、日持ちするので、とっても便利ですよ。





何日か寝かせた方が味が締まるからね・・今夜は、酢ダコで一杯です。


酢ダコ




















ミッキー野菜屋の配達があったので・・

辛み大根です。辛之助・・と言うのだそうです。

辛之助




















スライスして、スモークサーモンと一緒に頂きます。

サラダ4



















この辛之助、ものすご〜く美味!!
辛いけれど、味が・・濃いのよ・・黒丸より上ですわ・・

辛之助のあまりの美味さに・・スモークサーモンは山ワサビ(ホースラディッシュ)を乗せて・・






野沢菜チャーハンを作りました・・

野沢菜炒飯



















発酵が進んだ野沢菜を冷凍にしておいたんです・・

酸っぱい漬けもので作るチャーハンは、ホント美味しいですよね〜

最後に卵を落としてかき混ぜました・・

胡麻油&輪切りの鷹の爪&塩だけなんですけどね・・あっさりシンプルなんですが何故かコクがありますよ・・


〆のつもりが・・チャーハン肴に飲んでます♪

どう見ても、のん兵衛の食卓ですわ・・

at 21:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年11月09日

高菜豚

棲家お日様ピカピカの気持ちの良い朝でした。

珈琲をゆっくりと飲んで・・

今日こそパンジーを植えるぞ〜・・と、植木鉢を取りに庭に出ました。



ダイヤ


















名前は「ダイヤ」と言います・・お隣(ビートルズ狂のパパの家)の猫です。

どアップの寝顔を撮ろうと近づいたら・・起きちゃった(笑)・・迷惑そうです。

ダイヤ2























しかたなく、パンジー植えは中止して、デッキに腰かけて煙草ふかしてたら・・宅配屋さんです。


注文していた「エゴマ」が届きました。

エゴマは、「塩昆布」「高菜豚」この2種類の常備菜を作るために取り寄せてます。
エゴマ



















冷凍してあった「茹で豚」を使って、「高菜豚」を作ります。

 

毎日の「ご飯のおかず」作りたくない時もあるでしょ?

買いものに行けなかったり、気が乗らなかったり・・アタシはしょっちゅうなんですよ〜

だから、まとめて作って、小分けに冷凍しておくんです。

お腹が空いたけど、お茶漬けじゃ、ちょっと寂しい・・かといって、火は使いたくない・・なんて時に重宝します♪

高菜豚



















これね、すごく美味しいのよ〜

豚肉を炒めて、高菜漬けと和える方法もあるのだけど、冷凍してある茹で豚を使いました。

小さくカットした茹で豚を、熱したフライパンで、ほんのり焦げ目が付く程度炒めてボウルに引き上げます。

そして、刻んだ高菜漬けとエゴマで和えるだけ・・簡単でしょ!


茹で豚を更に焼くので、余分な脂が落ちて、高菜漬けがギトギトにならなくていい感じです♪

そして、炒り胡麻よりエゴマが美味しいんです。

これ、焼酎にも合うんですよ・・


それじゃぁ又・・皆さまも楽しい夜をお過ごし下さいね〜♪



at 18:26|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2009年10月11日

昆布の事

棲家爽やかな秋晴れになりました〜

今朝、注文していた昆布が届いたんです・・

ストックが切れる寸前だったので、タッパーに詰めてから気が付きました・・写真を撮るのを忘れた・・



毎日の食事を作る上で、ここだけはこだわりたいと思う食材の一つに昆布があげられます・・

アタシは、羅臼と利尻・・2種類の昆布を使い分けてるのだけど、出汁を取った後の昆布を冷凍しておいて、塩昆布を炊き、全部食べてしまう事を考えると、上等な昆布を使っても贅沢にはならないだろうと思い、今回、初めて、天然羅臼昆布を取り寄せました。


普通、売られている昆布は、ほとんどが養殖だっていうの知ってた?

アタシも、初めて知りましたよ・・まぁ、それでも、満足はしてたんですけどね・・

届いた昆布は、長くて幅のある昆布でした・・1メートル50センチくらいはあったんじゃないかな・・写真を取り損ねて失敗でした(笑)

もう、ハサミでカットしてタッパーに詰めるのが面白くて・・

それがね・・柔らかいんですよ〜初めての経験です。厚めのボール紙を切っているようでした・・

昆布




















アタシは、昆布の出汁を取るのに、火にはかけません・・水出しなんです。

理由はね、使った後の昆布は「塩昆布」となって、常備菜になるからなのよ・・

冷蔵庫に入れた昆布水は、一晩寝かせると、なんだかとってもいい出汁ができてるのよね〜

これがそうなんだけどね・・下に沈んでいるのは、梅干しの種なんです・・こうすると、キリッとした昆布出汁になるっていうのを、料理研究家の辰巳芳子さんの本で知りました。
昆布水



















この水出し昆布水は、鰹節出汁の味噌汁や煮物全般にも使います。
味噌を入れてから鰹節を放ちます・・鰹節も食べちゃいます(笑)

煮干し出汁味噌汁用には、もう少し小さなピッチャーに、昆布・煮干し・梅干しの種を入れて冷蔵庫で寝かせてあります。
煮干しも、水出しがいいの・・臭みのない美味しい出汁が取れるのよ・・ここでも、梅干しの種が活躍しますよ。

 

今日のお昼御飯です。

なんだかとってもフライが食べたくって・・

イカフライ



















ミッキー野菜屋の「辛み大根葉」で、いつものおかずを作ったんですけど・・
天かすの代わりに、イカフライのカスを入れてみました・・
メッチャ美味しく出来たわよ〜♪
大根葉のおかず


















「今年最後のトマトだよ」って言ってましたけど・・唸るほど旨い・・
トマト




















今夜は、宴会です♪



at 13:51|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2009年10月08日

銀杏

棲家台風が通り過ぎた後の庭は、凄かった・・

スカイロケットの大木が、根こそぎ倒れていた・・





今日は、たまっていた洗濯物をかたずけて、掃除をして・・台所に籠ってました。


とっても貴重な物を頂いたんです♪

銀杏です。こんなにたくさんの銀杏・・初めてです・・

神社の境内で拾って下さったなんて・・素敵・・
ギンナン




















買おうと思っても手に入りませんし、ここまでして下さるの、きっと大変だったでしょう・・

SANNTAさん、よっしーさん、ありがとうございます♪

 

アタシ・・実はね、銀杏割器・・持ってるんですよ〜

以前、道の駅で買ったんですけど、本家本元の銀杏を割った事がないんです(笑)

麻婆豆腐を作る時のスパイス・・花椒を挽くために買いました・・

今日は、この「銀杏割器」が、初めて正当な道具として活躍してくれます!

銀杏割石


















この石器ね、どうして穴の所がデコボコしてるんだろう・・って不思議だったんですよ・・

フラットになっている方が、スパイスを挽く時に、均一に挽けるのになぁ・・って思ってました。

ところが、謎が解けましたよ・・

そう・・これは銀杏割器・・微妙なデコボコがあるので、銀杏が、逃げないんですよね・・

焙烙で炒ってから割りました・・

たくさんあるので、小分けにパック詰めして冷凍します。

これで、1年中、銀杏が楽しめるわ〜幸せな気持ちになりました。

銀杏



















さぁて・・今夜の晩酌は、銀杏の塩焼きですね♪
日本酒に最高なんですよね・・


追記

今夜の肴

「秋の焼き鳥」

仕込んでおいた鶏胸肉(塩をして冷蔵庫で寝かせた)と茹で豚を、陶板で焼きました・・
今日は、ミッキー野菜が届く日だったので、万願寺唐辛子も一緒に焼きます。

陶板


















いい感じ〜

茹で豚は、焦げ目が付く程度に焼いて塩を振りました。

出来たぁ〜〜♪

銀杏に塩を振り・・一緒に串に♪

晩酌2


















ありがたいことでございます〜



at 19:23|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2009年10月01日

茹で豚のその後

棲家あれから茹で豚はどうなったか・・

もし、気にしてくれてる人がいたら・・と・・思って・・(笑)

茹で豚のその後をUPしてみました〜♪




鍋の中で、程よく冷めた茹で豚を取り出して・・これは、厚めにスライスして、軽く焼いて、醤油&黒胡椒で肴になりました♪

ほんとはね、一旦、冷蔵庫で寝かせてからカットした方がいいのよね・・切りやすいのよ・・でも、待ちきれない人がいるからね・・

 

そして、残りの茹で豚は、半分にカットして冷凍よ〜突然の宴会の時に、とっても重宝するのよね・・

001



















鍋のスープは、そのまま一晩、放置します・・

そして、翌日の朝・・この状態になってるのよ〜

ラード



















真っ白なラードが出来てるの・・そっとゴムベラで寄せてみるとね・・その下には、澄んだスープが・・

ラード2




















ラードは、とっても貴重なの・・野菜炒めに、オイルの代わりに使うと、シャキッと仕上がるしね・・炒飯も中華屋の味になるのよ・・

だから、ラップに包んで冷凍しておくの・・使う時は、ポキッと折って・・便利ですよ♪

ラード3



















そして、スープ・・中国では「清湯」とも言い、中華料理の基礎パイタンスープが副産物として出来てるのよ・・

これは、ほんとにくせがなくて美味しいの・・

だから冷凍して、いつでも使えるようにしておきます。

スープ



















アタシは、茹で豚を作った翌日は、このスープにジャガイモだけを入れてカレーにします。これが絶品なんだなぁ・・
もちろん、ジャガイモはオイルで炒めたりしませんよ〜
冷たいスープにジャガイモを入れて煮るのよ・・
そして、柔らかくなったら、カレールーです・・それだけ・・
肉などは入れませんよ〜(笑)


もうひとつ、お勧めの使い方は、「温蕎麦」にするのよ・・その時はね、このスープに麺つゆを足して、葱をたっぷり入れます♪

鴨南に劣らず・・美味しいのよ〜


和食にも合うスープにするために、アタシは、茹で豚を仕込む時に、水だけなんです。

普通のレシピは、葱の青いとこや生姜、ニンニクなど入れて、茹で豚を作るみたいだけど、それだと、スープの使い道が限られちゃうでしょ・・

寒い時に、このスープで作る「温蕎麦」・・たまりませんわ〜(笑)


クララも、脂肪の落ちた、コラーゲンたっぷりの「茹で豚」がご飯に入るのを、そわそわしながら待ってるんですよ(笑)

クララ














at 10:25|PermalinkComments(12)TrackBack(0)