2017年01月27日

合歓の木の供養

親の代に植えた合歓の木は、
40年くらい経て、巨木になった。

下の写真は、この森の家に引っ越して来た夏に撮った。
二階の寝室まで届く枝は、真夏の日差しをゆらゆらと遮ってくれた。

アタシは「合歓の木日傘」と名付けた。


日よけの合歓の木




ところが・・

2013年・・突風で折れてしまった。
残念で残念でたまらなかった。


折れた合歓の木







ここからは、でえくのshinが活躍した記録


電気スタンドを作るという。

株元から伐り、2年間寝かし、乾燥させた。

休暇を利用して、こつこつと作業していったようだ。

階段は、合歓の木の小枝を利用して作ったようだ。


製作中のランプ



製作期間、2年・・・

ついに完成した合歓の木の電気スタンド

shinは 「森の家」と名付けた。

大きな木の”ほこら”の家に集う生き物たち・・

階段を上って行くとドアがあり、中にはテーブルと椅子がある。

テーブルの上には、どこで見つけてきたのか、
小さなお皿やマグカップなどが並べてあるのが笑える。


窓から覗くと・・・目が合った(笑)


うさぎ1






兎が食事をしているところ・・・

shinの大親友であるガーディナーの「ウサギさん」がモチーフというのが、
何とも微笑ましい。
まことにshinらしいナ

うさぎ2






アタシの仕事部屋に設置した。

ライトはLEDなので、昼夜問わず、いつも点けっぱなしにしている。


完成したランプ




一日の大半を、この部屋で過ごすアタシ・・

なんだかホッとする。


at 10:15|PermalinkComments(6)

2014年07月20日

石室の蓋

早朝は肌寒かったが、だんだんと日が差してきた。

家中の窓を開け放って風を入れ、
溜まった洗濯物を片付ける。


青空のもとで、洗濯物を干す幸せ・・家事は楽しいナ☆
気分爽快の一日の幕開けだった。

庭の胡瓜も、久しぶりの太陽に嬉しげ・・

庭の胡瓜
胡瓜の収穫







こんな日の午前中は、ちょっと手の込んだ料理を作りたくなる。

家にある材料で何が出来るかと考えるのも、最近覚えたストレス解消法です(笑)

肉じゃがを作ろう!・・今作っておけば夜には美味しくなってる♪






ジャガイモと大根を取りに石室に行ったら・・なんと!

大谷石の蓋が・・・

いつのまに??

胸が熱くなる。

石室の蓋



それは素晴らしく原始的な蓋だった。

横に滑らせるだけの・・アタシでも楽々動かせる可動式の蓋・・

思いつきそうで思いつかないわ・・と、しばし見惚れてしまう。


石室の蓋をずらすと・・










オヤジ晩酌


肉じゃがで安焼酎を飲む

いつもは、大根は入れないのだが・・大根がいっぱいあるので使ってみることに。
サツマイモもあったので使った(汗)

仙台麩を入れたのは初めてだけど正解!
なかなか美味しいです♪

料理にレシピなんてホントはないのよね・・


肉じゃが




酔うほどに・・夢が膨らむ・・

石室を設置したところの壁を利用して、斜めの屋根をつけよう!
玉葱も吊るせるし・・

半小屋風なイメージ♪


でえくに頼まなくちゃ☆

at 20:46|PermalinkComments(6)

2014年07月15日

野菜の室(むろ)

ずっと・・
庭に、野菜を貯蔵する石室が欲しいと思っていた。


伯母の家で見た本格的な貯蔵小屋じゃなくていい・・
ちいさな箱のような室が欲しかった。

森の家地方は、大谷石の産地なんです。
しかもそこは、家から車で20分くらいの近距離にある。

(とりあえず、行けばどうにかなる)と思い、大谷に行った。

石屋はたくさんあったが・・一軒一軒が離れている。
足を棒にして歩き回った。

しかし・・どこの石屋も、一般人には売らない気配がむんむんだった(怒)

気分がすぐれないまま・・大谷観音を拝んで帰路に着く。

このままでは収まらなかったので、
途中、ホームセンターに寄り、大谷石があるかどうか確認するが・・無い。

インターネットを見ると、大谷石を小売するサイトがあったが、
値段が高過ぎる・・
大谷石って高価な石なんだと、初めて知った。




夕方、玄関脇の花に水を遣っていたら・・
斜め前の教会の牧師さんが通りかかったので、
「すみません、大谷石を買える所を知りませんか?」と聞いてみた。


ここから話は急展開した。




大谷石を頂いてしまったのだ!!

それは・・
クリスマスに、ハムとベーコンを作った人からの思いもかけぬプレゼントだった。


後で知った事だけど・・
彼は、何と大谷石で・・庭にピザ釜まで造ってしまった。


軽トラに石を積んで、ウチの庭まで運んで下さった。

軽トラから、石を下ろすその人の、
日焼けした笑顔からこぼれる白い歯が爽やかだった。

そして、耐火用のモルタルまで下さったのだ・・

中に入れる野菜まで頂いちゃった(笑)
今日掘ったというジャガイモと玉葱♪



これは、
大谷石を並べただけの・・とりあえずの石室。

室の中に手を入れると・・ひんやりとしている。

夜中に大雨が降ったが、雨が進入した形跡も無く、
室の中の野菜は少しも濡れてはいなかった。


野菜むろ中




大谷石の屋根を探してきて下さると言う。

とりあえず、屋根はトタン板を被せてあるが、

屋根を待って・・
石室をモルタルで接着する予定。



野菜むろ





この夜のオヤジ晩酌は、”鰹のたたき” を予定していたが・・

あまりの嬉しい出来事に、冷蔵庫の鰹のことはすっかり忘れ去っていた。

野菜の即席漬けで安焼酎を飲んだ(笑)



そして、今日のお昼ご飯

冷凍してあった桜飯と醤油に漬け込んだ鰹で・・

「鰹ズケ丼」


鰹ずけ丼





ご飯を食べながらも、石室の屋根の事で頭がいっぱいになる。

ものすごく楽しみ☆

どんな屋根になるんだろう・・・

一日千秋の思いで待っている。

at 14:08|PermalinkComments(12)

2013年09月10日

秋支度の台所

洗濯物を干しながら感じる秋・・
日も短くなり、台所でオヤジ晩酌の準備をする時間も早くなった。

今日は、仕事を放棄してソーイングに励む。

出窓のカーテンをアタシらしくしたいと常々思っていたが、なかなか腰が上がらず・・
今日、決行した。

このランプがウチに来てからずっと・・出窓の雰囲気を変えたいと思ってた。

ステンドグラス作りが趣味の叔母が・・
引っ越し祝いよと言って、お盆に持って来てくれた。

パープルとブルーを基にして、淡い微妙な配色の・・とっても素敵な手作りスタンド。

叔母のステンドグラス




カーテンというより、布を繋ぎ合わせて縫ったものだが・・
出窓の奥行きの部分が難しくて苦戦したわ。

変な生地だと思ってるでしょ?
昔、バンコクで買った更紗です。
ロングの巻きスカートにしようと思って取って置いたのを忘れてて・・
押入れから引っ張り出した。


苦戦したカーテン





布一枚で気分も変わり、
台所を少し、模様替えした。


カーテンを作った


ちょい模様替え






オヤジ晩酌

「イカのトスカーナ風」

輪切りにしたイカを、スライスした玉葱と共にタレに漬け込んでおいて、
そのままフライパンで焼くだけ。
タレは・・オリーブオイル・唐辛子・すりおろしニンニク・塩胡椒・ローズマリー


イカのトスカーナ風



もちろん赤ワイン飲んでます♪

at 20:34|PermalinkComments(8)

2013年08月05日

ゴーヤの日よけ

ウチの玄関は西南にある。
ドア脇はガラスになってるので、西日が半端じゃなく、玄関は蒸し風呂のようになっちゃうのよ。

夏に間に合うようにゴーヤを日よけにしようと考えたのは6月。
大きな植木鉢に3本のゴーヤを植え、ネットで誘引した。

だんだん伸びてくるゴーヤに嬉しくなった。


ゴーヤの日よけ






















そして・・今の状態。

玄関の外側からパチリ。
見づらいけれど・・4個のゴーヤが育ってます☆

ゴーヤ外風景






















内側から見ると・・
まるでステンドグラスのようなゴーヤの日よけ。

今日は曇りなので、イマイチ雰囲気が伝わらないけれど・・
お日様かんかんの日は、玄関が緑色に染まり、まるで水槽の中のようになるのよ♪

たったこれだけで、室内の温度が下がるの。
凄いよね、グリーンカーテンの威力。


成長したゴーヤの日よけ



























オヤジ晩酌


シバ漬けがうまい〜♪

一年間お世話になった紅生姜の最後の一個がなくなり、
新たに漬け込んだんだけど・・
その漬け汁の梅酢がもったいないでしょ・・
だから、それを使ったの。

軽く塩をした茄子・胡瓜・茗荷を、紅生姜の漬け汁で一夜漬けにしました。

生姜の香りも効いてて美味しいヨ☆


紫漬け























初物の庭の枝豆に感動した。
野菜屋のより美味しいゾ!!


庭の枝豆
























本格的な四川麻婆豆腐を目指して・・作った。


四川麻婆豆腐























まだ早い時間だから・・
誰か、辛いもの好きな人呼びたいなぁ

・・なんて考えつつ

今夜は老酒のロックスいってます。

あわわ雷きたぁ怖いゾ

at 19:04|PermalinkComments(8)

2013年07月12日

炎暑の中

休暇は汗を流したいと・・旅帰りのshinからの申し出だった。
アタシは家仕事の予定を立てていたが、それもいいかもと・・乗った。


玄米のおにぎりをこしらえて、糠漬けをタッパーに。
ポットに珈琲を詰め、里畑へ。

うわぁ〜また・・草だらけ・・
この炎天下に草取りするなんて自殺行為だわと気持ちが萎えたが、
畑の隅に桜の大木が二本あるため、そこだけは日差しがまったく届かない別天地だった。


手前の日陰の部分が桜の木のシェード部分。


また・・草だらけ・・























草取りをしながらジャガイモの収穫をする。

草で隠れてしまっても大丈夫なように、ジャガイモを埋めた所に棒を立てておいた。



目印の棒
























掘ってみると、ゴロゴロと顔を出すジャガイモに、暑さも忘れた(笑)


掘ってみた























「こんな日に畑にいるのは素人だけだね」・・と言いながら桜の木の下で休む。

風が吹き抜け、ここだけはホントに別天地だった。

凍らせた4リットルの水を持って来たが・・
途中から氷がなかなか融けず難儀した。
車のボンネットの上に乗せて、やっと融けだした氷水を奪い合って飲んだ。


shin
























奮闘4時間後・・・

収穫したジャガイモ


収穫したジャガイモ
























北の空が暗い・・
そういえば、風が強くなったようだ。

外水道の井戸水を頭からかぶり、帰路に着く。


家に着いてすぐにシャワーをして、台所の和室に足を投げ出し麦酒を飲む。

極楽極楽〜と思っていたのも束の間・・
ゴロゴロと雷が鳴り出し、
それもすぐにピシッ!という音に変わり、
滝のような雨に覆われた。
今まで体験したことの無い突風が辺りの木の葉を巻き上げ出した。
下から巻き上げる豪雨で、お隣の家々が全く見えない。


怖いので、頭からタオルケットを被り、
顔周りだけまぁるく開けて焼酎をゴクゴク飲んだ。


小一時間くらい経ったろうか・・

嵐が静まり、雷も遠くなったので・・障子を開けて外を見たら・・・・・・・・・・・・・・・


ねむの木が・・・























ねむの木が・・・・折れていた・・・・・・

折れた木が、お隣の庭にまで達していた。


折れたねむの木


























お隣の一人暮らしのご婦人に電話をしてお詫びする。

木の撤収は明日の事として・・




宴会

ジャガイモのタイム煮で収穫祭の予定だったが、
激辛の麻婆豆腐を作った。


shinは涙目で食べていた。


麻婆豆腐
























凄い一日だった

at 11:32|PermalinkComments(12)

2013年04月28日

賑やか台所が好き

アタシのゴチャゴチャ台所の一部を見てくんり♪

このブリキの入れ物は、以前、ドリームランド(解体屋)で買った物ですが・・
真っ先に、この家に運び、台所の食品庫上に設置しました。
スパイスや調味料入れとして使うつもりだったけれど、イマイチ使い勝手が悪い。

ふと閃いて、置き場所を替えて、お茶缶などを収納しようと考えたの。
カウンターの上に乗っけてみました。

両側の扉は、厚くて丈夫な硝子なんですけど、
真ん中は割れていたので、とっちゃいました。

真ん中の硝子がないところには、
押入れから出てきた可愛いポストカードを、硬質プラスティックで挟んで、
取り外した硝子のレールに埋め込みました。
ここには、お菓子を入れておくことにしたわ♪


ブリキの入れ物























ブリキの入れ物の下は、お茶淹れ場です。


お茶淹れ場






















上はこうなってる(笑)


ブリキ上
























ブリキの入れ物の裏は・・どうなってると思う?

真裏は、流し台のシンクになってます。


シンク側























今、笑ったでショ?
でも、アタシは、こうじゃなくちゃ落ち着かないのよ(爆)

葱や生姜やニンニクなど刻んで、スタンバイさせるチビ器は、4個くらいないと不便でしょ・・
そういうのって、常に目の前にあって、ササッと洗って置いておける場所が必要なのよ。

ブリキはマグネットが気持ちよくくっつきますから・・なかなか便利。

浄水器の下に敷いてあるものは、壊れた時計の陶器部分なんです。
数字の輪の中に、不思議とすっぽり納まった浄水器が嬉しかったわ。
数字がストッパー代わりになって、ぐらつきません。


ブリキの入れ物の裏側


























近所の方からタケノコを頂いたので、タケノコご飯を作った。

羽釜で炊いたが・・すごいミスを犯した。
お米が生煮えだった

こんなこと、初めてよ・・多分、水加減を間違ったのね・・・

そこで、蒸篭で蒸すことにした。

よかった・・・うまくいった。


蒸篭タケノコご飯























今回、発見があったわ☆

山椒の葉を摘んで、少量の醤油に浸し、ご飯が蒸し上がるまで小石を乗せておくの。
ご飯を炊くときに使った昆布も、適当に切って、一緒に浸けます。

それを、タケノコご飯と混ぜて、食べるととても美味しい。

赤く見えるのは、"さくらもち米"です。
少し混ぜて炊くと、もちもちして美味しいのよ♪


タケノコご飯
























「牛蒡と葱の炒め物」

これは、高山なおみさんレシピ。

料理人レシピ通りに作って、上手くいった例がないけれど・・
家にある材料だったから作ってみた。

意外な美味しさだったので・・レシピです。

材料

牛蒡・葱・ニンニク

牛蒡は斜め薄切り、
葱は、縦半分に切り、斜め切り、
ニンニクは薄いスライス。

胡麻油にニンニクを入れ炒め、
牛蒡を入れて、透き通るくらいになったら醤油(高山さんはナンプラー)
葱を入れ、サッと炒めあわせ、
塩で味を調える。
黒胡椒をひく。


牛蒡と葱の炒め物























ゴールデンウイークで、皆さま、きっとウキウキしてることでしょう。
森の家地方は、お日様ピカピカですよ。

さて!アタシも遊ぼうかな☆

at 10:03|PermalinkComments(20)

2013年04月19日

檸檬イエローの古箪笥

二階寝室の隣の部屋に、ありったけの箪笥を集結させて、
衣替えの煩わしさから解放されたのは、大正解だった。

しかし、どうしても入らない古い箪笥があった。

ところどころ合板が剥がれているし、もうご苦労様してもいいかなって思い、
廃品回収日まで、テラスに出して置いた。

ところが・・
洗濯物を干す時に、とっても便利なんですよね・・・
小引き出しに、洗濯バサミを入れておくの。

一番上のガラス戸の所では、干し椎茸を乾燥させたり・・と、
発想を変えれば、とっても使い勝手がいい。

ただし、見た目が悪すぎるのよね・・
テラテラと変な光沢のある薄い茶色で、アンティークの部類じゃない(笑)



今日、幸せな事が起きた。

何と・・shinと倉が、こっちに向かってるという。
もとの家のリフォームで出た廃材を(アタシにとっては宝物)保管してたらしい。

仕事部屋の本棚にかける梯子を作ってくれるそうな☆
箪笥のペンキも塗ってくれると言う♪


後ろの座席まで、板で埋もれたみすぼらしげな倉の車が到着した。
助手席のshinは、頭に手ぬぐいを巻いたジャージ姿で・・大工の見習いみたいだった(爆)






見違えるようになった古箪笥

白い小引き出しには、洗濯バサミを・・
その下の引き出しには、野菜や花の種の保管場所にした。

その下は、草取り道具入れ場にした。
写真では見えないけど・・左内側にシャベルなどのガーデングッズを引っ掛けた。


テラスたんす

























そして・・
仕事部屋の梯子作りに取り掛かった。


もと家のスパイス棚を使って作るらしいが・・
繋ぎ合わせたりと大変そうだ・・


つなぎ




















梯子作り






















年月が経ち、飴色になった無垢板って・・・いいよね・・・

だんだん出来上がってくる様に、見とれてしまった。


スパイス棚だった木





















ごついけど・・頑丈そう・・


ごっつい梯子






















念のため、ストッパーを打ち付け、ロープで固定出来るようになっている。
梯子の移動を考慮して、4箇所に打ち付けてある。

このストッパー・・・ソファの足の先端部分なんですって・・(爆)



ストッパー























完成した梯子


廃物利用でここまで作るのは凄いと思ったし・・
買った物にはない味わいが素晴らしいな☆


梯子完成☆


























お昼ご飯

「白菜和風カレー」

生姜と胡麻油を効かせてます。


白菜カレー





















「サラダ」

ドレッシングは無し・・
オリーブオイルを回しかけ、鰹節をパラパラ、醤油をかけて混ぜる、があこさんレシピ。

これ、美味しいのよー♪


サラダ





























晩酌


「たこ焼き」


タコは微塵切りのように切った(笑)

あらかじめタネに混ぜ込む(鍋さんレシピ)

タネは、おりーぶさんの黄金レシピ。

もみのり かけるのは出来上がってからだった・・と、気が付いたが・・
かけてしまったものはしかたないわ(笑)


たこ焼き作り中♪






















やっぱり、テフロンが楽だわぁ・・・・・

アタシは、醤油だけが好きなんです。


たこ焼き出来たー
























ひとり・・たこ焼きを食べながら安焼酎を飲む。

大工で奮闘したshinと倉・・
アタシを元気づける為だったのかなぁ・・



人の優しさが身に沁みた夜

at 20:47|PermalinkComments(14)

2013年03月31日

新入りの家族

ようやく桜が満開になった森の家地方です。

桜の写真を撮りに行きたいが寒過ぎる・・・
まるで冬に逆戻りしたみたい・・
ストーブに乗せた薬缶の湯気が御馳走の朝。



先日、植えた "ツリバナ"

渇き気味が好きなローズマリーの木は掘り上げて、プランターに移動した。



ツリバナを植えた♪























こんな寒いのに、新芽が成長してる・・・可愛いわぁ☆


ツリバナの新芽


























今朝はなんだかお腹が空いて、
昨夜残った "温蕎麦" の汁で和風カレーを作った。

「激辛和風カレー」

寒いから一味唐辛子をたっぷり入れた。

朝食にカレー・・・・・ステキダ(爆)


和風カレー























今日は床屋に行って来ます♪

at 08:48|PermalinkComments(8)

2013年03月12日

記念樹の場所

終の棲家になる森の家に・・
アタシらしい記念樹を植えようと、ずっと思っていた。

ネットで、いろいろ写真を見ていたら、
"えごのき" という木に惹かれた。

最初は、いつも緑が茂ってる木がいいなと思ったけれど・・
"えごのき"は落葉樹。
四季折々で変わる姿もいいかもしれないし、
なんといっても、小さな可愛い花が鈴なりに咲く木にワクワクしたわ。

・・・で、"えごのき"の居場所はここにしたい♪

高さは十分にあるが・・でも、"えごのき" はもっと高くなるの?
屋根がかかっていて、水遣りは欠かせないという欠点もある。
南西で、日当たりは良い。

玄関の小庭






















3年前にローズマリーを植えたが、こんもり茂って大きくなり過ぎたので、
先日、枝をたくさん摘めて風通しを良くしたばかり。


お花























季節の花を植えて遊んでます♪

以前の森の家から運んだ鉢達・・
壷の中からビオラがこぼれてるように植えてみた☆


ビオラ



























南の庭には、この家のシンボルツリーである "ねむの木" があり・・

後は、椿や山茶花がたくさんある。

今日は、山茶花が咲いていた。


山茶花

























仕事部屋の、ちっちゃな三角サンルームのまん前にある梅ノ木・・
仕事しながらも花を見上げられて気持ちがいいの♪
夏は、日差しを和らげてくれるし、
小梅干しを毎年作る、だいじな木なのよ。

だいぶ花が咲き始めたわ・・

梅の木























一枝切って、玄関の正面に飾った。


梅の花






























お昼ごはん


柔らかめに炊いたご飯と、サツマイモ&葱の味噌汁

大根おろし・ヒジキの煮たの・納豆・なめたけ・岩のり・沢庵・人参の糠漬け


お昼ごはん






















チョイ風邪が抜けない・・
少し悪化したかもしれないな・・

食事を見直してみたら、お肉やこってり系が多かったような気がする。

野菜中心にして、身体を労わろうっと♪

しかし・・すっごく美味しかったー☆

at 13:00|PermalinkComments(16)