常備菜

2016年03月18日

一人遊び

アタシは一人遊びが好きだ。
車で北へ駆ける・・山を見ながら

今日の目的は、何箇所かの道の駅を回って、
ふきのとう を買うことだ。

家から20分くらいの道の駅(ロマンチック村)に寄り、
次は日光の道の駅。
最後に、ダイヤ川公園の直売所。
そして、お昼を食べてから、
日光市内の大好きなアンティークショップを覗く。
こんな行程を立てる。

美味しい珈琲を淹れてポットに詰め、
お弁当を作り、いざ出発。

前方に山を見ながらの運転は、本当に心が弾むのだ。


北へ


お弁当を食べるのに最適な、ダイヤ川公園内の東屋。
ここは、無料休憩所だが、食券を買うこともできる。


公園にて2

可愛い犬がいた♪

公園にて1


てんぷら蕎麦とお弁当のお昼ご飯

公園にて3



道の駅で買ったものは、お餅・本山葵・なめこ・ふきのとう


アンティークショップを覗いて買ったもの

「フランスの手刺繍布」

食卓に置いてある三河黒七輪(長方形)の埃よけに使う予定

手刺繍の布




「ミルク硝子の古い瓶」

手作りのハンドクリームを詰める瓶をずっと探していたが、やっと出合った♪

古い瓶






オヤジ晩酌

にごり酒

オヤジ晩酌



ちびちび飲みながら、ふきのとう味噌を作る。

ふきのとう♪




自分流 「ふきのとう味噌」 レシピは、塩・酒・味噌だけで作る。

出汁や砂糖など使うと、香りが損なわれる。
鰹節は、味の邪魔になるので注意よ。

かんかんに熱したフライパンに、
洗って半分くらいに切ったふきのとうを入れる(油は引かない)

ひとつまみの塩をパラパラと振り、酒を入れ、蓋をして、3分くらいそのまま

味噌を入れて、汁気がなくなるまで煮詰める

ふきのとう味噌煮


ふきのとう味噌



同じやり方で、「醤油煮」も作った。


ふきのとう醤油煮



幸せ・・・

at 20:40|PermalinkComments(6)

2014年08月08日

夏の松前漬け

昨日までの酷暑は一変して・・
今日は、涼風と共に恵みの雨となった。

雨音を聞きながら、窓を開け放った台所での料理は、なんて清々しいのだろうか。

そんな台所で・・
従兄が届けてくれたゴーヤを使った松前漬けを仕込んだ。



この ”夏の松前漬け” は、過去何度も作っているが、
この夏、これだわ!という美味しい松前漬けが出来た。

松前漬けと、ゴーヤのほろ苦さがお好きな方は、ぜひとも作って欲しくて・・
アタシなりの、かなりアバウトな仕込みですが(爆)
記録します。




これは、”スルメイカに塩麹をまぶした” もので・・

スルッメイカの塩麹まぶし



料理好きな男性のブログで知った ”スルメイカの塩麹漬け”を真似してみた。
少なくても3ヶ月は寝かせるといいらしい。

硬いスルメイカが、まるでアタリメのようになるとか・・
旨みも増すらしい。

彼は、そのまんまの干しスルメを使っていたが、
アタシは、小出しにして使い易いように、
あらかじめ裂いて、ジプロックに入れ、塩麹をまぶした。

半年以上、すっかり忘れ去っていた(笑)

恐る恐る・・そのまま食べてみたが・・
なるほど柔らかくて、とても美味しかった。
このまま、お酒のアテにもよいな♪








タッパーに、千切りにした人参と、スライスしたゴーヤを敷き詰め、
包丁で細く切ったスルメを乗せる。



松前漬け1





ここで、味醂をそのまま回しかける。
味醂は、いろいろ使ってみたが、
これが一番、口に合った。
煮切らずに、そのまま使えるので便利です。


みりん




そして、香り付け程度の醤油を回す。

要は、塩気はイカの塩麹だけで仕込むところが肝心。


野菜から水が出てくるまで・・
このまま冷蔵庫で1・2時間休ませる。


全体を軽く混ぜて・・

一番上に、納豆昆布を散らす。
納豆昆布は、すぐに柔らかくなる手軽さが夏向きなのよね・・

タッパーの蓋をして、逆さまにしてから・・
冷蔵庫で一晩くらい寝かせるとよい。

これで、野菜や塩麹スルメの美味しいエキスを、昆布が吸ってくれることになる。


松前漬け2








オヤジ晩酌

松前漬けで一杯♪

これは3日前に漬けたもので・・これで終わり・・

ゴーヤの苦味が、とても爽やか。

こんなおいしいものはないと・・思う。


夏の松前漬け





「胡瓜と紫玉葱のサラダ」

これも作り置きしておけるサラダなので便利なのよね。

蛇腹にした胡瓜をポリ袋に入れて、軽い塩をして冷蔵庫に置く。
出た水を捨て、
スライスした玉葱と混ぜて、再び冷蔵庫へ。

食べる直前に、ゆで卵・マヨネーズ・辛子で和えるだけ。


簡単なのに美味しい♪


胡瓜&紫玉葱のサラダ



この、ゆで卵は・・
料理好きな人のブログで知った、目から鱗の卵の茹で方。

小鍋にお湯を沸かし、
冷蔵庫から出したての卵を入れ、
吹きこぼれに注意しながら、きっかり10分茹でる。
水に取って殻を剥く。

黄身が、いい具合のゆで卵になります☆



なんだか説教臭くなっちゃったけれど・・

作り置きした料理で、即、晩酌という人には、なかなか便利なレシピかと思うので(笑)
ご参考までに・・

at 21:49|PermalinkComments(6)

2014年01月23日

シェフはストーブ

この家に引越ししてから未だ作ってないアタシの大好物・・

「牛蒡煮」をストーブシェフにお願いした♪

改めてレシピを書くほどでもないんだけれど、
もしかしたら、作ってみようかなという人もいるかもしれないので記します。

材料  牛蒡と昆布 (昆布は煮えやすい釧路昆布を使ってます)

調味料  酒・醤油 (1:1の同量くらい)


鍋にカットした牛蒡を入れ、酒と醤油をひたひたの分量で注ぎ、
昆布を落し蓋代わりにして、鍋の蓋をして、
牛蒡が汁気を全部吸うまでコトコト煮ます。

ストーブシェフに任せて・・
時々様子を覗うくらい。
二部治身さんの「台所の丸ごと自然」の本を読みふける。

こういう時間て、ホント身体が緩んで幸せなのよね♪


牛蒡煮



ときどき様子を見ながら2時間くらい経っただろうか・・

昆布を取り出してカットして、又、鍋に戻す。
牛蒡のエキスを吸った昆布が凄く美味しいのよね・・

最後は鍋蓋を取り、木ベラで牛蒡を転がして照りをつける。


完全に煮含める




牛蒡煮の完成☆


牛蒡煮完成♪



冷蔵庫に保存して、しばらく楽しめるわ♪


牛蒡煮を保存







何日か前、スーパーで鶏のササミが安かったので、使うあてもないまま買い、
柚子の塩漬けの瓶の底に溜まった塩を掬い、
ササミに揉みこんで寝かせておいた。

牛蒡のシッポも使ってしまいたかったので、鳥飯を作ることにした。

柚子塩ササミ、干し椎茸と人参、牛蒡のシッポも刻んで・・
油揚げがあるといいんだけれど・・
ある材料だけで作る方が楽しい。


鳥飯



結構美味しくできたヨ☆


結構美味しいナ♪



柚子塩に漬け込んだササミは、味が凝縮してコクがあるように思う。
炊き込んでもパサパサにならない。

今年も、柚子の塩漬けを沢山作ってよかった・・

at 20:53|PermalinkComments(8)

2011年10月30日

台所籠り日

どんよりとしたお天気は、台所に籠るには打ってつけ日和。
ワクワクしながら・・当座の常備菜を作りました♪

まず、海苔の佃煮

あおさ を買っておいたのよ。

あおさ





















麺つゆ+味醂でコトコト・・仕上げに醤油で香り出ししました。
小鍋にいっぱいあったのに、1/3量になっちゃうのねぇ・・
海苔の佃煮が高いわけよね・・

それでも、一瓶出来たー

あおさ佃煮






















マクロビ屋で買い物したら・・おから を頂いた。
アタシ、どうもコレが上手く出来ないのよね・・
おから って、味が決まらないし、ともすると、しょっぱくなっちゃうのよね。
だからあまり得意ではない。

しかし、今回(って、3度目くらいなんだけどね)は上手く行ったぞー☆
乾燥シメジを使ったのが良かったかも。
味に深みが出ましたわ
乾燥シメジは、水に戻さず、洗っただけで使えるので便利です。

具は、人参・ゴボウ・乾燥シメジ・油揚げ・薩摩揚げ

人参は、仕上げ間近に入れると美味しいわね!
少しだけ歯ごたえが残る方がいいように思ったわ。


おから























そして、「大根葉のおかず」

新しい発見がありました

今までのレシピは・・サッと湯がいた大根葉に、揚げ玉・生姜の千切り・鰹節を入れて醤油。
これがとっても美味しいのですが、揚げ玉作りがちょっとね・・面倒な時があるのよ。

新開発のレシピは・・
 よく洗った大根葉を刻んで・・フライパンで空炒りして、一旦、取り出しておく。
 ↑のフライパンに胡麻油を入れて、チリメンジャコとゴマを炒める。
 空炒りした大根葉を戻して・・香り付け程度の醤油。

空炒りのせいかしらね・・大根葉の香りと旨味が凝縮されて、とっても美味しいですよ!
簡単だしね。

大根葉おかず2
























お昼ご飯

「葱ジャコ炒飯」

朝茶を飲んだだけで何も食べてない事に気が付いたのが午後の3時
今食べると、晩酌が美味しくないなぁ・・と・・考えつつ・・
爆食してしまった


檸檬の皮(生)を入れると、イッキにエスニックになるのよね


焼飯






















なんだか・・台所を離れたくない気分だけど・・
仕事部屋に行かなくちゃ

それじゃぁ・・又・・ 

at 16:09|PermalinkComments(10)

2011年10月20日

錦松梅

昨夜の肴はチョコチップクッキーだったー
ホットウイスキー飲みながら、頂きもののクッキーをバカ食いしてしまったわ
お菓子を頂くと、いつも隣のチビどもにあげるのに・・
クッキー缶が、あんまり素敵だったので食卓に置いたのが敗因。

疲れて、何も料理したくなくても・・常備菜さえ冷蔵庫にあれば・・
とりあえずチョイ飲みの肴になるのよねぇ・・
お酒で身体が弛緩して来ると、いつもの「あるもの料理」の意欲が出て来るんですよ。
調子に乗って、〆の温蕎麦に添える三つ葉を、真っ暗闇の庭に出て摘んだり・・
なかなか楽しい夜になるのよね☆

今朝は早起きしたので、思い立って錦松梅を作った。
アタシは、昆布水を冷蔵庫に常備しているので、出汁ガラ昆布が冷凍庫に溜まるのね・・
昆布の佃煮が定番ですが、キクラゲと松の実の買い置きがあるので、錦松梅を作る事にしたわ。

アタシ流 「錦松梅」のレシピは、笑っちゃうくらい簡単よ♪
 千切りにした昆布・・(出汁ガラ昆布で充分美味しいわよ)
 キクラゲは昆布の半量強・・なるべく昆布と同じ厚さに切る・・ここがポイントです。
 松の実はたっぷりと入れる。

これらを・・麺つゆに、味醂と梅酢を足して、中火でガガーっと煮るの(仕上げにチョイ醤油)
そして、煮汁を煮飛ばしたら、大量の鰹節です。


鰹節





















ゴマをたっぷりとからめて・・
出来たー

錦松梅





















肴によし、ご飯のお伴によし。


錦松梅2

























晩酌

「ちょい天麩羅」

味噌汁に使った玉葱の残り1/2個。
衣がボウルに少し残っちゃったから・・昆布&ふのり で・・かき揚げ。


天麩羅4






















ちなみに、天麩羅鍋はコレ。
南部鉄の一人用鍋を、天麩羅専用鍋にしてる。
過去の日記から・・

天麩羅鍋2



















天麩羅鍋


















3回くらい使った油は、ポリ袋に新聞紙を丸めて、そこに捨てます。
油の量が少ないから簡単よ♪
後はキッチンペーパーで拭き取るだけでいいのよ。
洗ってはダメなんです。


天麩羅鍋4



















こうしてガス台の隅っこに居ます。天麩羅が億劫にならない秘訣の定位置。
右の、更にちっちゃいココットは、ラー油作りに便利なの。
フキノトウ3個くらいの天麩羅は、このココットを使うわ☆
使用後の油は、左の天麩羅鍋に移して、キッチンペーパーで拭いて終わり。
楽チンです♪


天麩羅鍋3






















それから、天麩羅油は、菜種油がいいように思うわ。
ちょっと高価ですけど、油が長持ちするし、カラリと揚がって美味しいです。
九州の「カホク 菜の花畑」が気に入ってる。


寒くなりましたね・・
皆さま、お風邪など召しませんように・・
お酒で内から温まって下さいませ



at 23:02|PermalinkComments(4)

2011年08月15日

江戸むらさき

送り火の日・・
ミッキー野菜屋の配達の中にあったスイカ
初物ですね・・

お盆さん送りにはまだ早い時間だったので、早速、お供えした。
嬉しかった。


盆飾り




























今年のお盆さんは、森の家にお迎えしたので里に行かなかった。
里の、お盆さんの挨拶がいいのよねぇ・・

「本日は風もなく、お静かで おめでとうございます」
・・と・・お線香を上げに伺った時のご挨拶なんです。
どこの家でも、判で押したようなこの文句。
なんか良いな♪




話は変わるけれど・・
食品庫の中で眠ってる「美味しくない焼き海苔」が、気になる事ありませんか?
お葬式のお返しなどで頂く・・アレです・・

アタシはね、海苔の佃煮を作るの♪
桃屋さんには悪いけれど・・香りも味も、段違いに美味しいんですよ!
あっけないほど簡単だし、速攻で出来ちゃうんです♪


「江戸むらさき」

 厚手の小型鍋に酒を入れ、沸かしてアルコールを飛ばします。
  日本酒なんだけど、これが結構、量を使うのよね・・
  焼き海苔10枚に対して200ccくらいかな・・
  
 沸かしてる間に、焼き海苔をちぎっておきます。


海苔を千切って























 少しずつ鍋に入れるの・・
  そうすると、海苔がほぐれてくるから・・慌てないで小ヘラでかき混ぜ、トロトロにするの。


鍋1























 海苔がトロトロになってきたら、醤油を入れます(量はお好みで)
  焦げないように、極弱火・・


鍋2






















これで完成なんだけど・・
夏向きに、胡麻油少々と一味唐辛子を入れてみた


江戸むらさき2























とっても美味しいですよ
この次は、柚子胡椒を入れて作ろうか

今夜も熱帯夜です・・
風呂上がりの麦酒がウマイ


015









明日・・
お墓参りに里に行って来ます♪



at 20:57|PermalinkComments(12)

2011年02月17日

菜っ葉のおかず

チョコ夜更けの台所から・・こんばんは

今夜は珍しく・・
世間さま並みにチョコなんぞツマミながら
スコッチを飲んでいます。






今夜は、ミッキー野菜屋の「おろぬき大根」を料理してみましたわ。
大根葉で作る「大根葉のおかず」より簡単で美味しいからお勧めですよ♪

基本は、大根葉で作るレシピですけれど、おろぬき大根も美味しかったです♪
小松菜や春菊、蕪の葉っぱでもイケると思います。

 洗った菜っ葉を刻んで、フライパンで空炒りします。
   (この葉っぱ・・味は大根葉なんだけど・・形状が違うわねぇ・・)



空炒り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みるみるうちに水分が飛んでいきますよ・・


水分が飛んで・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 一旦、ボウルに取り出しておきます。


ボウルにあけて・・























 今度は、さっきのフライパンに胡麻油を入れて、
  チリメンと胡麻を炒めます。


チリメン&ゴマを炒めて・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 香り付けの醤油を垂らして・・って・・入れ過ぎたわ
   スコッチとチョコは悪酔いするんかいナ

 
   醤油は、火を止めてから入れて下さいねー
   焦げるよ〜



香り付けの醤油を・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 菜っ葉と和えて出来上がりです♪
  (この時、もう火はついていませんからね)


火を止めて和える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ね!簡単でしょ!
コツは、菜っ葉は油で炒めない事。
空炒りすると、本当に美味しいですよ。

ぜひ、試してみてね♪ 




完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


酔った勢いで・・きんぴら も作ったわ。



きんぴら






















これで、2、3日は食卓が充実するわね♪

チョコ&スコッチだけで晩酌のアタシ・・そうとう酔って来ましたけれど・・
この後が怖いんですよー
このまま酔い潰れて寝室に行くか・・それともカップラーメンに手が伸びるか・・
スイッチが入っちゃって、シチューでも煮込むか・・
どうなるかわからない・・今夜の台所です。

それでは・・皆さまも良い夜をお過ごし下さいね♪ 



at 22:18|PermalinkComments(12)

2011年02月09日

ゆっくりご飯

寒い寒いと思ったら・・
雪が・・


雪・・






















アッと言う間に・・こんなに積もったわ・・


雪の朝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はね、肴に良し、ご飯に良しの「煮干しの佃煮」のお話・・ 

アタシは、鰹節を削って出汁を取るのは年に数回なんですよ。
毎日の味噌汁は煮干し出汁なんです。
何故かと言うとね、野性味のあるミッキー野菜には、煮干し出汁が合うんですよね。
それにね、出汁を取った後の煮干しが、とっても美味しい佃煮になるからなんです。
ものの1分で・・佃煮になっちゃうのよ。

昆布の佃煮も作ってるけど、昆布は冷凍庫に溜めておいて、後日ゆっくり煮ますけど、
煮干しは、その都度(毎日)佃煮にします。

「今日の味噌汁」

 これは、冷蔵庫に常備してる「昆布水」です。


昆布水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝、味噌汁鍋に仕込んでおくの・・
   昆布水を張ったら、煮干しを入れておきます。
   煮干しは酸化が早いので、冷凍庫保存です。


出汁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お昼ご飯の用意をする時に、この鍋を火にかけて、沸いたら煮干しを取り出します。
   「山椒の実の佃煮」を作った時の副産物、「山椒醤油をタラ〜っと入れてサッと煮ます。
   時間にして1分くらいです。


即席佃煮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冷めたら小さなタッパーに入れて冷蔵庫保存です。
   毎日、少しずつ出来上がりますから、タッパーにラベルを貼っておくの。
   「急」 「遅」の二種類よー「急」の方から食べます(笑)

この煮干しの佃煮がね、浅炊きなんで・・美味しいのよ


煮干しの佃煮

 

 





















今日の味噌汁は、蕪大根です。


蕪大根の味噌汁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒビが入っていた味噌汁椀が・・とうとう漏るようになっちゃた
取りあえずの椀によそったけど・・ダメだわ・・この椀、飲みづらいわねー
お客様用のはあるけれど・・
発見したお香典袋で買う事に致しましょ(爆)


 

ご飯はね、なぜだか「お粥」が食べたくて・・

「白菜たっぷりの陳皮粥」

ウーフェンさんのレシピなんですよ。

ウチの台所の乾燥庫には陳皮が常備されてます。
ミカンの皮を1週間位・・カラカラになるまで干して作ります。
無農薬でワックスがかかってないミカンじゃないといけませんよ。
もちろん、お粥用ではなくて、「五香油」に使うためなんですけどね。


陳皮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たっぷりの水で、米を炊いていきますけど・・
沸騰したら弱火にして白菜を少しずつ混ぜ込んで炊きます。
30分くらいですよ。
(ウーフェンさんのレシピは、白菜は使いません・・陳皮だけです)
陳皮を入れて・・もう30分・・
鍋の様子を見ながら水を足します。
3,4回足さないと、底にくっついちゃいますよ。


おかゆ鍋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリーブオイル少々垂らして、塩をガリガリして・・


陳皮のおかゆ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白菜を入れなければ、オレンジ色のお粥になるわよー
ミカンの香りが爽やかなお粥です 

雪の日にふさわしい・・お昼ご飯だわぁ〜
温まるよー 

そうそう!
こういう風に生で使うオリーブオイルは「アサクラオイル」が美味しいですよ。


アサクラオイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在来種のオリーブで、自然栽培のオリーブの木です。



at 12:57|PermalinkComments(6)

2011年01月19日

ゴボウ煮

ものすごく寒いです・・
雪が降りそうな空ですよ・・

こういう時は、生活空間が台所一つの森の家は居心地いいですよ。
今日は、ストーブにかけておくだけの常備菜作りをしました♪

野菜小屋には、5キロのゴボウが眠っています。
ゴボウは、新聞紙できっちりと包み、大きなポリ袋を被せておくと半年くらいはOKなんです。
一束のゴボウを持って来ました。


牛蒡






















このゴボウは、タワシで土を落とすだけでいいのよ。
そして、ぶつ切りにして鍋に入れます。

ひたひたの酒と醤油を入れて・・今回は昆布を落とし蓋にしました。
もちろん、昆布も別の料理で使いますから、豪快にド〜ンと使います(笑)


牛蒡鍋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、鍋の蓋をしてストーブにかけておくだけよ♪

ゴボウ煮は、二通りの煮方があって、中火で短時間煮るとゴボウの歯ごたえが残るし、
弱火で1時間位コトコト煮ると、柔らかなゴボウ煮が出来上がります。

煮汁がこの位まで・・ここからは気をつけないとね・・
アタシは、何度か焦げ付かせてしまったのよ。



そろそろ・・























蓋を開けて、煮汁が引けるまで監視です。
この段階で照りが出るから、時々、ヘラで混ぜるんです。

出来たよー


出来上がり〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



よくあるレシピは、「ゴボウ&牛肉 」 「ゴボウ&鶏肉」 ですよね。
でも、酒と醤油だけで煮しめていく「ゴボウ煮」はゴボウの香りが生きてます。
昆布を使うのは、ゴボウを美味しくするためじゃなく、ゴボウの香りが移った昆布を、別の料理に使うためなんですよ♪

柔らかくなった昆布を細切りにして、牛肉も細切りに・・
何か旬の青物(チンゲン菜など)と、サッと炒めて・・
アタシ流 「和風チンジャオロース」です♪

だから「ゴボウ煮」はシンプルに・・
引き算の料理が美味しいですよ♪

そのためには、無農薬はもちろんですけど、無肥料、無堆肥のゴボウを使う事を、
アタシは「ゴボウ煮」の条件にしています。



晩酌

「和風チンジャオロース」 のはずだった・・

昆布の味見をしたら・・あまりの美味しさに・・そのまま冷酒の肴で食べ進んでます
徳用の釧路昆布・・恐るべし


あぁ〜ぁ・・又、悪いパターンですわ
とうとう・・お腹空いたアタシは、こんな事しでかしました・・

「タンメン」

スープが引けちゃってるでしょ・・
どうしてだと思う?
ピンポンが鳴ったんですよ
この時間は絶対に隣の倉ですよ
寂しいオトコなんですよねぇ・・でも、ここで出たらクセになりますからね!
無視しましたわ。
最近、顔色悪いって・・meguちゃんも心配してたけど・・
なるようにしかならないよね・・



タンメン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まったくもって・・おやじの晩酌だわね



at 18:56|PermalinkComments(21)

2010年07月06日

昼下がりの台所で・・

今日は風もあって・・比較的涼しい一日でした・・

里山の山椒の実で、佃煮を作ったのを覚えているかしら?
小さなジプロックに小分けにして冷蔵庫の中で眠っていますが・・

今日は、その「山椒の実の佃煮」を使って、「ちりめん山椒」を作りました。

山椒の実の佃煮さえ、常備してあれば、2分で出来ますからね・・
1年中、食べたい時に、ササッっと作れるんですよ


それじゃぁ・・レシピです。


関東で「ちりめん」と言えば・・コレです・・


ちりめん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




アタシは、小さなプライパンで炊きますが、あんまり量があると作りづらいから・・
このくらい・・さっきの袋の半量・・50グラムです 。
できるだけ厚手のフライパンがいいです・・
もし、なければ、弱火で炊いて下さいね。

半量を・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



酒を入れて(テキトーなんですが・・大さじ2位かなぁ)火にかけます。
中火です。
酒は、ちりめんの臭みを取る事と、ふっくらさせる目的で使います。

酒を入れて火に・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒が引けそうになったら、山椒の実の佃煮を入れます・・
これくらい・・
好みですけど、あんまり入れ過ぎると、口の中でビリビリしちゃうよー(笑) 

実山椒の佃煮を入れて・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓋をして、強火で一気に水分を蒸発させます・・
 

蓋をして強火に・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 






このくらいになったらOKよー
焦がさないようにきをつけてね・・ 

 

酒が飛んだら・・



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火を止めて、すぐに醤油を入れます。
ちりめんを避けて、鍋肌からですよ・・

火をつけたままだと、あっという間に焦げますから・・気をつけて・・
 

火を止めて醤油を入れて・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




箸で良くかき混ぜます・・
余熱で、醤油が、程良くからみます。
 

予熱で、醤油を絡める。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


名人が(まな板を削って下さった匠)
暑気あたりで食欲がないと・・ももが言っていました・・
コレ、今からお届けして来ようと思ってます・・
塩ラッキョウも、お好きなのを知ってましたから・・ちょうどいいわ


おにぎり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちりめん山椒は、おにぎりが一番美味しいと思うんですよね・・
それじゃぁ・・又・・ 


7月8日・・追記

アタシは今まで、「おにぎり」が一番美味しいと思ってたんですけどね、
〆に食べた「お茶漬け」の美味しい事

そうなると、ちりめんが、もっと柔らかな方がウマイはず!
ちりめんが残ってるしね・・・・・・もう一度、作ってみました

酒の量を倍にしてみましたよ・・量りましたーちりめん50グラムに対して酒、大さじ4

ちりめんが、ひたひたにかぶる程度でしたわ・・

酒パン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで蓋をして、弱火にかけます。
あとは、同じ作り方です。

酒の量が多くなった分、味がボケますね・・
だから、最後に一塩(ひとつまみ)入れると、キリッと締まります


それからね、アタシ、こんなのも作ってあるんですよ・・
ただの塩漬けです・・
山椒の実を湯がいて、ザルにあけ、冷めたら、塩をまぶして冷蔵庫保存です。
コレ、初めて使ってみました・・

山椒の実の塩漬け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、酒の量は倍にしました・・
そして、違う所は、ちりめんと一緒に、蓋をして、弱火で酒蒸しにします。
あとは、同じ作り方です。
塩漬けですからね・・最後の一塩はしませんでした


塩漬けパン

 

 

 

 

 

 

 









さて・・2種の「ちりめん山椒」・・どちらに軍配が上がるかナ


完成♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「塩漬け山椒」の方でゴザイマス!!

香りが強くて、山椒の実が柔らかい・・
ちりめんの風味も増していますよ・・
驚いたー

・・って事は・・
何もあんな苦労して佃煮にする必要なんてないんじゃないの・・



at 17:58|PermalinkComments(9)