日本酒

2017年08月28日

バテ気味

何故かピーマンをいっぱい食べたくなる。

ピーマンは種も美味しいので、種を落とさないように切り、
塩一振りしながら坊主鍋で炒めると、あっという間に嵩が減る。

 坊主鍋で・・







オヤジ晩酌


「ピーマンひじき炒め」


ピーマン&ひじき炒め




「鰤の塩焼き」


鰤の塩焼き




冷酒は、頂いた霧筑波

筑波の地酒


楽屋にいらして下さった、のんさん、
ありがとうございました。
アタシのオヤジ晩酌を読んで下さってる方が、
コンサートに来て下さるなんて・・
まさか・・・ね・・
とてもとても不思議な気持ち・・
生きてるっていいな



続いていた仕事が、昨日で一段落する。
次は10月1日・・だけど一か月はあっという間・・・頑張ろう!


仕事場の花束


ここは仕事部屋の一角にある、お茶を飲むカウンターだけど、
今夜は花を愛でながら冷酒を立ち飲み(笑)


お疲れ様!自分!



at 20:10|PermalinkComments(13)

2012年04月14日

どぶろく奮闘記

明日の仕事が栃木県なので、山の家に来ています。
雨の中の満開の桜がすばらしい。

台所に入ると、甘いなんとも典雅な香りが漂っているのよ・・・
そうだった・・どぶろく・・・・
デスクの上には、shinからの書置きとカメラが置いてありました。


山形の米蔵、佐藤さんから、「どぶろく作ってみませんか?」 と、お電話を頂いた時、
アタシは有頂天になった。
だって、佐藤さんの自然栽培米と手作り麹で作る どぶろく 想像しただけでもドキドキ。

しかし、アタシは翌日から長期の旅に出なければならなかった。
無理だった・・しかし、あきらめきれない・・
そこで、どぶろくに目がないshinにダメもとでメールしてみました。

耳を疑うような返事が帰ってきた。
急遽、長期休暇をとったshinは、山の家で杜氏となりました。



「shinの どぶろく 奮闘記」

デスクに置いてあったノートには、14日間の記録が細かな字でびっしりと書き込まれていた。
とてもじゃないが、全部書けないので、要所箇条書きにします。
佐藤さんの奥様とメールをやり取りしながらのどぶろく作りだったそうです。

山の家に着いた夜、熱湯でカメの消毒。


カメの消毒





















翌朝、山形から届いた荷物
足元米(作業工程出た市場に出せない米)・麹・もち米
お味噌も送って下さった。もちろん佐藤さん手作り味噌。


届いた荷物






















一日目  米を洗って水に浸す。



洗って・・























二日目  米を蒸す



蒸す準備





















蒸してます





















蒸し上がった米に、麹を混ぜる


米&麹






















カメに入れる

佐藤さんからの、イースト菌、茶さじ2杯とのメール・・
(茶さじ?とは何ぞや?・・と、不安になり、しつこくメールでお尋ねしたらしい)


米と麹






















三日目  カメの温度が上がらず苦心・・セーターをかぶせてストーブの前に置く

うわぁ〜アタシのお気に入りのセーター(脱ぎ捨て置いたアタシが悪いんだけど・・)


セーターとストーブ






















寝る前に、コタツの中に移動


炬燵で・・























四日目  丁寧に混ぜる


かき混ぜる






















米の袋をかぶせ、紐でしばって一安心



カメ






















ここから3日間、カメに音楽を聞かせる。

曲目 
バッハ無伴奏チェロ組曲1番・3番
ファゴットで、朝、昼、夜・・1時間ずつ。

演奏(練習?)の合間に、自転車で街に出て、お酒の神様を参拝したらしい。

二荒神社境内にある・・松尾神社

(ほんに恐ろしい性格の音楽家だ・・マニアック過ぎて・・
 ベートーヴェンのように耳が不自由にならければよいが・・)


お酒の神様(二荒さん)





















四日目  かに穴ができて、プチュプチュと絶えず音がするようになった。


発酵中






















この状態を維持して・・・10日間・・
「カメのどふろくチャンからは、いつも囁きが聞こえてる、ありがとう」・・と、書いてある

ビン詰め完了

(shinは自分の分をサッサと分けてある・・奥の6本)
綺麗なビンは友人にプレゼントするのだそう・・


瓶詰め





















料理して食べたものまで写真に撮ってあった・・・

黒こげウインナ焼きそば


焼きそば





















オープンサンド (なんで中華皿かなぁ・・・)


オープンサンド






















極上のどぶろくだったらしい



陶器でどぶろく






















以上、14日間の記録

at 21:41|PermalinkComments(16)

2012年03月20日

押しかけ晩酌

執拗に鳴るピンポンに根負けした・・

もし、アタシの勘が当たってたら、たまには一緒に飲んでもいいかな・・と思った。
今日はお彼岸だし・・・

それに、shinが手作りどぶろく持って来ることになっていた。
shinは、どぶろく作りのため長期休暇を取って山の家の杜氏になってる。
(これに関しては、後日、 「shinのどぶろく奮闘記」 として、ブログにUPします)

インターフォンを取らず、いきなり玄関ドアを開けた。
思った通り、倉がにこにこしながら立っていた。

倉 「昨日ね、shinさんと山の家で飲んだんだよ!で、これを渡して欲しいって頼まれたんだ」

アタシ 「えっ?何も聞いてないわよ・・shinはどうしたの?」

倉 「宇都宮から地方巡業だってさ」


厳重に包まれたビンは・・・どぶろく
ちいさな袋の中は・・


得体の知れないチョコ 
(どうやらホワイトdayのお返しらしいけどアタシはバレンタインにチョコ贈ってないヨ・・)


チョコ
























スパイス&黒猫のストラップ (アタシの誕生日プレゼントらしい)


スパイス




















黒猫


























晩酌



不本意にも・・倉と二人で食卓を囲む事になった。



「牡蠣飯」

shinが好物なので作ったが (アタシはあんまり好きじゃない)
倉は大好物との事・・
大喜びしてたわヨ



牡蠣飯






















竹輪キュー


竹輪キュー






















煮物


煮物♪
























そして・・・

どぶろく


どぶろく






















ウマ過ぎる・・・・どうして・・・????
生まれて初めて・・こんなに美味しい どぶろく 飲んだ(驚愕)

倉がまるで自分の手柄のように言った・・
「shinさん、どぶろくカメにずっとバッハを聴かせてたんだって!」

どぶろくカメの前で無伴奏チェロ組曲1番・3番を・・ファゴットで・・日夜、演奏してたらしい。



at 23:25|PermalinkComments(16)

2012年03月02日

心が潤う

霧雨の朝・・
仏壇の花が枯れているのに驚き、花を探しに庭に出た。

朝露化粧の愛らしい水仙に・・心が和む。


水仙






















畑に蒔いた種が発芽して、ちっちゃな葉っぱになったまでは確認してたんだけど、
いったい何を蒔いたのか忘れ去ってた(爆)

蕪だったぁ


蕪畑

























晩酌


親友から届いた広島の銘酒をありがたく開封。

こぼれるような色香の女なんだけど・・愛飲酒はどこまでも猛々しいナ(爆)
いきなり一升瓶てとこも・・豪傑士だのぅ

生酒で、度数も高く、口に含むとキリリとした辛口の酒なんだけど・・
喉越しの先は甘露水のよう。

まるで・・
彼女の男友達には解ろうはずもない・・女の魅力を・・
アタシに、そぉ〜っと囁いているようだ。


晩酌2






















このまま静かに飲み続けていたいけれど・・
何か一品だけ、肴を作ろうと冷蔵庫を物色。

塩麹に漬け込んでおいた鰤の切り身を片栗粉をはたいて揚げた。

「塩麹漬け鰤の竜田揚げ」


ブリ塩麹竜田揚げ
























旅に出ます。

at 22:21|PermalinkComments(10)

2012年02月17日

初めての山菜料理

佐藤さんから届いたお米の中に素晴らしいプレゼントが入っていた。

真室川の山で採った 「わらび」 と 「ぜんまい」
春に採ったものを塩漬けにして蔵で保存していたものだそうです。
雪深い地方の一番のご馳走が、山菜だそうで・・
今回、ご先祖様の100回忌の法要のご馳走として、蔵から出したそうです。
それを、アタシにお裾分けして下さった。

思いがけない、あまりにも嬉し過ぎる出来事だった


ワラビ




















ゼンマイ






















地元真室川の山菜、それぞれの調理法をメールで教えて頂きました☆

しかし・・・・・
アタシ、どちらがワラビなのかゼンマイなのか・・見分けがつかないんです
ネットの画像検索で見ても、わからない

さぁて・・どうしよう〜〜〜 ・・と考え込んでいた矢先、
再び佐藤さんからメールが来て、ブログに山菜料理を上げて下さるとの事

こんな貴重な体験、生まれて初めての事なので・・
佐藤さんのブログを見ながら慎重に調理を始めました。




「ワラビの一本漬け」


まず、先っぽと根元を切り落とすそうです。


切りそろえ






















切り落としたワラビは、「わらびご飯」 にする予定☆

ワラビご飯用























沸騰したたっぷりのお湯で4分くらい茹でるそうです。


4分茹でる






















きっちり湯切りしたワラビを、熱々のうちに・・
酒・醤油・出汁・味醂に漬け込む。(麺つゆでもOKとの事)
ワラビから水分が出るので、半分くらいかぶる出汁が良いとの事。


麺つゆに・・






















生姜の千切りと鷹の爪とシソの実を散らして・・・・

「ワラビの一本漬け」 の完成♪


ワラビの一本漬け


























「ゼンマイ炒りつけ」


出汁を使わずに、酒・味醂・醤油だけで炒りつけるという。
なるほどなぁ・・と思った。
山菜の風味を生かすには余計な事はしない・・って事なんですね。

まず、適当に切る・・長いのや短いのがあってこそ美味しいのだそう☆
鍋に、油と鷹の爪を入れ火にかけ・・



油に鷹の爪






















ゼンマイを入れ、油が回ったところで酒・味醂・醤油でイッキに炒りつける。
最初から最後まで強火との事。
最後に、胡麻油を回しかけた。



ここまで炒りつける






















出来たー


完成★

























晩酌


仕事先で頂いた 「どぶろく」 を開けました☆


ドブロク


久しぶりのどぶろくは美味しい


















山菜を肴にどぶろく飲んでますよ。
今夜は、オヤジ晩酌全開モード。

ワラビもゼンマイも、あぁ、これがホンシコの山菜料理だと、浸み渡ります。
てらいのない郷土料理は、山の香りいっぱいで・・
もう、ほっぺが落っこちそう〜〜〜
幸せになりました。


ワラビ&ゼンマイ























やっぱりアタシは関東以北舌なのだわ・・と、つくづく思います。
西の甘めで上品な味より、鋭角の切れがある北の味が心に響きます。



お昼に作った 「ワラビ炊き込み飯」 も最高に美味しく出来た
ワラビの香りと味を生かすために、酒・醤油・塩のみで炊きました。
お米はもちろん佐藤さんのコシヒカリを固めに炊き上げ、
ワラビは後から熱々のご飯に混ぜ込んだ。

ふわぁ〜っと山菜の香りが立ち昇りましたよ


ワラビ炊き込み飯























山形の佐藤さん、本当に・・どうもありがとうございました☆

at 22:13|PermalinkComments(10)

2011年10月18日

ジャガイモの煮っころがし

晩秋の景色が見えてきましたね。
こうなると、アタシの台所は活気づきます☆

昨日は、仕事帰りに食事のお誘いを受けた・・
「とっても美味しい料理屋さんなんです、名物は、ジャガイモの煮っころがし・・これが絶品なんですよ」

ジャガイモの煮っころがし??
普段は、この手のお誘いは逃れたくなるんですけど、行ってみようかなと思った。
・・で、車は代行を頼む事にして参加したのよ。

立派な店構えの料理屋さんに入ると、
はんなりとした色調の着物に塩瀬の帯を粋に締めた女将さんが、にこやかに出迎えてくれた。

枇杷の酒の食前酒に始まり、こ綺麗な器に盛り付けられた料理の数々に・・
舌鼓・・は・・打てなかった(爆)
(あぁ、家でテロ〜ンTシャツにジャージパンツで風呂上がりの麦酒にすべきだったナ
・・と・・バチ当たりな事を考えつつ、
疲れた身体の背筋を伸ばし、精一杯の作り笑いで楽しんでるフリしてたわ。
こういうのって結構キツイよね・・

中盤に、ソレは出て来た。
伊万里の大鉢に豪快に盛られたジャガイモの煮っころがし
丸のまんまのジャガイモが、程良く煮崩れていて、見るからに美味しそう

アタシは、日本酒のリストをお願いして・・田酒があるのを確認
もちろん冷で・・お願いしたわ。

冷酒は、文句無しで旨かった。
ところが・・ジャガイモの煮っころがしは・・メッチャ甘い
まるで、砂糖で煮しめたような
あー世間では、こんなに甘い煮物がウマイと称されるんだわね




今日は、午前中に・・保温鍋にジャガイモをしつらえました

たっぷりの水に、丸のまんまのジャガイモを入れて火にかけ、沸騰したら本体にセット。
そのまま、晩酌の時まで放置よ


ジャガイモ鍋
























晩酌


まずは、風呂上がりの麦酒
ベルギーの発泡酒に懲りたので・・イタリアの麦酒にしたわ(爆)

これは当たり

イタリア麦酒























麦酒飲みながら、ジャガイモを小鍋に移し、茹で汁は、ひたひたにして麺つゆを追加。
きっちり蓋をして・・強火でガガーっと煮込みました。
汁がなくなりかけた時を見過ごさず・・チョイ醤油を回しかけ・・
最後の煮飛ばし作業は真剣ですよ☆

激ウマ


ジャガイモの煮っころがし
























「切干大根のサラダ」

切干大根を水で戻して、ギュ〜と絞り・・
オリーブオイル&檸檬汁&黒胡椒&塩

簡単で美味しいですよ♪ (地味〜だけどね)


切干大根のサラダ






















身体が潤って来るような・・

こういう肴で・・燗酒
大切にチビリチビリ飲んでる佐賀の酒

006























今夜は幸せ極致

at 23:50|PermalinkComments(18)

2010年09月30日

イカの一夜干しで冷酒

眠り病にかかったみたいに・・
ひたすら眠い・・
まぁ・・こんな時もあるよね・・
とにかくだらけた一日でしたわ。

たいした仕事もしないまま迎えた晩酌の時間・・
風呂上がりの麦酒も、さして感激がないまま立ち呑みして・・
ふと見た鏡の中の無表情な顔に・・更にテンションも下がりますわ・・
アタシ・・こんなにブスだったっけ



そして・・いつも通り迎えた・・
晩酌

「イカ焼き」

近所の農の駅で買ったイカの一夜干し・・
たいして期待もせずに焼きました。

イカの一夜干し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身が縮まないんですよね・・

焼き上がりー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アタシね、勘違いしてましたわ・・
「塩イカ」と「一夜干しイカ」と違うんですね〜

塩をガリガリして・・
これは美味しいですよー
元気出て来たわ

焼けた♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麦酒の後は、焼酎にしようと思ってましたけど・・
美味しいお酒が飲みたくなりましたよ・・

おりーぶさんと、があこさんから頂いた奈良の地酒を・・
呑みたくなった・・

やたがらす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリリと締まったお酒で・・喉越しは軽く・・芳醇な香りが後から来る・・
舌に絡まる控えめな米の甘み・・
流石・・大和の地酒ですねぇ・・

おりーぶさん、があこさん、ありがとうー
とっておきのベネチアグラスで頂きましたー

明日は、頑張ろうー

 



at 23:13|PermalinkComments(6)

2010年09月03日

熱帯夜の・・にごり酒

旅の土産が届きましたよ・・shinからです。
「立山のにごり酒」・・って事は・・富山にいるんですねぇ・・
指定された時間がね・・shinにしては気が利いてるわ・・夕方です。

即、冷蔵庫に入れて・・晩酌が待ち遠しいナ

立山にごり酒

 

 

 

 

 













どれどれ・・と・・風呂上がりの麦酒を飛ばして、にごり酒を口に含むと・・
きりりとした甘さの中に若干の酸味がある・・美味しいにごり酒です。

添え文には・・
「地元でしか調達できない酒です。ゆっくり味わってご堪能のほど」
・・と、恩着せがましい言葉が書いてあったけど・・
う〜ん・・と納得の美酒ですわ・・

野武士のような・・荒々しく鋭角なお酒です・・

にごり酒





















酒器を替えると・・又、別の味わいになるのが日本酒の神秘的なところなんですよねぇ・・
漆に金箔の酒器で飲むにごり酒は、天平美女のごとく・・しなやか・・

酒器で変わるよ・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊びつつ・・酒杯を重ねていると、肴の事を忘れるほどでしたわ・・


にごり酒に合う肴・・といえば・・冷奴ですよね・・
おかかと生姜を乗せて・・崩した木綿豆腐が格別美味しいです

豆腐を崩して2






















飲みながら作ったポテトサラダ・・

ポテトサラダ






















天麩羅


天麩羅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








箸を持った右手の先に、黄色いものが見えました・・

お風呂に入れたクララを・・ドライヤーでザッと乾かして・・
まだ、耳が濡れていたのを・・「ちょっと待ってね」とタオルを巻いて・・
忘れてました 
この状態で・・1時間くらい・・いたように思います

クララお風呂に入る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



at 21:30|PermalinkComments(12)

2010年07月18日

一人暑気払い

暑っいですねー
いかがお過ごしですか?

午後の炎天下・・隣の倉は・・
何かにとりつかれたような顔をして、黙々と芝刈り機を押してましたよ




今日ね、美味しそうなお酒が届きました

酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなったら、もう・・友人と飲みたくなりますよねー
一升の日本酒ですから・・
日本酒党の久を誘いたいな・・
しかーし・・仕事上りの遅い時間だとダメだよね

また・・見送りかぁ・・

スーパーが閉店するぎりぎりの時間に飛び込んで買った魚で・・


晩酌

冷酒が美味しいですわー
スキッとしてて、コクがあります。

冷酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「刺身」

時間が遅かったから、半額でしたわ(笑)

刺身

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


結局、お酒が入ると・・
細胞が開くんですよね(笑)
酢飯を炊いて・・

「手巻き寿司」

手巻き寿司

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しそうに見える?
それがねぇ・・シソの葉と胡瓜の手巻き寿司が、一番美味しかったんですよ・・

かっぱ巻き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4合は飲んだかなぁ・・
幸せ



at 23:27|PermalinkComments(8)

2010年02月23日

旬のホタテで冷酒

ホタテ焼きスーパーに行ったらね・・ホタテの生があったので、
早速、バター焼きにしました。

コレ、焼きながら飲む麦酒は美味しいよねぇ〜♪





出来た♪

ホタテ完成




















冷酒は、キンキンに冷えてますよ・・


日本酒




















この時期の冷酒には、杉杯がいいよね・・





冷酒にホタテが合う事合う事♪

ここのところ、仕事上りが遅くて、ろくなもん食べてなかったからねぇ・・
今夜は幸せですわ・・




ホタテ完成2





























ホタテの稚貝って知ってますか?

これ・・スープに使うと美味しいのよね・・


今夜は寒いから、味噌仕立てにしたんですけどね・・味噌汁&ご飯という構図が消えて・・
(冷酒がウマ過ぎた)方向変換しました。



ミッキー野菜屋のエシャレットの葉っぱを刻んで・・ワンタンですよ〜



貝が開いたら、火を止めて、面倒でも貝柱だけこそげ取っておくといいですよ・・
つるつるワンタンが傷つくし、口に入れる時に貝殻が邪魔ですもん。


料理中






















ワンタンの皮は、冷凍しておくと便利ね!
冷凍庫から出して10分くらいで戻ります。

茹でて、スープに入れていくだけですから・・
酔っていても平気です♪


ワンタン貝汁




















〆のようですが・・まだ飲んでますよ(笑)

ネギを入れ、ラー油を垂らすとガツンと美味しくなりました。



お酒が回って来ると、スープものが食べたくなるんですよね・・



ワンタン





















明日は、いよいよ、フィギアスケートのショートプログラムですね・・

なんだか落ち着きません・・

友人宅でテレビ観戦させてもらえることになったのよ〜
真央ちゃん・・ガンバレ・・

at 21:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)