美しい人

2011年11月10日

午前中のひと仕事

山形の佐藤さんからお米が届いた。
同梱されていた「ひゃくしょう通信」には、自然災害を乗り越えて収穫に至った思いと喜びが、
楽しく、淡々と・・感謝の言葉で躍っていた。

拡大になります♪

013























そして、あらためて見入ってしまった1枚の紙・・
佐藤さん独自で依頼した、放射能測定結果でした。
お上の発表を、きっと真に受けてなかったのでしょう・・
しかし、愚痴も言わず嘆きもしなかった佐藤さん。
凄いな・・

佐藤さんの家は、山形県真室川。
酒田に近い所から山形市に行くのは、車で2時間近くかかるのではないだろうか・・

不検出なのはブログを通して分かってはいましたが、
この理化学分析センターの測定の検出下限値が厳しいんですね・・
ヨウ素もセシウムも0.1未満。

佐藤さんのお米は不検出でした。
自費でここまでする農家はおそらくいないでしょうね・・
愛してるんですね・・田んぼ

クリックすると拡大になります。

012























そして・・お米と一緒に、畑で採れた野菜と自家製の漬けものが入っていました
ブロッコリーと、真室川の赤蕪、せいさい漬け(からし菜)
せいさい漬けは、地元の人はお握りに巻いて食べるそうです☆


001






















ブロッコリーは、サッと茹でて・・昨日の晩酌で頂きました。
あぁ・・これがホンシコの野菜なんだなぁ・・と思う、香りと滋養がいっぱい詰まった野菜でした。
マヨネーズで頂きました。


005























そして・・今日、早起きして赤蕪の下漬けをしました♪
佐藤さんに教えて頂いた漬け方・・4%の塩で・・
重石をして水が上がるのを待ちます。


010






















台所が活気づきました

at 09:47|PermalinkComments(10)

2011年09月01日

明るい気持ちに・・

世の中、二極に分かれちゃったような気がする昨今。

日本の本当の力を見せつけてくれる出来事が起きた。

世界一速い 日本のスーパーコンピューター 「京」 をご存知ですよね?
その「京」が、今度は演算能力世界一を達成したんですね

ものすごい事なんだと思うけれど、あんまり騒がれていないみたいですね・・
「二番ではだめなんですか?」発言の議員の時は、別の方向性で凄かったわね。
議員の幼稚な言句とジェスチャーに胸が悪くなったけど・・
マスメディアの切り貼り報道にも今更ながら唖然としたわ(爆)

話は逸れましたが・・

資料を見ても、アタシにはどのくらい凄い事なのか・・ピントが合わなかった。
しかし、開発チームの魂と、一緒に夢を追いかけ支えた大勢の技術者に感動した。

工場のほとんどは東北地方だったそうですね。
3・11の津波でサプライチェーンがすべて寸断された中、
自らも被災した東北地方のちっちゃな会社が結集して、
素材を調達し部品を作り納期を遅らせる事なく、数十万に及ぶ部品を組んだ。
そして、見事に演算能力世界一を達成したんです。
まさに 日本の「ものづくり」の集大成そのものですよね。

国民栄誉賞の なでしこジャパンを知らない人はいないけれど・・
「京」のチームJapanを・・
いったい世間の人は、どのくらい認識して誇りに思っているのだろうか・・
この国難の時に・・どれだけ勇気づけられる出来事でしょうか


日本政府はいつも、何%かの経済成長をしなければ、皆さんが不幸になってしまいますよと言い続けて来ましたし、
国民も皆、そう思ってきたわけですよね。

だけど、幸せってそういうことなのかな?

ものを生み出していく力が常に循環している風土・・それは日本の伝統ですよね。
一人一人、自分の役割がきっちり見えてのチームプレイ・・
そこにこそ、本当の幸せがあるのではないかと思う。

正に、今回の「京」の出来事が、日本人の大和魂に火を点けてくれたのではないか・・

しかし、どうか・・抑止力としての核保有国を目指して欲しくない。
とても心配。






晩酌

「ジャガイモのオムレツ」


オムレツ






















今夜は気分良くドライマティーニで乾杯

at 22:44|PermalinkComments(4)

2011年06月11日

心から感動したスピーチ

村上春樹さんが、文化的・学問的に世界でめざましい活躍をした人物に贈られる賞である
「カタルーニャ国際賞」を受賞した。

授賞式でのスピーチの全文です。


(上)(下)とも、ぜひ、読んでいただきたいです。


3.11以来・・
難しい言葉や、生まれて初めて聞いた科学的な数字や、天文学的な数字に驚き、
原発推進の学者の言葉に気持ちがささくれ立ち・・
反原発の学者の怒号に怯え・・
身近な人達の無関心さに腹が立ち・・
凡人のアタシは、振り子のように揺れながら毎日を送ってきた。


村上春樹って・・やはり凄いな・・
やさしくてわかりやすい言葉が、清水のように心を潤した。
翻訳なしの日本語を読む事が出来た事に感謝の一念。

3.11以来、心に沈殿したもやもやが晴れたような感がある。
今日から又、自分らしく、精一杯生きて行こうと思う。 

福島第一原子力発電所内で壮絶な戦いをしておられる多くの作業員の方々、
今も、被災地で、ご遺体の捜索を続けておられる自衛隊・警察の方々、
こういう方々のおかげで、前に進む事ができるんですね・・
真剣に、心から感謝をしなくてはバチがあたります。

そして・・
尊い命を落とされた犠牲者の方々に・・
合掌



at 17:24|PermalinkComments(8)

2011年05月06日

本当のヒーロー

総理大臣の緊急記者会見をラジオで聞いた。
浜岡原発すべての停止を中部電力に要請したとの事。

近い将来必ず来るであろう東海地震に対して、国民の安全と安心を考えてのことらしい・・
こういう経緯に至るという事は・・
かなり緊急を要する東海地震情報が官邸に上がったと思うのはアタシだけじゃないよね・・

でも今夜は、
菅総理の御英断を素直に喜びたい!
捨て身になった人間は、愛するものを守るべく戦う闘志が覚醒されるのかもしれないナ・・



そして・・
本当のヒーローを見た。
福島第一原子力発電所内の勇士達です。

原子力委員会のメンバーである青山繁治氏が、
福島原発構内を、現地取材した動画を見つけました。

本社の指示に反発してでも必死で現場を守る吉田昌郎所長の存在を初めて知りました。

緊張して現場に到着した青山さんは、吉田所長に、
「ようこそ、こんな最前線においで下さいました」
・・と・・出迎えられたそうです。

国家の命運を賭けて過酷な使命を遂行する吉田所長は、冷静で暖かな人物・・
とてもとても以外でした。
吉田所長以下、現場の作業員の方の士気の強さに驚きました。
報道に鈍感なアタシが、たまたま発見しただけかもしれませんが・・
もし、まだご存知ない方は、ぜひ、見て頂きたい動画です。

事故以来、初めてカメラが入った発電所内。
そこには、落ち着いていて目の光の強い大勢の作業員の方々がいます。


http://xn--ubt711i.jp/%e9%9d%92%e5%b1%b1%e7%b9%81%e6%99%b4/%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e7%ac%ac%e4%b8%80%e5%8e%9f%e7%99%ba%e7%8f%be%e5%a0%b4%e6%98%a0%e5%83%8f/trackback/


国が大きく舵を切った・・
今こそ国民一人ひとりが協力して、国難を乗り越える時と思う。


胡蝶蘭

at 22:46|PermalinkComments(14)

2010年11月08日

十八番の鍋

アタシの楽しみの一つに、料理以外ではスポーツ観戦もあるんですけど・・
特に好きなのは、フィギアスケートです。

でも、エキシビジョンは観ません・・
試合での緊張から解き放たれた選手には魅力を感じないんですね・・

しかし、偶然観た、北京での安藤選手のエキシビジョンには、
驚きと同時に目がくぎづけになったわ・・

トリノでの安藤選手とは別人のようでした・・
シェイプされた体から醸し出されるスケートが、なんとも美しかった・・

それに、以前の、歌舞伎役者の隈取りのようなアイメーキャップもなく・・
美しくなった安藤選手に見惚れましたわ・・

しかしながら、なんといっても真央ちゃんは凄い
NHK杯でのスケートには感動しました。
より完成度の高いジャンプを目指して邁進する姿に、今更ながら心を打たれました。
一度出来上がったものを壊して構築する作業は、並の人間には出来ないと思う。

試合でしか確認する事が出来ないであろう精度を、
泥にまみれる事を恐れずに・・一歩一歩、清廉に積み上げていく、
今の真央ちゃんこそ素晴らしい。



晩酌

懲りもせずに・・今夜も鍋ですよ(爆)

「饂飩鍋」

これね、アタシの十八番の料理なんですよー
簡単、早い、安い

材料・・・・・白菜・生姜・豚バラ肉の薄切り

レシピ

 白菜の茎の部分を胡麻油で炒めます(この時、柚子の塩漬けを入れてみました)
   豚バラを入れて、更に炒めます。


炒める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 土鍋に移して・・酒と麺つゆを少量入れて・・

酒&麺つゆを入れて・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 白菜の葉の部分を乗せて・・

白菜の葉で蓋をする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


土鍋の蓋をします。
 蓋をして♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呑みながら待つのも・・いいもんなんですよー

 頃合いを見て、饂飩を入れて・・

出来たー 

饂飩鍋2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これがね、美味しいんですよー
ポイントは二つです
 胡麻油
 白菜の水分がほとんどで、麺つゆは少しだけ

いつもの作り方と変えた所は、柚子の塩漬けを使った事です。

やはり・・柚子の塩漬けでグレードアップした饂飩鍋

今夜は機嫌良く呑み進んでますわ・・
やっぱり、晩酌の時間が遅くなっても・・
やることやらないと、お酒が美味しくないよね!

晩酌



at 23:47|PermalinkComments(14)

2010年06月14日

南十字星に抱かれて

ハヤブサが帰って来ましたね・・
感動で胸がいっぱいになったわ。

想定外のバックアップ技術を駆使した奇跡的な帰還です。
今回の奇蹟の帰還は、技術者達の高潔な精神性に支えられての事だったように思います。


ハヤブサの姿は、本当に美しいですね・・
やはり、設計者の精神性の高潔さが表れていますよね・・
物作り日本の、誇るべき姿が、ハヤブサに象徴されているような気がします。


しかしながら、日本の科学技術に対する国費の投入は、あまりにも低すぎると思いませんか?
アタシは、本当に憤ってますよ。






NASAが大気圏から映した写真には、分裂するハヤブサがとらえられていました・・
最後の光が消えた位置は南十字星でしたよね・・
役目を終えたハヤブサが、まるで神に抱かれるかのように十字架の下で消えるなんて・・

これはもう、科学技術の先にある、神の領域としか思えませんわ・・鳥肌が立ちました。


ハヤブサに携わったすべての方々・・ありがとうございました。

お祝いに、花を買ってきましたよ・・

花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


日本酒で乾杯です

sake



























ハヤブサの栄光に乾杯!



at 22:23|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2010年02月26日

銀盤の女王

国宝 菩薩半跏像」奈良 斑鳩の里にある中宮寺は、聖徳太子によって建立された七つのお寺の一つですが、
写真はこのお寺にある仏像です。


「国宝 菩薩半跏像」

アタシの仕事部屋の本棚にあるバカデカイ本・・
「原色日本の美術全集」、時々、疲れを取るために見ているんですけどね・・

この静かに瞑想するお姿・・真央ちゃんそっくり・・
アタシが真央ちゃんファンになったきっかけです。



今日の彼女のスケーティングは最高でした・・


果敢に挑戦していく姿に、心打たれました・・





フィギアスケートはスポーツなのか、芸術なのか・・という観点に立つと、
アタシは芸術だと思う・・


そもそも表現力とは、表現したいと思うとこを表現出来る、と言う事でしょ?





真央ちゃんは(タラソワコーチも)トリプルアクセルを2度入れたプログラムでなければ、表現できないと思って、ものすごい努力をして苦しんできたわけですから・・
この、オリンピックという大舞台で、それを見事に成し遂げた事、感動を通り越して茫然としてしまいましたわ。



芸術性に関しては、正直、外野が(テレビのキャスターやコメンテーター)ごちゃごちゃ言ってるのは笑止千万・・

居丈高に芸術性云々言うのであれば、正確なプログラムの紹介をすればいい。
ショートプログラムの曲は、「仮面舞踏会」ではなく・・
ハチャトゥリアンの組曲「仮面舞踏会」よりワルツ・・と言いなさい!

・・と、アタシはムカついてしかたがなかったわ・・
ウチにテレビがない事が良かった・・と、今日ほど感じた事はないです。


だけどね、すべての選手の演技が終わって、NHKのアナウンサーとゲストの女性が言っていた言葉にはジ〜ンと来ましたわ・・




「銀盤の女王と言うのですから・・銀が最高なんじゃないでしょうか・・」



泣いちゃいましたわアタシ・・素敵なコメントでした・・







そして・・

芸術性とは、究極、神を証しする事・・だと思うなぁ・・




そういう意味も含めて、正にフリーの曲、ラフマニノフの前奏曲「鐘」は彼女にぴったりでした・・


素晴らしいオリンピックでした・・

at 20:45|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2009年12月28日

おめでとう真央ちゃん

Flower1-003
皆さま、暮れの慌ただしい時間をお過ごしと思います・・

アタシは・・疲労と快感の狭間でふわふわしております・・

昨日、フィギアスケート全日本速報をPCにかぶりついて見ていました。

 

 

真央ちゃんは、氷上に立っただけで美しい・・

キム・ヨナ選手も素晴らしいのでしょうけど・・真央ちゃんのスケーティングは他の追従を許さないです・・

ロシアのタラソワコーチに師事してからの真央ちゃんは、ものすごく変わったように思えます。

ラフマニノフの「鐘」・・この曲が持つ、厚みのある重音域で、神の領域へと進行していくようなダイナミズム・・は、完璧な演技が伴わないと、完成されないんですよね。

最高レベルの完璧な演技と相まって、初めて、観客の魂を虜にするんです・・

 


演技が良くないと、ただ重苦しいだけの曲になってしまうんです・・

そして、その重苦しい曲に押し潰されたような演技・・と、見えてしまうんです。



天国か地獄か・・中間はないんです・・

 

まさに、この曲を選曲した時点から、真央ちゃんの苦しみが始まったと思ってます・・

しかしながら、選曲は多分、タラソワコーチでしょうね・・芸術におけるロシアの偉大さを感じました。

 

 

 


ウチにはTVがないんです・・

なぜ?と言われると理由はないんですが・・飲んでる時間があってもテレビを見る時間がない・・

ただね、2月のバンクーバー冬季オリンピックは、ぜひともリアルタイムで観たい・・

どうせ、テレビを買うのだったら、箱根駅伝も観戦したいものね・・

明日、6時に仕事納めだから・・電気屋に走ります・・



at 17:54|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2009年03月23日

指揮者に夢中

棲家その男はベネズエラからやって来た・・
甘いマスクに長身・・
タキシードが、こんなに似合う男もめずらしい・・
この手のタイプにありがちな「俺をみろよ」じゃなく
フレンドリーでシャイな感じがたまらない・・
割りばしでケーキを食べそう・・(笑)


ドゥダメル・・ベネズエラの若干28歳のマエストロ
これ・・クラッシックの演奏会でのアンコール・・
アンコールになったとたん、全員が国旗をデザインしたジャンパーを着こんだ。
ここで、私は感動・・
国を愛してるんだなぁ〜って・・
曲目は、「ウエストサイドストーリー」から・・マンボ。
最初、これを見た時・・唖然とした(笑)
楽器を振り回して・・演奏しながら踊ってる(笑)
コンサートホールで、こんなノリノリのアンコールに遭遇したヨーロッパの紳士淑女は、きっと卒倒するに違いない(笑)


こっちが、タキシード版・・暇だったら覗いてみて♪
池袋芸術劇場・・東京公演のライブ。
私の好みを押し付けるわけじゃないけど・・
ドゥダメル・・かっこいい〜
そして・・すご〜くエキサイティング♪
アンコール2曲目は・・もう・・たまりませ〜ん(笑)


ショットグラスでタンカレーを飲みながら見ていたら・・
酔いがまわってきた・・良い気分〜

アンコール1曲目は、国旗のジャンバーと同じ曲・・マンボ。
アンコール2曲目は、「ヒナステラ」っていう作曲者のバレエ組曲「終幕の踊り」
酔ったついでに思いつくままに解説すると・・この人、あのタンゴの神様「ピアソラ」の作曲の先生。
で・・このバレエ組曲は、4曲から出来ていて、田舎の情景が素敵に描写されてて・・癒されるの。無条件で楽しい〜♪
ちなみに・・
第1曲・・農場で働く人々
第2曲・・小麦の踊り
第3曲・・大牧場の牛追い人
第4曲・・終幕の踊り(マランボ)



さてさて・・今夜の肴
「庭のホウレンソウのナムル」
ちっちゃいホウレンソウを根っこごと収穫。
グラグラ沸騰した鍋に塩をひとつまみ・・
5秒程ホウレンソウをくぐらせ、水に浸してギュッと絞る。
ゴマ油ほんの少し+塩・・にホウレンソウを入れ、手でなじませる。

ホウレンソウのナムル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、餃子は、手作り以外は食べない・・が・・
冷凍庫に頂き物の「ホワイトの餃子」が鎮座していて、邪魔なので・・
しかたなく・・と言うより、素敵な男を見た夜は、出来るだけ料理はしたくない。

この餃子を焼くレシピは、惨憺たるもの・・
だって・・油の中で、冷凍餃子を焼く・・(嫌だ〜)
だから、フライパンに冷凍餃子を並べ、水と紹興酒を入れ、着火。
結局、蒸し焼き。
最後に、ゴマ油を垂らして・・出来上がり〜
それほど美味しくないけど・・まぁしかたないかな(笑)

ホワイトの餃子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が思ういい男の範囲は広いけど(笑)・・
要するに、{自分中心じゃなくて、自然体で・・それでいて、
命を削るような生き方を、難なく見せている・・男・・かな・・}
いないよ〜こんな男〜(笑)

酔っぱらいの戯言聞いてくれてありがとう〜
おやすみなさいzzz



at 00:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)